Animemiru

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

風が強く吹いている

【風が強く吹いている】心を掴まれるアツいスポーツ作品!名シーンランキングTOP10

更新日:

オールメンバー

2018年秋から放送されているアニメ『風が強く吹いている』は、箱根駅伝を舞台とした作品です。原作は三浦しをんの同名小説。過去には海野そら太作画による漫画化もされており、全6巻刊行されています。他にも、映画化や舞台化、ラジオドラマ化もされるほど人気のある作品となっています。そんな中から、今回は漫画を基に『風が強く吹いている』に登場するシーンの中から名シーンを抜粋し、独自にランク付けしたものについて紹介します。

 

第10位 カケルとハイジの賭け

カケルの横顔
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
運動場で本格的に練習をすることになった竹青荘(アオタケ)の面々。5000mのタイムを計測するということになり、清瀬灰二(ハイジ)と蔵原走(カケル)を除いた8人がまず計測します。その後、2人で走ることになったハイジとカケル。そこでハイジはカケルに「もしオレに負けたら一緒に箱根を目指せ」と賭けを持ち掛けます。「1人で速さを極めていく」と言っていたカケルに対して「もし君が負けたら、君一人の力じゃスピードを追う限界があるってことだろ?」と追い打ちをかけ、2人は勝負することに。いざ走り始めるとカケルにくっつくような速さで走り続けるハイジ。そこでハイジは「君はなんのために走っている?」と問いかけます。そこでカケルは、高校時代に強豪校の陸上部員として活躍していたけれど全て捨ててきたという過去を思い出し、スピードを上げて一気にハイジを突き離します。しかしそれでもついてくるハイジ。そんなハイジを見て、カケルは少し嬉しそうなようすで、生き生きと走り続けるのでした。高校時代には部員からも家族からも捨てられたように感じ、自分も全て捨ててきたつもりだったカケルが、ハイジなら信じてもいいのかもしれないと思い始める名シーンです。

 

第9位 王子の本音

部屋にこもる王子
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
竹青荘(アオタケ)の中で1番運動が苦手な柏崎茜(王子)。そんな王子と蔵原走(カケル)が大学内でバッタリ出会ったときのこと。カケルは王子に、本気で走る気があるのかと問いかけます。それに対し王子は「走るしかないだろ!!ボクの大事な漫画が捨てられちゃうかもしれないのに!!!」と声を張り上げて答えます。カケルは走ることが全て、王子は漫画が全てという日々を送っているため、お互いのことが理解できずにいるようです。そんな王子ですが、自分が漫画を好きなように、同じようにカケルや清瀬灰二(ハイジ)が走ることが好きで大事だということは分かると述べます。そして続けて「そりゃ走るのは嫌だよ。けどボク一人のせいでアオタケのみんなやハイジさんの想いが潰れるくらいなら、ちょっとくらい走ってやってもいいかなって思う」と、真剣なまなざしで言うのでした。はじめは漫画のためにと嫌々走っていた王子ですが、漫画だけでなくハイジのことや走るのが好きなカケルのことなどを考えている、優しい人物なのだということが分かる名シーンです。

 

第8位 ついに腹をくくるカケル

カケルの目
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
このままではダメだと1人焦る蔵原走(カケル)に真正面から向き合う清瀬灰二(ハイジ)。しかし、ハイジはカケルにチームの大切さを訴えかけている途中、急に意識を失ってしまいます。医者に診てもらったところ、睡眠不足や疲れがたまり、過労で眠ってしまったとのことでした。そこで冷静になったカケルは、1人で焦っていたときに柏崎茜(王子)に八つ当たりしてしまったことを謝罪。王子は「いいんだ」と言い、自分が脱水症状で倒れたときにカケルも部屋にずっといてくれただろう?と嬉しそうに言います。カケルと王子の微妙な空気も解消されたところで、竹青荘(アオタケ)の面々は、炊事や掃除の全てを担っていたハイジに負担をかけないようにと、とりあえず食事の支度は当番制にしようと提案し始めます。それをぼんやり聞いていたカケルは「・・・よし決めた!」と言い、「オレも腹くくって本気でみんなと箱根駅伝を目指す!!」と、初めて決意を口にするのでした。それに対してアオタケのメンバーは、今までは本気じゃなかったのかと驚き呆れているようで、がやがやと楽しそうに言い合いは始まったようす。そんな言い合いで起きたハイジは「やっぱりカケルは変な奴だな」と嬉しそうに言うのでした。最後の1歩が踏み出せずにいたカケルが踏み出した名シーンです。

