アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

Fate/stay night

【Fate/staynight】今更聞けない!stay nightのメインキャラ 紹介 後編

更新日:

アーチャーと凛

その杯を手にした者は、あらゆる願いを実現させる。
聖杯戦争。
最高位の聖遺物、聖杯を実現させるための大儀式。
儀式への参加条件は二つ。
魔術師であることと、聖杯に選ばれた寄り代である事。

今更聞けない!stay nightのメインキャラ 遠坂凛

プロフィール

凛って?

誕生日:2月3日
星座:水瓶座
血液型:O型
身長:159cm
体重:47kg
スリーサイズ:B77/W57/H80
イメージカラー:赤
特技:あらゆる事をそつなくこなし、ここ一番で失敗する
好きなもの:宝石磨き、士郎いじり
苦手なもの:電子機器全般、突発的なアクシデント
天敵:言峰綺礼
CV:植田佳奈

概要

凛の表紙

『Fate/staynight』におけるヒロインのひとり。専用ルートは「Unlimited Blade Works」。
衛宮士郎が密かに憧れる同級生。穂群原学園2年A組所属のミス優等生。
その正体は、冬木市一帯の魔術師を支配する管理人(セカンドオーナー)である遠坂家の6代目当主。
最優のサーヴァントとされる「セイバー」を召喚すべく準備してきたが、召喚の触媒が用意できず自身の魔力を込めた宝石で儀式を行う。が、ある理由から「魔力が最高潮となる時間よりも早く儀式を行ってしまう」というミスをやらかしてしまい、結果アーチャーを召喚。
更に学校でランサーとの戦いの際に、学校に残っていた士郎の存在に気が付かなかったために、彼が聖杯戦争に巻き込まれるきっかけを作ってしまう。
その後、偶発的にセイバーを召喚した士郎と遭遇。彼とはUBWルートでは一時敵対、HFルートでは同盟を持ちかけるも一度は断られて別行動をとるものの、最終的には同盟を組み、共に聖杯戦争を戦う。

人物像

優しい凛

表向きは容姿端麗、文武両道、才色兼備の優等生。が、言ってみれば、これは何重にも猫をかぶった状態(無論能力もそれだけある)。彼女の性格を一言で示すならば、士郎が評した「あかいあくま」が最適。競争相手がいるならば周回遅れにし、刃向かう輩は反抗心をつぶすまで痛めつける。「やるからには徹底的に」を信条としている。
魔術師として冷徹であろうとする反面、聖杯戦争冒頭で士郎を助けたり、その後もなあなあで士郎との同盟を最後まで続けたりと、完全に冷徹にはなりきれないお人好しな面も。
他人に厳しく、自分にはもっと厳しい。
目をかけた(期待している)人間にはガンガン追い立て厳しく指導しハッパをかけまくるが、いざという時はギリギリまで見捨てず1%でも希望があるなら決して諦めない面倒見の良さを発揮する。逆にどうでもいい・救えないと判断すればスッパリと見限るドライさも併せ持つ。
曰く「出来ない事は最初からしない。無駄だもの。やれる事を全部やるだけよ」との事。
宝石魔術が原因で中々の守銭奴かつ拝金主義者。他人への貸しに対しては人一倍ガメつい反面、自身の借りもなんだかんだで律儀に守る。とある理由から、彼女にとって大事な人ほど大きな貸しを吹っ掛ける。

能力

凛のメガネ

地水火風空の5つの属性を極めて高いレベルで扱うことのできる、「五大元素使い(アベレージ・ワン)」と呼ばれる超一級の魔術師。また魔術回路はメイン40にサブがそれぞれ30という桁違いの魔力量を持つ。
得意な魔術は初等呪術「ガンド撃ち」だが、物理的破壊力を持たないはずのガンドが、高い魔力密度から拳銃弾並みの破壊力を持ったものになっている(物理的破壊力を持ったガンドを「フィンの一撃」と呼ぶ。凛のものはフィンのガトリングと呼ぶのが相応しいとか)。
本来専門としている魔術はキシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグの「鉱石魔術」。
宝石の中で魔力を流転させ、本来保存できないはずの魔力をストックしておき、宝石に宿った念に乗せてそのまま魔力を開放することにより魔弾として戦闘に転用する。17年間休み無く織り上げた十の宝石が切り札だが、高価な宝石を使い捨てなければならないため、彼女の貯金は常にギリギリ。
大師父であるゼルレッチの第二魔法「平行世界への運営」へ至ることを目標とし研鑽を続けている。また、兄弟子であった言峰綺礼より八極拳の手ほどきを受けており、近接戦闘もある程度はこなすことが可能。
非常に優秀な実力を持つのだが、遠坂家の遺伝的特質として、詰めが甘く肝心なところで凡ミスを犯すという欠点を持ち、そこはやはり時臣の血を継いでいるといえる。通称「うっかり」。 また、重度の機械オンチで、携帯電話は確実に使えない。

今更聞けない!stay nightのメインキャラ アーチャー

プロフィール

アーチャーの姿

身長:187cm
体重:78kg
出典:???
地域:???
属性:中立・中庸
イメージカラー:赤
特技:ガラクタいじり、家事全般
好きなもの:家事全般(本人は否定)
苦手なもの:正義の味方
天敵:遠坂凛、間桐桜、イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
CV:諏訪部順一

概要

第五次聖杯戦争における「弓兵」のクラスのサーヴァント。
マスターは遠坂凛。赤い外套を纏った浅黒い肌の男性。
凛は本来、セイバーを呼び出すつもりだったが寸前でヘマをしてしまい、彼を呼び出す事となってしまった。
「アーチャー」のクラスではあるが、劇中で初めて登場した彼の武器が弓ではなく二本一対の陰陽の夫婦剣「干将・莫耶(かんしょう・ばくや)」であり剣術による白兵戦を好むなど、謎である部分がかなり多い。

