アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

ワールドトリガー

【ワールドトリガー】ネイバー大規模侵攻のカギを握る主人公・三雲修とは?

更新日:

2巻表紙のオサム

2013年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が始まったバトルアクション作品で、作者は葦原大介さんです。2019年からは『ジャンプスクエア』にて連載となっています。アニメ第一期(全73話)が2014年10月~2016年4月まで放送されており、2020年に第二期が放送予定となっています。ネイバー(近界民)から地球を守る組織「ボーダー」。そこに所属する主人公の三雲修はゲートの外から来たネイバーの空閑遊真と出会います。学校に襲来したネイバーと戦う三雲でしたが、力及ばず苦戦しているところに空閑が「トリガー」を使い助けに入ります。ボーダーの三雲とネイバーの空閑、本来敵対するはずの二人が力を合わせて戦うことになるのでした。今回は主人公である三雲修はどのような人物なのか?そして、どのようにネイバー大規模侵攻に巻き込まれていくのかを紹介していきたいと思います。

正義感溢れる三雲修

正義感溢れるオサム

転校してすぐに不良に絡まれるユーマは軽くあしらいますが、放課後に報復を受けそうになります。そこに居合わせたオサムは集団でユーマをやろうとする不良を見過ごしませんでした。このカットだけ見るとめちゃくちゃカッコ良いんですけどね・・・。オサムはビックリするぐらい弱かったのです(笑)結局、ユーマ一人で撃退してしまいました。自分が弱いことを分かっていても悪を見過ごせないオサム。なかなか出来ることではありませんね!!

自分のやり方を曲げないオサム

ルールを守るオサム

実はボーダー隊員だったオサムはトリガーを起動し、不良たちを守ろうとします。その姿を見たユーマは、トリガーを使えば不良に負けないだろうと言います。しかし、ボーダーのルールで一般人へのトリガーの使用は禁止されており、また自分の正義を曲げないオサムはそれをしようとはしませんでした。オサムは戦闘の実力は弱いですが、信念を持ってボーダー隊員に所属しているのです。

オサムは学校でも評価されるようになっていた

不良に恐れられるオサム

学校ではボーダーであることを隠していたオサムでしたが、学校にネイバーが襲来した事件を機にボーダーであることがみんなにバレ、注目されるようになっていました。ユーマを助ける際に、オサムをボコボコにした不良たちも、オサムがボーダーとわかってからはビビッて避けています。任務で授業を特別早退・・・ちょっぴり憧れますね。

勝ち目が薄いからって・・・

トリガーを起動するオサム

突如学校付近に襲来した2匹のネイバー。このネイバーは以前現れた「捕獲用」のバムスターとは違い、モールモッドという「戦闘用」のトリオン兵でした。ユーマは実力不足のオサムを引き留め、他のボーダーが到着するまで待つことを勧めます。しかし、ボーダー基地から学校までは距離があり、それまでに何人の犠牲が出るかを考えたオサムは、勝ち目が薄いことを承知の上でトリガーを起動し出撃するのでした。

ユーマを変えたオサムの姿勢

引けないユーマ

ユーマは自分より強い相手と戦うときは勝とうとしてはいけないと父親から教わっていました。自分の力を見極め、自分のやれることをやる。仲間がいない局面では逃げるのも一手と考えるユーマは、感情に流されるのではなく、状況に合った選択をしてきました。現に、モールモッドが学校に襲来した時も他のボーダーの到着を待つように言っています。しかし、ヴィザ翁との戦いでは、格上の相手であるにも関わらず、全力で立ち向かいます。オサムと共にいることで、ユーマの心にも変化が起きていたのですね!

