アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】まもなく2期放送間近!1期の内容をおさらい・後半(7話~12話)

更新日:

10話①

2020年の4月から放送されたアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』の第2期が2021年7月からスタートします!乙女ゲームの中で、ほぼどのような展開になっても破滅してしまう悪役令嬢に転生してしまった主人公が、あらゆる手段で破滅を回避していくはずが逆にどの攻略キャラからも好意を持たれ、本来の主人公やそのライバルキャラたちすら無自覚に篭絡していくというストーリーの作品です。第1期が大好評で第2期も大いに期待がかかるアニメですが、今回は第1期のストーリーの後半である7話~12話までの内容をまとめてみました!1話~6話については別の記事で紹介しています。

第7話  危険なダンジョンに入ってしまった…

7話①

ソフィアは悲しい夢を見ていました。それは剣も魔法もない文明の発達した世界のお話でした。そのときのソフィアは佐々木敦子という名前で、友人からはあっちゃんと呼ばれていました。そのときのあっちゃんも内向的な性格でしたが、今のカタリナと似た性格の女子生徒と友達になって、乙女ゲームの話をしたり楽しい日常を過ごしていました。しかし、その日常は唐突に終わります。その友達が交通事故で亡くなってしまったのです。ソフィアが目を覚ますと、もう夢の内容は覚えていませんでした。

第7話②

7話②

カタリナたちは進級をかけた実技試験として古代のダンジョンに臨むことになります。多くのトラップが仕掛けられているダンジョンに入ったカタリナ、ソフィア、キース、ジオルドのチームはボタンがあったら押さずにはいられない性格のカタリナのせいで苦労するも、残る3人がとても優秀だったので、トラップを攻略しながら遺跡の深部に進んでいきます。しかし、その途中でダストシュート的なトラップにかかったカタリナが3人とはぐれてしまいます。

第7話③

7話③

カタリナは餓死を防ぐために怪しい色のキノコを採取しながら奥へと進みます。しかし、道中で足場が崩れて絶体絶命の危機に陥ります。風の魔力を使ってカタリナの居場所を突き止めたのはソフィアでした。ソフィアは懸命にカタリナを助けようとしますが、筋力が足りずにカタリナを引き上げられません。そのとき、謎の風がカタリナとソフィアを助けます。運よく破滅を回避したカタリナでしたが、かけつけたマリアは不穏なものを感じていました。

第8話  欲望のまみれてしまった…

8話①

図書室で勉強しようとするカタリナとメアリは道中でいつものメンバーと出会い、結局みんなで図書室に行くことになります。そこでカタリナは妙な本を手にします。その本を開くと、マリアとメアリを除く全員がその本の中に吸い込まれてしまいます。その本は人の欲望をエサにする本で、その本の中ではそれぞれのキャラの欲望が反映されていました。

第8話②

8話②

ジオルド、キース、ニコル、ソフィアの欲望はカタリナを自分のものにすることでした。その物語の中ではまるで破滅フラグの欠片もない乙女ゲームの世界が展開されています。それをまざまざ見せつけられたメアリとマリアは見ていられなくなって本を閉じてしまいます。アランも似たようなものでしたが、尺の都合でメアリがすぐに本を閉じてしまったので一瞬で終りました。

第8話③

8話③

メアリとマリアは皆を解放する方法を探します。すると、まだカタリナの欲望の物語が残っていることに気が付きます。再び本を開くとカタリナの物語が始まります。カタリナの物語は、お腹を空かせたカタリナがものすごい勢いでお菓子を食べまくるものでした。カタリナはどんどん太っていきますが、お菓子の吸引は止まりません。おかしいと思った2人が本を閉じようとしますが、閉じた本が膨らみ続けて破裂します。すると、ようやくみんなが解放されます。それが自分の欲望だと説明され、ジオルド、キース、ソフィアは恥ずかしさのあまり席を立って去ってしまいます。アランは純粋だったので平気でした。

