アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

アニメミルアプリ宣伝用バナー

僕の心のヤバイやつ

【僕の心のヤバいやつ】陰キャ主人公と陽キャヒロインのドキドキニヤニヤラブコメ!僕ヤバの見どころ・魅力を紹介するぞ!

更新日:

市川京太郎

2023年4月から放送される春アニメの一作品、僕の心のヤバいやつ!他にも似た内容の作品はあれど、このラブコメは一味違う!?作者特有の悪ノリ・下ネタも健在な僕の心のヤバいやつの見どころや魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います!

陰キャ・中二病・低身長のスクールカースト底辺な主人公!

市川京太郎

まず、本作の主人公の市川京太郎は陰キャ・中二病・低身長で友達もいない。教室ではいつも殺人大百科という物騒な本を読み、常日頃からクラスメイトを殺害する妄想を駆り立てている主人公です。いわゆる中二病ですが、立場が強くて言い返せるようなやつはそんな妄想せず言い返しているものです。立場が弱いせいで想像の中でしかやり返せないから中二病なのかもしれません。自分のことを精神異常者だと思い込んでいますが、至って正常な主人公です。そんな拗らせた主人公ですが、自分のキャラを押しのけて一歩前に踏み出せる力のある主人公です。

陽キャ・高身長・マイペースのスクールカースト最上位ヒロイン!

山田杏奈

本作のヒロイン、山田杏奈は陽キャ・高身長・マイペースで友達も多くて、読者モデルやるほどルックスが良くてテレビや映画にも出演したスクールカースト最上位の存在です。社会的弱者の市川は会話することすら憚られるほど身分の違いがあり、少なくとも市川はそう思っています。しかし、その実態は図書室にこそこそ食料を持ち込んではつまみ食いするほど食い意地が張っていて、ド天然でマイペース、いつも友達にフォローされているようなヒロインです。芸能人といっても、芸能人の中では有象無象の一人で(今のところ)しかありません。高嶺の花であることは間違いないけど、現実にいるかもしれないギリギリのライン。

本来交わらない二人が出会ったのは必然なのだろうか?

腹ペコ山田

当初、主人公の市川はカースト頂点の山田を快く思っていませんでした。というか勝手に見下されていると勘違いし、殺害する妄想までするくらいでした。一方の山田も市川のことは全くもって意識していませんでした。しかし、持ち込み禁止の学校にお菓子やらを持ち込むほど食い意地がはった山田は安全に食べられる場所を求め、陰キャ故に教室に居づらい市川は心の安定を求めて昼休みや放課後に図書室に顔を出すようになります。本来はクラスメイトである以外にこれっぽっちも接点のない二人はそこで出会います。陰キャと食いしんぼう陽キャの接点が起こるべくして起こった感じがします。

陰キャな主人公、市川はキモかわいい!?

どうでもいい市川

主人公の陰キャで中二病の市川は徐々に自分の恋心を自覚し、自分と向き合っていくことになります。そんな市川は脳内にもう一人の僕を作り出して相談したり、陽キャならば何不自由なくやってのけるラブコメイベントに対して、挙動不審になってキモさを振りまきながらも立ち向かっていきます。陰キャの市川には柄にもないことをやるため、自分で自分をキモいやつだと悶絶し自己嫌悪しながらも向き合っていく様はキモくてカッコよくて、共感出来るキモさだと思います!

陽キャなヒロイン、山田はド天然かわいい!?

よしじゃない山田

主人公の市川も魅力のある主人公ですが、ヒロインの山田もとても魅力的なキャラクターです。クラスで最上位の立場にいるキャラクターですが、その中身はド天然でマイペース。しかも隙だらけなところもあるので、ハプニングも多くポカをやらかしてしまうことも多いです。そこがコメディリリーフで面白くもあります。

笑いあり!下ネタあり!中学生特有の下ネタも生々しくてリアル!

聞こえるように猥談する男

基本的にコメディタッチで描かれる本作は、陰キャあるあるのギャグ展開やマイペースド天然な山田がやらかしてピンチになったりする感じがコメディとして描かれ、基本的に笑える明るい作品なのでギスらずに安心して見ることができます。また、この作者様は下ネタが大好きな下ネタ大魔神なので、下ネタがそれなりに出てきます。でも、この作者様にしては抑えられていると思います。不条理な下ネタは登場せず、中学生男子特有の猥談やちょっとしたハプニングで股間を押さえてしまう感じの下ネタで、不快になり過ぎない程度です。中学生ならこれくらいあり得るくらいの下ネタです。

二人が関わるようになってから少しずつお互いを理解していくのがイイ!

