アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

【キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦】いよいよアニメ化!気になる内容をチェック!中編(ネタバレ注意!!)

更新日:

原作は細音啓によるファンタジーもののライトノベル作品で、「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」通称「キミ戦」。2017年から『富士見ファンタジア文庫』で刊行されており、2018年には『ヤングアニマル』で漫画化、2020年10月からはアニメの放送が予定されています。大魔女ネビュリスが帝国を火の海沈めたことから、軍事国家「帝国」と魔女の国「ネビュリス皇庁」は世界の覇権を巡り、終わりのない戦争をしていました。戦場で帝国の兵である主人公のイスカと魔女の国の王族である「氷禍の魔女」アリスは出会います。二人は敵対する関係でありながら、互いに惹かれ、目指すべきトコロが同じであることに気付きます。しかし、二人はロミオとジュリエットのような関係であり、一緒になることなどありえませんでした。運命の出会いをした二人でしたが、互いの目的の為に戦場に赴くことになるのです。今回は、アニメ化に先駆け、気になるあらすじを紹介していきたいと思います。ネタバレを含む内容となっているので、まだ見ていない方は注意してくださいね!!

見えざる意思に居座る八大使徒からの呼び出し

呼び出されるイスカ

任務に備えて膨大な量の資料に目を通す九〇七部隊。そこに八大使徒からイスカに召集がかかります。イスカたちの師匠が一番警戒していたのは、ネビュリス皇庁でも精霊使いでもなく、見えざる意思(帝国議会)に居座る八大使徒でした。キナ臭い話ですが、イスカを牢獄から解放した恩人でもあるため、行かない訳にはいきません。覚悟を決めて帝国議会に顔を出すイスカ。すると思っていたのとは違い、イスカは逸材だと褒められ、使徒聖への再昇格を検討している言われるのです。しかし、イスカは国家反逆罪で一度は投獄された身。再昇格には特別な功績が必要だと言います。その功績とは、「氷禍の魔女を拘束すること」。帝国の兵として、アリスを軍に引き渡すことは真っ当な任務ですが、敵味方抜きにしてアリスに惹かれているイスカは、この任務に葛藤します。帝国とネビュリス、対立以外の道はないのか?その糸口を見つける為にも、もう一度アリスに会いたいと思うイスカなのでした。

アリスも同じことを思っていた

イスカに会いたいアリス

イスカのことについてリンに調べさせていたアリスは、イスカが使徒聖であったことを知ります。しかし、使徒聖のことをすでに調べていたアリスは、イスカの名前を聞いたことがないのです。イスカは使徒聖に昇格した後、一度も戦地に赴くことなく投獄されたため、精霊部隊との交戦記録が残っていなかったのです。魔女を逃がして投獄されたことを知ったアリスは、なぜ今は自分を捕らえようとしているのかがわからなくなります。イスカはアリスを「魔女」とは呼ばず、言葉を選んで「精霊使い」と呼んでいました。本当のイスカを知りたいと思ったアリスもまたもう一度イスカに会いたいと思っていたのです。

二人が会うのに待ち合わせなど必要ない

待ち合わせなしで会う二人

イスカはアリスに会うため、ジンやネネには内緒で隊長のミスミスに中立都市に連れて行ってもらうことに。誰に合うのかを知らないミスミスは本当のことを教えてと言います。実は待ち合わせなどしておらず、行けばなんとなく会えると思っているイスカ・・・。しかし、それで会えてしまうのですから、この二人はやはり運命の二人なのでしょう。待ち合わせの相手がまさかの氷禍の魔女だったことに驚きを隠せないミスミス。突然の出来事ににわかに信じられないミスミスでしたが、氷の精霊術を目の当たりにしたミスミスは本当に氷禍の魔女だと認識するのでした。

二人は同じ未来を目指していた

部下になるように言うアリス

イスカのことを徹底的に調べたアリスは、イスカがなぜ精霊使いを逃がしたのかを尋ねます。イスカの目的は昔も今も変わらず、「ネビュリスの純血種を捕らえ、それを人質にして皇庁に和平交渉に応じさせる」ということです。しかし、捕らえられていた精霊使いは幼く、精霊も弱い者しか宿していなかったので、和平交渉の役に立たないと考えたイスカは捕らわれていた精霊使いを逃がしたのでした。しかし、イスカのやり方ではなにも変わらないとアリスは言います。ネビュリスの帝国への恨みは根が深く、アリスを捕らえた程度では和平交渉のテーブルには付けないと言うのです。アリスはイスカが自分と同じ「戦いを終わらせるために戦う者」だということを知り、自分の部下になるように命じるのでした。

