アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

ワールドトリガー

【ワールドトリガー】ネイバーなのにボーダー?!黒トリガーを持つ空閑遊真ってどんな人物?

更新日:

2013年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が始まったバトルアクション作品で、作者は葦原大介さんです。2019年からは『ジャンプスクエア』にて連載となっています。アニメ第一期(全73話)が2014年10月~2016年4月まで放送されており、2020年に第二期が放送予定となっています。ネイバー(近界民)から地球を守る組織「ボーダー」。そこに所属する主人公の三雲修はゲートの外から来たネイバーの空閑遊真と出会います。学校に襲来したネイバーと戦う三雲でしたが、力及ばず苦戦しているところに空閑が「トリガー」を使い助けに入ります。ボーダーの三雲とネイバーの空閑、本来敵対するはずの二人が力を合わせて戦うことになるのでした。今回は三雲修の相棒であり、もう一人の主人公とも言える空閑遊真についてご紹介していきたいと思います。

突然現れた謎の転校生、空閑遊真

転校してきた遊真

オサムが通う学校に転校生が来たという話が出回ります。ネイバーの侵攻により三門から転校していく生徒は多いが、転校してくる生徒は少ないのでボーダー関係者なのでは?という噂が流れます。その噂に反応するオサムでしたが、遊真はボーダーではなく、敵対するネイバーだったのです!トリガーを使い、自分はネイバーだと言う遊真に半信半疑だったオサムですが、その圧倒的な強さや、車に引かれても平気な顔をしている遊真を見て、間違いなく本物のネイバーだと確信したのでした。

オサムに付いていく遊真

オサムに付いていく遊真

ネイバーである遊真をボーダー隊員として放ってはおけないオサムでしたが、学校で助けてもらったこともあり、そばで様子を見ることにしました。遊真はお金の使い方や日本の法律、マナーを全く知らないので、基本的に物事は力で解決します。素直で悪い奴ではありませんが、危なっかしい行動を取るためオサムは注意しますが、遊真には日本のことはよくわかりません。しかし、日本で目的を果たすために遊真はオサムに日本について教えてもらうことにしたのです。「ルールは自分を守るものではない」、「自分を守れるのは自分の力」という遊真の言葉は、だいぶ極端な考えですが、真理でもあると思います。

正体をバレずにオサムを助ける空閑遊真

オサムのトリガーで戦う遊真

突如学校を襲撃した「戦闘用」トリオン兵のモールモッド。ボーダーの正規部隊が助けに来るまでは時間がかかり、その間の被害を防ぐ為にオサムは勝ち目がないことをわかっていながら戦いに行きます。助けを待つように言っていた遊真ですが、なんだかんだでオサムを放っておけず助けに行くことに。しかし、遊真が自分のトリガーを使えばボーダーに感知され、オサムがネイバーである遊真を匿っていたことがバレてしまいます。正体をバレずにオサムを助ける方法・・・それはオサムのトリガーを使って戦うことでした。オサムのトリガーはC級隊員に配布される訓練用のトリガーなのですが、そのトリガーであっさりモールモッドを撃退してしまいます・・・恐るべしネイバー遊真。

木虎に物申す空閑遊真

木虎に物申す遊真

学校に出現したネイバーを撃退したオサムと遊真。学校中のヒーローとして讃えられますが、そこにA級部隊の嵐山隊が到着します。C級隊員は基地外でのトリガーの使用は禁止されており、オサムのしたことは隊務規定違反にあたります。厳罰処分を覚悟するオサムでしたが、嵐山は犠牲が出なかったことが一番とオサムを褒め、モールモッドをほぼ一撃で仕留めていたことに感心していました。やったのは遊真ですが・・・。これが気に食わないA級の木虎は、違反は違反だとオサムを責めます。トリガーはボーダーのものだから、使うなら許可が必要というのです。そんな木虎に遊真は、トリガーはネイバーのものだけど、ネイバーに許可取ってんのか?と一言。さらに遅れてきた癖に偉そうにとも言ってます。木虎の言っていることは最もですが、ケースバイケースという言葉もありますし、言い方ってもんがありますもんね。遊真の一言でスカッとした読者も多いのではないでしょうか?

