アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった

【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった】運命の分岐点?未来を変えた名シーン・名言ランキング!

更新日:

目つきの悪いカタリナ

思わず笑ってしまうギャグ要素。ちょっとシリアスな真剣モード。そして様々な恋愛要素。いろいろな面で見どころ満載な『はめふら』にはもちろんそれぞれのシーンに名言や名シーンが登場します。今回はそんな名言・名シーンをランキング形式でご紹介!主人公のカタリナだけでなく仲間たちの名言・名シーンも併せてごらんください!

 

第十位 カタリナ断罪イベント

対峙する二人

第十位に選んだのは平凡な日常を送っていたカタリナに突然ゲームと同じ「カタリナ断罪イベント」が発生してしまうシーン。ゲームではここでカタリナは破滅エンドへと追いやられてしまうのですが、この世界のカタリナは仲間や周りの生徒たちから信頼されているため、敵に回るはずだったマリアや王子たちが味方になりカタリナの窮地を救ってくれます。このシーンは物語の大きな分岐点となるシーンであり、庇ってくれる仲間たちのカタリナに対する印象がおもしろいシーンでもあります。

 

第九位 カタリナの脳内作戦会議シーン

会議を開くカタリナ

第九位に選んだのはカタリナがピンチや問題を抱えると行われる「作戦会議」です。カタリナの脳内には5人のカタリナが住んでおり、問題が発生するとこの5人で会議を開き始めます。ちなみに脳内にいるメンバーは「基本カタリナ」「議長カタリナ(ひげ)」「眼鏡カタリナ(伊達めがね)」「令嬢カタリナ(強気)」「令嬢カタリナ(弱気)」この5人。個性豊かではありますが、いうまでもなく全員カタリナなので特に大した意見が出る訳ではありません(笑)

 

第八位 カタリナが母親に叱られるシーン

慌てるカタリナ

第8位に選んだのはカタリナの天敵でもある母親とのやりとりのシーン。決して悪い母親ではないのですが、令嬢らしくなく好き勝手に生きるカタリナに対して激怒する事が良くあります。家にいるときだけでなく学園に入ってからも「学園で畑を作っている生徒がいる」という噂を聞いたときはカタリナだと確信して3時間にも及ぶ説教が行われました。幼少期にジオルドが婚約の申し出をしに来た際も畑仕事をしており、この時は怒るどころかショックで倒れてしまいます。しかし全てしつけの為であり誤解から離婚騒動へ発展した際にはカタリナを抱えて家を出ようとするなど、愛情はあるようです。

 

第七位 カタリナが畑仕事をするシーン

畑仕事をするカタリナ

第七位に選んだのはカタリナが畑仕事をするシーン。魔力を高めるには「魔力との対話が必要」という情報を知ったカタリナは幼少期から畑仕事を始めるのですが、途中からもはや魔力を高める為でなく本腰を入れて本格的な畑仕事を始めてしまいます。畑仕事をする時はほっかむりをかぶって作業着を着用し、鍬で畑を耕す本格的なもの。魔法学園へ入学する際はメイドのアンに反対され荷物から全て没収されるのですが、庭師のトムに頼んで学校へもってきて貰っています。ちなみに学園で育てているのは花の咲く野菜のキュウリやナスであり、本人は畑ではなく花壇と言い張っています。

 

第六位 カタリナがおいしそうに食べるシーン

お菓子を食べるカタリナ

第六位に選んだのはカタリナの食事シーン。カタリナはこの食い意地で何度も場を和ませたり友人と仲良くなったりしていきます。(たまに怒られることもありますが……)色恋沙汰に鈍感なカタリナを釣るにはお菓子が最良の作とジオルドも気づいており、学園の寮でカタリナを部屋に呼ぶときは「珍しいお菓子がある」と言って誘ったりしています。マリアと仲が良くなってからは、外で大きなカゴを抱えてお菓子を食べているシーンも。しかしあまりの食い意地にジオルドやキースからは15歳になってからも落ちているものを拾い食いしているのではと思われる事もあります。

 

第五位 キースと話をするため扉を斧で壊すシーン

斧で扉を壊すカタリナ

第五位に選んだのはカタリナがドアをぶち壊してキースに会いに行くシーン。幼少期にキースがカタリナを魔力で傷つけてしまい部屋へ閉じこもった際、カタリナは目を覚ますと同時に謝るためキースの部屋へ向かいます。しかしキースには過去にも同じく兄弟を暴走する魔力で傷つけた過去があり、落ち込んだまま部屋に引きこもってしまいます。合鍵もキースが持っているため部屋へ入る方法がないこの状況でカタリナが取った行動は……斧で扉をぶち壊す!その後キースに謝罪して全て丸く収まったのですが、カタリナはこの後いつも通り母親から説教されてしまいます。

