アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

キングダム

【キングダム】アニメ第一期②秦国VS魏国の戦編のあらすじをご紹介(ネタバレ注意!!)

更新日:

キングダム5巻

原作は原泰久による戦国バトル漫画。2006年より『週刊ヤングジャンプ』で連載が開始されており、2012年からアニメ第一期、2013年からアニメ第二期、2020年からはアニメ第三期が放送されています。また2010年にはPlaystation Portable用のゲームが発売され、2019年には実写映画が公開されるなど、様々な媒体で展開されている人気作品です。舞台は春秋戦国時代の中国。戦争孤児である主人公の信と後の秦の始皇帝である政が今まで誰も成し遂げたことのない、中華統一を目指す物語となっています。史実を元にしたストーリーとなっていますが、登場人物の性格や風貌、各国の戦況などは漫画として見やすく面白くなるように脚色されています。今回は信の初陣である魏国との戦のあらすじを原作に沿って紹介していきたいと思います。ネタバレを含む内容となっているため、まだ見ていない方は気を付けてくださいね!

信の初陣

徴兵の知らせを知る信

蟜から王座を奪還した政は、秦国の王として国を治めながら呂不韋の戦いに備えます。協力してくれた山の民は山に戻ることになり、政と楊端和の間で定期的に情報交換を行うことになりました。そして信は土地と家を与えられ、戦場に出る機会をうかがっていました。貂は山に帰ることなく信についていきます。女であることを隠しながら・・・。身体を治しながら鍛練に励む信は、町中で徴兵の看板を見ると張り切って戦場へと向かうのでした。戦場では五人一組の隊「伍」を作って戦います。伍長をリーダーとした五人組なわけですが、戦に何度も出陣しているメンツは優秀な伍長から声がかかったり、おなじみのメンツで伍を作ります。初陣の信は伍の存在も知らず取り残されることに・・・。伍長の中でも人気のない澤伍長は、余りものである信と信の同郷である尾平、尾到、無口な子供剣士の羌瘣を集め伍を結成するのでした。

「伍」とは

伍を結成する伍長

秦の丞相・商鞅は紀元前359年「什伍の制」を施しました。これは10人組と5人組を設け、相互に監視させ連帯責任を負わせるものです。この5人組を「伍」と呼び、その中のリーダーを「伍長」と言います。秦軍では「伍」が基本単位であり、常に行動を共にする運命共同体なのです。

緊急事態、目指すべき城が落とされた?!

城が落とされ驚く信

残り者の伍である信たちは自己紹介を済ませ、進軍を続けます。自分たち以外にも多くの軍が存在することに初陣の信は驚くと共に興奮を隠しきれませんでした。信たち第4軍は「星眼の黒龍」と恐れられる黒剛将軍のいる丸城に入ることになります。黒剛将軍は根っからの戦好きであり、毎回最激戦地に軍を投入し死地を好む戦い方をするため皆敬遠していたのです。澤伍長は嫌がっていましたが、早く武功を上げたい信はワクワクしていました。そんな時、火急の知らせが入ります。なんと丸城は魏国に落とされ、黒剛将軍は討ち死にしていたのです。そして丸城を落としたのは、戦国四君の一人、信陵君の食客頭だった呉慶将軍だったのです。とんでもない敵の登場に焦る兵たちでしたが、信は一切怖気づいていませんでした。

壁との再会

信と再会する壁

行軍を続ける歩兵たちは会話しながら歩いていますが、小競り合いなども起きていました。信たち余りものの伍は周りからバカにされ、信はムキになり一触即発の状態に・・・。そこに千人将の騎馬隊が通るとの知らせが。歩兵は全員整列し、騎馬隊が過ぎるのを待ちます。隊の将は気性が荒い人物が多く、以前には隊列を崩し斬られた者もいると言う澤伍長。皆が緊張し整列している中、将の顔を見た信は騎馬隊の前に飛び出します。騎馬隊の千人将は、王座奪還を共に戦い抜いた壁のあんちゃんだったのです!!信をバカにしていた歩兵たちも、千人将と親しげに話す信をには驚きを隠せませんでした。こういうのは見ていてスカッとしますね。