同じ目的を持っていながら、共に歩むことの出来ない二人

やっぱり敵同士の二人

アリスの突飛な発言に驚く一同。アリスの部下となればイスカの身分は保証され、共に同じ未来を目指すことが出来ます。また、アリスは嘘をついておらず、それはイスカもわかっていました。しかし、イスカはこの提案を断ります。理由は二つ。一つは、帝国に家族や仲間がいること。もう一つは、帝国が機械じかけの国だからでした。仮にネビュリスが八大使徒を捕虜として和平交渉を持ち掛けたとしても、帝国は捕虜を無視して和平交渉には応じません。むしろ空席が出来たと喜ぶものが出るぐらいなのです。結局、帝国もネビュリスも捕虜を使っての和平交渉に応じることは無く、二国は対立したままなのです。イスカとアリスは、同じ未来を見据えながらも、敵対して生きていくことになるのでした。

最古の精霊・大魔女ネビュリスの復活

始祖の復活

共闘出来ない事を悟った二人は、剣を取り戦う事を決意します。その時、突然どこからかとてつもない衝撃が・・・。上空を見上げると、そこには地下で眠っているはずの始祖が復活していました。始祖はイスカの星剣を見るや否や、恨みに任せて攻撃してきます。その攻撃を見たイスカは、ミスミスに避難するよう言います。100年前にたった一人で帝都を火の海に沈めた大魔女ネビュリスが復活したのです。

打倒帝国!!

アリスの母

始祖の復活を目にしたアリスの母は、帝国に打ち勝つ算段が見えてきます。この始祖の復活によってそれぞれの思惑が交錯するようになっていくのです。

大切な関係だからこそ二人だけで決着を

二人だけでの決着を望んでいたアリス

アリスは中立都市でイスカに出会って以来、イスカのことが頭から離れずモヤモヤとした日々を送っていました。国の姫でもあるアリスはそんなことではダメだと思い、イスカとの関係を断ち切るつもりで会いに来ていました。ネウレカで中断した戦いの決着をつけるため、あの時と同じ正装、同じ服で、母に報告せず、リンにも手出ししないように言っていました。誰にも邪魔されず、二人だけで決着をつけたいと思っていたアリス。それなのに、突然の始祖の復活ですべてを台無しにされてしまったのでした。

精霊の暴走

自動防御を説明するアリス

始祖は精霊使いであるアリスやリンにまで攻撃を仕掛けてきます。これは精霊による自動防御のせいでした。人間が炎に触れると反射的に手を護るように、精霊も宿主を危険から護ろうとする性質があります。復活した始祖ですが、正確にはまだ眠っている状態で、無防備な始祖を精霊が外敵から護ろうしているのです。精霊の暴走によってアリスやリンも巻き込まれ、無駄に長い攻撃が続いているのでした。

お前だけは許さない!!

イスカとアリス共闘

精霊の暴走が収まり、氷の盾の外へ出るイスカたち。アリスが決着は自分の手でつけると始祖に言い放ちますが、始祖は聞く耳を持ちません。自分の邪魔をするものは全て葬るという始祖は凄まじい攻撃を放ち、リンは重症を負ってしまいます。死にかけのリンを見たアリスは絶望しますが、イスカの迅速な指示により、ミスミスがリンを病院に連れて行くことに。イスカの対応、そして始祖がリンを傷つけた事でアリスは、ネビュリスの精霊術は何も生み出さず、本当の魔女だと認識します。イスカもその意見に同意します。敵の敵は味方とよく言いますが、まさにその状況であり、実現不可能と思われた共闘が今ここに実現することになるのでした。

大魔女ネビュリスが宿す「時空精霊」

始祖と戦うイスカ

人間に宿る精霊は一つだけであり、精霊術で干渉できる事象は一つだけというのが一般的です。しかし、始祖は炎、氷、土の精霊まで宿していました。始祖の精霊についてはよく知らず、わかっていることは「時空精霊」と呼ばれていることだけ。精霊の実体が掴めなければイスカたちに勝機はありません。翼の下に星紋があったことから、翼が時空精霊そのものだと考える二人は、翼を切断し、始祖と時空精霊を分断することを試みるのでした。

