アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

HUNTER X HUNTER

【HUNTER×HUNTER】「ここはデカすぎる」暗黒大陸ってどんな所!?

更新日:

新世界紀行について語るジン

現在、絶賛進行中のHUNTER×HUNTER「暗黒大陸編」ですが、まだまだ暗黒大陸についての詳しい設定が出ておらず、まさにこれからといった感じですよね。今回は、これからレオリオやクラピカが(もしかしたらゴンやキルアも?)冒険するであろう未知の領域暗黒大陸について、現在わかっている情報をまとめていきたいと思います。

外の世界

暗黒大陸

そもそも「暗黒大陸」とは何なんだ?という疑問もあるかと思います。「暗黒大陸」とはこれまで人類が活動していた地域から外にある膨大な面積の大陸のことです。

パンドラの箱

五代厄災

暗黒大陸については昔から存在が確認されていたものの、常識ではとても考えられない程の危険生物等が闊歩している事もあり、その存在については一部の人間を除いて長きに渡って「パンドラの箱」として伏せられていました。

世界樹やキメラアントも暗黒大陸産!?

世界樹の正体

暗黒大陸編に突入する以前から登場している「世界樹」や「キメラアント」も実は暗黒大陸からやってきたものであることが後に判明しています。世界樹に関しては「まだまだ苗木の状態」と紹介されており、暗黒大陸では更に桁違いのサイズの樹があることが示唆されています。

未だ謎が多い

外の世界についての説明

しかし、暗黒大陸はまだ正確な描写がなされておらず、未だに多くの謎に包まれています。

辿り着けたものはごく一部

暗黒大陸の説明

その理由の1つとして、そもそもたどり着ける人間が殆どいないことが挙げられるでしょう。作中でも暗黒大陸に乗り込んだことがある人物はごく一部で、暗黒大陸の過酷さがうかがえる設定となっています。

少し踏み入れるだけでも危険

暗黒大陸の資料

また、暗黒大陸はたとえたどり着くことができても、常識では考えられないレベルの危険生物が闊歩しているため、少し足を踏み入れるだけでも命を落とす危険があります。そのため、なんとかたどり着くことはできても暗黒大陸から戻ってくる事は困難を極めます。

「ここはデカすぎる」

暗黒大陸説明

暗黒大陸に関しては、極端に情報が少ないながらも、その圧倒的なスケールの違いは多くの人物の言葉と経験から推し量ることができます。

ネテロもかつて渡っていた!?

暗黒大陸を目指すように示唆するネテロ

暗黒大陸に渡った人物の1人に前ハンター協会会長のネテロがいます。作中でも屈指の実力を誇るネテロですが、そのネテロですら「ここはデカすぎる」と評し、入り口で引き返してしまうほどの規格外な環境でした。

息子ビヨンドも暗黒大陸の探索に失敗

ネテロの息子ビヨンド

父親のネテロに触発され、息子のビヨンドも暗黒大陸に渡りますが、こちらも探索は失敗し、多くの仲間を失う結果となってしまいました。命からがら戻ってきた後も暗黒大陸への野心を捨てきれなかったビヨンドにネテロは自身が死ぬまで暗黒大陸に渡航することを禁ずることになります。

新世界紀行

新世界紀行

数少ない暗黒大陸に関する資料の中で、最も信憑性に長けている資料がこの「新世界紀行」です。

狂人の妄想!?

新世界紀行について語るジン

暗黒大陸に関する記述があまりにもケタ外れだったため、当時は狂人の妄想として片付けられていました。現在でも分類としては空想小説に当てはまるようです。しかし一方で、暗黒大陸に接している一部の有識者からは暗黒大陸に関する資料としての価値が認められ、暗黒大陸研究の中でも第一級の資料として扱われています。

まだ執筆中!?

