アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

ナルト

【ナルト】全写輪眼の形と能力について徹底紹介

更新日:

写輪眼のアップ

NARUTOには様々な瞳術が登場しますがその中でもうちは一族のみに発動することが出来る写輪眼は作中でも人気であり、強力な瞳術でもあります。また、キャラクターそれぞれに万華鏡写輪眼の目の形や能力自体も異なってきます。ではそれぞれのキャラクターでは万華鏡写輪眼はどのような形を持ってどのような能力を使うのでしょうか。今回はうちは一族の中でも特にNARUTOの作中で活躍していたうちは一族の写輪眼について徹底紹介していきます。

写輪眼とは

写輪眼のアップ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
写輪眼は、うちは一族の一部の家系に伝わる特異体質であり、うちは一族の血継限界でもあります。発動することで目が赤くなり、勾玉のようなマークが目に最大3つ現れます。開眼条件は主にうちは一族の者が「大きな愛の喪失や自分自身の失意にもがき苦しんだ時」に起きるとされており、作中ではうちはサスケが友であるうずまきナルトを助けようとした時に発動しています。写輪眼を使用する事で相手の術を瞬時にコピーすることが出来たり、幻術などを見ぬく力が強化されます。写輪眼がさらに強化されることで万華鏡写輪眼となります。

万華鏡写輪眼とは

たくさんの万華鏡写輪眼
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
万華鏡写輪眼は、うちは一族の中でもごく少数の選ばれたものしか開眼しないと言われている写輪眼のさらに上の瞳術です。万華鏡写輪眼の場合はそれぞれに特有の目の模様があり、近しい者の死を経験し、それに対する深い後悔や悲しみを抱く事で開眼すると言われています。また万華鏡写輪眼には右目と左目それぞれ固有の能力を持つようになります。しかし、使用すればするほど視力が低下するデメリットもあり、近親者の万華鏡写輪眼を移植することで永遠の万華鏡写輪眼となります。

うちはサスケの写輪眼の形

サスケの目のアップ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケは万華鏡写輪眼の開眼者であり、うちはイタチとの死闘によってうちはサスケがうちはイタチを殺したことで開眼しています。万華鏡写輪眼の形は、花びらのような形をしています。最初の写輪眼の開眼時はうずまきナルトを守ろうとした時であり、どちらも作中で描写されています。うちはイタチの写輪眼を移植することで永遠の万華鏡写輪眼を手にしており、第4次忍界大戦中に移植して能力を手に入れています。

うちはサスケの写輪眼の能力

目を見開くサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケの万華鏡写輪眼の能力は、右目が炎遁・加具土命(カグツチ)という術です。炎遁・加具土命によって、天照の黒炎を自在に操ることができます。これにより黒炎を消したり一部だけ発火させることもできるようになりコントロール性が上がっています。また、天照の黒炎を形状変化させることで遠距離攻撃として使うなどの応用もこなしています。左目は天照であり、見た物を燃え尽きることがない黒い炎で焼き尽くすことが可能です。うちはサスケは永遠の万華鏡写輪眼を得たことで、完成体須佐能乎も具現化することが出来るようになっています。これにより侍のような完成体須佐能乎を作り出すことが可能です。

うちはイタチの写輪眼の形

能力を使うイタチ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはイタチも万華鏡写輪眼の開眼者であり、形は風車のような、風魔手裏剣のような形をしています。万華鏡写輪眼を開眼したのは、親友であるうちはシスイを殺した時です。しかし、これは自分で殺そうとしたのではなく、ダンゾウの手によって死を免れることが出来なかったうちはシスイの頼みを受ける形でシスイの片目をもらってからシスイを殺すことで開眼しています。

うちはイタチの写輪眼の能力

正面を見るイタチ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはイタチの万華鏡写輪眼の能力は、右目が弟であるうちはサスケと同じ天照です。これにより見た物を黒炎で焼き尽くすことが出来ます。しかし、封印術などでないと消すことが出来ず、自分自身で自由に消すことや形を変えることはできません。うちはイタチの左目の万華鏡写輪眼は、月読(つくよみ)という能力です。万華鏡写輪眼であるうちはイタチの眼を見ることで月読にかけ、相手の精神を崩壊させることができます。目を合わせた相手の空間や時間、質量すらもコントロールすることが可能であり、様々な拷問をかけることが可能です。さらにうちはイタチは完成体ではないものの須佐能乎を出すことができます。普通の須佐能乎であれば万華鏡写輪眼を開眼し左右で異なる2つの能力を宿した際に発動することができるようになります。

うちはシスイの写輪眼の形

烏と写るシスイ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはシスイも万華鏡写輪眼の開眼者です。うちはシスイはうちはイタチの親友にあたり、木の葉の忍の中でも特に優秀で里を想う優しい青年でもあります。作中ではほとんど登場していませんが、名前は有名であり、忍びとして名をはせています。うちはシスイの万華鏡写輪眼の形は、手裏剣のような形をしています。発動した時の状況は明かされておらず、他の家族なども明かされていない謎の多い忍でもあります。

うちはシスイの写輪眼の能力

血を流すシスイ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはシスイの万華鏡写輪眼の能力は片目しかわかっていません。というのももう一方の片目はダンゾウに奪われているからです。うちはシスイの万華鏡写輪眼の能力は、”別天神”(ことあまつかみ)と言われる能力であり、対象者に幻術に掛けられたと気づかせることなく操ることができる術で万華鏡写輪眼の中でも特に強力な術です。しかし、これはデメリットもあり、一度使用するとその力は失われ、次に使えるようになるまで数十年のブランクを開ける必要があります。この強力な能力があったことからもシスイは命を狙われています。