第9話  パジャマパーティで盛り上がってしまった…

9話①

無事に進級できたカタリナでしたが、カタリナには一つ懸念がありました。それはゲームで起こる断罪イベントである、カタリナがマリアにイジワルをしたことで破滅するイベントが起こるかもしれないという事でした。しかし、カタリナはほぼ主要な登場人物に好意を持たれていました。アランとニコルとマリアはまだマシですが、そのほかの人物は全員カタリナに熱烈な好意を持っており、自分のものにしたいと思っていることをメイドのアンだけが察していました。

第9話②

9話②

メイドのアンはクラエス家の遠縁の貴族とその使用人の間に生まれた子供です。火事で母親が亡くなり、腕に火傷を負ったことから政略結婚の道具に使うこともできなくなってしまったため、半ば捨てられるような形でクラエス家に奉公しにきたのです。カタリナは最初の頃こそ傲慢でわがままなお嬢様でしたが、頭を打っておかしくなってからは誰彼構わず人を惹きつけるようになり、かく言うアンも実家から強制的に結婚させられそうになったときにカタリナに助けられ、それからカタリナを心から信頼するようになっていました。

第9話③

9話③

カタリナは女子たちとパジャマパーティーとお泊り会を開き、恋バナに発展するも色気のある話にはなりませんでした。カタリナは鈍感系主人公で、他の女子たちと男子との間に発生したはずのイベントも全てカタリナがかっさらってフラグをへし折っていたからです。その後、カタリナはジオルドに手紙を出して庭に呼びつけますが、当然色っぽい話ではなく当然のように他の皆も誘われていました。ジオルドは気を利かせてカタリナに園芸用のハサミをプレゼントしますが、他の皆も園芸用にハサミをプレゼントしていました。カタリナにはそういう恋愛フラグは立たないのでした。

第10話 破滅の時が訪れてしまった… 前編

10話①

ある日、カタリナが最も恐れていた出来事が起きてしまいます。それはゲームでカタリナが悪事を暴かれて破滅してしまう断罪イベントです。本来であればカタリナを断罪するのは攻略対象の誰かのハズでしたが、カタリナの悪事の証拠を引っ提げて告発したのは名前も知らないモブ令嬢たちでした。カタリナがマリアに数々の嫌がらせを行い、その嫌がらせを克明に記した証拠も持っているというのです。

第10話②

10話②

しかし、当のマリアがその事実を否定したことと、証拠として提出された書類に記された緻密で計画的な嫌がらせは単純でバカでノータリンのカタリナにはできっこないからと擁護され、カタリナはどこか釈然としないながらも破滅エンドを回避します。しかし、それでも謎は残りました。告発した令嬢たちはカタリナを目の敵にしていましたが、そこまでの行動力があるとも思えず、ここまで立派な証拠の書類を用意するのも難しく、別の何らかの意図が絡んでいることは明白でした。

第10話③

10話③

光の魔力を持つマリアはこの事件に不穏な気配を感じていました。そして、事件の日の昼休みを最後にマリアは行方を暗ませてしまいます。さらに、カタリナを断罪しようとした令嬢たちも、例の書類をどこで手に入れたのかも、どうしてあんなことをしたのかも分かっていませんでした。彼女たちは誰かに操られていた可能性がありました。そして、そんなことができるのは闇の魔力でしかなかったのです。そんな中、カタリナはとある人物と遭遇し、そこで重要なことを思い出します。『FORTUNE LOVER』には隠しキャラがおり、進め方によってはとんでもないバッドエンドを引き起こしてしまうキャラ。そのキャラこそカタリナが遭遇した人物である生徒会長のシリウス・ディークだったのです。

第10話④

10話④

シリウスこそが闇の魔力を使ってカタリナを破滅に追いやろうとし、マリアを誘拐した張本人なのです。ゲームを思い出したカタリナは思わずシリウスに闇の魔力のことを問い詰めてしまいます。するとシリウスは今まで自分が優等生を振る舞っていたことや、マリアを誘拐したこと、誰にでも優しく誰にでも好かれるカタリナが許せない存在だったことを明かし、カタリナを闇の魔術で深い眠りへと追いやってしまうのでした。

