アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

アニメミルアプリ宣伝用バナー

異世界食堂

【異世界食堂】第二期放送前に復習!これまでのあらすじをネタバレ込みで紹介!

更新日:

笑顔のアレッタ

いよいよ2021年10月より放送が開始される「異世界食堂」の第二期。コラボイベントなどで人気を維持していたとはいえ、円盤の売り上げがイマイチ伸び悩んでいた事もあり、二期制作決定のニュースはファンにとっては嬉しい誤算だったと思います。そこで今回は第一期を振り返り、物語のあらすじをネタバレ込みで紹介。第二期では一期に登場した大勢のキャラも再び登場すると思うので、一足先に復習していきたいと思います。

ねこやの看板娘、アレッタとの出会い

アレッタとの出会い

店主とアレッタが初めて出会ったのはねこやの厨房。異世界の廃墟に住み着いていたアレッタは、偶然扉を見つけて中に入ってしまい、そこが夢の世界だと思って見つけたスープを飲み干し、お腹がいっぱいになるとそのまま寝てしまいます。そして店主が朝の5時前頃に厨房へ向かうと、床にアレッタが転がって寝ていました。それが2人の出会いとなります(笑)これまで店を1人で切り盛りしていた店主は、アレッタが王都でウェイトレスの仕事を失ったという話を聞いて、学生バイト扱い銀貨10枚でアレッタを雇います。(まかない三食付き)

アレッタにかけられた「まじない」

眠るアレッタ

ねこやで働く事となったアレッタは7日に1度だけねこやで働くのですが、それ以外の日は今まで通り異世界で生活する事になります。王都から逃れてきたアレッタは、沢山の危険がある屋根も無い廃墟で野宿を続ける毎日。異世界にはモンスターもいるため、常に危険と隣り合わせでした。するとねこやを「自分の縄張り」とする赤の女王は、そこで働くことになったアレッタに「まじない(財宝を守るための呪い)」をかけ、アレッタ自身を自分の財宝に加えます。一瞬身体が赤く光っただけでしたが、これによりアレッタは赤の女王の所有物のような存在になり、それを察知する魔物たちは手出しができなくなりました。視聴者からは「世界最強のセコム」なんて呼び方もされています(笑)ちなみにこの「まじない」はねこやや店主にもかけられており、もし何かあれば察知して駆けつける事ができるようです。

メンチカツとエビフライ

メンチカツとエビフライ

第二話ではメンチカツことサラと、エビフライことゼーレマンが登場。ゼーレマンは最初からゼーレマンらしいキャラをしているのですが、サラはちょっと違った感じに。いつもはがつがつとメンチカツを食べていますが、初登場時はなんと剣や槍、ボーガンを使ってゴブリンと戦ったりもしていました。ねこやに来店してからも、お腹を鳴らして恥ずかしそうな表情を見せたり、水一杯にオーバーリアクションを見せたり、クールなキャラというよりもなんだか可愛いキャラになっています。今後、この2人は同じ揚げ物好きとして言い争いになる事も……。

コロッケとチョコレートパフェ

コロッケとパフェ

帝国の第一皇女であり帝国一の美人と評されるほどの美貌を持つ「チョコレートパフェ」ことアーデルハイド。第三話で初登場しますが、この時点で年齢は16歳とされています。しかし、ねこやへ初来店したのは4歳の頃。祖父である「コロッケ」こと初代皇帝ヴィルヘイムに連れられ、そこで初めてパフェを食べました。その時にパフェの事について祖父に尋ねたところ、生クリームは「雲」、アイスは「雪をたっぷりとため込んだ冬の雲」と説明され、16歳となって二度目の来店時にその事を思い出し、「雲を食べたい」と恥ずかしそうに注文しています。この回では12年も前に一度来ただけのアーデルハイドを一目みて「ヴィルヘイムさんのお孫さん」と気付いた店主にも驚かされました。ちなみに12年前のアーデルハイドにパフェを作ったのは、まだ若かったころの現店主になります。

