アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

【Fate/Grand Order】最強の慢心王!ギルガメッシュとは

更新日:

戦闘厨のギルガメッシュ

大人気アプリゲーム「Fate/Grand Order」。1300万ダウンロードを突破し、いまかなり勢いのあるスマホアプリとなっていますよね。実はこの「Fate/Grand Order」、このたび2019年、テレビアニメ化が決定されています!その名「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」。もこのニュースには原作アプリファンも、わくわくしているのではないでしょうか。今回こちらの記事では、そんな本作に登場するサーヴァントである「ギルガメッシュ」について詳しく紹介していきます。早速見ていきましょう!

ギルガメッシュとはどんなキャラクター?

半裸のギルガメッシュ

ギルガメッシュとは。「Fate」シリーズに登場するアーチャーのサーヴァントのことを指します。「黄金のサーヴァント」という名前の通り、 黄金の甲冑を身にまとっています。作中に出現する第二のアーチャーです。的に対して侮蔑的な態度をとっていて、傍若無人な暴君な一面も。通常のサーヴァントにはただものではない魂の輝きとオーラで威圧感を与えている、頭一つ抜きん出たサーヴァントです。

規格外なサーヴァント

ギルガメッシュの衣装

とにかく規格外な能力を持つギルガメッシュ。魂の容量は通常のサーヴァントのなんと3倍以上です。これに対抗できるのはカルナくらいのものであり、かなりの能力であることがわかります。ちなみにもれなく戦闘能力も規格外であり、剣や槍などを人並み以上に扱えてしまいます。そのためセイバーやランサーといったクラスとしても召喚できる英霊になりますが、異空間から剣などの武器を射出する宝具による、遠距離攻撃の手段を持つことから、アーチャーのクラスとして召喚されています。ちなみに第五次ではイレギュラーな存在であるためから、正体発覚後はクラス名ではなく真名で呼ばれる事が多いです。

聖杯に対して興味はなさそうだが……

ちなみにギルガメッシュは、聖杯に対する興味は全く無さそうです。しかしそのわりには、聖杯戦争への参加回数は全サーヴァント中最も多くなっています。

気になる!ギルガメッシュの性格ってどんな感じなの?

祭り風のギルガメッシュ

ギルガメッシュは「唯我独尊」、さらに「傍若無人」であり、自分のことを「唯一無二の王」と称してやめません。かなり好戦的で残忍な人物でもあり、目障りになってしまえば自分のマスターでも平然と殺してしまうという危険な一面も。また自分より弱い相手を嬲ることが趣味であり、他者の不幸を喜ぶ性格でもあるため、サーヴァント中屈指の危険人物として知られています。しかし幼い子供や、たとえ人工的に創られた生命の中であっても価値があると判断した者に対しては、彼なりの慈悲を見せたり寛大な態度で接したりする一面も見られています。その性格とかなりの能力から慢心していてときに戦闘中でも油断しているため、格下相手でも不覚をとってしまうことが多々あります。そのため「慢心王」と呼ばれることも。しかし本人は完全に開き直っているため、なおす気はないようです。

全力は出さない?

ちなみに彼には、さすが真面目に聖杯戦争に取り組めば一夜で終わらせるだけの実力があります。しかし本気に鳴るのは王の沽券にかかわる」という理由から本気は出さず、そもそも聖杯そのものにも全く興味がありません。戦いの目的としてはあくまで「我の宝物を勝手に奪い合う不届き者」に鉄槌を下すと言う程度になります。

ギルガメッシュの真名とはいったい?

半裸のギルガメッシュ

ギルガメッシュの真名ガキになりますよね!なんと 真名は、古代メソポタミア神話におけるシュメール初期王朝時代のウルク第1王朝の王である「ギルガメッシュ」です。彼は実在した人物とされ、人類が記した英雄譚の中でももっとも古い歴史を持つ英雄譚の一つである『ギルガメッシュ叙事詩』の主人公です。圧倒的神性を持つ半神半人にして、親友のエルキドゥと共に数多の冒険を繰り広げ、世界の全てを手中に収めたと称えられる英雄王です。

すべての英雄たちの王

ちなみに英雄王という二つ名は「英雄にして王である」という意味ではなくて、「全ての英雄たちの王」という意味になります。 『ギルガメッシュ叙事詩』が最古の英雄譚の一つであるということは、あらゆる神話や英雄譚、さらにそれらにつながるさまざまな物語は、もとを辿ればギルガメッシュ英雄譚に集約されるとも言い換えらます。そのためギルガメッシュこそが全ての英雄たちの基本モデルであるといっても過言ではないためでありません。

ギルガメッシュの過去はどういう感じなの?

