アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

ひぐらしのなく頃に

【ひぐらしのなく頃に】梨花の運命を変えたヒーロー、赤坂衛に迫る!

投稿日:

アニメや漫画で有名となった本作品ですが、原作は同人サークル『07th Expansion』によるコンピューターゲーム。ジャンルはサウンドノベルで、監督・脚本は竜騎士07となっています。ゲーム、漫画、アニメはすべて出題編と解答編に分けられており、両方をプレイ・読破しないと作品の全容が掴めないように構成されています。正式タイトルは『ひぐらしのなく頃に』の「な」の文字が赤文字となっており、英語表記でも『When They Cry』の「C」は赤文字となっています。可愛らしいキャラからは想像も出来ない、残酷でスリリングな内容で、ホラー作品としても秀逸な作品となっています。魅力的なキャラクターが多い本作品ですが、今回は、物語後半で出てきて、『祭囃し編』で大活躍する「赤坂衛」について紹介していきたいと思います。彼の圧倒的ヒーロー感によって梨花の運命は大きく動き出します。

赤坂衛の人物像

赤坂衛

警視庁公安部に所属する刑事で、いわゆるエリート組なのですが、『暇潰し編』では実戦経験が乏しく、山狗に苦戦している姿が描かれています。
性格は冷静沈着で真面目、正義感が強く、曲がったことが嫌いな熱血漢なのですが、意外にも学生時代は麻雀に熱中しており、「馬場の衛」の異名を持つプロ級雀士だったそうです。
高いレートを好み、歌舞伎町の雀荘を荒らしまわっていたとかで、大石やおやっさんを完敗させるほどの実力でしたが、交際中の雪絵から再三注意され麻雀からは足を洗いました。
結婚してからは妻の雪絵を心から愛しており、妻の死は赤坂に大きな精神的ショックを与えました。
原作の声優は子安武人さんが担当していますが、アニメ版は小野大輔さんが担当しています。

『暇潰し編』で初めて登場!

赤坂と梨花

本編で前原圭一が東京から引っ越してくる1年前の雛見沢が舞台となっています。
建設大臣の孫が誘拐された事件の捜査で、赤坂は雛見沢地区「鬼ヶ淵死守同盟」の捜査に配属されます。
雛見沢ウォッチングに行く途中で古手梨花と出会い、少し話した後、突然、梨花の様子が変わります。「赤坂、東京へ帰れ」、「あなたはさっさと東京へ帰った方がいい。でないと、ひどく後悔することになる」こう言い残すと梨花は意識を失ってしまいました。また、赤坂が妻に連絡するために電話を掛けようとした際には、電話線を切り、「かけても、赤坂が悲しくなるだけなのですよ」と寂しそうに言います。赤坂は梨花が未来を予知していたことを後に知ることになりますが、『暇潰し編』ではすぐに東京に帰ってしまい、妻を失い、梨花を救うこともできませんでした。

妻を救う為、東京へ帰った赤坂

赤坂衛

『皆殺し編』で、昭和53年に雛見沢を訪れた赤坂は「東京へ帰れ」という梨花の助言を素直に聞き入れ、東京へすぐに戻ることにします。
これにより、妻が階段から転落死することを回避しますが、昭和58年6月に再び雛見沢を訪れた時は、妻と温泉に来ただけですぐに帰ってしまい、梨花の自分を助けて欲しいという懇願を聞くことがなく、梨花を救うことができません。
この結果、「赤坂は肝心な時にいなくて使えないのです」と梨花に言われ、「温泉」というあだ名がファンの中で広まりました。

覚醒した赤坂!これが梨花を救うヒーローの真の姿

間に合った赤坂

『祭囃し編』での赤坂は、昭和53年の雛見沢で梨花の忠告を聞きますが、東京には帰らず、妻雪絵に電話で階段に注意するよう伝えることで、妻の転落死という惨劇を回避します。
山狗からの逃亡で、みんなを守るために自ら捕まることを選んだ梨花。この時の梨花は今までの世界のように諦めて犠牲になるわけではありません。他の世界で奇跡の起こし方を学んだ梨花は、延命することで奇跡を起こす機会を待ったのです。しかし、小此木は梨花を連れ出し、隊員に他の仲間を始末するよう命じます。仲間を助けられず、梨花の命も小此木の手中にある絶体絶命のピンチ・・・。
そんな窮地に突如駆け付けたのが、全ての世界で後悔に後悔を重ねた赤坂衛なのでした。

この一言ですべてが報われる

赤坂と梨花

もう赤坂が主人公で良いんじゃない?と思ってしまうほど、カッコ良すぎる登場シーンですね!!この時の赤坂は、昭和53年に雛見沢を訪れて以降、一般警察とは違う特殊部隊で数々の修羅場を潜り抜け、いつか梨花を救い出せるようにと体を日々鍛え、同僚や後輩からの強い信頼と、どんな敵にも屈しない圧倒的戦闘力を兼ね揃えています。戦闘スタイルは基本的には空手をベースとしていますが、その枠に囚われない自由で実践的な技を駆使しており、素手で車のフレームを歪ませ、その衝撃で反対側の窓を突き破るというとんでもない破壊力は「徹甲弾」と恐れられました。
赤坂と小此木の戦闘シーンでは、「自らの一撃が相手に何を及ぼすか、どれだけの痛みや悲しみを与えるか貴様は知らない。だから貴様の一撃には重みが宿らない」や「そりゃよかったな。給料いくらだ」といったひぐらし全編の中でも屈指の名言が出てきます。

梨花の運命を変えたヒーロー、赤坂衛に迫る!

殴る赤坂

いかがでしたでしょうか?
物語後半から出てきた癖に、運命を打開する最後の「カケラ」となる赤坂衛。『祭囃し編』以外では対して活躍していませんが、これは「一人のヒーローの存在が物語を解決できるわけではない」ということを表しており、ひぐらしのコンセプトでもある「コミュニケーション・団結」に矛盾する為となっています。しかし、「温泉」というあだ名を付けられ、あまりにも不憫な役回りになってしまったので、『祭囃し編』で出し惜しみなしのヒーロー振りを発揮することになったそうです。彼のセリフは全体的に中二病的なところもありますが、それがまたヒーロー感を出していてカッコ良いですね。ちなみに『澪尽し偏』では、暴走癖があることがわかり、山狗とのカーチェイスで大石刑事を呆れさせています。他のパートを見てみるとまた違った赤坂衛が見れると思うので、是非気になった方は見てみてください。

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-ひぐらしのなく頃に
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.