アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

キングダム

【キングダム】登場人物の関係性がわかる!相関図を解説

更新日:

原作は原泰久による戦国バトル漫画。2006年より『週刊ヤングジャンプ』で連載が開始されており、2012年からアニメ第一期、2013年からアニメ第二期、2020年からはアニメ第三期が放送されています。また2010年にはPlaystation Portable用のゲームが発売され、2019年には実写映画が公開されるなど、様々な媒体で展開されている人気作品です。舞台は春秋戦国時代の中国。戦争孤児である主人公の信と後の秦の始皇帝である政が今まで誰も成し遂げたことのない、中華統一を目指す物語となっています。史実を元にしたストーリーとなっていますが、登場人物の性格や風貌、各国の戦況などは漫画として見やすく面白くなるように脚色されています。多くの国や人物が出てくる本作では、誰がどの勢力なのかわからなくなることも多いと思います。そこで今回は公式の相関図を元に登場人物の関係性をわかりやすく解説していこうと思います。

公式発表の相関図

相関図

これはキングダムの公式が発表している秦国内の相関図です。これをもとに登場人物の関係性を詳しく見ていくことにしましょう。政が一番上にきており、主人公の信が下にいるのは書きやすい構成上の理由もあると思いますが、身分を象徴しているとも取れますね。

主人公・信の周辺関係

アニメの信たち

政とは共に中華統一を目指す仲で、身分は違えど共に心を許した親友とも言えるでしょう。魏国との戦で総大将を務めた麃公からは盾を、趙国との戦で総大将を務めた六大将軍の王騎からは遺志と矛を受け継いだ信。壁は信にとって兄貴的な存在であり、壁も信のことを弟のように気に掛けています。貂と羌瘣はともに飛信隊に所属していますが、信がどちらが好きなのか定かではありません。羌瘣から結婚宣言をされた信はデレデレしていますが、貂とは不意打ちとは言えキスをしてドキドキしています。時代が時代なので、どちらとも結婚するなんてことも・・・(笑)信、羌瘣、貂は同じ部隊にいながら微妙な三角関係となっています。奴隷上がりの信、王家出身の王賁、蒙家出身の蒙恬は良きライバル関係であり、秦の次世代を担う若き武将となっています。

飛信隊

アニメ飛信隊

王騎将軍からもらった名前であり、百人隊から始まっています。隊長は信、副将は羌瘣、渕、楚水の三人。軍師は貂となっています。その下に尾平や我呂、那貴、蒼仁、蒼淡など五千の兵が所属しています。

秦国大王・政の周辺関係

政と太后

異母兄弟の成蟜に王位を奪われるも、信たちと協力し王位を奪還。その後は成蟜を幽閉します。王位奪還の際に、山の民の王・楊端和と約四百年ぶりに同盟を結びます。右丞相であった呂不韋とは王位を巡り対立。呂不韋の元許嫁である太后は、政の母親ですが、そこに情は存在していません。政が一番信頼を置いている家臣の昌文君は、王位奪還後は文官へと転身し、政治的な面で政を支えることになります。

文官

アニメ秦国会議

左丞相には政陣営の昌文君、右丞相には呂不韋陣営の昌平君がつくことになります。元々は成蟜側についていた肆氏ですが、王位奪還後は政陣営の文官として活躍します。李斯、蔡沢は呂不韋陣営の文官で、呂不韋失脚後は政陣営の文官となります。

秦国六大将軍

六大将軍

昭王の時代に作られた制度で、選ばれた六人の将軍には戦の自由が与えられていました。王騎、白起、王齕、胡傷、司馬錯、摎の六人の内、王騎以外の五人はすでに死んでおり、唯一の生き残りの王騎も趙国との戦で利牧の策により戦死してしまいます。王騎と摎は結婚を約束した間柄であり、摎は龐煖に殺されています。趙国の総大将に龐煖がなったことを知った王騎は、再び戦場に帰ってくることになったのです。また、昌文君は王騎と何度も戦場を共にした戦友であり、摎のこともよく知っていました。

王騎の副官・騰

アニメ騰

王騎が信頼を置いている副官の騰は、武力・知力共に優れています。王騎の死後は、王騎隊をまとめ大将軍になります。王騎隊第一軍長であった録鳴未をよくイジっているそうです。

蒙家

アニメ蒙驁

安定した戦をし、人を見る目に定評のある大将軍蒙驁。その息子が豪快な武の大将軍蒙武です。蒙武には蒙恬、蒙毅という二人の息子がおり、蒙恬は信のライバルであり、秦国の次世代を担う将です。蒙毅は昌平君に弟子入りして軍師を目指す者であり、貂と兄弟子の関係です。

蒙驁の副将

桓騎とおうせん

蒙驁軍には桓騎と王翦という副将がおり、この二人の実力が蒙驁軍をより強力なものにしていました。桓騎は元大野党団の首領であり、その性格は残忍で冷酷。とても蒙驁の部下とは思えないような行動をしますが、とても優秀な働きをします。王翦は王賁の父親であり、自分が王になるという野望を抱いています。その野望が原因となり、実力は大将軍クラスでとても優秀なのですが、危険視されており、地位は低いままとなっています。息子である王賁と話をすることはあまりないそうです。

後宮

向と陽

後宮内には呂不韋の元許嫁であり、政の母親である太后が頂点に君臨しています。呂不韋では物足りない太后の欲求を満たすために、イチモツに自信のある嫪毐という男が後宮に送り込まれます。太后の欲求を満たす嫪毐は太后から寵愛され、二人の子供を授かることになるのです。最終的には八つ裂きの刑で死んでしまうことに・・・。後宮内には大王政の夜伽を務める宮女が多く存在します。その中の向は、政のことを心から慕っており、最初は読書の間横にいるだけの存在でしたが、何度も夜伽を務めることで政との子を授かります。向の親友である陽は、明るい性格で向と政が上手くいくように願っており、向が夜伽をした翌日にはどうだったかを向にうかがっていました。

登場人物の関係性がわかる!相関図を解説まとめ

キングダム相関図

いかがだったでしょうか?公式の相関図を元に秦国内の関係性をざっくりと説明していきました。秦国内でもここでは紹介できていない人物が多く、『キングダム』には多くの国が登場するため、他の国も絡めると、相関図はとんでもない大きさになってしまいそうです・・・。気になる方は是非、他国との関係性なども調べてみてはいかがでしょうか?

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-キングダム
-, , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.