戦闘厨のギルガメッシュ

ここからは、更に気になるギルガメッシュの過去について紹介していきます。ギルガメッシュは神の血と人間の血をもって生まれたました。しかし神でも人でもなく、独立した存在であった彼は、生まれながらにしてすでに、神ですら理解できないほど広く遠い視野を持っていました。結果、ガイア抑止力の意思は無視してしまい、神を廃して人を憎んでしまったのです。そして人と星の未来を守護し見定める道を選びました。神はそれを危惧したのか、同じくガイア抑止力によりエルキドゥを送り込みます。しかしギルガメッシュはエルキドゥと親しくなり、神から新たなる人類の時代の幕開けを切り開いてしまい、逆に神を楔で繋ぎ止める結果を作ってしまいました。

とにかく強い!ギルガメッシュの能力とは

和装のギルガメッシュ本人に

世界の全てを手に入れた王であるギルガメッシュは、実体を持つほとんど全ての宝具の所有者です。そしてそれらを収めている自身の宝具である「王の財宝」から、空間を通して自由自在に取り出すことまでできてしまいます。単体であっても絶大な威力を持つ宝具を、怒涛の勢いで打ち出すことができる能力の持ち主であり、その威力といったら平均的なサーヴァントの五倍以上になります。

並のサーヴァントでは太刀打ちできない!

そのうえ敵の弱点に鳴る宝具や、防御系の宝具まで取り出すことができるため、あらゆる敵や状況に対して有利に対応することができます。そのため並大抵のサーヴァントではなかなか太刀打ち出来ないでしょう。さらに知性や、千里眼に伴う直感にすぐれていて、力は非常に高く、洞察力、観察力にも優れています。ちなみにその一方で、ちょっと間の抜けた行動をとってしまったり、馬鹿っぽい発言で恥をかいてしまうところもあります。ちょっと意外ですよね。

千里眼を持っている

最高位の魔術師の資格である『千里眼』も持っているため、その気になればあらゆる平行世界の可能性や未来までをも見通すことができます。しかし自分の気に入らない可能性は、ありえないと一蹴してしまいます。さらに魂の強度も凄まじく、その色は黄金色をしています。さらに比重は一般人数十万人分に相当するほど。その強度と言ったらサーヴァントにとっては点滴であるはずの「この世すべての悪」をもってしても汚染できないほどです。

ギルガメッシュにも弱点はあるのか

オールバックのギルガメッシュ

そんなギルガメッシュには、弱点はあるのでしょうか。「慢心王」と呼ばれているギルガメッシュは、なかなか100パーセントの本気を出すことがありません。そのためよほど自分が認めた相手以外には本来の実力を見せず、あえて油断をして、慢心し続けています。そのため想定外の事態や攻撃にはめっぽう弱く、たとえ格下が相手でもあっさり打ち破られてしまうこともあります。

もともと戦士ではない

しかもサーヴァント五体分の火力については、あくまでも宝具を含めた評価になります。もともとギルガメッシュは「王」であるため、何かしらの武術・技芸を極めた「戦士」というわけではありません。そのため、身体能力や武器を扱う技量といった彼自身の素のフィジカル面での戦闘力については、英霊達の中では実はそれほど高くはないのです。ちなみに士郎の見立てによると、武人としての純粋な実力においては、セイバーやランサー、バーサーカーには遠く及ばないとのことでした。しかもそのため、何らかの手段で「王の財宝」などの優位性を覆されてしまうと、そのまま押し切られかねないという意外なもろさもあります。

派生作品での特性について’

派生作品での特性でも、こういった要素は引き継がれています。たとえば『unlimited code』は、強さを発揮するための操作がかなり難しいうえ、主力の「王の財宝」モードでは切り返しが困難です。しかもモードを切り替えるだけでゲージを消費してしまいます。また『CCC』は、スキルの燃費が全体的に悪いため、考えなしにスキルを使用すると肝心な時にMPが尽きてしまう危険性があります。そのため彼の宝物と同様MPアイテムを潤沢に用意しておくことが重要です、また『Grand Order』については、防御系スキルを持たずHPもSSRキャラでは低めのため、速攻が第一です。手をこまねいていると不意打ちのクリティカルに為す術なくやられてしまいます。

ギルガメッシュは弱点を気にしていない?