人物像

アーチャーの戦い

キザで皮肉屋、現実主義者。だが根はお人よしで世話焼き、たまに子供っぽい。ここぞという時にニヒルな冗談を口にするプレイボーイでもある。
乱暴な召喚のせいで記憶が混乱し自分が何者か分からないと言い張っており、マスターである凛もその真名を知らない。特技は家事全般で、彼の淹れる紅茶は凛のお気に入り
衛宮士郎を個人的に敵視しているようだが、その一方で彼に対して的確な助言を送ることもある。
合理的な戦術、社会的な正義を良しとするが、彼の発端は『万人を救いたい』という理想である為、冷徹に徹しきれないところがある。
ギャグ寄りの作品だとそうした「なんだかんだ言いつつも世話焼き」な一面が出る事が多い。
「背中で語る漢」の名が相応しく、辿ってきた数奇な人生を語るかのような、その背中が印象的なキャラクター。本編では純粋に背面のみという普通あり得ない立ち絵が2種類も用意されているほど。彼は生前の末路に満足しているため聖杯に託す願いは無い。「凛を勝者にする事」自体が望みと言えよう。ただしそれ以外の「願望」はまた別のところにあるのだが。

能力

アーチャーの技

ステータスは低い方で、剣技もお世辞にも天才とは言えない凡夫のそれだが、あらゆる芸を限界まで極めた努力家で、力や技術の差を補うほどの芸達者(『unlimited codes』では、勝利台詞として「一つを極めるより、多くを修める道を選んだ」とコメントしている)。
特に防戦を得意としており、ランサー戦では宝具以外の攻撃は全て防ぎきっている。
「Fateルート」でのバーサーカー戦においても、勝てはしなかったものの、自身の消滅までの間に『十二の試練』のストックを半分近く(ゲーム版は6つ、アニメ版は5つ)消耗させ、当のバーサーカーが狂化で剣技を競い合えない現状を惜しむほどの奮闘を見せたことが、戦闘直後のバーサーカーの回想という形で描かれている
一応は弓兵ということもあり、本職は中~遠距離戦。「偽・螺旋剣(カラドボルグⅡ)」や「赤原猟犬(フルンディング)」といった魔剣を矢とした狙撃の威力は絶大である。
他にも投擲に対しては無敵とされる盾「熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)」も持つが、これらすべては彼が持つ固有結界の副産物でしかなく、厳密に言えば他の英霊のような固有の宝具は持っていない。

宝具無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)

アーチャーの弓

内部は果てなき荒野に無数の剣が突き刺さっている心象風景が広がる。ただ、空の様子など細かい部分は2人で異なる。
結界内には、あらゆる「剣を形成する要素」が満たされており、視認した武器(起源弾なども可能とのことなので例外もあるが基本的には白兵武器に限る)や防具を複製し、結界内にストックしておく。
一度複製した武器や防具は固有結界を発動せずとも投影魔術として外界に引き出すこと(防具の場合は2~3倍の魔力がかかる)ができるほか、ただ複製するだけでなく、自分好みにアレンジを加えたり、形状を変えるなどいった独自の改造を加えることも可能。。
物品としての刀剣を魔術で作り出しているのに止まらず、長年使用された刀剣には意思が宿り、その意思と共に刀剣に宿る「使い手の経験・記憶」ごと解析・複製している。このため、仮に初見の武器の複製であっても、オリジナルの英霊ほどではないがある程度扱いこなすことが可能。本来の使い手の剣技を必要であれば再現し、「真名解放」や「壊れた幻想」といった技能も力が及ぶ範囲内なら使いこなせる。

今更聞けないキャラ紹介【まとめ】

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』(2014年)
アニメーション制作はufotableが担当し、分割2クールのテレビシリーズとして放送。ストーリーは一度劇場アニメ化された『Unlimited Blade Works』ルートをベースに、衛宮士郎の描写を中心軸に、また奈須の新事実を盛り込みたいと言う意向からアニメオリジナル設定が追加された内容となっている。
1stシーズン(第0~12話)は2014年10月から12月まで、2ndシーズン(第13~25話)は2015年4月から6月まで放送された。

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【さらざんまい】第2話!愛と欲望浅草猫ズルムケ事件!!えんたって女の子??徹底考察と感想!

1話と同様のスピード感!浅草猫ズルムケ事件というネーミングセンス。途中途中で流れる歌も最高ですね!前回の考察動画で愛と欲望を対比しつつも、河童とカワウソという似通ったキャラで描くことで、愛と欲望が近しいものであるのでは?と解説しました。2話でも、愛と欲望というワードが出てきていましたね!その辺りも注目です。早速考察して行きましょう!

【ドメスティックな彼女】あらすじをラップを作ってまとめてみた!

ドメスティックな彼女は週刊少年マガジンに連載中の人気作品。ドメスティックという言葉は家庭内のという意味を持ち、文字通り、父親の再婚を機会に義理の兄弟となった、ナツオとヒナ、ルイ。そんな彼らの恋愛事情を描いた作品であり、少年誌に連載中でありながらも、不倫や、未成年通しの体の関係など、様々な現代の恋愛感についても触れている作品です。とにかくこの作品は男女間のもつれが多くて、主人公が一体誰が好きなのか特に序盤は分かりづらいことが多いのです。そこで、今回はあらすじを求めて見たいと思い、ただまとめるだけでなくラップにしてみよう!と考えたのでした。

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

tfss

おすすめ記事

1

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-Fate/stay night
-, , , , ,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.