アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

キングダム

【キングダム】戦国七雄って何なの?わかりやすく解説します!

更新日:

原作は原泰久による戦国バトル漫画。2006年より『週刊ヤングジャンプ』で連載が開始されており、2012年からアニメ第一期、2013年からアニメ第二期、2020年からはアニメ第三期が放送されています。また2010年にはPlaystation Portable用のゲームが発売され、2019年には実写映画が公開されるなど、様々な媒体で展開されている人気作品です。舞台は春秋戦国時代の中国。戦争孤児である主人公の信と後の秦の始皇帝である政が今まで誰も成し遂げたことのない、中華統一を目指す物語となっています。史実を元にしたストーリーとなっていますが、登場人物の性格や風貌、各国の戦況などは漫画として見やすく面白くなるように脚色されています。今回は『キングダム』に登場する「戦国七雄」について史実を絡め解説していきたいと思います。

戦国七雄とは?

戦国七雄

春秋戦国時代には、邑と呼ばれる都市国家的な集住地がいくつも存在していました。弱い邑は強い邑に吸収されていき、邑の中でも力の序列が出てきます。大きくなった邑は国となり、秦・趙・魏・楚・燕・韓・斉の七つの国が中華の覇権を争うことになるのです。戦国七雄とはこの七つの国のことを指しています。

戦国七雄以外の国も存在していた

衛、魯、宋、中山など戦国七雄以外の国も存在していました。これらの国は覇権争いに加わるほどの力は持っていませんが、それぞれに王が君臨しており、国として機能しています。しかし、戦国七雄同様、秦によって滅ぼされることになります。ちなみに衛だけは、二代目皇帝の時代まで存在しています。

中華統一までの順番

政の路

後の秦の始皇帝である政によって戦国七雄は滅ぼされ、中華は統一されます。それではどのような順番で秦が他の国を制圧していったのかを見ていきましょう。

一国目・韓

韓を攻める騰

紀元前403年~紀元前230年まで存在し、韓王安が最後の君主となっています。戦国七雄の中では最弱の国であり、他国から援軍を送ってもらい戦っていましたが、秦が魏や趙に何度も遠征を行うことで、魏や趙は韓に援軍を送る余裕がなくなります。元王騎隊の副官であった騰によって滅ぼされました。

二国目・趙

利牧の最後

紀元前403年~紀元前228年まで存在し、君主である幽繆王が秦の捕虜とされ趙は滅んでいます。幽繆王の兄である公子嘉が亡命政権である代を建て、燕と手を組み対抗しようとしますが、王賁に捕虜とされ完全に消滅してしまいます。最初に趙を滅ぼした時の秦軍総大将は蒙驁の副官であった王翦が務めており、羌瘣や楊端和も共に出陣したとされています。武力・知略ともに優れる趙国宰相利牧は、秦国の策略で誅殺という無念な死に方となっています。

三国目・魏

王賁

紀元前403年~紀元前225年まで存在し、魏王假が君主の時に滅亡しています。戦国四君である信陵君が趙に亡命したことで、魏は戦力を大幅にダウンしていたようです。王賁が魏の都大梁を水攻めし魏は滅んだとされています。

四国目・楚

大将になる信

紀元前11世紀~紀元前223年まで存在し、負芻が君主の時に滅びます。この戦は『キングダム』の主人公である信が大将を務め、蒙恬が副将を務めるといった信の晴れ舞台となる戦・・・になるはずでした。楚の大将軍項燕の奇襲により将七人を失う大敗をし、信は大将を王翦に代わり、副将には蒙武がつきます。大将を王翦にした秦は負芻を捕虜とし楚は滅びました。その後、楚の公子であった昌平君は、項燕に呼びかけられが楚の君主となりますが、すぐに鎮圧されてしまいます。信が大将として出陣し大敗をしたり、秦の優秀な軍師である昌平君の裏切りなど、作中でも大きな出来事となっていますね。

五国目・燕

政の暗殺

紀元前1100年~紀元前222年まで存在し、燕王喜が最後の君主となっています。秦と間に趙、魏があり、国境を面していなかった燕は、秦の圧力を感じていませんでした。しかし、趙が滅んだことで焦った燕は、荊軻を刺客とし秦王政の暗殺を企てます。この暗殺は失敗に終わりますが、その報復として秦は、信と王賁を出征させ燕は滅びました。

六国目・斉

王建

紀元前386年~紀元前221年まで存在し、田建を最後の君主として滅亡しています。他の国が秦に制圧されて行く中、斉はほぼ干渉していません。戦国七雄も残すは秦と斉だけとなり、秦は信、蒙恬、王賁を斉に送り込みます。また、斉宰相の后勝を買収しており、田建はほぼ戦うことなく降伏しています。

中華統一後の秦

政

戦国七雄を全て滅ぼし、中華を統一した政は始皇帝と呼ばれることになります。紀元前210年に始皇帝が亡くなると、丞相であった李斯と宦官の趙高はそれを隠蔽し、二世皇帝を手駒として権力を好き放題振りかざしました。しかし、始皇帝が死んだことが世に広まると、暴政に不満を抱いていた民衆の怒りは爆発し、各地で乱が発生することに。二世皇帝は暴政の汚名を着せられ殺され、項羽と劉邦らの活躍により、李斯と趙高は殺されました。こうして秦は紀元前206年に滅亡し、項羽は秦の土地を三つに分け三秦としました。

戦国七雄って何なの?わかりやすく解説します!まとめ

秦王政

いかがだったでしょうか?戦国七雄と聞くと人なのかな?と思いますが、国のことを指していたのですね!『キングダム』は史実に基づいたストーリーとなっているため、この流れを知っていれば今後の展開がある程度予測出来そうですね。当然そのまま描いたのでは、登場人物が少なかったり作品として物足りなくなると思うので、どういう風にアレンジするのか気になるところです。魏国を滅ぼす時の戦では、王賁以外の将の名がほぼ残っていないため、他の将も一緒に参戦するなんてこともあるでしょう。また、戦国七雄最後の国である斉攻めは、史実ではほぼ戦うことなく制圧していますが、信・蒙恬・王賁のメイン三武将が出陣しているのに戦わずに終わるとは考えにくいですね。ここら辺もオリジナル要素が加えられそうな気がしますね!!

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-キングダム
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.