アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

アニメミルアプリ宣伝用バナー

はたらく細胞

【はたらく細胞!!】ヒロインからウイルスまで!人気キャラランキング!

更新日:

頬をつつかれる血小板

アニメの紹介をする時に欠かせないのが人気キャラのランキング!はたらく細胞もいろいろなサイトで人気投票は行われていますが、個人的な好みでランキングはかなり違うようです。そこで今回は私の個人的な好みも含めて人気キャラをランキング付け!可愛いヒロインだけでなく、男性キャラから細胞たちにやられたウイルスたちまで男女性別問わず人気のキャラクターを紹介していきます。

第10位 肺炎球菌

肺炎球菌たち

第10位に選んだのは記念すべき第1話に登場した肺炎球菌。「今日からここは俺たちの国だ!!」そう言いながら意気揚々とやって来た肺炎球菌たちでしたが、約30秒後には白血球たちによってかなりの数が殲滅されてしまいました。アニメ第1話でどのように戦いが繰り広げられるのか注目していたところで白血球に「この雑菌野郎!!」とキレられナイフで殺されていくシーンはインパクト大。視聴者も思わず「この先そんな感じで細菌と戦っていくの!?」と驚きました(笑)

大半はあっさり殺されたけど実は恐ろしい肺炎球菌

構える肺炎球菌

初登場から30秒ほどでほぼ壊滅した肺炎球菌でしたが、1匹だけは血管に入り込み逃走に成功します。とはいえあっさりやられて逃げ出したので雑魚キャラなのかと思われるかもしれませんが、肺炎球菌は血管の中に入ると突然高熱がでたり細菌性髄膜炎という恐ろしい病気を引き起こす事も。免疫が弱っていたこの世界では24時間ほどで臓器・脳を支配下に置き採取的にこの世界を滅ぼす……つまり死に至るという事になります。しかし最後は喚きながら「くしゃみ」によって体内から吹き飛ばされるというコミカルな演出で消え去りました。

第9位 NK細胞

笑みを浮かべるNK細胞

第9位に選んだのはボーイッシュなNK細胞。姉御肌でやんちゃなキラーT細胞すらおもちゃにする事もあります。口が悪くしょっちゅうキラーT細胞とはケンカをしていますが実力的にはNK細胞の方が一枚上手。戦闘能力だけでなく考察する才能にも優れており、がん細胞が一般細胞に扮していた時もNK細胞は最初からその正体に気付いていました。姉御肌ゆえにがん細胞との決着を1人で付けるため、気付いていない白血球とキラーT細胞を巻き込まないように遠ざけたりすることも。「弱いやつらが立ち向かったってケガするだけなんだから」と言っており、NK細胞なりに2人を守ろうとした事が伺えます。

第8位 エフェクターT細胞(元ナイーブT細胞)

活性化したナイーブ細胞

第8位に選んだのは完全なネタキャラ扱いをされてしまったエフェクターT細胞。もともとはナイーブ細胞というT細胞の落ちこぼれキャラだったのですが、他のT細胞たちも元は自分と同じナイーブT細胞だったことを樹状細胞から知らされ覚醒。弱弱しい少年の姿からゴリゴリの体つきをした濃い顔へと変貌します。その登場シーンは大量のインフルエンザウイルスに襲われる細胞たちのピンチを救うため、壁をぶち壊しさらに分裂するというド派手な登場!完全にジョジョっぽいキャラと戦い方でインフルエンザを圧倒していきました。

最強化と思われたエフェクターT細胞の悲惨な最後

怯えるナイーブT細胞

圧倒的な活躍でキラーT細胞にも一人前だと認められハッピーエンド……と思われたのですが、最後に現れた見た目は同じの雑魚インフルエンザに「せめて苦しまぬよう、一撃で消し去ってやりましょう」とフラグ全開で殴り掛かるエフェクターT細胞。案の定そのインフルエンザはこれまで戦ってきたインフルエンザB型とは違い変異型のA型でエフェクターT才能は逆に片手一本で吹っ飛ばされ、その後弱弱しいナイーブT細胞の姿へと戻ってしまいました。

第7位 赤血球

驚く赤血球

第7位に選んだのは本作のヒロインでもある赤血球。人気声優の花澤香菜さんが演じているという事もあり大人気のキャラクターです。本来はもっと上位に入っているようなキャラクターなのですが、目立った出番がそこまで多くないという事で今回は第7位に……トラブルに巻き込まれやすい体質で、迷子になるのは日常茶飯事。あまりにトラブルに巻き込まれるため本来ならそれほど出くわす事の無い白血球「1146番」と何度も遭遇します。この2人は幼少時代(赤芽球時代)にも出会っており、その際も赤血球は迷子になり緑膿菌に襲われているところを白血球に助けられていました。

第6位 白血球(好中球)

汗をかく白血球

第6位に選んだのは本作の主人公である白血球1146番!基本的に穏やかな性格をしていますが細菌やウイルスに対しては性格が一変し、「この雑菌野郎が!!」や「死ねー!!」と罵声を浴びせながらナイフで容赦なく切りかかります。基本的に喜怒哀楽が無く一見愛想が無いようにも見えますが真面目な性格なので丁寧な挨拶をされるとすごく丁寧な挨拶を返してくれます。子供の頃から正義感が強く細菌などが現れれば真っ先に最前線で戦い返り血で血まみれになりながら戦う姿が人気のキャラクターです。

主人公のわりになんだか地味なキャラクター?

