Animemiru

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

アニマエール

【アニマエール!】愛が重いツインテール美少女!牛久花和の魅力!

更新日:

アイキャッチ

「まんがタイムきららキャラット」で2016年から連載されてるアニマエール!2018年10月から待望のアニメも放送されました。チアガールを題材としていて、可愛い女の子たちが人を応援するために一生懸命頑張る作品です。友情あり、笑いあり、感動もありのまさにきらら作品と言えるアニマエール!今回はそんなアニマエールのメインキャラ、牛久花和の魅力をご紹介します!

アニマエール!の内容ご紹介

五人集合
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
自分のことはそっちのけで、いつも他人の為にばかり行動するこはね。人のことばかりで自分のやりたいことなどは一切そっちのけの生活をしていたこはねですが、ある日、河川敷で野球の応援をしていたチアガールたちを見かけます。その可愛くも力強く、人のために全力で応援する姿に魅了され、自身もチアガールになりたい!と決意します。残念ながら高校にはチア部はないのですが、諦めないこはねの熱意で徐々に人が集まっていき、チア部として活動していくのでした。ちなみにタイトルの意味は、各キャラに動物の名前が入っているので、「アニマル+エール」だと思われます。

牛久花和(うしくかな)CV:白石晴香

花和のキャラ紹介
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
アニメでは1話からチョロっと出てましたが、入部したのは一番最後。真打ちは遅れて登場に相応しい実力十分の経験者です。彼女が入部してくれたことで晴れて5人となり、チア部が結成されることとなりました!いろいろキャラが出たあとでの登場ということでどんなキャラかと思いましたが、期待以上に魅力的なキャラでしたね。序盤はチア部に対してはかなり敵対心を持っていた花和ですが、それも徐々に和らいでいきます。名前は「はなわ」ではなく「かな」ですよ!恐らく牛と鼻輪から来ているかと思われます。

白石晴香

花和の声優
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
花和を演じるのは白石晴香!2012年に声優デビューして以降着々といろいろな作品に出演して人気を得ていった実力派声優です。近年ではうまるちゃんの切絵ちゃん役やゴールデンカムイのアシリパさんで有名の声優さんですね。

牛久花和の魅力1 作中トップのナイスボディ!

花和のチア時
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
それまでナイスバディ担当は宇希でしたが、登場するや否やそのポジションをかっさらっていきました!(笑)宇希のユニフォームを着て、周りが宇希のサイズだから胸の部分緩くないか心配したら、返ってきた答えはなんと「そうね、少しきついくらいだから大丈夫」、その言葉に相応しいナイスバディの持ち主となっています。まさに遅れてやってきた超新星ですね…。

牛久花和の魅力2 王道系のかわいさ

ひづめを見つめる花和
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
赤系の髪色にツインテール、高圧的な言葉遣い。まさに好きな人にはたまらない要素が詰め込まれているのではないでしょうか?(笑)可愛い顔にツインテールで巨乳って、どんだけ詰め込むんですかね(笑)暫定で最後に加入しただけあってまさに最終兵器と言えるほど素晴らしい属性の持ち主となっています!身長は160cmと意外と大きめでスタイル抜群ですね。

牛久花和の魅力3 ツンデレかわいい

さり気なく褒める花和
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
やはりここまで沢山いいところ詰め込んだなら、最後はこれですよね!花和はその見た目通りにツンデレ属性も持っています!宇希も多少ツンデレ感はありますが、5人目にしてついに来たって感じですよね、赤髪ツインテでツンデレ巨乳って、何故もっと早く参加させなかったのか(笑)むしろじらしてじらしたからこそありがたいんですかね。

牛久花和の魅力4 チアとしての実力

自信満々の花和
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
経験者と言うだけあってチアの実力はかなり高いです。基本的に初心者揃いでひづめのワンマンチームっぽさもあったチア部ですが、彼女の加入によってぐっとレベルも上がって演技幅も広がることとなりました。偉そうな態度に見合ったしっかりした実力で、チア部の見本となってくれている花和ちゃんでした。

牛久花和の魅力5 重たすぎる愛情

愛が重たい花和
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
これが牛久花和を語る上で絶対に外せない重要ポイントですね!花和は中学の頃からひづめに憧れていて、彼女目当てですべての行動を決めるほど。そしてひづめが言うことには全て賛同するスーパーイエスマン!宇希とこはねも近いものがありますが、もう一段階上の愛情でしょうか。そのひづめに対する発言は周りから見たら重たいと言われるほど。そんな花和のひづめ愛をいくつかご紹介しましょう!

