Animemiru

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

となりの吸血鬼さん

【となりの吸血鬼さん】日常ほのぼのアニメならではの名言トップ10!

更新日:

友達と話すひなた

甘党さんの同名漫画作品『となりの吸血鬼さん』のアニメが2018年10月から放送されます。本作は、イマドキ吸血鬼との同居コメディとなっており、ほのぼのとした日常や可愛い女の子キャラクターが登場することなどが魅力の作品です。さらに、イマドキ吸血鬼ならではの生活や悩みなど、吸血鬼ならではのエピソードも満載。今回はそんな『となりの吸血鬼さん』に登場する名言を独自にランク付けしたものについて紹介してきたいと思います。

 

第10位 「世の中のほとんどがかなりの年下だからな・・・」

呆然とするソフィー
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
吸血鬼であり友人のエリーの元へ、同じく吸血鬼のソフィー・トワイライトが荷物を届けに訪れたときのこと。エリーの部屋は少し荒れていたため、それを見かねたソフィーは片付けを始めます。掃除や片付けのために人を雇っていたのですが、エリーお気に入りのアイアンメイデンを見せたところ、ぱったり来なくなってしまったとのこと。そんなエリーのために自動で掃除するロボットなどを持ってきたソフィー。そのときエリーは「ソフィーって本当真面目でしっかりしてるわよね~」と言うのですが、そこでソフィーが返した言葉です。それに対しエリーは「あ~寿命ないとそうなるわよね~」と返事をします。寿命のない吸血鬼ならではの会話であり、本作の特色が出ている名言です。

 

第9位 「さ、一緒に帰ろ」

目をつむる灯
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
ある夜、吸血鬼のソフィー・トワイライトが散歩していたときのこと。公園でひまわりを見つけ、ひまわりの種を数え始めます。そして数え終わった頃にはすっかり朝になっていました。木陰で数えていたはいいものの、日が昇ってきてしまったため、木の陰から出られなくなってしまいます。帰ることもできず、なにもすることもなく困っていたところ、一緒に住んでいる天野灯が助けに来てくれました。朝起きたときにソフィーの姿が見えなかったことから、慌てて探しに来た様子。そのとき、灯がソフィーに手を差し伸べて言った言葉です。灯にとってももうすでにソフィーの家が自分の家のように思えていることなどがわかる、名言です。ホッとしたソフィーは手を取ろうとするのですが、そのとき灯は、ソフィーのための日傘を忘れたことに気が付いたのでした。

 

第8位 「一瞬で消えてもずっと思い出に残るから不毛じゃないよ」

カーテンを開ける灯
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
吸血鬼のソフィー・トワイライトと一緒に暮らす天野灯、そして灯の幼馴染の夏木ひなたの3人で夏祭りへ出かけたときのこと。お祭りの楽しみの1つである花火を一緒に見ていたところ、ソフィーが「手間と金をかけて一瞬で消えるだけの花なんて不毛じゃないか?」と口にしました。そのとき、灯が言ったセリフです。さらにその後「だからソフィーちゃんと一緒に見られて良かったよ」続ける灯。灯の素直で純粋な部分が見えた名言ですね。

 

第7位 「ソフィーちゃんは・・・私のソフィーちゃんです!」

泣く灯
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
吸血鬼のソフィー・トワイライトとソフィーと一緒に住んでいる天野灯が、ソフィーの友人であり同人作家の有明美月のサークルの手伝いをしにコミケへ行ったときのこと。ソフィーと美月は同じ趣味を持っており、知らぬ間に親しくなっている様子を見た灯は、やきもちをやいていました。しかし、ソフィーが買い出しへと出かけ、灯と美月が2人きりになったとき、コスプレなどの話で盛り上がります。そこで灯は「私たち気が合うのかも・・・」と言った後、ハッとしたように言った言葉です。いつもおっとりとしている灯が珍しく敵意を出した名言です。灯にとってソフィーは譲れない存在となっているようですね。