自分のことより周りを優先するオサム

周りを優先するオサム

規律違反を犯したオサムは木虎と共にボーダー本部へと出頭することになります。しかし、その道中で新たなトリオン兵が襲来、A級隊員である木虎は一人で迎撃に向かいます。武器が使えないオサムですが、武器が無くても出来ることはあるはずだと街の人を助けに。ユーマには木虎を陰から援護するように指示します。とにかく自分のことよりも、街の人や木虎を心配するオサムなのでした。

全く気取らないオサム

気取らないオサム

木虎とユーマの活躍によりイルガーは撃退されました。住民の避難や救助に当たっていたオサムが、住民からヒーロー扱いされているところに木虎がやってきます。戦わずに市民のポイント稼ぎをしているオサムのことが気に入らない木虎でしたが、オサムは木虎がネイバーを倒したという事実を住民に話し、自分は出来ることをやっただけだと言います。オサムは自分の評価などは気にしておらず、ボーダーとしての責務を果たしていたのです。この行動に木虎もオサムをただのC級隊員ではないと認めざるを得ませんでした。

オサムがボーダーに入隊した理由

オサムがボーダーに入隊した理由
雨鳥千佳はオサムがお世話になった先輩の妹であり、膨大なトリオンを持っていることから自然とネイバーを引き寄せていました。ボーダーに助けを求めれば済む話ですが、唯一千佳の話を信じてくれた友達が行方不明になって以来、千佳は人に助けを求めることがトラウマになっていました。そんな千佳を助ける為にオサムはボーダーへと入隊したのでした。

規格外のトリオン量

千佳のトリオン量

レプリカが千佳のトリオン量を測定した結果・・・とんでもない大きさのトリオン器官を持っていることが判明しました。ネイバーはトリオンが強い人間を求めているため、千佳は執拗に狙われていたのでした。千佳の膨大なトリオンは後のボーダー入隊試験でも一同を驚かせることになります。

チームのリーダーとなるオサム

リーダーになるオサム

迅に誘われ玉狛へと足を運んだオサムたち。ユーマは探していた父親の友人である最上宗一が死んでいることを知り、父親を生き返らせることは不可能だと悟ります。目的を失ってしまったユーマ・・・。一方、兄を自分の力で探すためボーダーに入隊することを決意した千佳、その意思の強さにオサムは協力しようとします。さらに、レプリカからユーマに目的を与えて欲しいと言われていたオサムは、ユーマ、千佳をボーダーに入隊させ、チームを作ってA級を目指すことにしたのです。実力では明らかにユーマが断トツですが、ユーマと千佳はオサムをリーダーにします。オサムの実力はまだまだですが、二人から大きな信頼を得ていたのです。こうして、オサム、ユーマ、千佳はチームとしてボーダーA級を目指すことになるのでした。

烏丸に弟子入りするオサム

オサムと烏丸

ボーダーA級を目指すことにした3人は、ユーマ、千佳がボーダーに正式入隊するまでの間、玉狛で訓練に励むことになります。一番強そうだからという理由で小南はユーマを選び、スナイパーの経験を持つレイジが千佳の面倒をみることに。あまったオサムは必然的に烏丸に訓練してもらうことになりました。ちなみに木虎は烏丸のことが好きなので、オサムが弟子入りしたことに納得していないようです。

センスが必要なシューター

オサムにアドバイスする烏丸

ガンナーにも種類があり、中距離から連射するアサルトライフル型、近距離で撃ち合うハンドガン型、銃弾トリガーを使わず弾丸を飛ばすシューターの3つに分けられます。シューターの特性は弾丸の性能を細かくいじれることですが、その分、攻撃に手間がかかるのと命中精度が粗いことが欠点とされており、使いこなすにはセンスが必要だと烏丸は言います。アサルトライフルやハンドガンなどの銃弾トリガーを使うタイプは扱い方がシンプルで、トリガーによる補助機能もあるため、安定・堅実を求めるならこちらのタイプの方が良いとのことですが、烏丸はオサムにシューターを勧めます。トリオン能力の差がモロに出るガンナータイプではオサムは先々苦戦を強いられると予想し、発想と工夫を反映できるシューターを勧めていたのでした。