 

第7位 最後の1人、10人目

カケルを呼び止めるハイジ
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
箱根駅伝を目指すため、最後の1人となる10人目を探していた清瀬灰二(ハイジ)。しかしその最後1人がなかなか見つからず、ハイジは焦っていました。誰かいないのかと思いながら日々を過ごし、いつものように銭湯から出てきたところ、目の前を驚くべき速さで通り過ぎる人物が。その人物とは、蔵原走(カケル)。カケルはギャンブルでお金をすってしまい、食べ物に飢えていたため、パンを万引きして逃げていたのでした。そこでハイジは近くにあった自転車に飛び乗り、カケルを追いかけます。追いついたハイジはカケルを引き留め、お金に困っているのであれば竹青荘に来いと誘い、「オレと一緒に箱根駅伝を目指さないか?」と言うのでした。最後の1人であるキーパーソンのカケルと、大学生活中ずっと探していた10人目のメンバーを見つけたハイジの、物語が始まった名シーンです。

 

第6位 ニコチャン先輩の背中を押すカケル

酔っぱらうニコチャン
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
元々陸上をやっていた平田彰宏(ニコチャン)。高校時代には筋肉質な体型から、長距離には不向きだと言われてきました。そんなニコチャンは当時、5000mで17分を切ることができずに思い悩んでいたようす。しかし走ることが好きなニコチャンは長距離を選手として選ばれたいと、諦めずに努力を続けていました。今日こそは17分を切れるかもしれない、でもやっぱり向いていないのだろうかとモヤモヤしながら走るニコチャン。結局17分を切ることはできませんでした。そんなことがあったニコチャンは、大学生になった今でも走ることに関しては否定的で、今回の箱根も無理だろうと半ば諦めているようす。しかし、とある日の練習をしているときのこと。気付けば、竹青荘(アオタケ)で1番遅い柏崎茜(王子)よりも遅れて走っていました。清瀬灰二(ハイジ)は、我慢できるはずなのに諦めてしまいがちなニコチャンにはどうしたらいいのかと思い悩んでいたとき、蔵原走(カケル)が「押したり引っぱったりすりゃ走れそうっスけどね」というと、ピンときたようす。ハイジはカケルに、ニコチャンの背中を押しながら走るように命じます。急に背中に負荷がかかって驚くニコチャン。そんなニコチャンの背中を押しながら、カケルは「ホラ先輩、がんばれ」と声を掛けます。「がんばれ」という言葉が1番欲しかったニコチャンはゴールすると、清々しい顔をしながら、まずは禁煙を続けてみようと決意したのでした。ずっと嫌々だったニコチャンが、カケルの一言で頑張ろうと思えた、そんな名シーンです。

 

第4位 素直なジョータとジョージ

目を輝かせるジョータとジョージ
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
蔵原走(カケル)と清瀬灰二(ハイジ)が5000mの勝負をした後のこと。ハイジは“自分が勝ったら箱根を一緒に目指そう”と提案し、それに乗ったカケル。その勝負はカケルの勝利で終わったのでした。しかしカケルは勝ったにも関わらず、なぜか敗北感を感じていました。そこでハイジに「たしかに君は“速い”けど、果たして“強い”だろうか?」と問いかけられたカケルは何か考え込んでいるようす。そんなところへ坂口洋平(キング)が「よかったな。お前が勝って望み通り駅伝やらんですむやないか」と声をかけるのですが、パッとしないカケル。やっぱり箱根駅伝に出たいのかと言われると否定するも、自分が抜けたら箱根駅伝に出られないのでは?と言い張るカケルですが、竹青荘(アオタケ)に住む他のメンバーはどうせ箱根駅伝なんて無理だというような顔をして黙っているようす。そんなとき、城太郎(ジョータ)と城次郎(ジョージ)が「やろうよ」と明るくカケルの肩を叩きます。キングはジョータとジョージに、カケルとハイジの圧倒的な走りを見てそれでも同じ土俵に立つのかと聞きます。それに対し、素直なジョータとジョージは「素直にいいなァって思ったんだよ!スゲェ気持ちよさそうだなって!!」「そりゃ無理だって言うかもだけどあんな風に走れたらってさあ・・・みんなだってそう思ったんじゃねーの?」と聞き返します。そんなジョータとジョージの言葉に、アオタケの面々は少しずつ素直になっていき、再びみんなで箱根を目指そうと意気込んだのでした。素直なジョータとジョージのおかげで、他の面々も再び挑戦してみよう思えた名シーンとです。