 

第四位 カタリナがゲーム制作者に文句を言うシーン

作者に怒りをぶつけるカタリナ

第四位に選んだのはあまりの理不尽な人生にゲームの開発者へ文句を言うシーン。タイトルにもある通り、ゲームでのカタリナの人生はどうあがいても破滅フラグが立ってしまうものでした。そこへ同じく主人公のマリアに婚約者のアランを奪われるかもしれない、いわばカタリナと同じ境遇の令嬢メアリが登場します。しかしゲームでメアリの行きつく先は、アランを奪われるものの涙で祝福するエンドかそのままアランと結ばれるエンドの2つ。死亡か追放を迫られる自分との差に激怒し、とうとうカタリナは開発スタッフに怒りをぶつけ始めます。

 

第三位 カタリナ15歳の誕生パーティーでジオルドが言った一言

笑顔のジオルド

第三位に選んだのはカタリナの誕生パーティーでジオルドが言ったこの一言。カタリナは破滅フラグを回避するためジオルドとの婚約を解消したがっていたのですが、ジオルドはその話を持ち掛けられると即答で婚約解消を拒否していました。その想いを改めてパーティーのダンス中に伝えるジオルドでしたが鈍感なカタリナには全く伝わらず……するとジオルドは「これはもう先に既成事実でも作った方が早い」と言ってカタリナを抱きしめます。その時のカタリナはダンスを失敗して自おルドの足を踏んでしまったのかと大慌て。そんな様子のカタリナを見てジオルドは笑いながら『君は本当にいくつになっても無防備ですね。こんな事ではいつでも簡単に奪えてしまいますよ』と言うのでした。

 

第二位 マリアに嫌がらせをする令嬢にカタリナが脅しをかけるシーン

目つきの悪いカタリナ

第二位はマリアのピンチに現れ令嬢たちを脅すシーン。マリアの作ったお菓子を台無しにされそうになった時にも睨みつけて令嬢たちを追い払ったカタリナですが、マリアが火の魔力で傷つけられそうになった時は本気の脅しを見せます。腕組みをしてにやりと笑みを浮かべ「あなたたち……こんなことを続けていると──破滅するわよ」と脅すカタリナ。その迫力に令嬢たちは泣きながらその場から立ち去ります。ちなみにこの後おこるカタリナとマリアの仲良しイベントも名シーンなのでそこまで合わせて楽しんで見てください。

 

第一位 マリアからカタリナへの告白シーン

笑顔のマリア

第一位に選んだのはカタリナの名言……ではなく、マリアがカタリナに告白するシーン!このシーンではゲームの「FORTUNE LOVER」でもラストのシーンとなっており主人公であるマリアが意中の相手に告白するシーンなのですが、本作でマリアの意中の相手はカタリナ・クラエス。なのでマリアはカタリナへ告白する事になります。その時のセリフが『私が気になるのもお慕いしているのもずっと傍にいたいと思うのもカタリナ様なのです』と伝え、最後に『これからもずっとカタリナ様の傍にいさせてください』と、ゲームでマリアが最後に攻略対象へ伝える言葉をカタリナに伝えました。

ちなみにそのマリアの告白に対してカタリナの反応は……

髪を抑えるカタリナ

相手が女の子とは言えこれだけの告白+ゲームで主人公が攻略対象の相手に言うセリフと知っていたカタリナなので、いくら恋愛に鈍感と言えどもさすがに気付く……と思いきや、なぜ自分にそのセリフを言ったのか理解できず、カタリナはその後(カタリナを奪い合って)ワイワイと賑わう仲間たちを見て「友情エンド」だと解釈してしまうのでした……

 

『はめふら』名シーン・名言まとめ

国外追放されそうなカタリナ

ここまで『はめふら』の名シーンや名言を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?今回は十位までしか紹介できなかったのでメアリとの出会いやソフィアとの関係、ジオルド以外の王子たちとのやりとりなど……まだまだ紹介しきれない名シーンや名言があったのですが……続きは是非アニメでご確認ください!

最近のトピック

  • この記事を書いた人

chobimaru318

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
-, , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.