アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜

【無職転生~異世界行ったら本気だす~】攻撃から回復まで。作中に登場する魔術を紹介!

更新日:

ストーンキャノンを使うルディ

「無職転生」に登場する戦闘方法は主に2つ。剣技と魔術で行われます。獣族は野性的な体術を得意としているのですが、ギレーヌなど一流どころはやはり剣術を得意としており、「無職転生」の世界においては剣術と魔術で戦う事が基本とされています。そんな中で主人公のルーデウスが得意とするのが魔術!幼少期から魔術の才能に恵まれていたルーデウスは師匠のロキシーから魔術を習い成長していきます。そこで今回は作中に登場する魔術について紹介!簡単なものから大掛かりな大魔術まで紹介していきます!

魔術のランク分け

ステッキを持つルディ

まず最初に、魔術には全部で7つのランク分けがされています。初級から始まり、中級・上級・聖級・王級・帝級・神級の順に序列が作られているのですが、中級まで魔法が使えれば十分一人前。聖級レベルになると兵士1000人ほどの実力があるとされ、王級以上のレベルになると世界でも有数の天才とされています。中でも神級の実力はずば抜けており、本気で戦うと世界の地形が変わってしまうほどと言われています。ちなみに主人公のルーデウスは5歳で聖級となりました。

魔術の基礎は6種

魔法大学では魔術の基礎は6種類とされていて、火・水・土・風に治療と解毒を使用頻度の高い「基礎六種」と呼び学ばせています。ここから雷は風系統に分類といった感じで枝分かれのようにして色んな種類の属性が生まれます。魔術系統が使われるアニメでは必ずと言って良いほど「光と闇」の属性の魔術も登場しますが、コミックス13巻時点では「呪い」や剣術に「光の太刀」はあるものの、魔術として光や闇が本作に登場することはありません。

通常の魔術と無詠唱魔術

ルーデウスは回復以外の魔術は基本的に無詠唱で行っています。通常の魔魔術は規模が大きくなるにつれ詠唱も長くなっていたりするのですが、ルーデウスは初級レベルの魔術であれば詠唱を飛ばして魔術を使う事ができ、無詠唱で戦う事が多くなっています。無詠唱で魔術を使う事により、通常よりも素早く魔術を放つことが可能に。また、魔術を組み合わせる事で新たな魔術を作り上げる事もできます。ただし神級魔術は長い詠唱と魔法陣も必要となるため、無詠唱では使う事ができません。無詠唱は高等技術ですが、幼少期から訓練していれば比較的簡単に使えるようになる様です。

ヒーリング

ヒーリングをかけるゼニス

『神なる力は芳醇なる糧。力失いしかの者に、再び立ち上がる力を与えん』この詠唱から放たれた「無職転生」記念すべき一発目の魔術はド派手な爆発……ではなく、ヒーリングという回復魔法でした。第一話で幼少期のルーデウスが転んで擦りむいた膝を母親のゼニスがヒーリングで治療したのが本作初の魔術となります。

ヒーリングで治るのは人体だけじゃない

基本的にどんなゲームや漫画でも「ヒール」といえばケガ人の治療に使われる回復魔法ですが、本作のヒーリングは人間や動物だけでなく、植物などにも効果を発揮します。ロキシーがルーデウスに魔術を教える際、ゼニスの大切にしている木の枝をへし折ってしまったのですが、ヒーリングでその枝を元通りに復元していました。ちなみにその時の詠唱も全く同じものとなっています。

中には更に上級の回復魔術も存在する

回復魔術にはヒーリングの上位魔術となるエクスヒーリングや更にその上位となるシャインヒーリングが存在します。エクスヒーリングは中級治癒魔術とされ、火傷や骨折など外傷の治癒が可能ですが、内臓などの破損は回復はできません。それに対し上級治癒魔術のシャインヒーリングは致死レベルの重傷であっても治癒が可能。ただし腕が千切れているなど欠損しているところまでは治癒できません。ルーデウスは回復魔術をそれほど得意としていないので詳しく知らなかったようなのですが、オルステッドに胸を貫かれ呼吸も止まっている状態から治癒で一命を取り留めた際に「上級の治癒魔術かそれ以上の治癒魔術がある」という事を知りました。

