アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

ナルト

【ナルト】うちは一族の生き残り!!クールな復讐者!うちはサスケの魅力を徹底紹介

更新日:

サスケのカッコイイシーン

NARUTOは週刊少年ジャンプで連載していた忍者をテーマとした少年漫画です。里の落ちこぼれ忍者であったナルトが里の長である火影を目指して、努力を重ねながら成長していく物語であり、連載が終わった今でも人気のある作品です。2018年の3月の段階ではナルトが火影となった物語を描いたナルトの息子であるボルトが主役の作品も週刊少年ジャンプで連載されています。今回そんな大人気漫画であるNARUTOでライバルとして描かれているうちはサスケ主人の魅力を紹介していきます。

うちはサスケとは

若かりしサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケは「NARUTO」に登場するキャラクターであり、主人公であるうずまきナルトのライバルです。うちは一族の生き残りであり、非常に優秀な忍でもあります。後頭部がはねた黒髪とクールな目が特徴です。幼い時に両親や親戚を亡くしており、孤独の辛さ阿を知っています。「ウスラトンカチ」とナルトをバカにすることが多く、嫌いあいながらも仲間としてや友達としても認めています。

うちはサスケの性格その1 クールで物静か

冷静なサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケの性格はクールで物静かです。これは連載初期の頃からそうですが、回を重ねるごとにクールさは成長しており、より無口になっています。また、ナルトと共に修行していた時はナルトに追いつかれないように必死になるなどの負けず嫌いな性格もありましたが、里を抜けてからは孤独に生きるようになっています。

うちはサスケの性格その2 家族思い

サスケと家族
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちは一族の者は皆家族思いであり、愛情深い性格が特徴です。うちはサスケも他のうちは一族同様愛情深いですが、その反面家族を失った悲しみから復讐に走っています。最初は家族を殺した兄を恨んでいましたが、真相を知って木の葉の里を恨むなど愛情深さがより恨みを強くしています。

うちはサスケの性格その3 冷酷

冷たい眼差しを向けるサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケは幼いころはうずまきナルトや春野サクラを守るなどの仲間思いの一面もありましたが里を抜けて目的を達成する為に冷酷さを増しています。作中では同じ班であったサクラを殺そうとしていたり、同じ仲間である香凜が志村ダンゾウに人質にされたときは香凜もろとも殺しています。一定の人には愛情深い反面、他の者には容赦しない性格と言えるでしょう。

うちはサスケはうちはマダラの転生した人物

うちわマダラのようなサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
作中でうちはサスケは大昔の人物である六道仙人こと大筒木ハゴロモの息子、大筒木インドラの転生した姿であることが判明しています。サスケの前はうちはマダラがインドラの転生であり、代々うちは一族に転生していました。逆にインドラの弟にあたるアシュラはナルトに転生しています。

大筒木インドラとは

ニヤリと笑う大筒木インドラ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
大筒木インドラとは六道仙人である大筒木ハゴロモの息子であり、チャクラと精神エネルギーを持った人物です。インドラが忍術を生み出した初めての人物でもあり、大筒木カグヤの意志を継いだ黒ゼツにそそのかされて大筒木アシュラに戦いを挑んで負けています。この戦いがあったことで何世紀も転生を繰り返しながらも確執は続いています。

うちはサスケは元第7班

サスケと元第7班
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケはアカデミーを卒業して下忍になった時に第7班に所属していました。担当上忍にははたけカカシがついており、同じ班のメンバーとしてうずまきナルト、春野サクラがいます。同じ班になったばかりの頃は圧倒的にサスケの方が実力は上でしたがナルトが凄まじい勢いで成長することで焦りを感じて里を抜けて力を求めるようにもなっています。

うちはサスケの家族

赤子の時のサスケとイタチ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケは父と母、そして兄がいる四人家族です。父親はうちはフガクと言い、木ノ葉警務部隊の隊長を務めていた経歴を持ちます。母親はうちはミコトと言い、専業主婦をしていました。兄はうちはイタチであり、うちは一族を滅ぼして里を抜けています。家族自体は一見仲がいいように見えていますが、イタチは里とうちは一族の間で二重スパイを行っていました。

うちはイタチとの関係

死に際に大事なメッセージをサスケに伝えるイタチ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはイタチはサスケ以外のうちは一族を皆殺しにして抜け忍になっています。しかし、これがきっかけでサスケはうちはイタチを殺す為に生きますが、実際は里の平和を願うイタチが木の葉の里にクーデターを起こそうとしているうちは一族をしかたなく殺したという経緯があります。また、当時何も知らなかった弟を守るために自分は汚名をかぶりながらも忍者として任務を全うしています。

うちはサスケの師匠

大蛇丸とサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケは中忍試験にてはたけカカシに千鳥を教わっています。当初は同じチャクラの性質を持っていることからカカシに教わっていましたが、より力を手に入れるために大蛇丸の元に自ら乗り込んで修行を付けてもらっています。そこで多くの事を学び実力がついたことで大蛇丸を殺しています。