ガガンポの魔法の言葉

ガガンポ

異世界食堂には人間だけでなく獣人や妖精やエルフなど色々な種族が来店するのですが、その中でもリザードマンだけはほとんど言葉を話す事ができません。第四話に登場して話した人間にも理解できる言葉は来店時の「来た」、注文時の「オムライス大盛、オムレツ三個持ち帰り」、食前の「いただきます」、「おかわり」、「ごちそうさま」、持ち帰り用のオムレツが来た時の「きたか」、「お勘定」、「じゃ」。これだけでした。結構喋っているように見えますが、「いただきます」などは祈りの言葉と覚え、注文は前店主から「料理を欲しいという意味を持つ言葉」と教えられ、それを代々受け継いでいます。その為、注文する時や急かす時(「料理はまだか?」と聞きたい時)は、毎回「オムライス大盛、オムレツ三個持ち帰り」がワンセットとなっており、何度も繰り返して持ち帰りの注文をされ、アレッタが困惑してしまう事もあります。言葉をそれほど理解していない事もあってか、店内で激しい口論が始まっても無反応。しかし、暴力沙汰の喧嘩が始まる雰囲気になると戦士の血が騒ぐのか、なぜか参戦しようとしてしまいます。

後に「伝説の剣闘士」となるライオネルを救った先代店主

ライオネルを救った前店主

毎回カツ丼ばかりを注文しているライオネルを救ったのは約20年前の先代店主。アレクサンデルに敗北して剣闘奴隷となり、意気消沈していたライオネルに「ある時払いの催促なし」でカツ丼を6杯ご馳走しました。この時のライオネルはアレクサンデルに負けた事で自信喪失。心身ともに弱り果てていたのですが、「カツ丼代を稼ぐため」と気力を取り戻して初戦のマンティコアに圧勝。その後は20年間負け知らずのまま伝説の獅子王となりました。ライオネルは金貨10000枚で自由の身となれる約束をしていたのですが、それを最初の1年で稼いでしまいました。ちなみに金貨は1枚で約10万円。つまりライオネルは奴隷となった最初の1年で10憶円も稼いだことになります。(最初のマンティコアに勝った時点で金貨100枚(1000万円)稼いでいる事に)それから20年経った今では闘技場の伝説となっているので、もしかしたらとんでもない大金持ちなのかもしれません。

サンドイッチ戦争の勃発

サンドイッチ戦争

ねこやにやってくる常連たちは自分のあだ名の由来となるような大好物が一品あります。その一品こそがねこやで一番おいしい料理であり、各々がそう信じ満足そうに食事をしているのですが……時には何が一番おいしいかで揉める事も。この日の議題はサンドイッチにするには何が一番おいしいのか。真っ先に手を上げたのはメンチカツとエビフライ。白熱する2人を止める様にトンカツとテリヤキがやって来るのですが、2人もまたそれぞれの好物がサンドイッチには一番と言い出します。すると今度は惣菜パンだけでなく、デザート勢も参戦。生クリーム推しのチョコレートパフェとカスタード推しのプリンアラモードが静かに火花を散らします。ライバルのいないナポリタンまで参戦し……最終的にはライバルに自分の大好物のサンドイッチを食べさせるという流れで争いは収まりしました。ちなみにライバルおすすめのサンドイッチを食べた感想は、原作にもアニメにも描かれていません。

意外な接点。カレーライスとカルパッチョ

カレーライスとカルパッチョ

アルフォンスと言えば孤島で20年間も1人で生き抜き、7日に一度カレーライスを食べる事を楽しみにしていた武人。公国最強の海軍将軍とまで言われていた存在であり、ねこやには同じく公国の騎士であるゼーレマンがいたので、存在に気付いていたんだから助けを求めればよかったのでは?という声もありますが……もしかしたら公国に戻って地位を取り戻すより、孤島で週に一度カレーライスを食べる生活の方を選んでいたのかもしれません。公国に戻ってからは、ゼーレマンが最初に使った扉を通ってねこやへ来店。代わりに今まで使っていた孤島(キマイラ殺しの島)の扉からは、カルパッチョことセイレーンの2人が通うようになります。

置手紙と金貨

セイレーンのイリスとアーリウスの2人が孤島を訪れ、そこに巣を作ろうか探索していたところ、2人はアルフォンスの残した宝箱を発見します。宝箱の中には金貨や銀貨が入っており、それと一緒に手紙も残されていました。セイレーンは人間のように金貨や銀貨を使う習慣は無いのですが、手紙にはそれをもって7日に一度現れる扉へ迎えとの助言が。アルフォンスは自分と同じく孤島へ漂流するかもしれない誰かのために、励ましの言葉、お金や扉の情報を残していたのです。それを見た2人は手紙に書かれていた通り、丘の上にねこやの扉を見つけ、ねこやでマグロのカルパッチョと出会う事になります。初めて来店した際にはアルフォンスと店で出会いますが、その存在に気が付いたのはアーリウスだけでした。

クッキーの価値は?

