アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

ゴブリンスレイヤー

【ゴブリンスレイヤー】ゴブリンの強さや脅威を考察

更新日:

ゴブリンスレイヤーの宣伝画像

大人気小説「ゴブリンスレイヤー」アニメ化も決定するほど。その人気の秘密はやはり敵役が「ゴブリン」だからではないでしょうか?一風変わったアニメであり、今回はその「ゴブリン」についての強さや脅威を考察していきます。

ゴブリンとは

ゴブリンの群れ
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
祈り持たぬ者(ノンプレイヤー)の筆頭である小型種の怪物、その中でも最弱に分類されるモンスター。小鬼とも書き呼ばれる。 成体でも膂力・知能は人間の子供並程度で、原始的且つ簡素な武具を扱う程度の知力は有している。 只人の間で『誰かが失敗する度に1匹湧いて出る』と揶揄されるほどに数が多く、繁殖力も強い。単体では弱小だが徒党を組んで襲撃してきた時の脅威は馬鹿に出来ない。 ゴブリンスレイヤー曰く2つの月の内、緑の月から来たとされる。

ゴブリンが嫌われる理由

エルフに襲いかかるゴブリン
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
生殖力旺盛で他種族とも交配が可能。成長も早く、短期間で増殖する。 食料、娯楽、孕み袋として他種族の女、しばしば人間種のそれを拐かす。 性格は狡猾で残忍。夜目が利き、暗所を好み、闇夜に乗じて害を振り撒く。 勇敢さ等は持ち合わせておらず、加害対象は主に弱者。

ゴブリンの性質

他者に対する憐憫や情の類は一切持ち合わせておらず、同族やコミュニティの仲間が殺されても哀悼の念もない。攻撃されて怒るのも、仲間を想っての事ではなく、自分の領域を踏み躙られた事が腹立たしいだけ。例として、人間を盾にする肉盾で相手の攻撃を防御するのに対し、相手がゴブリンを盾にしてもその仲間への攻撃は躊躇を持たず、むしろ仲間の失態を嘲笑う始末の挙句、数的優位にあっても自分への消耗や負傷が嫌で逃げ出すとことん自分本位な性質。 総じて、弱い者いじめを好む身勝手な悪ガキから完全に倫理を欠落させ、更に性質悪くした存在と言える。

ゴブリンはズル賢い

杖を奪うゴブリン
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
ゴブリンは、一本道の通り道の手前にあった横穴からパーティーの背後から襲い掛かって冒険者の武器を奪ったり、持っている武器に毒を付けて攻撃したりと人間と同じように「作戦」を練って行動したりしている。またパーティーたちが横穴に気がつかなかったのは、ゴブリン達がカモフラージュとなる杖を置いていたから。そこに気を取られてしまっていたのです。これは人間同様でドラゴンなどと比べると基礎能力が低いゆえに少しでも勝てる勝率を上げるための行動である。このズル賢い部分が新人冒険者を苦しめているのではないでしょうか?

ゴブリンの子育て方法

子供ごぶりん
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
またゴブリンは弱い存在と自覚しているからこそ広場の奥に隠された扉の中に子供を匿ったりする。こういった部分も誰かが失敗する度に1匹湧いて出る』と揶揄されるほどに数が多く、繁殖力も強い。と云われる所以ではないでしょうか?

ゴブリンのよくある被害

どん底の女
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
ゴブリンによって村が襲われ娘がさらわれたことも、新米の冒険者たちが初めての冒険としてゴブリン退治に赴いたことも、それがゴブリンによって追い詰められ、全滅してしまったことも、ゴブリンの巣穴から冒険者によって娘たちが救出されたことも、助け出された娘たちがゴブリンの癒み者にされたことを儚んで、神殿に入ったこともよくある話です。これはいかにゴブリンの被害が多く出ているか理解できます。

ゴブリン被害が多いのに脅威度が低い

駆け出しは経験不足からゴブリンを弱小怪物として侮る傾向が強い一方、事実単体としてはさほどの脅威ではない。多くは苦戦しながらも勝利し、冒険を侮ってはいけない事を学ぶが、その一方で全滅してしまうケースも発生する。 また世界を支配するのが神々の骰子(ダイス)であることから、熟練者であったとしても100%の勝利は確定されず、総じて「面倒くさい」相手とされている。 事実として“ゴブリンは最弱の怪物である”うえに、世界を滅ぼしかねない魔神や竜などが跋扈している世界でもあるため、重要視されることがまず無い。

ゴブリンは徐々に強くなる

渡りの登場
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
冒険者と同じように用心棒のような職種を得る者もおり、そういった者は巣窟を移動していく“渡り”となり、経験を積んで成長してゆく。また、その経験や知恵が新たな群れで還元されるので、知能は低くとも学習する厄介さを持ち合わせているが、「優しさ」を学び利他に目覚める事はない。 それらの結果である上位の変異種などは、熟練冒険者並みの実力を持つと共に先祖返りによる巨躯を誇る者達が存在しており、“渡り”の代表として「田舎者(ホブ)」、豊富な戦闘経験を積んだ猛者「小鬼英雄(チャンピオン)」、高い統率能力を獲得した小鬼の首魁「小鬼王(ロード)」などが知られている。 更に得体のしれない「小鬼聖騎士(パラディン)」などという者も誕生したりする。

