アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

HUNTER X HUNTER

【ハンターハンター】奇術師ヒソカのとんでもない能力をまとめみた!

更新日:

ハンターハンター内で不動の人気を誇る奇術師ヒソカ。圧倒的な戦闘力と強力な個性が魅力のキャラクターです。今回はそんな奇術師ヒソカの戦闘シーンや個性的なシーンについて紹介していきます。一緒に奇術師ヒソカを見ていきましょう。

奇術師ヒソカ=モロウのプロフィール

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

身長は187cm、体重は91kgということでまずツッコみたいのがどんだけ筋肉あるんだということです。スリムに見えるのにこの体重はよほど密接に鍛えられた筋肉の重さなのでしょう。どれだけ鍛えればこのような身体になるのか想像もつきません。

奇術師ヒソカ=モロウの念能力①伸縮自在の愛『バンジーガム』

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

ガムとゴムの性質を持つというシンプルなものですが、汎用性の高さはヒソカの戦闘で証明されていると思います。陰でバンジーガムを隠して相手に張り付けたり、天井に張り付けて回避に使ったり、人間に張り付けて武器として使うなど様々な使い方があり、見ていて次どうするのか、と想像していくのが楽しい能力です。

## 奇術師ヒソカ=モロウの念能力②薄っぺらな嘘『ドッキリテクスチャー』

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

対象物にかけることでその質感などを再現して、簡単な傷なら全く問題ないように見せることができる。クロロにやられた傷をドッキリテクスチャーで覆うだけで難なく動いていたので、もしかしたら回復の効果も備わっているのかもしれません。

ヒソカはハンター試験では試験管ごっこと称して参加者を殺していた

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

ヒソカは暇つぶしで参加者を殺していました。ヒソカクラスになると試験も簡単すぎてストレスがたまっていたのかもしれません。居合わせた参加者は不幸という他ありません。

ヒソカは無差別にハンター試験参加者を再起不能にしているわけではない

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

無差別に殺しているように見えたヒソカですが、レオリオがヒソカに向かっていった時には殴っただけで殺しはせず、合格といって二次試験の会場まで連れて行ってあげていました。将来性のある青い果実は自分の戦闘のために育てているのかもしれません。

ヒソカはゴンを高く評価している

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

ハンター試験の間ゴンを高く評価していて、その将来性に目を光らせていました。ゴンが麻痺の毒を受けた時には敵を殺してゴンを助け、イルミがゴンを殺そうとしたときには止めに入っていました。簡単に殺しをするヒソカが将来絶対に強くなるゴンと戦闘するために生かしているというのは、なんだか純粋に戦闘が好きなんだと分かって、その期待を込めたゴンとの将来の戦闘が楽しみで仕方ありませんね。

天空闘技場では案外優しい面も見えたヒソカ

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

200階ラインから念能力で洗礼を受けなくさせるために通れなくさせていました。キルアとゴンに対する優しさでしかありませんよね。もちろん将来自分が戦うためですが。

ヒソカは髪を下しているときは信じられないほどかっこいい

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

髪を下しているときのヒソカはビスケも認める超イケメンです。下している姿の方が人気が出そうですが、ヒソカと言えばオールバックのくねくねなのでやはりオールバックが安定ですね。

案外チームプレイもできるヒソカ

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

レイザーとのバトルではゴンとキルアと協力してレイザーを倒しました。個人プレイのイメージしかないヒソカですが、ここでは似合わないチームプレイを行って、完璧なサポートを行っていました。

奇術師ヒソカ=モロウまとめ

出典: HUNTER×HUNTER ©POT(冨樫義博)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

奇術師ヒソカ=モロウについて紹介していきましたが、ヒソカの圧倒的な戦闘力と強力な個性について理解を深めてもらえましたか?そんなヒソカにもゴンに優しい、チームプレイができるなどのギャップがあります。チームプレイはヒソカの気まぐれですが、戦闘狂であることを考えると、ゴンへの優しさは将来自分の敵としてのふさわしい相手と認めたからに他なりません。ゴンさんとヒソカの戦闘がいつか見られるかもしれませんね。

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

【ドメスティックな彼女】あらすじをラップを作ってまとめてみた!

ドメスティックな彼女は週刊少年マガジンに連載中の人気作品。ドメスティックという言葉は家庭内のという意味を持ち、文字通り、父親の再婚を機会に義理の兄弟となった、ナツオとヒナ、ルイ。そんな彼らの恋愛事情を描いた作品であり、少年誌に連載中でありながらも、不倫や、未成年通しの体の関係など、様々な現代の恋愛感についても触れている作品です。とにかくこの作品は男女間のもつれが多くて、主人公が一体誰が好きなのか特に序盤は分かりづらいことが多いのです。そこで、今回はあらすじを求めて見たいと思い、ただまとめるだけでなくラップにしてみよう!と考えたのでした。

【どろろ】手塚治虫の名作 設定はかなり違うが面白い!

手塚治虫原作のどろろ1話2話が公開されましたね!アニメとしての完成度が非常に高く、今後が楽しみな作品です。

  • この記事を書いた人

Shigeki

おすすめ記事

1

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-HUNTER X HUNTER
-,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.