自分の無力さを痛感した壁

人が変わった壁

歩兵たちに檄を飛ばし士気を高めた壁。その様子を見ていた尚鹿は、壁が成蟜の反乱で自信を付けたと思っていました。しかし、壁はその逆だと言います。反乱を鎮圧した要因は政の行動力、山の民の圧倒的武力、そして下僕である信の奮闘。大王直属の臣である自分は非力で不甲斐ないと痛感していたのでした。そのことを昌文君と話し合い、昌文君は文官の極みである丞相へ、壁は武官の極みである大将軍になることを決意したのでした。

突破口を切り開いた信

突破口を切り開く信

縛虎申隊の最前列に配置された信たち。遂に戦が始まろうとする瞬間に尾平や尾到は恐れていました。そんな中、ずっとこの日を待ちわびていた信は落ち着いていました。突撃の合図と共に秦軍は一斉に魏軍に突撃します。そんな秦軍に対し魏軍は岩陣という盾と槍を構えた防御の陣を取ります。これでは秦軍の最前列は串刺しになって全滅です。しかし、信は勢いよく魏軍の中へと飛び込み岩陣を蹴散らしました。信が通った場所は隙が出来ており、そこから一気に攻め入る秦軍。信の特攻が秦軍を優勢に導いたのです。この信の戦いぶりは、澤伍長や何度も戦場に足を運んでいる兵たちを驚かせ、信が口だけではないことを証明したのです。

羌瘣の防壁

羌瘣の策

前線を蹴散らしていた信たちでしたが、魏軍の装甲戦車隊が現れます。第一波をなんとかやり過ごした信たちでしたが、澤伍長は第二波こそが戦車隊の本体だと言います。第二波が来ては歩兵の全滅は免れないでしょう。そんな中、羌瘣が策を講じます。死体を山にした壁を作り、盾と槍で防御の陣を取ることでした。魏軍が使っていた岩陣に似ていますね。障害物により戦車の速度が落ちたこと見逃さない羌瘣は「今なら狙える」と言います。それを聞いた信は馬を奪い戦車本体を狙うのでした。

我が身を犠牲に敵将を討ち取る縛虎申

命と引き換えに敵将を撃つ縛虎申

装甲戦車隊の強襲から逃れた信たちでしたが、今度は万の騎馬隊が襲ってきます。信たちが所属する将の縛虎申はこの窮地から戦況を覆そうとしていました。丘の頂上にいる魏の副将宮元を討つと言う縛虎申。当然歩兵たちは疲弊し、士気も下がっています。頂上までついてきた者には、栄誉と普段の10倍の恩賞を与えると約束し、士気を高め、さらに騎馬が一騎でも必要だとし、乗馬している信に騎馬隊に加わるように言うのでした。丘の頂上まで一気に駆け上がった秦の騎馬隊は宮元の元に辿り着きます。視力を失いボロボロの縛虎申に剣を突き刺した宮元でしたが、縛虎申は自分の命と引き換えに魏の副将宮元を討ち取るのでした。副将を討ち取った秦軍ですが、中腹にいた魏国の守備軍が迫ってきていました。千を超す守備軍に対し、信たちは十人足らず・・・。宮元の首を持って丘を降りようとする秦軍ですが、縛虎申の姿を見た信は、残って戦うと言います。その様子を見た縛虎申は信に「勇猛と無謀は違う」と教え、丘を去るように言います。千人将の死に際の言葉を聞き、信はまた成長するのでした。

王騎将軍との出会い

信と出会う王騎

魏国の大将呉慶が動き出したことで、身動きの取れなくなった信たち。宮元を討ち、丘を取ったのに逃げてしまえば秦国に勝機はありません。そこに引退したはずの秦国大将軍王騎が現れます。許可なく戦に参加することは罪に問われますが、王騎は丘を越えて先に進みたいだけなのだと言います。「秦の怪鳥」王騎が先陣を切る王騎軍は鬼神と化し、魏兵をあっという間に蹴散らしていきます。これに壁隊、尚鹿隊も続き、秦軍は丘の奪取に成功したのです。信は突然現れた王騎に立ち竦みます。敵か味方か、どんな人なのか、何もわからない信ですが、王騎の圧倒的な存在感だけは感じていたのでした。王騎は昌文君が信を推していることを聞いていましたが、「期待外れ」と言います。反抗する信ですが、王騎の矛は信の喉元を狙います。いつでも命を取れると言わんばかりの王騎の態度に信は手も足も出ず、壁が間に入ることで事は収まったのでした。