ウォーターボール

ウォータボールを使うルディ

『汝の求めるところに大いなる水の加護あらん──清涼なるせせらぎの流れを今ここに──』ルーデウスが一番最初に覚えた水魔法がこのウォーターボール。水で出来た球体を作り出し、それを目標にぶつけて攻撃します。水魔術では初級レベルの魔術でロキシーの授業でも真っ先にこの技をテストに使っています。それほど威力は無さそうに見えますが、幼少期のルーデウスが使うと木の幹ごと破壊する程の威力を秘めます。

水砲の術

ルーデウスが使った初めての中級魔術。無詠唱で魔術を使えるルーデウスは「水砲の術」と呟いただけで魔術を暴発させてしまいます。その威力は家の壁をぶち破り、激流のような水が一直線に外へ放たれました。(幼少期とは言えルーデウスの魔力が尽きそうになるほどの威力)この魔術を使った事により、ルーデウスが優れた魔術師になる素質があると確信したゼニスはさっそく家庭教師を呼んで魔術の勉強をさせる事にしました。

キュムロニンバス

魔法を唱えるルディ

ロキシーを家庭教師に呼んで色々な事を学び、最終試験の課題として出されたのがこの水聖級攻撃魔術キュムロニンバスです。効果は上空に雲を集め、雷を伴う豪雨を降らせるというもの。「無職転生」に限らず、天候を操る魔術はかなりの上級魔法として使われている事が多いですが、本作でも上級のさらに上に位置するこの魔法を使える聖級魔術師は、1人で1000人の兵を押しとどめたという記録があり、まさに一騎当千という事に。卒業試験では豪雨を降らせた状態を1時間キープし続けるという課題だったのですが、ルーデウスはこの魔法を更に改良して上昇気流を使い維持する方法を考え出しました。これによりルーデウスは聖級魔術師となります。

ヒートハンド

魔術を使うシルフィ

ヒートハンドを単体で使う描写はありませんでしたが、ヒートハンドはシルフィをいじめっ子から助けた際に、汚れた頭を洗うのに使った魔術です。片手でウォーターボールを作りながらヒートハンドで手を熱くし、水をお湯に変化させてシルフィの頭を洗いました。一見なんて事の無い魔術にも思えますが、2属性の魔法を一緒に使う高等魔術だったりします。

アイスピラー

アイスピラーを使うシルフィ

シルフィと出会ってから1年後に登場したアイスピラー。地面から尖った氷の柱を出現させます。当時6歳だったシルフィの身長と同じくらいの大きさなので、高さは1mちょっとといった感じでしょうか。原作ではシルフィが最初に使っていますが、ルーデウスから魔術を習っていたので、間違いなくルーデウスも使用する事ができます。魔術としては初歩の初歩なのですが、鍛える事で下から突き上げる威力は凄まじくなり、ロキシーレベルの魔術師が使えばS級冒険者が束になってやっと倒せたとされる魔獣「デスクロータイガー」をも一撃で倒す威力を持っています。

ストーンキャノン

ストーンキャノンを使うルディ

作中でもルーデウスが使う魔術で1・2を争うほど使用頻度の高い魔術として登場するのがストーンキャノン。手のひらから巨大な岩を作り出す土魔術の初級魔術ですが、使い勝手の良さからルーデウスはよくこの魔術を使います。ただしそれほど強くない相手でも岩を真っ二つに斬られ回避されていたので、殺傷能力はそれほどなさそうです。同じく手のひらに風の刃を作る風魔法のソニックブームや、火属性のファイヤーボールもありますが、これらはそれほど使用する事はありませんでした。

ストーンバレット

ストーンバーストが巨大な岩を生成するのに対し、ストーンバレットは細かい石を大量に生成して一斉発射します。一撃の威力は落ちますが広範囲に攻撃をする事が可能。ルーデウスが使う事はありませんでしたが、ロキシーが魔術対策としてシーローンの兵士たちに教えていたようです。ちなみに兵の放ったストーンバレットはルーデウスのエアバーストでガードされてしまいました。

その他にも便利な土魔法

パウロと戦うルディ

ルーデウスはストーンキャノン以外にも土魔術を使い、水属性との混合魔術で敵の足を泥沼に沈めて行動不能にする「泥沼」や、敵の行く手を阻む5mほどの巨大な壁を作るなど、名前は無くても強力な土魔術が存在します。特に泥沼は父親のパウロと戦って勝つために作ってきた戦術の1つで、作中ではカットされた冒険者としての2年間ではかなり使用していたと思われ、後に「泥沼のルーデウス」という二つ名で知られるようになります。