遂に覚醒した大魔女ネビュリス

覚醒したネビュリス

翼を切断しようとしたイスカとアリスでしたが、その時、始祖が眠りから覚醒します。始祖は聖剣を持つイスカに攻撃を仕掛けますが、アリスが攻撃を防いだことで、その矛先はアリスにも向くことに。始祖の精霊は星の中枢より生まれた最古の一体であり、星の事象すべてを記憶し、時空の彼方から呼び招くので「時空精霊」と呼ばれているのです。いくつもの精霊を宿しているのではなく、時空精霊が星のすべての事象を記憶していたのでした。すべての事象を意のままに操る始祖の攻撃にイスカとアリスはなす術なく、逃げ回るので精一杯でした。

大魔女ネビュリスとイスカの師匠クロムウェル

クロムウェルを知る始祖

イスカの師匠であるクロムウェルを知っていた始祖。始祖が眠りについた100年前にクロムウェルが生きていたとは考えにくいですが、何かしらの因縁があるのは間違いなさそうです。またイスカは「星剣」と言っていますが、始祖は「聖剣」と言っているのも気になりますね。

気があう・・・それだけでいいじゃないか

手を離さないイスカ

始祖のカマイタチはイスカの腕を狙っています。手を離すように何度も訴えるアリスですが、イスカは一向に離しません。本来敵同士であり、傷ついてまで手を指し伸べる相手ではないと言うアリスに対し、イスカは気が合うという理由だけで手を差し伸べていました。二人での決着を邪魔された挙句、リンを傷つけられたアリスは始祖に怒りを持っています。イスカも同様です。中立都市で会っていた二人は、同じものを好み、とても気が合う二人で、そこには「帝国の兵士」と「ネビュリス皇庁の精霊使い」という間柄はありませんでした。二人が協力するのに理由など必要なく、「気があう」ということだけで十分なのでした。

イスカの反撃

始祖に反撃するイスカ

アリスの精霊術により始祖を追い詰めたイスカとアリス。しかし、天の杖による「時空破壊」によって形勢は逆転してしまいます。地形が変わるほどの圧倒的な一撃を放ち、まだ完全ではないと言う始祖。天の杖による「時空破壊」は大気の乱れと風の唸りを従えた一撃であり、精霊術を切断する聖剣でも防ぐことは出来ません。天の杖の攻撃を防いだアリスは倒れ、次の一撃を防ぐことが出来ないイスカ。しかし、イスカは諦めていません。アリスが防いだ一度きりを無駄にせぬよう反撃に打って出るのでした。

大魔女ネビュリスに立ち向かう「剣士と精霊使い」

始祖を倒した二人

近づこうとするイスカに対して始祖は無数の不可視の刃で攻撃します。しかし、訓練を積んできたイスカは、精霊術である以上、それを感じ取り防ぐことが出来ました。少し驚いた始祖でしたが、「時空破壊」だけは防ぐことは出来ません。始祖が「時空破壊」を放つ瞬間、イスカは「氷花」を盾として攻撃を防ぎ、始祖と翼を切断することに成功しました。アリスはイスカと手を取り合った時に氷の種子を渡していたのです。アリスの氷の盾を信じていたイスカは「時空破壊」を放った瞬間の隙にすべてを賭けていたのです。時空精霊と分離した始祖は再び眠りにつき、イスカとアリスはかろうじて勝利することが出来ました。

いよいよアニメ化!気になる内容をチェック!中編(ネタバレ注意!!)まとめ

きみ戦アニメ

いかがだったでしょうか?中編では精霊使いの始祖である大魔女ネビュリスとの戦いを中心にご紹介させて頂きました。始祖が登場するまでは、絶対に協力関係にはなり得なかったイスカとアリスですが、最終的には互いに信頼し始祖に打ち勝つことが出来ましたね!事の成り行きで共闘することになりましたが、この後の二人の関係が気になるところですよね?気になる続きは後編をお楽しみください!

  • この記事を書いた人

ROUTE

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.