 

第6位 「ソフィーちゃんはひとりじゃないからね」

ウインクする灯
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
天野灯の幼馴染である夏木ひなたの家を訪れたとき、ひなたの弟の話から家族の話が始まりました。灯はソフィー・トワイライトの家族はどんな家族なのかと想像し始めるのですが、ソフィーはもともと人間ではあったけれど吸血鬼になったのは自分だけだったので今は1人だと告げます。そして、ソフィーは「私はひとりでいることにはすっかり慣れてしまったが、人の話を聞いていると家族というのは楽しそうだな」と微笑みながら言いました。それを聞いた灯はソフィーの母親や姉、猫にまでなる!と言うのですが、そんな灯を見てソフィーは「なんなんださっきから変なテンションだな」とツッコミます。その後に灯がソフィーに向けて言った言葉です。この言葉の後には「私が寂しい思いはさせないから!」と意気込んで言いました。灯は家族の話から、ソフィーのことを気にかけていたようです。そんな灯の優しさがにじみ出ている名言です。

 

第5位 「目覚めてから一番に会いに来たんだから」

ウインクするエリー
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
吸血鬼ソフィー・トワイライトの友人であり吸血鬼のエリーが、100年ぶりにソフィーへ会いに来たときこと。以前会ったときよりも態度が冷たくなったと感じているエリーはその原因を探ります。今でも首に牙を立てて食事をしていることでやきもち焼いているのか、などと考えていたエリーですが、100年の間ソフィーに会いに来なかったことを怒っているのだと思いつきます。ソフィーはこの100年の間で、エリーが退治されてしまったのではないかと心配していた様子。しかし、エリーは100年の間、眠っていただけでした。そこでエリーが「悪かったわね」と言った後、ソフィーの頭をなでながら言ったセリフです。それに対しソフィーは、むくれながらも少し嬉しそうな様子。2人の仲が分かる名台詞です。

 

第4位 「灯から血を吸いたくないのは友人だからだ」

ソファに座るソフィー
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
吸血鬼のソフィー・トワイライトがいつも血を購入している通販サイトが臨時休業になったときのこと。冷蔵庫のストックも切れ、友人であり吸血鬼のエリーもちょうど血を切らしていた状態で、困るソフィー。ここで灯が自分の血を吸ってと言うのですが、ソフィーは頑なに受け付けない様子。しかし、元気がないソフィーを見て、もう1度、自分の血を飲んでほしいと頼むのでした。ですが、それでも断るソフィー。灯は、自分の血はそんなにまずいのかと落ち込むのですが、そこでソフィーが言ったセリフです。続けてソフィーは「毎日一緒に過ごす人間の血を吸うのが癖になったりでもしたら危険なんだ」と言うのでした。灯のことを大切に思っている気持ちがわかる名言です。

 

第3位 「どんな力を持ってたとしても、酷いことをするとは思わないから」

微笑む灯
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
吸血鬼のソフィー・トワイライトの元へ、友人であり同じ吸血鬼のエリーが訪ねてきたときのこと。エリーは天野灯のことを召使か非常食なのだと勘違いしていました。それもそのはず、エリーは100年間眠っており、吸血鬼に対する人間の対応は恐ろしいものだという認識のままでした。エリーの記憶の中では、吸血鬼だということが人間にばれると、集団となって退治しに来るのが普通でした。しかし、ソフィーは現代では平気だということを説明します。それでも納得いかない様子のエリー。「でもいつ裏切るかわからないでしょ。友人だなんて思ってたらその時傷つくことになるわ」と告げ、ソフィーを連れて出て行こうとします。そんなエリーを止める灯。そこでエリーが「どうして恐れないの?私たちは人間とは全く違う力を持った怪物なのよ?」と言います。そこで灯は「どんな力を持ってたとしても、ソフィーちゃんやソフィーちゃんの友達が酷いことするとは思わないから」となんてことのないように答えたのでした。そんな灯に拍子抜けした様子のエリー。そんなエリーは灯に対して「あなたくらいの変な子なら吸血鬼とも友人になれるのかもしれないわね」を笑うのでした。灯のまっすぐな性格があらわれている名言です。

