アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

約束のネバーランド

【約束のネバーランド】アニメ第9話の感想

投稿日:

エマ達表紙

約束のネバーランドの9話が公開されましたね!ノーマンが塀に登るとそこには崖が。。。グランマの回想シーンにも、塀に登った少女が出てきていましたね。
それに、ノーマンが戻ってくることを知っていたようなママの顔つき。なるほどなって思ってしまいました。

タイトル

 

タイトル

タイトルの031145は今まで通り日付を表していますね。もうこの説明は必要ないかもしれませんね。下見を失敗した翌日です。

水をくみに行ったノーマンの思考

ノーマンの思考

水を汲みに行き、自分がこんなにも行きたいなんて。。。というシーン。アニメでは静かに時間をかけた、演出でしたが、原作では歩きに行きながら脱走のことをあれこれ考えています。

選択肢は3つ。1人で逃げると他が死に、明日全員で逃げようにも骨折があり、自分に残された道は明日、出荷されるということだけ。なので、水を汲みに行って帰ってきたノーマンは、自分の死を覚悟していたのでした。

急に出てきた糸電話という単語

糸電話

急に出てきた糸電話という単語。実は糸電話はノーマンの思い出の品なのです。ノーマンがまだ小さかったころ。風邪を引いてしまったノーマン。エマは1人で寂しく時間を過ごすノーマンの横にどうにかいてあげたい様子。レイからいろんなことを聞いてはノーマンの側に行っていたのですが、結局中に入ってはいけないことに。そんな中で登場した糸電話。これでノーマンも風邪を引いていても寂しくないよ。という暖かい話があったのです。

幼児期健忘

幼児期健忘

レイは昔の記憶を持っている数少ない人間。幼児期健忘とは、3歳以前の記憶は自然となくなってしまうことをさしています。この幼児期健忘に関しては、様々な学説があり、何が原因で起こってしまうかまだ解明はされていません。また、レイのように幼児の頃の記憶を持っている人たちは、研究によって、虐待のようなネガティブな要因が記憶を鮮明にしているとするものや、あのおもちゃが大好きだったというようなポジティブな要因、そしてただ風景の記憶であるニュートラルな要因があり、こちらもまだ解明されていません。記憶を司る前頭葉の発達がキーになっているのでは、とされています。

第9話でわかったこと

第9話でわかったことをまとめて行きましょう。
・ここは第3プラントで第5プラントまで存在する
・門の先には本部が存在
・レイは幼児期の頃の記憶がある
・ノーマンは塀の上から崖を見て戻ってきた
・ノーマンの出荷が決まった時、変な反応をする子供がいた

簡単ではありますが、こんなところで!
約束のネバーランド、10話目も今から楽しみですね!

  • この記事を書いた人

tfss

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-約束のネバーランド
-, , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.