一矢報いるオサム

シールド突撃するオサム

A級3位の風間と模擬戦を行うことになったオサム。B級に上がったとはいえ、オサムの実力では到底敵うことは無く、案の定24連敗してしまいます。しかし、迅がオサムたちの為に黒トリガーを差し出したと聞いたオサムは、なんとか一矢報いてやろうともう一度風間に挑むのでした。烏丸に教えられたことを思い出し、頭を使い、相手をコントロールする方法を考えます。オサムが今持っている武器は、射撃用の「アステロイド」、防御用の「シールド」、接近戦用で盾としても使える「レイガスト」、レイガスト専用オプションの「スラスター」の4つ。まず超スローの散弾で動きを制限し、スラスターを起動したレイガストの盾モードで突進して風間を壁まで追い詰め、そこからゼロ距離射撃によって風間に一撃を食らわせることに成功しました。結果は引き分けでしたが、風間のオサムへの評価も少しかわり、一矢報いたオサムなのでした。

成長したオサム

成長したオサム

ネイバーの大規模侵攻でC級隊員の援護い向かうことになったオサムと木虎。二人は道中で新型とモールモッドに遭遇します。木虎は新型を、オサムはモールモッドを相手にすることに。1対1でモールモッドと戦うのはネイバーが学校に襲来した時以来のオサム。しかし、みんなを守るために訓練を重ねたオサムは以前とは違いました。防御型のレイガストを使うオサムは、防御に専念しがちで、反撃のイメージを持っていませんでした。烏丸に指摘され、訓練で自分が目指す最高の動きをイメージしてきたオサムは、反撃に成功しモールモッドを撃退します。以前はユーマにオサムが20人いても厳しいと言われましたが、自分一人で戦えるほどオサムは成長していました。

命運を握るオサム

オサムが死ぬ未来

ネイバー大規模侵攻の際に、迅はサイドエフェクトにより「最善」から「最悪」までの不確定の未来がいくつも見えていました。千佳が攫われることは「最悪」の一歩手前であり、「最悪」はオサムが死ぬと言う迅。この「最悪」を防ぐために、迅やユーマを筆頭としたボーダー隊員はオサムと千佳を基地まで守る行動を取ることになります。

千佳との連携攻撃

千佳との連携攻撃

烏丸と共に基地を目指すオサムたち。新型は数を増やして追撃してきており、緑川たちA級3人が助っ人に来ますが、それでも全てを捌けません。攻撃せずに逃げることに専念するオサムですが、千佳と夏目は反撃しオサムを援護します。二人の力では到底勝てる相手ではありませんが、千佳はオサムに自分のトリオンを使うように提案します。シューターの強みとは「仲間の火力と自分の火力を合わせること」と烏丸から教わったオサムは、交戦中の敵を狙って千佳との連携攻撃で反撃に出ます。見事ラービットを全壊し、ひとまず危機を乗り越えるのでした。それにしても、アフトクラトルの面々を驚かせる千佳のトリオンには脱帽ですね・・・。

覚悟を決めたオサム

 

トリガーを解除するオサム

レプリカはミラの手によって真っ二つにされ、ボーダー基地内に到着することは不可能に思われましたが、レプリカは予備システムに切り替えており、かろうじて動いていました。基地の入り口に到着してから解析が完了するまでおよそ20秒。その間、ハイレインのキューブ化の攻撃を防ぐ為に、レプリカはオサムにある提案をしました。それはハイレインの攻撃はトリオンにしか反応しないので、トリガーを解除すれば攻撃を無効化できるというものでした。しかし、トリガーを解除するということは、生身で基地まで走ることを意味しており、他の攻撃はモロに受ける状態です。かなりリスクを伴う作戦ですが、他に選択肢のないオサムは覚悟を決めトリガーを解除したのでした。千佳はオサムがボーダーに入隊したきっかけであり、命に賭けても守りたい人だったのでしょう。

ネイバー大規模侵攻のカギを握る主人公・三雲修とは?まとめ

いかがだったでしょうか?
オサムより実力が上の隊員は数多く存在しますが、彼以上に正義感の強い隊員は数少ないでしょう。自分よりも周りのこと。打算なく行動し、一生懸命なオサムの周りには自然と人が集まってくるようですね!!トリオン能力は低いですが、頭を使って戦うオサムは、戦闘能力の高いユーマ、トリオンが膨大な千佳のリーダーとしても適任だと思います。ただ、あまりにも自分のことに鈍感なので、もう少し自分のことにも関心を持ってくれると、ユーマや千佳も安心できるのかな?と思いました。

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ワールドトリガー
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.