第11話 破滅の時が訪れてしまった… 後編

11話①

カタリナが目を覚ますと、いつものように慌ただしい朝が始まります。そこはファンタジーの世界などではなく、現代日本の何の変哲もない一般家庭で、カタリナが前世で過ごしていた日常でした。いつものよう学校に通い、いつものように友達と乙女ゲームの話で盛り上がり、いつものように家族と団らんする。いつもと変わらない日常なのに、カタリナは何か大切なことを忘れているような感覚になっていました。

第11話②

11話②

シリウスの闇の魔力でカタリナは丸2日間眠り続けていました。医者でも原因はつかめず目を覚ますかも分からない。皆が悲観する中、ソフィアの頭の中で誰かが語り掛けてきます。その姿はカタリナが前世で親友だった女の子の姿で、彼女にカタリナの元に行けと言われたソフィアはカタリナの元に駆けつけます。それに合わせて皆がカタリナの元に集まります。

第11話③

11話③

カタリナが放課後の教室に行くと、そこには親友の佐々木敦子がいました。あなたの世界はここじゃない、そこには貴方をまっている人たちがと言われます。すると、カタリナを呼ぶ声が聞こえてきます。彼女は自分がカタリナ・クラエスであることを思い出します。同時に今いる世界が崩れ、敦子に別れを告げて『FORTUNE LOVER』の世界に戻ります。目を覚ましたカタリナは、夢のお告げでシリウスの居場所を突き止め、マリアが監禁されている倉庫へと急ぎます。マリアを救出したカタリナたちは奥へと進み、闇の魔力に支配されたシリウスと対峙します。

第12話 最終イベントが来てしまった…

12話①

シリウスはディーク公爵がメイドに産ませた子供であり、嫉妬に狂った公爵夫人が闇の魔力によって余命いくばくもない本物のシリウスの記憶を移し替えるための依代とされてしまったのです。その際に母親は生贄として殺害され、儀式を行った実行犯の男も口封じのために殺害されてしまいます。ただ、実際にはその儀式は成功しておらず、本物のシリウスの記憶と知識のみが継承される結果となったのです。その後、シリウスは母が最期に残した「仇をとって」という言葉の通り、本物のシリウスの振りをしながら復讐の機会を伺っていたのです。

第12話②

12話②

闇の魔力を解放したシリウスに対し、カタリナは危険を顧みずに近づき「苦しいときはそばにいるわ」という言葉と本当の名前を呼ばれたことで、シリウスは自分の本当の名前を思い出し、母が最期に残した言葉が復讐を果たすものではなかったことを思い出します。シリウスに偽りの記憶を植え付け復讐心を煽っていたのは、シリウスに憑依していた闇の魔術師の怨念でした。魔術師の怨念を振り払ったシリウスは、闇の魔力と復讐心から解放されて事件は一件落着。シリウスは学園を去ることになりますが、公爵夫人の罪も暴かれることとなります。

第12話③

12話③

かくして全員死亡のバッドエンドを回避したカタリナですが、まだ安心できません。2年生の卒業パーティーでの結末次第で、カタリナは国外追放か殺されるかが決まるからです。しかし、カタリナはこの日のために様々な準備をしてきました。腹をくくってパーティーに参加しますが、結局マリアは誰とも結ばれることはありません。ゲームで言うところの友情エンドで本来であればバッドエンドですが、カタリナにとっては国外追放も殺害もない最高のエンディングです。

第12話④

12話④

こうしてカタリナはすべての破滅フラグをへし折り、平穏な日々を手に入れた……かに見えました。しかし、それは大きな間違いでした。何と『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』の第2期が制作決定したのです。つまり、カタリナの破滅フラグはまだまだ続くのでした。2021年、「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の第2期が放送予定なのです。

【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】1期のエピソードおさらい・後半まとめ

もうすぐ第2期ということで第1期のエピソードをまとめてみました!アニオリエピソードも面白かったので、第2期もばっちり期待できる出来になるのでは?と思います!今回は7話~12話の内容ですが、1話~6話をまとめた記事もあるので、よろしければそちらもご覧ください!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

augustten114514

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
-, , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2021 All Rights Reserved.