アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

ゴブリンスレイヤー

【ゴブリンスレイヤー】いつか結ばれるのか?牛飼娘を紹介!

更新日:

可愛い牛飼娘

ゴブリンスレイヤーは、話題のアニメ化作品で物語は、ただひたすらにゴブリンスレイヤーがゴブリンのみを狩っていくお話。その狩っていく背景も魅力の一つなのですが、過去の自分に出来事にとらわれているゴブリンスレイヤーが少しずつ変わっていく、人間の成長の部分が見れるのも本作の魅力の一つです。今回は、そんな幼少期のゴブリンスレイヤーを知る数少ない登場人物の1人、牛飼娘をご紹介させていただきます。

【ゴブリンスレイヤー】牛飼娘がゴブリンから逃れることができた理由

喧嘩する牛飼娘
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
みなさんご存知の通り、ゴブリンスレイヤーの住んでいた集落には、ゴブリンスレイヤーがまだ幼かった時、ゴブリン達が襲撃し、住民はことごとく殺されてしまいます。当時ゴブリンスレイヤーは10歳。牛飼娘は12歳でした。これが理由で、ゴブリンスレイヤーはひたすらゴブリンを狩っていくことになるのですが、ではなぜ牛飼い娘は難を逃れることができたのでしょうか?それは、ゴブリン襲撃の前にたまたま牛飼娘は親戚のおじさんの所に遊びに行っていたのです。その事をゴブリンスレイヤーに自慢し、もし一緒に行きたいと行ったなら、連れて行ってあげるつもりだったのですが、2人は些細な事で口喧嘩してしまったのでした。

【ゴブリンスレイヤー】牛飼娘とゴブリンスレイヤーの再会

過去の牛飼娘
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
ゴブリンに村を襲われてから5年経ったある日。牛飼娘はトラウマで牧場から出ることができませんでした。そんな折、牛を放牧していると、いろいろな人が街へと向けて歩いて行っています。チラチラ見られて恥ずかしがる牛飼娘ですが、なんとそこにはあの少年が成長したであろう人物が。それはゴブリンスレイヤー が冒険者登録に街に受かっていた日でもあったのです。彼に気づき、声をかける牛飼娘でしたが、その声は届かず。その夜、初めてゴブリンを狩ったゴブリンスレイヤー が討伐を終えて歩いていたのです。すぐに声をかける牛飼娘。すぐに叔父に掛け合い、ゴブリンスレイヤー を下宿させることになりました。

【ゴブリンスレイヤー】実は髪が長かった牛飼娘

髪型を勧められる牛飼娘
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
トラウマから街に出ることのなかった牛飼娘もゴブリンスレイヤーと出会い、徐々に心情の変化が。おじさんの手伝いで街にもやってくるようになります。そんな折、槍使いと魔女の護衛2人を雇い、昔の村のあった場所へとやってきます。そんな時に魔女が言うのです。髪を切った方が可愛い、これが牛飼娘が髪を切った理由でしょう。髪の長かった牛飼娘も可愛かったのですが、今の目がはっきり見える髪型の方が魅力的ですね。

【ゴブリンスレイヤー】思いを寄せる牛飼娘

チェックする牛飼娘
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
ゴブリンスレイヤーに思いを寄せている牛飼娘。元々は喧嘩別れをしたことを謝ろう謝ろうと考えていたのですが、今はゴブリンスレイヤーのことを心底心配しています。さりげなくライバル達のチェックも怠らない牛飼娘。では、ゴブリンスレイヤーはどのように思っているのでしょうか。牛飼娘のことを好きな描写はないのですが、唯一彼の、牛飼娘への行動の根拠となる描写としては、幼少期、牛飼娘と喧嘩してしまった時に行った姉の一言。女の子は守ってあげないとダメ。と言うものだけ。今後、冒険者として成長していくゴブリンスレイヤーが、その成長とともに牛飼娘への恋心を持つような描写があっても不思議ではありませんね。

【ゴブリンスレイヤー】牛飼娘はゴブリンスレイヤーと離れたくない

初登場牛飼娘
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
ゴブリンの集団の足跡が発見された日。ゴブリンスレイヤー が牛飼娘に逃げろと忠告します。自分1人では、それを防げないと。しかし、牛飼娘はそれを拒否するのでした。昔、村がゴブリンに襲われた際に自分はたまたまいなかったのですが、そのことによりゴブリンスレイヤーはいまでも孤独にゴブリンを狩り続けています。そんなゴブリンスレイヤーの帰る所がなくなるのは絶対に嫌だと言う強い思いから、わがままなのですが、頑なに逃げることを拒否したのでした。

【ゴブリンスレイヤー】このシーンの牛飼娘が可愛すぎる

寄り添う牛飼娘
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
ゴブリン退治から帰ってきたゴブリンスレイヤー。そんな彼が小屋で武器の手入れをしているとそこにやってきたのは牛飼娘。そばにより、体をくっつけながらゴブリンスレイヤーの手入れを見るのでした。その後の一言が、君がないをやっているのか、私は興味があります。もうこの時点で可愛すぎるのですが、その後に今日あった冒険のことをゆっくりと色々と聞いていくのでした。ゴブリンがいたと言ったゴブリンスレイヤーに後ろから抱きつく牛飼娘。この2人のほのぼのとしながらも中の睦まじさが表現された名シーンでした。

【ゴブリンスレイヤー】牛飼娘 まとめ

膝枕牛飼娘
出典: ゴブリンスレイヤー ©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会
本作のヒロインの1人でもある牛飼娘。今後、ゴブリンスレイヤーと誰が親密になっていくかも見どころの一つなのですが、私としては牛飼娘に頑張ってほしいものです。実はかなりライバルの多い、ゴブリンスレイヤー争奪戦。幼い頃を知っている、一緒に住んでいると言うアドバンテージを活かし、ぜひ頑張ってほしいものです。

 

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【彼方のアストラ】クローンとオリジナル一覧

彼方のアストラ、ついに、カナタたちを襲う謎の球体を生み出していた刺客が判明。それはなんとシャルスでした。彼もまたクローンであることが発覚しましたが、唯一自分がクローンであると知っていた、と彼は話します。そこで今回は、アストラ号の搭乗者が誰のクローンだったかをまとめていきます。

【さらざんまい 】番外編!レオとマブで描かれる人形焼とサラとの関係

さらざんまいもいよいよ最終局面。そんな中で、皆さんはレオとマブ〜ふたりはさらざんまい〜という作品を知っているでしょうか?この作品は警官であり、まだマブが機械の心臓を手に入れる前のレオとマブのお話。さらざんまい にて登場する人形焼やマブとレオの事を話すサラの表情など、実は意味があったんです。今回は番外編として、本編でもちょくちょく登場する場面をどういう話だったのか説明させていただきます。

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

tfss

おすすめ記事

1

大学時代に、真顔で「恋愛は哲学だ」と言った友人がいた。彼は当時、鋼の錬金術師にどハマりしており、真理という言葉も乱用していた。高分子化学の研究論文において、私が読んだ論文の中で初めて真理という言葉が出 ...

聖地巡礼タグ 2

最近では、聖地巡礼という言葉も一般化してきて、アニメを取り扱うメディアが増えてきたことにもより、多くの作品の聖地を巡る旅、聖地巡礼をする人も増えてきたのではないでしょうか。アニメ好きの私からすれば、非 ...

3

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 4

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 5

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ゴブリンスレイヤー
-, , ,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.