花和のひづめ愛その1 頭を垂れるは当たり前

土下座する花和
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
ひづめが自分の為にわざわざ教室まで来てくれたのに、その場にいなかったことに対して全力の土下座!ひづめのためならデコと床をキッスさせることなんて苦でもなんでもない花和でした!ちなみに、このちょっと前にこはねに対してはわざわざ教室こなくたって良いと突っぱねていたので、態度の急展開がとても面白かったです(笑)

花和のひづめ愛その2 ロッカーの中は・・・

ひづめでいっぱいの花和のロッカー
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
夏休みの短期バイトをすることになったチア部。短期ですしロッカーなんて荷物入れるくらいで余計なことする必要ないのに、花和のロッカーはひづめコレクションでいっぱいでした(笑)ドン引きするこてっちゃんですが、気を使って褒めると、恥ずかしがるどころか照れまくる重たい愛の持ち主でした(笑)ロッカーでこれなら部屋とかどうなってることやら…いつか公開されるのが楽しみですね。

花和のひづめ愛その3 頭がいいことすら憎い

頭がいいことが悔しい花和
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
みんなで勉強会することになった一幕ですね。基本的にこはねのための勉強会なのですが、花和は自分の頭の良さを悔やむことになります。なぜなら、勉強を教えてくれるのはひづめだから!(笑)自分の頭さえ良くなければひづめに勉強を教えてもらえたのにと心から落ち込む花和でした。頭いいのは良いことなんですけどね(笑)

牛久花和の魅力まとめ!

五人集合4
出典: アニマエール! ©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
最後にやってきた5人目のチア部。満を持して登場しただけあって素晴らしい魅力がぎっしり詰まったキャラとなっていますね!赤髪ツインテールでツンデレで巨乳で百合!ちょっと詰め込み過ぎじゃないかと思いますが、見事に全てを表現しきってくれています!。もちろん、チア経験者としてみんなを引っ張る器の大きさも持ち合わせていて、かなりオールマイティーとなっています。早くアニメでたくさん出て来てくれるのが待ち遠しいです。ぜひアニメや原作で花和ちゃんをチェックしてくださいね。

 

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもAnimemiru!「動画でみる」まとめ記事を紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【約束のネバーランド】アニメ5話でカットされていた大切な説明

約束のネバーランドの5話が公開されましたね!レイが内通者だった理由も判明。そんなレイをしっかり仲間に加えて、ついに脱走に向けて本格的に動きそうな気配がしてきました!

【ドメスティックな彼女】あらすじをラップを作ってまとめてみた!

ドメスティックな彼女は週刊少年マガジンに連載中の人気作品。ドメスティックという言葉は家庭内のという意味を持ち、文字通り、父親の再婚を機会に義理の兄弟となった、ナツオとヒナ、ルイ。そんな彼らの恋愛事情を描いた作品であり、少年誌に連載中でありながらも、不倫や、未成年通しの体の関係など、様々な現代の恋愛感についても触れている作品です。とにかくこの作品は男女間のもつれが多くて、主人公が一体誰が好きなのか特に序盤は分かりづらいことが多いのです。そこで、今回はあらすじを求めて見たいと思い、ただまとめるだけでなくラップにしてみよう!と考えたのでした。

【どろろ】手塚治虫の名作 設定はかなり違うが面白い!

手塚治虫原作のどろろ1話2話が公開されましたね!アニメとしての完成度が非常に高く、今後が楽しみな作品です。

  • この記事を書いた人

S@i

-アニマエール
-, , , , , , ,

Copyright© Animemiru , 2019 All Rights Reserved.