クッキーの価値

ねこやでの休憩中、アレッタが楽しみにしているのが休憩室に置かれているクッキーでした。いつもは気を遣って一回に5枚までと決めていたのですが、就職祝いという事で店主からクッキーアソートをプレゼントされ、異世界の家(メンチカツの家で住み込み中)へ持ち帰る事に。そのクッキーも無くなろうかという頃に、メンチカツの妹シアが訪れ、アレッタは最後のクッキー5枚をお茶菓子として出しました。その味に感動したシアは、これがどこで買えるのかを問い詰めるのですが、アレッタは困った顔をして黙ったまま……するとシアは質問を変え、クッキーをもう一度手に入れられるかと尋ねます。その問いにアレッタは手に入れる事は出来ると答え、続けて「ものすごく高いと思います」と返しました。クッキーの出来の良さ、そして入れてある缶を見たシアの出した査定額は銀貨40枚~50枚で約5万円ほど。それでもクッキーアソートを手に入れたいシアは、一か月分のお小遣いである金貨1枚をアレッタに託します。しかし結果は銀貨1枚。大きい箱でも銀貨2枚という結果にシアは驚愕する事になります。

アニメで語られなかったアレッタの不思議なリアクション

アニメではシアからクッキーアソートをどこで買ったのか聞かれた際、なぜ正直に異世界食堂の事をシアに言わなかったのか不思議に思った視聴者も多いと思いますが、これは姉のサラから口止めされていたからでした。理由は明かされていませんが、サラから「シアには異世界食堂のことは秘密にするように」と言われていたことが原作に書かれています。その為アレッタは気まずそうな顔をして言いよどんだのです。ちなみにクッキーの値段査定についてですが、異世界では「高級な菓子」なら最初に出された5枚だけでも銀貨1枚~2枚が相場。クッキーはそれを遥かに凌ぐ技術で作られた菓子であり、その辺りも考えて一箱銀貨40枚~50枚という答えになったようです。

花の国の王女ティアナが渡したお礼の価値は?

女王ティアナ

クレープの虜となってしまった花の国の妖精たち。その中でも特に偉そうな態度を見せるのが女王のティアナです。偉そうと言っても態度が悪い訳ではなく、赤の女王と同じく女王らしいと言えば女王らしい性格なのですが、皇女・王女であるアーデルハイドやヴィクトリアと比べると、かなり偉そうな感じのキャラになっています。そんな女王が案内をしてくれたお礼にとヴィクトリアに渡したのが小さな種。「私たちの国でとれた花の種」という説明だけしかありませんでしたが、受け取ったヴィクトリアは驚いた表情で感謝し、今後妖精たちの代金を全て払う約束をします。そんな謎の多い「花の種」ですが、原作では少し種について説明されており、「ただ煎じて飲むだけで1年若返り、強力な魔術の触媒にもなる」と書かれていました。飲むだけで1年若返る薬……そう考えると小さな妖精たちの代金を一生分払う事など安すぎるくらいです。

もう1人のウェイトレスは最強のセキュリティ?

最強のセキュリティ

途中からもう一人のバイトとしてねこやで働くことになったクロ。賃金の代わりはチキンカレーで、アレッタ同様毎週ねこやで働いています。そんなクロの正体は6柱の1人である黒の竜。アレッタより子供っぽくも見えますが、年齢は数万歳です。ねこやは赤の女王の「まじない」で守られているのですが、赤の女王が駆けつけるまでは無防備な状態となるため、クロに自分が駆けつけるまでねこやを守る役割を任せています。(クロもねこやの料理の虜になっていたため利害が一致)赤の女王は「誰かがちょっかいを出したとしても、わらわが来るまでの足止めくらいはできよう」と言っていましたが、クロの力は人知を遥かに超えているものであり、魔王を倒すような四英雄ですら最大限力を抑えている状態のクロを見ただけでも震えて動けなくなるほどでした。そんなクロに店内は守られ、危機が迫れば赤の女王が駆けつける。ねこやは最強のセキュリティーに守られていると言っても過言ではないでしょう。ちなみにこれでもクロは6柱の中では一番力が弱いとされています。(その代わり力の使い方や頭の良さは6柱で一番)

「異世界食堂」あらすじネタバレまとめ

笑顔のアレッタ

ここまで第一期のあらすじや、原作でしか語られていないエピソードを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?アニメを見返したうえで原作のエピソードも読んでみると、さらに話が掘り下げられていたり、アニメでは明かされていなかった情報もあってさらに楽しめると思います。是非アニメ第二期が始まる前に一度復習してみてください!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

chobimaru318

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-異世界食堂
-, , ,

Copyright© アニメミル , 2022 All Rights Reserved.