アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

ワールドトリガー

【ワールドトリガー】原作7巻~9巻までのあらすじを紹介(ネタバレ注意!!)

更新日:

2013年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が始まったバトルアクション作品で、作者は葦原大介さんです。2019年からは『ジャンプスクエア』にて連載となっています。アニメ第一期(全73話)が2014年10月~2016年4月まで放送されており、2020年に第二期が放送予定となっています。ネイバー(近界民)から地球を守る組織「ボーダー」。そこに所属する主人公の三雲修はゲートの外から来たネイバーの空閑遊真と出会います。学校に襲来したネイバーと戦う三雲でしたが、力及ばず苦戦しているところに空閑が「トリガー」を使い助けに入ります。ボーダーの三雲とネイバーの空閑、本来敵対するはずの二人が力を合わせて戦うことになるのでした。今回はネイバー大規模侵攻を中心とした第7巻~第9巻までのあらすじをご紹介していきたいと思います。ネタバレを含む内容のため、まだ見てない方は注意してくださいね!!

第53話~第61話(単行本7巻)

単行本7巻

第53話「玉狛第1」

金の雛鳥

ボーダー最強部隊であり、オサム達の先輩である玉狛第1の小南たちが現地に到着しました。オサムにはC級のフォローを指示し、新型を一掃する玉狛第1。そこに大規模侵攻の首謀者であるネイバーたちが現れます。彼らは非戦闘員の中にいる「金の雛鳥」(=膨大なトリオンを持つ千佳)を狙っていたのです。

第54話「アフトクラトル」

アフトクラトルの説明

地球に攻めてくる国家が「キオン」か「アフトクラトル」の2国まで絞り込んだレプリカは、その見分け方を教えていました。頭に角があるのがアフトクラトルで、その角はトリオン受容体であり通常のトリガーを大きく上回る戦闘力です。さらに角が黒ければ黒トリガーだと。新たに現れた人型ネイバーはほぼ角付きで、中には黒トリガーもいました。侵攻してきたのは「アフトクラトル」だったのです。数の不利をものともしない彼らはボーダー隊員を次々とペイルアウトさせていくのでした。

第55話「玉狛第1②」

小南の説明

新型と人型を同時に相手にするのは面倒と考えた玉狛第1は、小南一人に新型二匹を任せます。一瞬で新型を倒した小南の実力に驚くオサム。玉狛のトリガーは正規の規格化されたトリガーとは違い、使用者の特性に合わせて改良された本部未承認のトリガーだったのです。玉狛がランク戦に参加しないのも未承認のトリガーを使っているからだったのです。また小南の戦い方はネイバーの戦い方に近いとレプリカは言うのでした。

第56話「風間隊」

菊地原のサイドエフェクト

風間隊の菊地原のサイドエフェクトは「聴覚強化」でした。これは常人の5~6倍の性能であり、サイドエフェクトの中では地味な能力でした。しかし、知覚情報の8割を視覚に頼る他の隊と差をつけるため、風間は菊地原の聴覚を味方で共有することに目を付けたのです。これにより、風間隊は視覚に頼ることなく相手の動きが読み取れます。これを活かして黒い角のネイバーを倒しますが、やられていたのは風間の方でした。風間はペイルアウトし、追い込まれる風間隊。黒トリガーは一筋縄ではいかない強敵だったのです。

第57話「大規模侵攻⑦」

オサムが死ぬ未来

風間がやられたことで熱くなる菊地原たちですが、風間の命令により離脱しました。太刀川は新型を倒した後、C級と市民を守るため東部地区へ。黒トリガーとは交戦せず、放置して駒として浮かせる作戦に出るボーダー本部。一方、迅は最悪の事態を防ぐために嵐山たちと合流し、ユーマを借りていこうとします。その最悪とはオサムが死ぬという未来でした。

第58話「大規模侵攻⑧」

オサムを助けにはいかない三輪

警戒区域を出れないユーマですが、そこまではレイジたち玉狛第1がオサムを連れてくる手筈になっていました。しかし、玉狛第1が相手にするヴィザ翁とヒューズは手強く、とても振り切れる相手ではありません。レイジと小南で二人を足止めし、烏丸とオサムで千佳を含むC級を基地まで連れて行く作戦に変更します。本部もオサムたちの援護を命令しますが、手一杯でヘルプどころではない隊員たち。迅から頼まれた三輪はオサムを助ける為に動くのだろうか。

第59話「大規模侵攻⑨」

足を切る緑川

出水、米屋、緑川の三人は地形と数の利を活かしてランバネインと戦います。陽動に陽動を重ねた連携プレーはランバネインを苦戦させますが、同時に相手をすることを避けたランバネインは雨のような射撃で3人を分断します。一人になった緑川を狙いますが、逆に左足を切られてしまうのでした。