王騎が向かう先は

王騎は丘を越えて進みたいだけと言っていましたが、ではどこに向かっていたのでしょうか?それは、趙国三大天の一人廉頗将軍の元でした。廉頗は趙国のやり方に納得できず、趙国で反乱を起こし魏に亡命していたのです。王騎はかつて何度も戦の中で語り合った廉頗を労いに魏国に向かっていたのでした。

王騎に将軍というものを学ぶ信

信と王騎

今までただ漠然と将軍を目指してきた信。しかし、王騎との会話で何となくですが将軍というものが見えてきます。強さだけでなく、知略を巡らし、戦場の全てを掌握する者、それが将軍なのです。天下の大将軍である王騎と直接話をすることで、今までとは戦場の見え方も変わってきたのではないでしょうか。魏軍の大将軍を目の前に見た信は王騎に馬を借りて戦場へと走り出します。どんな人にも敬語を使わなかった信が馬を借りるときに敬語に言い直しているのは、強さや位だけでなく、信が王騎の存在そのものに魅かれたからでしょう。それにしても、王騎と普通に会話する信の度胸は凄いですね。

遂に激突!!麃公と呉慶

両軍激突

「将狩り」の異名を持つ朱鬼と麻鬼を倒した秦軍。秦軍大将の麃公は敵本陣へと突撃します。両軍多くの血を流した戦も遂に最終局面へと突入したのです。万を超える兵が対峙する中での大将同士の一騎打ち。知将の呉慶が武で麃公に敵うはずがない。秦軍は誰もがそう思っていました。しかし、いざ戦いが始まると実力は五分。魏軍の大声援の後押しもあり呉慶は麃公と渡り合っていたのです。ところが、そう思っているのは真に麃公を知らないものだけであり、呉慶を知ろうとしていた麃公は実力を出し切ってはいなかったのです。知将の呉慶が最後になぜ武に走ったのかを知った麃公は、最後に秦国大将軍として引導を渡します。本気を出した麃公と呉慶では力の差は歴然。こうして秦国の勝利で戦は幕を閉じたのでした。

呉慶が武に走った理由

侵略者を許せない呉慶

知将である呉慶は決して武に自信があったわけではありません。それでも麃公との一騎打ちに臨んだのは、侵略者への恨みからでした。甲という小国の王族であった呉慶は、趙国に国を滅ぼされ魏国に別人となり亡命していました。冷徹な呉慶でも、国を失った恨みから侵略者に対してだけは引くことが出来なかったのです。最後は自分の激情に従い麃公に挑んだ呉慶。その姿は麃公も認めていました。

戦の終わり、そして帰国

帰国する秦軍

魏軍大将呉慶を倒した秦軍は勝鬨を上げ、魏軍は引いていきました。このまま滎陽城を攻めるのでは・・・と歩兵たちは焦っていましたが、麃公は帰国を全軍に告げます。多くの犠牲を出しなんとか勝ち取った勝利、疲弊した戦力ですぐさま次の勝利を手にするのはとても困難だと麃公は言います。麃公は武の将ですが、総大将を務めるだけあってイケイケドンドンっていうわけではないのですね。また、王騎は用事のついでに寄っただけですが、この戦の勝利は、丘の上から王騎が睨みを利かせていたことも大きく影響しているでしょう。

夢に一歩近づいた信

百人将になった信

魏国との戦で活躍した信ですが、年齢とその身なりから戦で活躍したとは信じてもらえません。信は武器屋で甲冑を買おうとしますが売ってもらえず、怒鳴り散らしているところに第四軍の英雄とされている田有が現れます。田有は信が騎兵として活躍していたのを村人たちに話します。田有の話を聞いた村人たちは驚きを隠せませんでした。信は一回の戦で歩兵からの百人の部隊の隊長である百人将になっていたのです。普通では考えられない異例の昇格ですが、信の活躍を考えれば当然の評価ですね!田有のおかげで無事甲冑をゲットした信。天下の大将軍までの道のりはまだまだ遠いですが、少しだけ夢に近づいた信だったのです。

アニメ第一期②秦国VS魏国の戦編のあらすじをご紹介(ネタバレ注意!!)まとめ

騎馬を蹴散らす麃公

いかがだったでしょうか?信の初陣である魏国との戦。王騎将軍との出会いや、麃公と呉慶の大将戦を目の当たりにした信は、将軍というものが何なのかを少しだけ知ることになりますね。まだまだ夢には程遠い信ですが、百人将となった信の活躍に期待しましょう!!

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-キングダム
-, , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.