嫌いだけどオサムの頼みだから

木虎を助ける遊真

オサム、遊真、木虎でボーダー本部へと向かっている途中にイルガーと呼ばれる新手のネイバーが出現します。武器を使えないオサムは人命救助へ、木虎は一人でイルガーを迎撃しにいきます。遊真はオサムに付いていこうとしますが、オサムからバレないように木虎を援護するよう頼まれました。木虎のことを毛嫌いしていた遊真ですが、オサムの頼みならと迷わず木虎を援護しに向かうのでした。

任務完了!!

イルガーを投げ飛ばす遊真

「爆撃用」トリオン兵であるイルガーは、大きなダメージを受けると、人間の多い場所を目掛けて自爆します。そのため、木虎からダメージを受けたイルガーは街へと落下を始めます。自爆状態のイルガーはトリガーを使わずとも倒せるため、遊真は人がいない場所にイルガーをぶっ飛ばし、爽やかに任務完了と呟きます。A級の木虎でも落下するイルガーは対処出来なかったのに、あっさり対処してしまう遊真。A級に物申すだけありますね。

誰にでも苦手なことはある

自転車でこける遊真

土手でオサムを待っている間、遊真は自転車に乗る練習をしていました。遊真は15歳になっても自転車に乗れなかったのです。というよりも、日本に来るまで自転車を知りませんでした。ネイバーを一撃で倒したりと、ボーダーA級隊員を凌ぐほどの実力を持つのに自転車に乗れないなんて・・・。誰にでも得手不得手はあるということですね!偶然出会った千佳に練習を手伝ってもらい、少しだけコツを掴んだようです。調子に乗って川に落ちてましたけど(笑)

ボーダーから狙われる空閑遊真

遊真を撃つ三輪

ネイバーに個人的な恨みを持つA級隊員の三輪は、人型だろうがネイバーは皆殺しという考えを持っています。オサムがネイバーと繋がっていると睨んだ三輪は、城戸司令に報告し、オサムを監視していました。オサムと遊真が一緒にいるところを目撃した三輪は、遊真がネイバーを名乗った瞬間、遊真に向かって発砲します。急な近距離攻撃でしたが、遊真は攻撃を防ぎ、冷静に話し合いをしようとします。遊真はオサムになんでも力で解決するなと言われたのを覚えていたのです。さらにB級に上がったオサムの立場を考え、なんとか平和に解決しようと頑張る遊真でした。

迅も認める「特別」、黒トリガーを持つ空閑遊真

話し合いをしようとする遊真

いくら強い遊真でもA級を複数相手にするのは難しいと思ったオサムは、遊真の存在を認めている迅に相談します。しかし、迅は「あいつは特別だから」と言い遊真の勝利を疑っていませんでした。遊真の前にはA級二人、そして陰からA級スナイパーが二人、計四人が遊真を狙っています。遊真は三輪たちの使うトリオンを重しに変える攻撃に驚きますが、すぐに仕組みを理解し、コピーして反撃します。しかも威力を増強して。A級四人を同時に相手して見事撃退。遊真がこんなにも強いのは多くの戦争での経験やセンスもありますが、迅が言う「特別」というのが大きく関係していました。その「特別」とは、遊真が所有するトリガーが黒トリガーだったことです。迅も黒トリガーの所有者なので、何か通ずるものがあったのでしょう。

空閑遊真の目的

空閑の名に驚く城戸

遊真が日本に来た理由、それは「もし自分が死んだら日本に行け」という父親の有吾からの伝言によるものでした。有吾はボーダーのことを、地球とネイバーを繋ぐ橋になる組織といって言っており、そのボーダーには有吾の知り合いがいたのです。11歳で父親を亡くした遊真は、日本に有吾の知り合いを探しに来ていたのです。

レプリカの目的と遊真の目的

遊真の目的

有吾は死にかけの遊真を助ける為に自分の身を犠牲にして黒トリガーを作りました。死にかけの遊真の身体をトリガー内に封印し、新たな身体をトリオンによって作ったのです。この身体は成長機能を失っており、遊真が15歳にも関わらず小柄なのはその為です。しかし、トリガー内に封印された遊真の身体は少しずつですが確実に死に向かっていました。レプリカは、それをどうにかする為にボーダーを訪れたのです。しかし、遊真は有吾の全て注ぎ込まれた黒トリガーを使って有吾を蘇らせる方法を見つける為にボーダーを訪れていたのでした。