転移魔術

消し飛んだフィットア領

ルーデウスが家庭教師としてロキシーとギレーヌに聖級魔術を披露しようとしていた時、突如上空から光が現れ爆発に巻き込まれたようにフィットア領は消滅。これはのちに「フィットア領転移事件」と呼ばれ、原因はある人物をこの世界へと召喚した時に発生したものと明かされます。つまりこの事件は何者かを召喚する為に行われた「召喚魔術」によって副作用的に起こった「転移魔術」であり、その転移魔術によりフィットア領にいた人や建物、さらには植物まで、すべてが世界のどこかへと転移されてしまいます。ルーデウスたちのように地上へと転移された者はまだ良いのですが、中には空中や海中に転移された者も多く、転移によってかなりの人が命を失いました。

大雨(スコール)

魔眼をつかうルディ

獣族が暮らす大森林に密輸組織が現れ、獣族を誘拐する際に放った火を一瞬で消し去った水属性の魔術。その名の通り空に巨大な雨雲を作り出し大雨を降らせることができます。同じく天候を操るキュムロニンバスを使った時と違い、無詠唱で発動していたので魔術としての難易度はおそらく上級か中級。聖級のキュムロニンバスよりは下級の魔術だと思われます。

エアバースト

夜目の烏

ルーデウスも使っていた技ですが、一番大きな戦いで使われたのはフィッツが夜目の烏という殺し屋と戦ったシーン。ちなみにこの「夜目の烏」という女は裏の世界では知らない者はいないと言われるほどの凄腕暗殺者です。突如現れた夜目の烏に数本のナイフを一度に投げられ、それを吹き飛ばす時に使ったのがエアバースト。両手を腰のあたりに構えて力をため、腕を前方に突き出すと同時に風を巻き起こし、風圧でナイフを全て落としました。エアバーストを足に応用し、風圧で一気に加速するなどもできるようです。

ソニックブラスト

夜目の烏との戦闘中、城の最上階から2人でもみ合いながら落下している最中に使ったフィッツの風魔術。おそらく転移魔術で上空に転移され、落下の際に咄嗟に使った魔術もソニックブラストだと思われます。詳しい技の内容は描かれていませんが、手のひらに圧縮した風を放つような技のようです。ソニックブラストを夜目の烏の頭に放ち、自分はその反動で落下の衝撃から逃れほぼ無傷。代わりに夜目の烏は勢いよく地面に叩きつけられ身体がばらばらになっていました。回想シーンでこの魔術を使い髪の色が変わったような描写があるので、フィッツの髪の色が変わった事とも何か関係しているのかもしれません。

乱魔(ディスタブ・マジック)

オルステッドと謎の少女

ディスタブ・マジックは龍神オルステッドが使った魔術を打ち消す魔術。発動された魔術を打ち消すのではなく、発動前に自分の魔術をぶつけて相殺し打ち消します。オルステッドが発動した際は鎖のような描写がされており、魔術を使おうとした腕に封印のようなものがされていました。直後にルーデウスは逆の手で魔法を発動させていた事から、効果は発動しようとした片腕に限定されるものだと思われます。その後ルーデウスが同じくディスタブ・マジックを使った際には鎖の描写は無かったので、あれはオルステッド固有の描写であり、特に鎖が出たりするという訳では無さそうです。

吠魔術

争う4人

ドルディア族が得意とする声の魔術。遠吠えを響かせることにより相手の動きを封じる能力があります。実際に不意打ちとは言え格下と思われる相手にこの魔術を受けたルーデウスは、身動きが取れなくなり牢へと入れられてしまいました。基本的にドルディア族固有の魔術ではありますが、原理さえ理解していれば他の種族でも使えるようになるようです。(コミックス13巻時点ではドルディア族だけが使用)

作中に登場する魔術まとめ

ルディとロキシー

ここまで作中に登場する魔術を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?地形を変えてしまうような強大な魔術も登場する本作ですが、実は話が進んでも序盤に覚えた初級の魔術が活躍し続けたりもしています。召喚魔術など原作コミックでも謎の多い魔術はまだまだありそうですが、アニメではこの魔術がどの様に描かれるか楽しみなところですね!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

chobimaru318

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜
-, , ,

Copyright© アニメミル , 2021 All Rights Reserved.