嫌いになりたくない市川

当初、市川は山田をいけ好かない殿上人にしか見ていませんでしたが、食い意地が張っててどこか気の抜けているという一面を見てからは、自然と目で追うようになったり、陰ながらフォローしていくようになります。そして、山田の方も陰ながら自分を助けてくれていることが分かってからは徐々に好意を自覚していくようになります。お互いがお互いを好きになったタイミングはシームレスすぎて分かりませんが、恋愛なんでそんなものなのかもしれません。

劣等感の塊すぎる主人公の感情の機微が丁寧でリアル!

嫌いになりたくない市川

市川はコミックス1巻のおわりの時点で、山田が多分好きなんだろうくらいには思っていました。しかし、陰キャ・低身長・コミュ障で中二病と劣等感が強い市川は、そもそも好きになる権利があるのだろうかと悩んでしまいます。本来、陽キャで芸能人で長身で可愛い女子とかいう交わるハズのない陰キャが何かの間違いでラブコメをすることは、いわば泳げないのに無理矢理プールに落とされてもがき苦しむような状況です。そんな状況に立たされた陰キャは多分こうなるんだろうなというのが生々しいくらいにリアルなので、すごく感情移入できると思います!

劣等感が強くて好意に気づかないところにニヤニヤしちゃう!

ラインくらいやってる市川

市川は劣等感が強く、陽キャが陰キャに好意を向けられるなどありえないものとして思っているので、せっかく山田が勇気を出して好意を向けたとしてもそれに全く気付かずにムスッとしてしまうシーンが可愛くてニヤニヤします。ぼっちで陰キャは挨拶をされても、それが自分に向けられた挨拶だとは思わないという習性があります。決して鈍感な主人公ではなく、どちらかと言えば鋭い主人公なのでモヤモヤ悶絶する場面が多いのですが、ナチュラルに好意をスルーしちゃう場面はニヤニヤしてしまいます。

僕の心のヤバいやつと似た作品ってどんなのがある?

似ている作品その① 久保さんは僕を許さない

週刊ヤングジャンプで連載中の作品。主人公の白石くんは存在感が極端にないモブキャラクターで不気味なくらい他人から認識されない存在ですが、隣の席に座る久保さんだけは彼を認識することが出来て、白石くんと関わっていくうちに恋心を抱いていくようになります。極端に目立たないモブな主人公と、美人で成績も優秀で本来は交わらないヒロインのラブコメ。作品が似てるというか、実はコラボもしています。

似ている作品その② 古見さんは、コミュ症です。

古見さんは、コミュ症です。

週刊少年サンデーで連載中の作品。何もかも普通すぎる男子高校生の只野くんと超美人だけど近寄りがたい雰囲気を持つ女子高校生古見さんとの交流を描いたラブコメディ。古見さんは冷たくクールな印象を抱かせるキャラですが、実は死ぬほどコミュニケーションが苦手なだけでその事実を第1話にして看過した只野くんは古見さんに友達が出来るように手助けをするようになります。キャラの性格は違うものの、主人公が陰ながらヒロインを助けていくという構図はそれっぽいと思います。

似ている作品その③ ハイスコアガール

ハイスコアガール

月刊ビッグガンガンで連載され、アニメ化もした作品。ゲーム以外に取り柄のない少年、矢口ハルオが同じクラスで自分とは別世界の上級国民の大野晶とゲーセンで出会い、自らのプライドを守るために街ガイルと投げハメを使ってリアルファイトという最悪の出会いから、彼女の境遇を知りゲームを通して交流を深めていくラブコメ。ギャグテイストなのに加え、主人公が自分を変えて努力していくという構図が似ており、個人的には一番感じるものが共通すると思います。

【僕の心のヤバいやつ】見どころ・魅力まとめ

僕の心のヤバいやつの見どころと魅力をまとめてみました!陰キャ中二病の主人公と陽キャ天然美少女の不釣り合いな関係から始まり、主人公が奮闘していくという少年漫画の熱さも秘めた笑いあり、下ネタあり、熱さありのラブコメです!春アニメの中でもかなり面白そうな作品だと思うので、ぜひ見て欲しいです!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

augustten114514

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-僕の心のヤバイやつ
-, , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2023 All Rights Reserved.