うちはサスケの得意忍術

火遁の術を使うサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
ここまではうちはサスケの性格や交友関係を紹介してきました。では、うちはサスケはどんな忍術を使い、どんな戦い方をするのでしょうか。ここからはうちはサスケの主な得意忍術を紹介していきます。

うちはサスケの得意忍術その1 写輪眼

写輪眼を使うサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケはうちは一族であることから写輪眼という憧術が得意です。写輪眼によって相手の術をコピーしたり、幻術をかけるのを得意としています。さらに万華鏡写輪眼にすることで黒い炎で対象を燃やすことができる天照やその黒い炎を操る炎遁・加具土命を使うことができます。このようにうちは一族はそれぞれ万華鏡写輪眼になることで特有の憧術がモテるのが特徴でもあります。

うちはサスケの得意忍術その2 千鳥

千鳥とサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケはチャクラの性質が雷と炎を持っています。そのため、はたけカカシに教わった千鳥を使うことができます。千鳥では手に目に見えるほどのチャクラを集めてものすごい勢いで突進する突きですが、雷をまとうことでより威力を高めています。さらに千鳥を刀にまとわせて切れ味を上げたり、体中から流すことで相手にダメージを与えることも可能です。

うちはサスケの得意忍術その3 スサノオ

スサノオを使うサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケはスサノオを使うことで身の回りにチャクラで作られた人型の鎧のようなものを出現させます。これによりあらゆる攻撃を防ぐことができる以外にも攻撃も可能です。さらにスサノオには第二形態があります。第二形態はうちはサスケの場合は陣羽織を纏った武将の姿でチャクラの色は紫です。 固有の武器として左腕に弓を携え、超高速かつ大威力の矢を放ち遠距離から攻撃できます。

うちはサスケの得意忍術その4 天手力

輪廻写輪眼を使う輪廻写輪眼
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
天手力はサスケの左目の輪廻写輪眼に宿った専用の瞳術です。一瞬で特定の空間同士の人や物を入れ替える時空間忍術であり、作中ではジャケットと自分を入れ替えて脱出に使ったり、攻撃のタイミングや場所を入れ替えることに使っています。範囲はうちはサスケの視界に入る一定距離内とされています。

うちはサスケの活躍 少年時代

幼少期のサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケは少年の頃から優秀な忍であり、アカデミーではトップの成績で卒業しています。また、下忍になった後も多くの任務をこなし中忍試験などでも活躍しました。しかし、うずまきナルトの凄まじい成長と兄に復讐したいという焦りから里を抜け出してしまっています。

うちはサスケの活躍 青年時代

青年時代のサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケは里を抜けてからは暁に入ったり、鷹というチームを組んで五影会談に襲撃するなどの犯罪を行っています。また、志村ダンゾウなどの木の葉の里の重役を殺すことで木の葉の里へ復讐を行おうとするなど悪行を行うことで活躍していました。ですが、最終的には第4次忍界大戦でナルトとともに活躍するなど功績を上げています。

うちはサスケの魅力

クールでカッコイイサスケ
出典: NARUTO -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
うちはサスケの魅力はクールな性格と見た目からくるかっこよさではないでしょうか。兄や家族を思って復讐に走る姿はある意味では究極の愛情深さの表れでもあり、人間らしいとも言えます。闇落ちするなど中学生、高校生には非常に憧れる存在でもあり、見た目も良いことから女性にも非常に人気が高いと言えます。

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【さらざんまい 】アニメ10話 レオとマブの真実判明!そして絶望の黒ケッピが悠を!!

さらざんまいアニメ10話が公開されました。レオとマブについても全てが判明。ところどころで入ってくる、同性愛要素、今回はいつもよりもてんこ盛りでした。ついに集まった五つの銀の希望の皿。燕太も無事に一命を取り留め、ひと段落かと思いましたが、黒ケッピの登場により、最終局面に!今回も簡単なあらすじ紹介と合わせて、考察させていただきます。

【さらざんまい 】番外編!レオとマブで描かれる人形焼とサラとの関係

さらざんまいもいよいよ最終局面。そんな中で、皆さんはレオとマブ〜ふたりはさらざんまい〜という作品を知っているでしょうか?この作品は警官であり、まだマブが機械の心臓を手に入れる前のレオとマブのお話。さらざんまい にて登場する人形焼やマブとレオの事を話すサラの表情など、実は意味があったんです。今回は番外編として、本編でもちょくちょく登場する場面をどういう話だったのか説明させていただきます。

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

編集部

おすすめ記事

1

大学時代に、真顔で「恋愛は哲学だ」と言った友人がいた。彼は当時、鋼の錬金術師にどハマりしており、真理という言葉も乱用していた。高分子化学の研究論文において、私が読んだ論文の中で初めて真理という言葉が出 ...

聖地巡礼タグ 2

最近では、聖地巡礼という言葉も一般化してきて、アニメを取り扱うメディアが増えてきたことにもより、多くの作品の聖地を巡る旅、聖地巡礼をする人も増えてきたのではないでしょうか。アニメ好きの私からすれば、非 ...

3

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 4

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 5

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ナルト
-,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.