第60話「大規模侵攻⑩」

数を活かす東

ユーマにコテンパンに負けた緑川は、相手をコントロールする重要性を学んでいました。「勝てる」と思っているやつは操られていることに気付かないと。A級の活躍により、余裕を失ったランバネイン。それを見逃さなかった東はB級で包囲し、数の優位を活かします。敵をおびき出したと思っていたランバネインでしたが、チームで戦うボーダーの前に敗れるのでした。

第61話「大規模侵攻⑪」

侵入するエネドラ

ランバネインを撤退させたことで、未来は少し動きました。しかし、決定的なポイントはオサムを基地まで逃がすことです。そのために動く迅・ユーマ・レプリカの3人。一方で本部には浮き駒となっていた黒トリガーのエネドラが侵入してきていました。未来の確定点まではあと僅か・・・。

第62話~第70話(単行本8巻)

単行本8巻

第8巻では、アフトクラトルの黒トリガーや国宝が大暴れします。一進一退の攻防、目まぐるしく変わる展開に目が離せません。オサムは基地へとたどり着くことができるのか・・・。

第62話「アフトクラトル②」

オルガノン

ヴィザ翁とヒュースを相手にするレイジは、守りに徹して二人の足止めをします。守りに徹した敵を崩すのは難しいとヴィザ翁は本気を出し、「星の杖」を使いました。「星の杖」はアフトクラトルの国宝の一つであり、それを遠征に投入したアフトクラトルにレプリカはただ事ではないと感じるのでした。

第63話「大規模侵攻⑫」

迅に頼まれるレイジ

迅から時間稼ぎを任されていたレイジは可能な限りヴィザ翁とヒュースを足止めしてペイルアウトしました。オサムたちは連絡通路から本部に向かおうとしますが、本部はエネドラの襲撃で連絡がつかずドアが開きません。そこにすぐにヴィザ翁とヒュースが追いつき絶体絶命のピンチを迎えます。そこに勢いよく現れたのは、心強い味方の迅とユーマでした。

第64話「大規模侵攻⑬」

呟く迅

迅とユーマの登場でヴィザ翁たちを千佳から引き離すことに成功しました。連携では分が悪いと判断したユーマたちは分断して戦うことに。迅VSヒュース、ユーマVSヴィザ翁。二人を食い止めた迅たちでしたが、オサムと千佳の最悪の未来が消えることはありませんでした。

第65話「大規模侵攻⑭」

動揺するヒュース

ヒュースの未来が見える迅は、その実力でなぜここで捨てられるのかとヒュースに問います。それを聞いたヒュースは動揺していました。何か思い当たる節があるのでしょう。本部に侵入したエネドラは暴れまわり壊滅的な被害を与えますが、ボーダー側も黙ってはいません。基地内という利を活かし、仮想戦闘モードを使って反撃に出るのでした。

第66話「大規模侵攻⑮」

訓練室の諏訪隊

エネドラを訓練室に閉じ込めた諏訪隊は、部屋から出られないように気を付けながら戦います。訓練室ではどちらも倒せませんが、その間にトリガーを分析する作戦だったのです。一方、ヴィザ翁と戦うユーマは左手を切られ苦戦していました。相当な実力のヴィザ翁ですが、これすらも囮だと気付いたユーマはレプリカを至急オサムたちのもとへ送るのでした。

第67話「大規模侵攻⑯」

トリオンをオサムに渡す千佳

C級を引き連れ本部へと向かうオサムたち。米屋たちA級3人が助太刀に来ますが、それでも新型すべてに対応するのは難しく、何匹かはオサムたちを追ってきます。オサムの実力では相手になりませんが、千佳が自分のトリオンをオサムに流し込みます。千佳のトリオンを使ったオサムの攻撃はラービットを全壊させたのでした。それを見たアフトクラトルの指揮官ハイレインは、千佳の捕獲に自ら出撃するのでした。

第68話「アフトクラトル③」

キューブにされる隊員

A級と合流したオサムたちは千佳のトリオンを使ったオサムの攻撃により、撤退戦から迎撃戦に切り替えます。しかし、ハイレインの鳥の攻撃で次々と隊員はキューブにされてしまいます。武器までもキューブにしてしまう攻撃に緑川や米屋もペイルアウトしてしまいます。ハイレインの死角からオサムは攻撃しますが、簡単に弾かれてしまい、千佳はキューブにされてしまうのでした。

第69話「三雲 修⑧」

本気のレプリカ

千佳はキューブにされてしまいましたが、基地に行けば何とかなるという出水の言葉を信じてオサムは基地に走り出します。決死の思いで逃げるオサムですが、その攻撃の質と量に追い込まれます。そこにユーマの指示でオサムの元へ向かっていたレプリカが到着したのです。出し惜しみなしと言うレプリカは、ラービットを解析し作り出したのでした。

第70話「大規模侵攻⑰」

戦う忍田

訓練室に閉じ込められたエネドラはその仕組みや意図を理解しました。それと同時にエネドラの黒トリガーは「液体だけでなく、気体にも変化できる」と分析したボーダー側。訓練室から出たエネドラはまた暴れようとしますが、それを止めたのはノーマルトリガー最強の男・忍田真史でした。未来分岐点までおよそ960秒。

