アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

はたらく細胞BLACK

【はたらく細胞BLACK】がアニメ化!他のスピンオフ作品はどんな感じ?

更新日:

血小板

細胞を擬人化した人気アニメ「はたらく細胞」。かなり話題になりましたよね。ときどき失敗もするけれど、健気に仕事を頑張る赤血球と、そんな赤血球を微笑ましく見守りつつ、どんどん敵を倒していく白血球のコンビに癒されつつも、体内にまつわる知識も学ぶことができる楽しいアニメでした。そんな「はたらく細胞」の公式スピンオフ作品である「はたらく細胞BLACK」がアニメ化することが決定しています。「はたらく細胞BLACK」のほかにも、本編にはさまざまなスピンオフ作品があります。こちらの記事ではすべてのスピンオフ作品について紹介します。

スピンオフその1 「はたらく細胞BLACK」

BLACK

まず今回アニメ化する「はたらく細胞BLACK」。アニメ化もするということで、スピンオフ作品の中でも群を抜いて勢いづいています。物語の舞台はなんと、ブラック企業につとめる男性の体内。細胞たちもまたブラックな職場で日々働かされています。過酷な環境下のなか正常な判断もままならず、それでも働くしかないという、「ブラック企業」という社会問題に問いかけるような作品です。

体はさまざまな災難に見舞われる

白血球

どちらかというと大人向けである「はたらく細胞BLACK」という作品では、飲酒、喫煙、睡眠不足、性病、円形脱毛症などなど...大人にぐさっとくるような内容で攻めてきます。第2章ではカフェイン中毒や糖尿病なども!体の中で細胞がどのように活動しているのかじっくり観察することにより、「体を大事にしよう」と思わせてくれる作品です。

アニメ化でどのように描かれるのか期待!

血小板

2021年1月にアニメ化される「はたらく細胞BLACK」。ぞくぞくとビジュアルなども出てきていて、現在かなり期待が高まっています。刺さる人が多いであろうテーマである「ブラック企業」ということについてアニメ化することにより、より多くの人に注目されることになるでしょう。今から楽しみですね!

スピンオフその2 「はたらかない細胞」

はたらかない細胞

「はたらかない細胞」とは、その名の通りはたらかない細胞たちの漫画です。「はたらく細胞」といえば、365日休みなくさっさと働く細胞たちの物語でしたが、この作品ではなにかと理由をつけてはたらかない赤芽球5人が登場します。ちなみに「赤芽球」は、マクロファージに育てられ、将来は立派な赤血球になるべき存在たちのことです。

はたらかない!?ゆるい彼らの掛け合いが面白い

はたらかない細胞

問題児の赤芽球5人にはそれぞれ、番号の語呂合わせで名前がついています。屁理屈で怠け者、将棋とチェスを覚えようとしている871(やない)や、勉強熱心だが赤血球になることに不安がある036(修)や、マクロファージ先生が大好きなアイドルマニアの女の子328(ミツバ)、可愛らしい少女のような容姿の男性1516(彦十郎、イチゴ先輩)、そして中性的な見た目の3104(西園寺)。彼らのゆるっとしたやりとりにも注目です。

スピンオフその3 「 はたらく細胞フレンド」

はたらく細胞フレンド

「はたらく細胞フレンド」の主人公は、なんとキラーT細胞です。キラーT細胞は免疫細胞やウイルスを駆除するたくましい細胞であり、昼夜休まず働いています。自分にも他人にも厳しくしている彼ですが、本当はオフの日は遊びたいと思っています。キラーT細胞のなかでも班長を務める彼。本当は厳しい態度もとりたくないのに、ついとってしまいます。そんなキラーT細胞に、はたしてともだちはできるのでしょうか。

キラーT細胞の普段とのギャップにくすっと笑える

はたらく細胞フレンド

「はたらく細胞」シリーズのキラーT細胞といえば、強面のイメージがありますよね。「はたらく細胞フレンド」のキラーT細胞ももちろん例外ではないのですが、今更強面キャラを崩すことができないと悩んでいたりもします。本当は小心者の彼なのですが、キラーT細胞として舐められないように他キャラを模索する結果取り返しがつかなくなったのでした。ヒトカラしているところを知り合いに見られたくなかったり、自分抜きのグループLINEの存在を疑ったりと、自意識過剰の面も見られます。

スピンオフその4 「はたらく血小板ちゃん」

はたらく血小板ちゃん

こちらの「はたらく血小板ちゃん」の主人公は、言わずもがな大人気キャラの血小板です。血小板と言えば幼稚園生のような服装と見た目で、一生懸命止血に頑張っているイメージがありますよね。そんな彼女たちが、体の傷も心の傷も直します。血小板ちゃんたちの日常や、ふだんの仕事ぶりを見ることができます。

とにかく可愛い!