 

第2位 「ソフィーちゃんたちとみんなで来たかったの!」

元気はつらつの灯
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
吸血鬼のソフィー・トワイライトとソフィーと一緒に暮らしている天野灯、そして同じく吸血鬼のエリーと灯の幼馴染である夏木ひなたが一緒に遊園地に行ったときのこと。吸血鬼は日に当たることができないということもあり、日が沈む頃を見計らって遊園地へ訪れました。様々なアトラクションやパレードを楽しみ、そろそろ閉演時間に。そこでソフィーは「なんだかすまないな。人間なら朝から来て一日中楽しめたのに。私たちは共有できる時間が短いな」と言ったのに対して灯は「なに言ってるの!短くてもソフィーちゃんとみんなで来たかったの!だから謝ったりしないで」と返事をしました。吸血鬼であることなど関係なく、ただソフィーたちみんなと一緒に楽しく過ごしたいという灯の気持ちがあらわれている名言です。

 

第1位 「こんなふうに誰かと見るとまた違って見えるものだな」

微笑むソフィー
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
散歩中に桜を見かけたことを話す天野灯が、今年の桜を見ていないという吸血鬼のソフィー・トワイライトをお花見に誘ったときのこと。お弁当などを作り、同じく吸血鬼のエリーと灯の幼馴染である夏木ひなたを誘って、夜桜をライトアップしているという公園へ向かいます。そこで桜を見上げたソフィーが「桜なんて毎年同じだと思っていたが・・・」という言葉に続けて心の中で思った言葉です。友人も恋人もほぼいないに等しいソフィーにとって、灯やひなた、エリーが大切な存在になっていることがわかるような名言ですね。

 

『となりの吸血鬼さん』名言ランキング、まとめ!

友達と話すひなた
出典: となりの吸血鬼さん ©甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
いかがでしたでしょうか?今回は『となりの吸血鬼さん』に登場する名言を独自にランク付けしたものについて紹介しました。大切な何かを思い出すような名言、心が温まる名言など、様々な言葉が登場しました。他にも日常系作品ならではの名言などが登場する、ほっこりする作品となっています。『となりの吸血鬼さん』は2018年10月から放送開始です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeでもAnimemiru!「動画でみる」まとめ記事を紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【とある魔術の禁書目録】動画でみる 超能力者(レベル5)全員をまとめてみた

学園都市に住むレベル5の7人をまとめてみました!これさえ読めば学園都市最強メンバーを覚えられますよ。【とある魔術の禁書目録Ⅲ】を見るなら必読です。

【ジョジョの奇妙な冒険】動画でみる 黄金の風 5部 衝撃的な死亡シーン特集

ジョジョの冒険シリーズの第5部作である黄金の風。皆さん知っての通りだと思いますが、敵、味方関わらず衝撃的な死亡シーンが多々あります。そしてまたそれは名場面が多いのです。今回は、そんな衝撃的で考えされるもののある死亡シーンを特集させていただきます!。

【ゴールデンカムイ 】で読み解く 動画でみる 日本とロシアとアイヌの歴史

イヌ民族の伝統、文化を事細かにレポートし、彼らの習慣や信仰を教えてくれるゴールデンカムイ 。皆さんは、そんなアイヌの歴史の背景をご存知でしょうか?日本とロシアの領土問題による、強制移住や国籍選択、様々な悲しい歴史を持った民族なのです。そんな彼らの歴史を、日本とロシアの関係性も含めながら今回は紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

lisa_999

-となりの吸血鬼さん
-, , ,

Copyright© Animemiru , 2018 All Rights Reserved.