第71話~第72話(単行本9巻)

単行本9巻

第9巻では、忍田本部長の実力やボーダーの連携による実力を見ることが出来ますね!みんなの行動で少しずつ未来が変わっているが、決定的には変わっていない最悪の未来。これを変えるにはやはりオサムが基地に辿り着くことが最重要なのでしょう。

第71話「大規模侵攻⑱」

役目を果たした忍田

遂に通常トリガー最強の男が戦場に降り立ちました。ネタをバラし過ぎたエネドラは一気に追い込まれますが、あと少しのところでダミーを使って逃げます。風上に立ったエネドラは忍田に致命的な一撃を食らわせました。しかし、忍田や諏訪隊、風間隊は陽動を積み重ね隠密組が止めを刺すように動いていました。最終的にはチームプレーによりエネドラの撃破に成功したのです。

第72話「大規模侵攻⑲」

腕を落とすミラ

エネドラを捕虜として捕らえることにしたボーダーでしたが、ミラが回収にきます。しかし、黒トリガーのみを回収してエネドラに止めを刺して去っていきました。捨てられるヒュースやエネドラ・・・。アフトクラトル内でもゴタゴタが起こっているようでした。

第73話「大規模侵攻⑳」

ニヤリとするハイレイン

出水が建物を破壊したのはスナイパーの射線を通す為でした。出水がガードを削り、スナイパーがそこを狙う。見事な連携でハイレインを追い詰めたかのように思われましたが、ハイレインはキューブを集め再生したのです。これには出水もたまらずペイルアウト。しかし、しっかりと時間稼ぎは出来ていました。オサムが基地に着くまであと3分。

第74話「烏丸 京介」

烏丸の3分間

迅に未来を変えるポジションにはいないと言われた烏丸。それでも最後の三分を稼ぐ為に全力でハイレインに挑みます。しかし、ワープを使うミラはハイレインを連れオサムたちのもとへ。ハイレインは烏丸たちをオサムから引き離す為にわざと残っていたのでした。迅の予知通り、未来を変えるポジションにいなかった烏丸ですが、黒トリガーの情報をオサムに送ることで未来が少し動いたのです。

第75話「大規模侵攻㉑」

オサムの元へ来た三輪

基地まで残り120メートル地点まで来たオサム。烏丸の情報のおかげで、キューブ化する攻撃はトリオンにしか反応しないことを知ったオサムとレプリカは、建物内を突っ切って基地を目指します。基地まで残りわずかというところで、ミラとハイレインに挟まれてしまいますが、そこに迅からオサムを頼まれていた三輪が現れるのでした。

第76話「三輪 秀次」

引けないユーマ

三輪がハイレインを抑えているうちに基地を目指すオサムは、遂に基地目前まで辿り着きます。しかし、ワープを使うミラはすぐにオサムを追いかけてくるのでした。敵の中で一番の強敵ヴィザ翁と対峙しているユーマは、レプリカ本体と離れたことで本来の力を発揮できていませんでした。本来なら勝ち目の薄い勝負はしないユーマでしたが、オサムと出会ったことで、引くことの出来ない戦いがあることを学んだのでした。

第77話「大規模侵攻㉒」

両断されるレプリカ

ユーマがヴィザ翁を、三輪がハイレインを抑えている今、ミラを突破出来れば基地へと入れるオサム。そこにレプリカが作り出したラービットが追いつきます。ハイレインもミラも相性が悪いと言い、形成は逆転したかに思われましたが、ミラは小窓を使いレプリカ本体を両断したのでした。

第78話「空閑 遊真⑨」

ユーマの作戦にハマるヴィザ

このまま戦っていても時間とトリオンの無駄だと感じたユーマは、読み合いのポイントを絞った攻撃を仕掛けます。あまりに正直な攻撃にヴィザ翁はユーマを真っ二つに斬りますが、それはユーマがわざと斬らせたのでした。換装前にトリオン体にしていた体でヴィザ翁を撃破し、オサムの元へと向かいます。

第79話「大規模侵攻㉓」

風刃を使う三輪

キューブ化の攻撃はトリオンにしか反応しないので、トリガーを解除すれば攻撃を無効化できます。しかし、これは生身になるので非常に危険な作戦です。千佳を守るために覚悟を決めたオサムは、トリガーを解除し基地までの残りわずかの距離を走ります。トリガーによる攻撃が効かないハイレインは、オサムに直接攻撃を仕掛けます。それを食い止めるため、ユーマは『「弾」印二重』、三輪は「風刃」を起動するのでした。未来の分岐点まであと7秒。

原作7巻~9巻までのあらすじを紹介(ネタバレ注意!!)まとめ

ワールドトリガーアニメ

いかがだったでしょうか?
ネイバーによる大規模侵攻もいよいよ大詰めとなった7~9巻。オサムは基地に辿り着くことができるのか?!!気になる続きは10巻で!!

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ワールドトリガー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.