鎧をきたギルガメッシュ

このように、意外と弱点もあることがわかりました。しかしギルガメッシュ本人に言わせれば、「強さを競うなど凡夫の愚行。元より強さなど計るものではなく、王か、それ以外かの話であろう」とのことです。もともと彼は個人としての強さはどうでもよく、王としてのあり方のほうが重要なようで、このあたりは特に気にしていない様子です。しかも弱点の原因はすべて本人の油断によるものなので、1度彼がその敵を認識してしまえば、ずば抜けた頭脳を使って戦闘にのぞむため、勝利は確実かもしれません……しかし、本人はその油断や慢心をなおす気がさらさらないため、難しいかもしれませんね。

それでも、最強の地位はゆるがない

いくら「慢心王」と言われていたって、全力を出してさえいればシリーズ最強クラスの英霊という地位には代わりありません。そのため真っ向勝負の際は、エルキドゥや万全のカルナぐらいしか相手にならないでしょう。ちなみに天敵扱いされている幾つかのサーヴァントに対しても同様であり、例えば初手から出し惜しみせずエアを開帳しただけで、もう相手の勝ち目はなくなってしまうことです。しかしギルガメッシュにとって、王である自分に反するとしてそれをしません。彼に言わせれば、世界の全ては自分の足下にあるということで、「目下の相手に対して本気を出した時点で、王としては敗北」とのことです。逆に言えば、彼がいきなりエアを抜くような時は、余程の事態であるということもわかります。

その他ギルガメッシュの詳細プロフィール

真名:ギルガメッシュ。身長:182cm、体重:68kg。出典:メソポタミア神話(ギルガメッシュ叙事詩)、地域:バビロニア・ウルク:属性:混沌・善、イメージカラー:金、特技:お金持ち、好きなもの:自分・権力、苦手なもの:自分・蛇、天敵:アーチャー、テーマソング:「黄金の王「cosmic air」、CV:関智一

好きなものと嫌いなものの欄どちらにも、「自分」が入ってますね!またギルガメッシュの声優をつとめているのは、超大人気声優の関智一さんです!関智一さんといえば、さまざまな役をされていますよね。「ドラえもん」のスネ夫役や「妖怪ウォッチ」シリーズでのウィスパーなどの子供向けアニメでの役割から、ガンダムシリーズでも活躍していましたし、「BASARA」石田三成役や「のだめカンタービレ」の千秋真一役などなど。人気キャラも多数です。またゲームの出演もさまざまあり、「文豪とアルケミスト」の川端康成役などもあげられます。

ギルガメッシュの紹介まとめ!

スタート画面

以上が、本作に登場するサーヴァントである「ギルガメッシュ」に関する紹介でした!自分自身を王と称していて最強ですが、その慢心により意表をつかれてしまうこともあるというキャラクターでした。しかし本人にはまったくなおす気はなさそうでしたよね。本作はアニメ化するということで、これからの展開にも期待が高まりますね!

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【彼方のアストラ】クローンとオリジナル一覧

彼方のアストラ、ついに、カナタたちを襲う謎の球体を生み出していた刺客が判明。それはなんとシャルスでした。彼もまたクローンであることが発覚しましたが、唯一自分がクローンであると知っていた、と彼は話します。そこで今回は、アストラ号の搭乗者が誰のクローンだったかをまとめていきます。

【さらざんまい 】番外編!レオとマブで描かれる人形焼とサラとの関係

さらざんまいもいよいよ最終局面。そんな中で、皆さんはレオとマブ〜ふたりはさらざんまい〜という作品を知っているでしょうか?この作品は警官であり、まだマブが機械の心臓を手に入れる前のレオとマブのお話。さらざんまい にて登場する人形焼やマブとレオの事を話すサラの表情など、実は意味があったんです。今回は番外編として、本編でもちょくちょく登場する場面をどういう話だったのか説明させていただきます。

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

ranranko_47

おすすめ記事

1

大学時代に、真顔で「恋愛は哲学だ」と言った友人がいた。彼は当時、鋼の錬金術師にどハマりしており、真理という言葉も乱用していた。高分子化学の研究論文において、私が読んだ論文の中で初めて真理という言葉が出 ...

聖地巡礼タグ 2

最近では、聖地巡礼という言葉も一般化してきて、アニメを取り扱うメディアが増えてきたことにもより、多くの作品の聖地を巡る旅、聖地巡礼をする人も増えてきたのではないでしょうか。アニメ好きの私からすれば、非 ...

3

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 4

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 5

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-
-, , ,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.