ドンフリークス説明

「新世界紀行」は300年前に執筆された書物のため作者は既にこの世にはいないというのが一般的な認識ですが、現在東の巻しか発見されておらず東の巻に「究極の長寿食」についての記述も見られることから、ジン・フリークスは「作者はまだ生きていて、西の巻を執筆中である」と推測しています。

ドン・フリークス

ドン・フリークスについて語るジン

「新世界紀行」の作者の名前はドン・フリークスであると明かされています。ジン や主人公ゴンと同じくフリークスの名前を冠しており、何らかのつながりがある可能性があります。もし生きているなら、作中でもかなりのキーパーソンになると思われます。

ジン・フリークスと暗黒大陸

ジンの素顔

主人公のゴンは「キメラアント戦」での反動として念能力を扱うことができない状態に陥っており、現在は戦線を離脱してる状態です。そのため本編ではゴンに代わり父親のジンがピックアップされています。

パリストンと共に暗黒大陸へ

ジンとパリストン

「会長選挙編」にてしのぎを削ったパリストンとジンですが、2人とも「一二支ん」を脱退し、ともにカキン帝国が統べる「ビヨンド隊」として暗黒大陸を目指すこととなります。

目の前にない何かを求めて

ジンを目指す人

ジンが冒険をする理由は明確に述べられており、「目の前にない何か」を求めていることが明かされています。常に未知の冒険を求め続ける生粋の冒険狂のジンにとって「暗黒大陸」の存在は、決して無視できるものではなかったのかもしれません。

5大厄災

五代厄災

これまで人類は何度も暗黒大陸に探索に出ていましたが、そのたびに暗黒大陸から何らかの「厄災」を人間の世界に持ち帰っており、何度も絶滅の危機に瀕していたようです。

キメラアントよりも強力!?

圧倒的な差を見せつけるメルエム

作中でも絶望的なくらいに猛威を振ったキメラアントたちですが、彼らの危険度は「B」に過ぎません。かつて人類を襲った5大厄災はそのどれもがB以上の危険度に分類されており、いかに規格外の厄災だったかが伺えます。

「人類が滅亡していないのはたまたま」

五代厄災について語るジン

そのあまりにも凄まじい厄災を前に、ジンですら5大厄災のことを「人類が滅亡していないのはたまたま」と評しています。

協会の禁忌

遺言を残すネテロ

ゴンやキルアが暗黒大陸について全く知らなかったのには、長らく暗黒大陸がハンター協会の中でも禁忌として扱われてるという事実があります。

多くのハンターが渡り大惨事に

暗黒大陸について説明するネテロ

暗黒大陸がハンター協会の禁忌となった1つの理由として、かつて多くのハンターが暗黒大陸に渡り命を落としたという過去があります。当時からかなりの実力者であったネテロが探索に失敗した事で、多くのハンター達の冒険者魂に火をつけてしまい、暗黒大陸に渡ってしまったのです。そのような過去もありネテロは暗黒大陸をハンター協会の禁忌として封印することになったのです。

ネテロが死ぬまで

遺言を言うネテロ

しかし、暗黒大陸をハンター協会の禁忌として指定したのはネテロ自身であり、自身の息子ビヨンドにも「自らが命を落とすまで」という期限付きで暗黒大陸への渡航禁止していたということもあり、この禁忌はネテロが命を落とすまでのものでした。

大陸解禁

宣言するビヨンド

しかし、暗黒大陸編ではこれまでの暗黒大陸に関する禁忌やしがらみが一気になくなり、多くの人々が暗黒大陸に向けて旅立つ事となります。

ネテロが「キメラアント編」で命を落とす

小型核爆弾

ハンター協会の禁忌を作り上げたネテロが「キメラアント編」にて命を落としたことで暗黒大陸に対するハンター協会の禁忌は実質的に解かれることとなりました。

カキン帝国が動き出す

カキン帝国の王

多くの人々が暗黒大陸に旅立つことになった背景として、カキン帝国の国王がビヨンドと手を組み自らの名を後世に残す為に動き出した事が挙げられます。「暗黒大陸編」ではカキン帝国陣営とハンター協会の凌ぎ合いがメインとなります。

まとめ

いかがだったでしょうか?現在絶賛進行中の「暗黒大陸編」ですが、まだまだ進んでおらず多くの謎が秘められています。これからの冨樫先生の構成に期待ですね!!富樫先生早く続きを書いて下さい!!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

nissy

どうも、アニメや歴史、都市伝説系の記事を書かせていただいてます。ニッシーです。YouTubeのシナリオライターとかもやっているのでよかったらそちらの方も見てください。

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-HUNTER X HUNTER
-, , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2021 All Rights Reserved.