ゴブリンが強くなる環境

ゴブリンの説明
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
単体が弱いために脅威度評価は低く見られがちで、国家や領主がその害に対して動く事はほとんど無い。正確には、冒険者ギルドが国営の組織であり、国が冒険者を送り込む形となっている為に、軍隊が動くことがない。 対処の多くは冒険者達の仕事となっており、それで事足りてしまうために慣例となっている。 弱いとはいえ一定数の規模に膨れた群れは、自衛力の乏しい村落にとっては十分脅威であり、その害は重大問題なのだが、収入の乏しい村落が依頼主と言う事から実入りも少なく、討伐依頼を敬遠する冒険者は少なくない。そのため、駆け出しの冒険者が引き受ける例が多い。これらの理由でゴブリンが湧き出てその中から強いゴブリンが誕生するという悪循環である。

指揮するゴブリンがいることで戦力大

ゴブリンの大群
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
ゴブリンロードの目的は『街を滅ぼし「ゴブリン王国」を築く』こと。その第一作戦として、東にある『牧場』を今から攻撃するのです。東の牧場を奪うことで、そこで子供を作り、仲間を増やし、体制を整えることができます。ゴブリンロードにとって重要な拠点になりうる地点なのです。人間が数人集まっていることはわかっていました。しかし、だとしてもこちらは『ゴブリンの軍隊』。十分、力で押し切ることができると考えていたのです。ゴブリン達は盾に『人間』を掲げていました。こうすれば、人間側が攻撃できないという事を理解しているのです。こう行った部分も非常にズル賢いと言えます。

作中でのゴブリン被害

息をひそめるゴブリンスレイヤー
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
ゴブリンは我が物顔でのし歩き、友達を殺し、家族を殺し、略出して回る他にも、例えば自分の姉が襲われなぶり者にされ、玩具にされ、殺されたとする。連中はげたげたと笑って好き勝手し放題して、家族の死体を放り捨てたとする。その光景をはじめから終わりまで隠れて息を殺して見続けていたとする。武器を取り、自分を鍛え、考え、成長しとにかくゴブリンに報復してやろうと行動に移す。と語るゴブリンスレイヤー。これは実体験であり、ゴブリンスレイヤーはゴブリン被害者である。

被害者はやはり女性

ゴブリンを見る冒険者
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
エルフの山砦跡地をねぐらにしているゴブリン。さらわれた村の女性たちを救い出すために、新人の冒険者たちが今、砦の中へ侵入します。守りは薄いと考えていました。しかし、ゴブリンたちは幾つもの罠を仕掛けるとともに、隠れて待ち伏せしていたのです。

ゴブリンにとらわれる冒険者
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
思わぬ奇襲を受け、撤退を始めるパーティー。しかし、もう手遅れでした。ゴブリンの攻撃に耐え切れず、全員捕まってしまうのです。そして、なすすべもなく、パーティーのメンバーは全員、殺されてしまいました。

魔神を討伐した大司教もゴブリン被害者

大司教の説明
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
大司教は金等級で10年前に蘇った魔人王の一つを打ち滅ぼしたという実績があります。魔人王の一つを打ち滅ぼした』とありますが、これは一人でやり遂げたのか、それともパーティーの一人としてやり遂げたのかハッキリしていませんがどちらにしても冒険者としてはトップクラスだという事のようです。

ゴブリン被害者の大司教
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
大司教はゴブリンスレイヤーに『10年前ゴブリンに捕まって・・・という悲しい過去を話します。洞窟の中で他の被害者と同様にゴブリンから色々とされたのでしょう。ゴブリンたちに捕まり、そしてその時の影響で眼もやられてしまったのかもしれません。これはいかにゴブリンという存在を侮ってはいけないと分かります。

ゴブリンの強さや脅威を考察まとめ

ゴブリンはある意味人間に似ているのではないでしょうか?弱い故に集団で。弱い故に知略で。人間は冒険者としてモンスターを狩る側ですが、ゴブリンは人間を狩る側ではないでしょうか?ゴブリン程、人間を狙っているモンスターはいないと思います。だからこそこのゴブリンを敵役にした「ゴブリンスレイヤー」は人気ではないでしょうか?

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【彼方のアストラ】クローンとオリジナル一覧

彼方のアストラ、ついに、カナタたちを襲う謎の球体を生み出していた刺客が判明。それはなんとシャルスでした。彼もまたクローンであることが発覚しましたが、唯一自分がクローンであると知っていた、と彼は話します。そこで今回は、アストラ号の搭乗者が誰のクローンだったかをまとめていきます。

【さらざんまい 】番外編!レオとマブで描かれる人形焼とサラとの関係

さらざんまいもいよいよ最終局面。そんな中で、皆さんはレオとマブ〜ふたりはさらざんまい〜という作品を知っているでしょうか?この作品は警官であり、まだマブが機械の心臓を手に入れる前のレオとマブのお話。さらざんまい にて登場する人形焼やマブとレオの事を話すサラの表情など、実は意味があったんです。今回は番外編として、本編でもちょくちょく登場する場面をどういう話だったのか説明させていただきます。

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

sonohara0507

おすすめ記事

1

大学時代に、真顔で「恋愛は哲学だ」と言った友人がいた。彼は当時、鋼の錬金術師にどハマりしており、真理という言葉も乱用していた。高分子化学の研究論文において、私が読んだ論文の中で初めて真理という言葉が出 ...

聖地巡礼タグ 2

最近では、聖地巡礼という言葉も一般化してきて、アニメを取り扱うメディアが増えてきたことにもより、多くの作品の聖地を巡る旅、聖地巡礼をする人も増えてきたのではないでしょうか。アニメ好きの私からすれば、非 ...

3

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 4

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 5

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ゴブリンスレイヤー
-, , ,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.