アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

ワールドトリガー

【ワールドトリガー】空閑遊真のお目付け役、レプリカって何なの?

更新日:

2013年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が始まったバトルアクション作品で、作者は葦原大介さんです。2019年からは『ジャンプスクエア』にて連載となっています。アニメ第一期(全73話)が2014年10月~2016年4月まで放送されており、2020年に第二期が放送予定となっています。ネイバー(近界民)から地球を守る組織「ボーダー」。そこに所属する主人公の三雲修はゲートの外から来たネイバーの空閑遊真と出会います。学校に襲来したネイバーと戦う三雲でしたが、力及ばず苦戦しているところに空閑が「トリガー」を使い助けに入ります。ボーダーの三雲とネイバーの空閑、本来敵対するはずの2人が力を合わせて戦うことになるのでした。今回は遊真をそばで支えるレプリカについてご紹介していきたいと思います。

遊真をフォローする謎の生物レプリカ

はじめましてのレプリカ

レプリカが遊真以外と会話をするのは、学校にモールモッドが襲撃してきたときが初めてになります。ウサギのような耳を持つ未知の物体に驚くオサム。遊真以外と会話をするのは珍しいレプリカですが、オサムには遊真がお世話になっているということから、オサムにトリオンとトリガーの関係について丁寧に教えてくれます。お目付け役というだけあって、知識も豊富で、話し方も丁寧でわかりやすいです。ちなみに自己紹介の時には必ず「ユーマのお目付け役だ」と言います。

分身して通信手段としても使えるレプリカ

分身するレプリカ

レプリカは体から小さな分身を作り出すことができます。本体と分身は通信が可能であり、レプリカを通して会話をするトランシーバー的な役割を果たすことも可能です。オサムや千佳に分身を持たせて会話をするシーンは何回も出てきます。しかし、分身はあくまで分身であり、本体ほどの力はありません。

遊真の行動や考えを解説してくれるレプリカ

解説するレプリカ

遊真のことをほぼ理解しているレプリカは、オサムや千佳に遊真の考えていることや、なぜそのような行動を取るのかなどを丁寧に教えてくれます。物事を客観的に見るレプリカの解説は読者からしてもわかりやすく、非常にありがたいです。三輪隊が遊真を襲ってきたときも、遊真が戦っている最中ずっと解説してくれています。手伝わないのは遊真の敵ではないと判断したからなのでしょう。三輪隊のスナイパーは迅が対応しましたが、迅がいなければレプリカが対処するつもりだったと言っているので、いつも見ているだけのレプリカですが、戦おうと思えばA級でも対処できるようです。

オサムに遊真の過去を語るレプリカ

遊真の過去を語るレプリカ

玉狛で林藤支部長と話をした遊真たち。その夜、レプリカはオサムに遊真の過去について話します。遊真は11歳の時に戦争で死にかけ、それを助けるために父親は黒トリガーを作って死にました。そして、今の遊真の肉体はトリオンで生成されており、本当の肉体は指輪に封印されています。トリオンの肉体は成長機能を持たないため、遊真は11歳から体の成長は止まっています。しかし、封印されている肉体は少しずつですが確実に死に向かっていて、それを食い止めるのがレプリカの目的でした。しかし、遊真は黒トリガーから父親は蘇らせることを目的としていたのです。なぜレプリカがこんな話をオサムにしたのかというと、遊真が生きる目的を失っていたからでした。玉狛で探し人である最上宗一が死んでいることを聞いた遊真。ボーダーの技術を持っていながら最上を蘇らせていないということから、黒トリガーになった人を蘇らせることは不可能だと遊真は悟ったのです。そんな遊真に「目的」を与えて欲しいレプリカは、オサムに遊真の過去を話したのです。いつもは遊真のフォローをし、何かするときも「それは遊真自身が決めることだ」と遊真のやりたいようにやらせるレプリカですが、レプリカが自主的に動くのはこれが初めてではないでしょうか。遊真とは長い付き合いのレプリカは、遊真のことを本当に心配しているのですね。

空閑有吾によって作られたレプリカ

有吾に作られたレプリカ

レプリカは遊真の父である有吾によって作られた多目的型トリオン兵でした。レプリカの中には有吾、遊真と旅をしたネイバー各地の記録が残されており、ボーダーが望む情報も多く蓄積されています。レプリカはボーダー本部の会議で初めて自分がトリオン兵だと明かすので、オサムもこの時までトリオン兵だとは知りませんでした。ずっと謎の生物という認識だったのでしょうね(笑)ボーダーに情報提供をする条件として、遊真の身の安全を求めるレプリカ。何よりも遊真を第一と考えるレプリカは遊真にとっても欠かせない存在ですね。