うちはオビトの写輪眼の形

 

にやけるオビト
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
4人目に紹介する万華鏡写輪眼の開眼者はうちはオビトです。うちはオビトは、元木の葉の里の下忍であり、はたけカカシと同じ班の一員でもありました。しかし、任務中に岩の下敷きになってしまいそのまま半身がつぶれています。その後はうちはマダラに救われますが洗脳されることで第4次忍界大戦の黒幕になっています。うちはオビトの万華鏡写輪眼の形は、三本刃の手裏剣にさらに鎌がついたような形をした独特な鋭い形をしています。初めて写輪眼を開眼した時は任務ではたけカカシと共闘してリンを助けに言った時です。そして、万華鏡写輪眼の開眼時はリンが人柱力にされてはたけカカシに自ら殺されに行ったのを見た瞬間です。これは、はたけカカシがリンを自分の手で殺したからこそリンクして開眼した可能性と愛するリンの死を目の前で見たからという二つの可能性を持ちます。

うちはオビトの写輪眼の能力

術を発動するオビト
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはオビトの万華鏡写輪眼の能力は、自分自身を異空間に移動することができる神威(かむい)と呼ばれる能力です。これにより攻撃をすり抜けたり、自由自在に移動することが可能であり、不意打ちの攻撃なども自動ですり抜けることが出来るので防御面でとても強力です。他者を異空間に移動させることも可能だが、オビトの目の方では苦手であり、時間がかかる弱点と5分以上はオートですり抜けをすることができないというデメリットがあります。

はたけかかしの写輪眼の形

充血するカカシ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
はたけカカシはうちは一族ではありませんが、幼いころにうちはオビトの片目を移植したことで写輪眼を使用できるようになっています。そして、リンを自分の手で殺してしまったことで万華鏡写輪眼を使えるようになっています。元々はうちはオビトの万華鏡写輪眼であることから、うちはオビトの万華鏡写輪眼と同じ形をしています。

はたけかかしの写輪眼の能力

開眼するカカシ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
はたけカカシの万華鏡写輪眼の能力はうちはオビトと同じ異空間に目で見た物を飛ばすことが出来る能力です。これにより敵の体の一部や爆発そのものなども異空間に飛ばすことも可能であり、非常に強力です。しかし、デメリットもあり、使用する事でどんどん視力が落ちて行っています。作中ではラストにうちはオビトの目を移植することで永遠の万華鏡写輪眼を手に入れており、完成体の須佐能乎も出せるようになっています。

うちはマダラの写輪眼の形

弟の目を奪うマダラ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはマダラは木の葉の里の創設した時代の生き残りの忍です。うちはマダラの万華鏡写輪眼は、開眼した時の状況は語られていませんが戦争中だったこともあり、弟のうちはイズナと共に開眼しており、イズナの目をもらう事で永遠の万華鏡写輪眼を手にしています。マダラの万華鏡写輪眼の形は、写輪眼の勾玉に穴が開いてつながったような形をしています。

うちはマダラの写輪眼の能力

術を使うマダラ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはマダラは万華鏡写輪眼の開眼者であり、固有術を持ってはいますが作中では使用していません。その代り輪廻眼の固有術である輪墓・辺獄という強力な技を使っています。この術により輪墓と呼ばれる見えざる世界にもう一人の自分を作り出し、それらで攻撃することができます。

全写輪眼の形と能力について徹底紹介まとめ

血を流すカカシとオビト
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
今回は全写輪眼の能力や形などについて紹介しました。キャラクターごとにそれぞれ違った形や能力を持っていてどれも魅力的です。作中でも強力な技や術として何度も登場しているので、その活躍を注目するのも面白いかもしれません。

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【さらざんまい 】アニメ10話 レオとマブの真実判明!そして絶望の黒ケッピが悠を!!

さらざんまいアニメ10話が公開されました。レオとマブについても全てが判明。ところどころで入ってくる、同性愛要素、今回はいつもよりもてんこ盛りでした。ついに集まった五つの銀の希望の皿。燕太も無事に一命を取り留め、ひと段落かと思いましたが、黒ケッピの登場により、最終局面に!今回も簡単なあらすじ紹介と合わせて、考察させていただきます。

【さらざんまい 】番外編!レオとマブで描かれる人形焼とサラとの関係

さらざんまいもいよいよ最終局面。そんな中で、皆さんはレオとマブ〜ふたりはさらざんまい〜という作品を知っているでしょうか?この作品は警官であり、まだマブが機械の心臓を手に入れる前のレオとマブのお話。さらざんまい にて登場する人形焼やマブとレオの事を話すサラの表情など、実は意味があったんです。今回は番外編として、本編でもちょくちょく登場する場面をどういう話だったのか説明させていただきます。

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

小椋康平

おすすめ記事

聖地巡礼タグ 1

最近では、聖地巡礼という言葉も一般化してきて、アニメを取り扱うメディアが増えてきたことにもより、多くの作品の聖地を巡る旅、聖地巡礼をする人も増えてきたのではないでしょうか。アニメ好きの私からすれば、非 ...

2

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 3

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 4

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ナルト
-, ,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.