はたらく血小板ちゃん

この作品の魅力は、とにかく血小板ちゃんたちがかわいいということです。血小板ちゃんのなかでも髪の長いリーダー的存在の女の子はよくピックアップされていましたが、他の子も含めてみんな可愛いので、ぜひ注目してみてください!

スピンオフその5 「はたらく細胞BABY」

はたらく細胞Baby

「はたらく細胞BABY」とはその名の通り、赤ちゃんの体の中が舞台です。お母さんのお腹の中にいるときから、すでに細胞たちは一生懸命働いています。酸素を運んだり、バイキンたちから一生懸命逃げたりなど…みんなはじめてのことだらけで何もわかりませんが、一生懸命働いています。

細胞たちが可愛くて癒やされる

はたらく細胞BABY

ちびキャラたちの細胞がとにかく可愛くて癒やされます。一生懸命働く彼らですが、出産の際も一生懸命働いていました。ちなみにこのセカイでの陣痛は、地震として表現されています。また赤ちゃんの体とは成人した大人の体と全く違います。乳児や新生児ならではのトラブル、病気などについてもピックアップしているため、かわいいだけでなく勉強になります。妊婦さんや、赤ちゃんをお子さんに持つ親御さんなどにもぜひおすすめの作品と言えます。

スピンオフその6 「はたらく細胞LADY」

はたらく細胞LADY

こちらの「はたらく細胞」はなんと、少女漫画です!「モーニング・ツー」で連載されていて、女性の体を舞台にした物語です。今回アニメ化される「はたらく細胞BLACK」の女性版とされています。たとえば女性特有の体の不調、生理やPMS、貧血に冷え性など、女性であれば誰しも悩まされそうな悩みに特化しています。そのほか妊娠や出産などについてもピックアップされていて、マクロファージやキラーT細胞、白血球などの免疫細胞たちが、細菌やウィルスから身を守ります。

少女漫画ならではの魅力

はたらく細胞LADY

少女漫画ならではの魅力として、男性キャラクターがみんなイケメンです。ちなみにキャラクターは体の持ち主である女性のことを、「お嬢様」と呼んだりもしています。体温が下がってくると細胞たちも同じように寒がったり、日々いろんなことに奮闘してくれています。

スピンオフもあわせて楽しめる魅力

白血球

「はたらく細胞」はこのように、さまざまなスピンオフ作品が存在します。今回アニメ化する「はたらく細胞BLACK」はブラック企業で働く男性の体を舞台にしていますし「はたらく細胞LADY」は女性の体、そして「はたらく細胞BABY」は赤ちゃんの体を舞台にしています。こうやっていろんな視点から体の中を見て、細胞たちに注目することにより、今よりもっと自分の体を愛おしく感じ、「健康に気をつけよう」と改めて思うのではないでしょうか。さらにくすっと笑える「はたらかない細胞」や「はたらく細胞フレンド」もおすすめですし、「はたらく血小板ちゃん」ではかわいい姿に癒やされるでしょう。シリアスからギャグ、ほっこり系までさまざまおすすめな作品がありますよ。

【はたらく細胞BLACK】スピンオフまとめ!

はたらく血小板ちゃん

以上が「はたらく細胞BLACK」など、「はたらく細胞」のスピンオフ作品のまとめでした。いかがだったでしょうか。かなり多くのスピンオフ作品があることがわかりましたね。本編「はたらく細胞」も面白く勉強にもなるということでかなり好評でしたが、こうしてみるとスピンオフ作品もひとつひとつとてもおもしろそうですね。特にスピンオフ作品の中でも軍を抜いてシリアス要素が強い「はたらく細胞BLACK」がアニメ化するということで、また一味違った「はたらく細胞」の世界を楽しむことができるのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

ranranko_47

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-はたらく細胞BLACK
-, , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.