敵の狙いを読むレプリカ

敵の狙いを読むレプリカ

オサムと木虎に同行するレプリカは、敵の行動に違和感を感じます。本国の備えを手薄にしてまで莫大なトリオンを侵攻に使っていること。しかもその戦力わざわざ分散させていること。木虎は分散した敵とこちらが対応をしているところに新型を投入し、即戦力になるトリガー使いを確保するためだと言いますが、レプリカは納得していませんでした。ラッドによる事前調査までして攻めてきた敵がボーダーのペイルアウトを見落としているとは考えにくいと。C級隊員の捕獲、戦力の分散、本部基地の爆撃、これらの裏には何か「真の目的」が隠されているのではと疑うレプリカでした。こういった考えに至るのも、豊富な知識量と多くの経験をしてきたレプリカならではなのでしょう。

戦力の逆転

黒トリガーを作られる可能性

ボーダー本部への爆撃は本気ではないというレプリカ。本気を出せば堕とせたがそれはあまり得策ではないようです。ギリギリまで追い込めば、命を捨てて抵抗する者が現れ、黒トリガーを作られる可能性があり、過去の戦争では勝利目前の国が黒トリガーによって敗戦した例がいくつもあるそうです。「窮鼠猫を噛む」ということわざと同じですね。

オサムを助けに来たレプリカ

レプリカが作ったラービット

遊真の指示でオサムと千佳を助けにきたレプリカ。倒したラービットを解析し、自らラービットを作り出します。そんなことができたんですねレプリカ先生!!残念ながらレプリカの内臓トリオンでは2体目のラービットは作れないため、増援には対応できませんが、それでもオサムが逃げるための十分な時間稼ぎにはなりました。ラービットに時間稼ぎをさせてるうちに、レプリカはオサムを連れてボーダー本部へと急ぐのでした。

基地の解析をするレプリカ

子機に解析させるレプリカ

ボーダー本部の入り口が閉まっている場合、レプリカが開けることになります。基地はほとんどトリオンで作られているため簡単に開けられると言うレプリカ。しかし、地球の技術が組み込まれていた場合は、解析に時間がかかってしまうため、事前に子機を先行させ解析に当たらせます。こんな状況でも冷静に判断し、めちゃくちゃ捌けるレプリカ。こんな部下や後輩がいたら会社も安泰でしょうね(笑)

真っ二つにされるレプリカ

両断されるレプリカ

正確なワープを使うミラに追い詰められるオサムでしたが、レプリカの作ったラービットが追いつき形成逆転します。ラービットは小窓では殺せず、大窓ではトリオンの消費が大きいため、ミラは打つ手がありません。この状況を切り抜けられると思った矢先、ミラはラービットではなく、操作しているであろうレプリカを狙ったのでした。レプリカを失いテンパるオサムでしたが、幸いラービットは独立して動いており、レプリカは予備システムに切り替えていたのでなんとか動けます。しかし、ほとんどの機能は停止しており、基地の入り口をなんとか開けるのが精いっぱいでした。

命がけの提案をするレプリカ

オサムに提案するレプリカ

基地の入り口に到着してから解析が完了するまでおよそ20秒。その間、ハイレインのキューブ化の攻撃を防ぐ為に、レプリカはオサムにある提案をしました。それはハイレインの攻撃はトリオンにしか反応しないので、トリガーを解除すれば攻撃を無効化できるというものでした。しかし、トリガーを解除するということは、生身で基地まで走ることを意味しており、他の攻撃はモロに受ける状態です。かなりリスクを伴う作戦ですが、他に選択肢のないオサムは覚悟を決めトリガーを解除したのでした。

空閑遊真のお目付け役、レプリカって何なの?まとめ

アニメのレプリカ2

いかがだったでしょうか?
謎の生物であるレプリカは有吾が作ったトリオン兵でした。遊真のお目付け役で、常に遊真のことを考えているレプリカはまるでおじいちゃんのような存在ですね。オサムや千佳には新たな知識を、ボーダー本部にはネイバーの情報を与えていたレプリカは、遊真以外にも大きく貢献していましたね。

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ワールドトリガー
-, , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.