 

第3位 空気を変えたムサの一言

泣くムサ
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
東京体育大学主催の記録会に参加したときのこと。蔵原走(カケル)は高校時代の知り合いにだけは会いたくないと思い、目立たないようにコソコソと行動していました。しかし、さっそく1番会いたくなかった榊浩介に遭遇。榊になぜここにいるのかと問われ、レースに出るからだと答えるカケル。しかしカケルは高校時代にとある事件を起こして部活を辞めることになり、さらに残った部員たちは卒業するまで活動を自粛しなければいけないような状態にさせてしまった過去がありました。それなのに戻ってきたというカケルに納得のいかない榊は、竹青荘(アオタケ)の面々に「そいつは簡単に人を裏切りますからー」と意味ありげに言います。周囲のざわつきもあり、アオタケの面々がカケルに不信感を抱きそうになったそのとき、ムサ・カマラは「私は興味ありません!!」と言いながら耳をふさぐのでした。そして「過去のことは知りマセンが、2週間一緒に過ごして、カケルが悪い人には思えマセンデシタから!」と答えます。するとアオタケの面々も「たしかに!」と納得したようで、再び団結したメンバーたちは記録会に向けて円陣を組もうと言い、みんなで気合いを入れたのでした。チームの絆が危うくなりかけるも、ムサの一言でおさまった、そんな名シーンです。

 

第2位 初めての記録会

眠そうな主要キャスト
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
東京体育大学主催の記録会に参加したときのこと。高校時代からその足の速さで有名だった蔵原走(カケル)は、やはり注目を浴びているようです。そしてついに、カケルたちを含む、速い人たちの集まったレースが始まったのでした。しかしカケルは、久々のレースということもあってすっかり勘も鈍っているようす。さらに、カケルが出たレースには本格的なトレーニングを積んできたトップクラスの選手が集まっているため、次々と離されていってしまいます。そんなカケルはなかなか調子が上がらず、焦っていました。そんなとき、先のレースに出て、もう走り終えた竹青荘(アオタケ)のチームメイトたちの声援がカケルの元へ届きます。「カケル!!!」「カケル!!あとちょっとだよ!!!」「オラオラもっといけるやろカケルー!!!こっからやー」「がんばれっ!!!」と声を張り上げてカケルを応援しているのでした。その声援を受けたカケルは、今まで中学高校のチームメイトにすら思ったことのない感情を、アオタケの面々に感じているようす。今まで1人で走ることにこだわっていたカケルですが、自分が下手な走りをしたらアオタケのメンバーが悪く言われてしまうかもしれないと思い、勝たなきゃと気持ちを奮い立たせたのでした。今まで1人で走ることにこだわっていたカケルの中で、走ることの意味が変わったような、そんな名シーンです。

 

第2位 全員で欠けることなく全力で

オールメンバー
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
過酷な夏合宿も終わり、予選会まであと1ヶ月となりました。竹青荘(アオタケ)のメンバーは、より一層濃密な練習を重ね、夏の疲れを取り除きながらも、足りない走力をあげるために追い込んでいました。しかし本番が近づくにつれて、プレッシャーや緊張感も高まっているようす。そしてついに予選会当日。会場へと向かうと、どの大学も選手が12人いることに気づいたマネージャーの勝田葉菜子。そこで清瀬灰二(ハイジ)は、10人の合計タイムで競い合うが12人まで出場できることを説明します。さらに、10人しかいないアオタケのメンバーは、誰1人欠けることなくゴールしなければいけないという事実を言い渡します。それを聞いたメンバーは、表情を曇らせ、うつむいているようす。しかしハイジはそこで「オレたちは全員が欠けることなく全力で走りきるだけ。この半年ずっとそうやって共に乗り越えてきたんじゃないのか?」と、メンバーに向かってまっすぐに言います。それを聞いたメンバーは過去の練習のことを思い出し「寛政大学やってやろうぜっ!!!」と気合が入り直したようでした。箱根駅伝に出れるかが懸かっている予選会を前にして弱気になっていた面々ですが、やる気や自信を取り戻した、そんな名シーンです。