遊真のサイドエフェクト

嘘を見抜くサイドエフェクト

サイドエフェクトとは、トリオン能力の高い者が稀に発現する超感覚のことで、意味は「副作用」。遊真のサイドエフェクトは人の嘘を見抜くことで、遊真は人と話すときに「お前つまらない嘘をつくな」と言うときがありますが、これはサイドエフェクトによりウソを見抜いていたからでした。木虎がオサムに絡んでいたときや、三輪隊が遊真を襲撃してきたときなどに言っていますね。遊真は黒トリガーを受けついだ際に、このサイドエフェクトを発現しています。もともと有吾のサイドエフェクトでしたが、黒トリガーを通じて遊真に受け継がれていたのでした。

城戸司令を試すレプリカ

城戸を試すレプリカ

遊真の相棒であるレプリカは、ボーダーを完全に信用したわけではないので、情報を提供する条件として、遊真の身の安全を保証することを城戸司令に求めます。当然口約束など何の意味も持ちませんが、遊真のサイドエフェクトがあるため、城戸司令が嘘をついてもすぐに見破ることができます。これに城戸司令は、ボーダーの隊務規定に従う限り保証すると言い、遊真も反応しなかったので嘘はついていないようです。これは城戸司令の本心なのか?それとも有吾のことをよく知っているので、サイドエフェクトのことも気付いていたのか?どちらにしてもこの交渉により、城戸司令は迂闊に遊真に手が出せなくなりました。

目的を失った空閑遊真は・・・

オサムを手伝う遊真

遊真の探していた有吾の知り合い「最上宗一」は、迅の師匠であり、迅の黒トリガーでした。黒トリガーは自分の全てを注ぎ込んで生成されるため、最上はすでに死んでいることになります。迅の師匠である最上が死に、ボーダーが最上を生き返らせていないことから、ボーダーの技術を持ってしても死者を蘇らせることは不可能と悟る遊真。目的を失った遊真は自分の世界に帰ろうとしますが、レプリカから目的を与えて欲しいと頼まれたオサムは遊真をチームに誘います。困っている人を見過ごせない性質・・・遊真はオサムが父親とどこか似ていることからオサムに惹かれていったのでしょう。こうして遊真はオサム、千佳と共にボーダーA級を目指すことになるのです。

小南に弟子入りする空閑遊真

小南に強気な遊真

玉狛に所属することになった遊真は、小南に弟子入りすることになります。(というよりも、小南が一番強そうだからという理由で遊真を強制的に選んだのですが・・・)襲来してきたネイバーやA級隊員たちを余裕で撃退してきた遊真でしたが、小南との特訓では、9対1で負けてしまいます。同じA級でも小南の強さは別格ということでしょう。小南の圧勝ですが、訓練室から出てきた小南の顔を見ると、一勝でもされたのが余程悔しかったのでしょう。遊真は小南の実力を認め先輩と呼んでいますが、小南も遊真の実力を認め、ちゃんと名前で呼んでいましたね。

目立ちまくりの空閑遊真

訓練で0.6秒を出す遊真

ボーダーA級を目指すことになった遊真たち。ボーダーに入隊はしたがC級の訓練生である遊真と千佳は、まずはB級の正隊員を目指すことになります。B級に昇格するには4000ポイント獲得する必要があり、ポイントを獲得する方法は、合同訓練で良い結果を出すか、ランク戦でポイントを奪うかの二通りです。仮想戦闘モードで再現されたネイバーと戦う訓練では、A級の木虎が9秒、緑川が4秒という記録を出して驚かれていましたが、遊真は0.6秒という圧倒的な記録を叩き出しました。あまりの記録に計測器の故障と言われ、やり直しますが・・・最終的に0.4秒とさらに記録を更新してました(笑)

ネイバーなのにボーダー?!黒トリガーを持つ空閑遊真ってどんな人物?まとめ

アニメの遊真

いかがだったでしょうか?
父親からの伝言で日本に来たネイバーの空閑遊真。当初の目的は果たせませんでしたが、新たな目標を見つけ前に向かって進んでいきます。辛い過去を持つ遊真ですが、オサムとの出会いで心境にも少しずつ変化が現れていますね。どんな局面でも大活躍の遊真はもう一人の主人公と言っても過言ではないでしょう。

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ワールドトリガー
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.