目を見開く白血球

白血球は基本的に無表情で頭から服装、肌まで白く見た目にはこれと言って目立ったポイントはありません。1146番という番号も「いい白」という語呂合わせから来ており、ハッキリ言って見た目や名前だけで言うと主人公というよりもモブキャラというイメージが強かったりします。実は白血球はもともと読み切り版に登場した「1116番」が元だったのですが、作者はそれほど重要なキャラと考えておらず適当に書いていた事が明言されています。しかし読者からは白血球の人気が高く本作品では主人公にまで……モブキャラ扱いから主人公まで成り上がった下剋上キャラだったりもします(笑)

第5位 好酸球

照れる好酸球

第5位に選んだのは褒められ慣れていなかった好酸球!白血球の仲間で細菌が現れれば二股の槍を手にして勇敢に戦うのですが……正義感とは正反対に戦闘力が全くなくいつも役に立っていませんでした。それ故赤血球や一般細胞からは役立たずとして扱われ悔しい日々を送る事に。そんな好酸球が活躍するのがアニメ第4話で寄生虫が登場した回!細菌相手には力を発揮できなかった好酸球ですがそれは寄生虫に対して特化した白血球だったからであり、他の白血球が手も足も出なかった巨大な寄生虫「アニキサス」を1人で仕留め周りからの評価も急上昇。普段はクールな性格なのですが褒められ慣れていなかったためこの時ばかりは顔を真っ赤にしてデレデレに。好酸球が最高に可愛いシーンなのでアニメ4話は必見です!

第4位 マクロファージ

指を口に当てるマクロファージ

第4位に選んだのは狂暴な天使マクロファージ。純白のエプロンドレス姿で口調も優しくメイドさん・お手伝いさんといったお淑やかなイメージの美人なお姉さんキャラです。実際に赤芽球たちの育成も行うなど先生のような役割もこなしています。しかしマクロファージの仕事は細菌や異物を捕らえて殺し、情報を伝達する事。最初はこんな美人が白血球たちのように戦えるの?と思いましたが、巨大な鉈や鈍器を片手に笑顔で現れたマクロファージたちは細菌を殺す時も笑顔のままでかなりの狂気を感じます。その強さと威厳にはキラーT細胞も「マクロファージさん」と慕い挨拶する際には頭もしっかり下げるほど。見た目と違って最強クラスの強さがマクロファージの人気の秘密です。

第3位 ガン細胞

睨むがん細胞

第3位に選んだのはアニメ第2期でも登場が決まっている最強の敵がん細胞。癌といえば人間が最も恐れる病気であり正直がん細胞の回は見るのも少し怖かったのですが、はたらく細胞に登場するがん細胞はただ凶悪な悪者という訳では無く、悲しい過去があったりして憎むに憎みきれないキャラとなっています。「なぜ自分たちは生まれてすぐに殺されなければならないのか」と訴えたり「何のために生まれてきたんだ」など聞いていて可哀想だと思ってしまうシーンも。特に「細胞分裂の手違いで味方になるはずだった免疫細胞に命を狙われて──」というセリフは聞いていて胸に刺さるものがありました。一般的に「悪」と決めつけられているがん細胞にここまで同情してしまう作品は本作だけでしょう。もちろん見た目や声も人気ですが、他のただ暴れ回る細菌やウイルスと違い、色んな悲しい過去を持つところが人気のキャラクターです。

第2位 キラーT細胞

整列するキラーT細胞

第2位に選んだのは常にテンション高くウイルスと戦う武闘派集団キラーT細胞。色黒に金髪の見た目通り、まさに猪突猛進という言葉がぴったりのキャラで武器は使わず拳で外敵を殴り倒します。言動こそ攻撃的ですぐケンカ腰になりますが中身は優しく仲間のピンチには身体をはって戦う姿が人気。声優の小野大輔さんの声もキャラにピッタリでした。

第1位 血小板

荷物を運ぶ血小板

第1位に選んだのはおそらくどのランキングサイトでも上位に名前があがるであろう血小板ちゃん。理由は言うまでも無く可愛いの一言に尽きます。話す時の「あのねあのね」という口癖も可愛く、大勢で大きな荷物を一生懸命運んでいる姿は見ているだけで思わず笑顔になってしまう事も。イラストサイトなどでは作中キャラで一番多く描かれており、フィギュア化もされ多方面で人気の血小板。男性だけでなく女性からも人気の高いキャラクターです。

はたらく細胞人気キャラランキングまとめ

頬をつつかれる血小板

ここまではたらく細胞の人気キャラを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?他とは一味違うランキング1位を……と思いましたが、やはり血小板ちゃんの可愛さには勝てませんでした(笑)2期ではがん細胞の再登場もあり敵味方ともに人気キャラたちの活躍が非常に楽しみ!また、新キャラ達にも期待したいところですね!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

chobimaru318

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-はたらく細胞
-, ,

Copyright© アニメミル , 2022 All Rights Reserved.