 

第1位 チームの大切さ

箱根駅伝の担当箇所
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
竹青荘(アオタケ)のチームメイトたちが次々と変わっていき、嬉しくなっていた蔵原走(カケル)。しかし、2度目となる東京体育大学の記録会へ参加したときのこと。カケルは高校時代のチームメイト・榊浩介と再会した際に、それでもまだまだアオタケのみんなは遅いと指摘されます。それを指摘されたカケルは、全くその通りだったと気づき、1人で焦り始めます。それからカケルはさらに走り込むような日々を送り、アオタケのメンバーもその変化に気づいているようす。そんなカケルは、ついには自分の不調をアオタケで1番タイムの遅い柏崎茜(王子)のせいにしてしまうのでした。それを偶然聞いてしまった王子は、1人で走り込みをしに行きます。しかし途中で脱水症状で倒れてしまっていたようです。そんな王子にカケル「あんた下手すりゃ死んでたんだよ。中途半端に走ってるからこんなことになんだろ!!?」と言うと、アオタケのメンバーはそれは違うだろうと反論。そしてカケルは最近変だと指摘されてしまいます。何かあるなら相談してほしいとカケルに告げるも、素人同然のアオタケのメンバーに何を相談すればいいのだと怒りを露わにするカケル。そこで清瀬灰二(ハイジ)は、「みんな一緒に練習して、共に過ごしている中で君の変化に気づいてる。心配しているんだ。それに応えてやれよ!!」とカケルにつかみかかります。そして「オレたちはチームだ!!何のためにみんながいるんだ!?早く気づいてくれ」と発言。この言葉があった後には、カケルはアオタケのメンバーと共に本気で箱根駅伝を目指そうと決意することになるのでした。1人焦るカケルの変化に気づいたハイジが、真正面からカケルに向き合っていることが分かり、スポーツ漫画作品の魅力でもあるアツい名シーンです。

 

名シーンランキング、まとめ!

ストレッチをする主要キャスト
出典: 風が強く吹いている ©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会
今回は主にアニメと漫画を基に『風が強く吹いている』に登場するシーンの中から名シーンを抜粋し、独自にランク付けしたものについて紹介しました。素人同然の状態から箱根駅伝を目指すために努力する日々を送る竹青荘(アオタケ)のメンバーを見ていると、勇気や元気をもらえます。そんな名シーンが数多く登場する本作、ぜひチェックしてみてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeでもAnimemiru!「動画でみる」まとめ記事を紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【とある魔術の禁書目録】動画でみる 超能力者(レベル5)全員をまとめてみた

学園都市に住むレベル5の7人をまとめてみました!これさえ読めば学園都市最強メンバーを覚えられますよ。【とある魔術の禁書目録Ⅲ】を見るなら必読です。

【ジョジョの奇妙な冒険】動画でみる 黄金の風 5部 衝撃的な死亡シーン特集

ジョジョの冒険シリーズの第5部作である黄金の風。皆さん知っての通りだと思いますが、敵、味方関わらず衝撃的な死亡シーンが多々あります。そしてまたそれは名場面が多いのです。今回は、そんな衝撃的で考えされるもののある死亡シーンを特集させていただきます!。

【ゴールデンカムイ 】で読み解く 動画でみる 日本とロシアとアイヌの歴史

イヌ民族の伝統、文化を事細かにレポートし、彼らの習慣や信仰を教えてくれるゴールデンカムイ 。皆さんは、そんなアイヌの歴史の背景をご存知でしょうか?日本とロシアの領土問題による、強制移住や国籍選択、様々な悲しい歴史を持った民族なのです。そんな彼らの歴史を、日本とロシアの関係性も含めながら今回は紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

lisa_999

-風が強く吹いている
-, , ,

Copyright© Animemiru , 2018 All Rights Reserved.