アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

Fate/Apocrypha

【Fate/Apocrypha】バーサーカー 紹介 スパルタクスとフランケンシュタイン!

更新日:

赤と黒のバーサーカー

今回は「バーサーカー」をご紹介いたします。
サーヴァントの中でも強キャラのサーヴァントです。
ぜひ最後までご欄下さい!

黒のバーサーカー

プロフィール

黒川のバーサク

真名:フランケンシュタイン
身長:172㎝
体重:48㎏
誕生日:11月の物寂しい夜
スリーサイズ:B74/W53/H71
属性:混沌・中庸
出典:創作
地域:ヨーロッパ全域
イメージカラー:象牙色
特技:自家発電
好きなもの:節電
苦手なもの:電気の無駄遣い
天敵:“赤”のセイバー
CV:野中藍

概要

『Fate/Apocrypha』に登場する黒陣営のバーサーカー。
マスターは、ユグドミレニアの魔術師カウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニア。
花嫁衣装に身を包んだ虚ろな瞳の少女。
Fateシリーズでは初めて、「弱い英霊のステータスを狂化によって底上げする」という正しいバーサーカーの運用方法がされたサーヴァント。

人物像

狂化レベルが低いため、ある程度の意思疎通が可能で、「ヤァァ(はい)」「ウィィ(不満)」と言う。(大体は唸り声のトーンの上がり下がりで彼女のテンションを判断出来る)
唸り声しか上げられないが、バーサーカーでありながら極めて高い思考能力を持っている。
聖杯大戦の『次』を理解し、真名の重要性を認識しているなど、これまでのバーサーカーなど比べ物にならないほど理知的。
彼女が狂化しても理性を失わなかったのは、生前にフランケンシュタイン博士から「お前は狂った怪物だ」と絶対的な呪詛を込められた罵りを受けて、それがトラウマとなったためで、理性を持ち常識を理解しようと決めたのはその時から。
戦闘においても非常に冷静で、黒のセイバーと呼吸を同一にして攻撃を放ち、赤のライダーの能力を正確に分析している。
また、電気を糧とするためか節電に熱心であり、マスターが入っているトイレの電気をこまめに消そうとしたり、電源が入ったままのパソコンからコンセントを引っこ抜いたりしている。

真名

怒ろう黒のバーサク

真名は、メアリー・シェリー作『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス』に登場するフランケンシュタインの怪物。触媒は「理想の人間」が描かれた設計図。
Fate世界観におけるアーサー王が実は女性であったように、フランケンシュタインも女性であった。
決して「フランケンシュタインの花嫁」ではなく、カウレスも最初は「花嫁」の方を召喚してしまったのではと不安がらせた。
この世界におけるヴィクター・フランケンシュタインは、当初からアダムとイヴ――原初のつがいを創造することを目的としていた。聖書とは逆に、彼はまずイヴを創造し、イヴにアダムを産ませることを思いついた。
ところが、取っ掛かりであるはずのイヴ――死体を繋ぎ合わせて作った人工生命体は失敗作だった。
感情の制御、繋がりが上手くいかず、野犬を躊躇いなく惨殺し、臓物を贈り物として差し出す凶暴性に、ヴィクターは怯えて逃亡した。
だが、置き去りにされたフランケンシュタインの知性や情緒は世界に触れる内に磨かれていき、遂には見捨てたヴィクターに対して怒りを覚えるようになった。
南極まで執拗に追跡した彼女に、ヴィクターは疲れ果てたと自ら死を選ぶ。

聖杯への願い

聖杯にかける願いは、『自分と同じ存在の伴侶を得ること』。
彼女がつがいを求めるのは、本能的欲求ではなく論理的――つまり、真っ当な人間としての在り方を求めるが故である。
自分を愛してくれる存在を欲していたが彼女にも譲れない一線があるらしく、生前も何人かの男を攫ってみたが誰も伴侶となり得ず、またユグドミレニアのホムンクルスでもダメで、伴侶は「フランケンシュタインが創り出した人造人間」に限っている。つまり死者に生者を創造させるということであり、彼女の願いは聖杯の奇跡でも用いなければ成しえない事柄である。

能力

他のバーサーカーと比較すると狂化レベルが低いためにステータスは低い。
だか、固有スキル『ガルバニズム』によって生体電流と魔力の自在な転換、および蓄積が可能。魔風、魔光など実体のない攻撃を瞬時に電気へ変換し、周囲に放電することで無効化する。
また蓄電の量に応じて肉体が強化され、ダメージ修復も迅速に行われるようになる。
さらに宝具を併用することで、擬似的な『魔力放出』すら使用可能で、ホバー移動に近い高速移動を実現している。
人造の存在であるため苦痛の操作を行う事が出来る。これによって脚部や胸を貫かれても行動に支障は無く、高い戦闘継続力を持つ。

宝具 乙女の貞節(ブライダルチェスト)

こちらが黒

樹の枝状の放電流を纏う戦槌(メイス)。
周囲の滞留魔力を吸収して己のものとする、魔力消費が尋常じゃないバーサーカーのマスターに優しい宝具。
自分や周囲から漏れる魔力を効率よく回収し蓄積するため、周囲に余剰の魔力が豊富に発生し続ける戦闘時は「ガルバニズム」と合わせて疑似的に"第二種永久機関"の動作をする。
先端の球体は彼女の心臓そのものであり、戦闘時以外も肌身離さず所持している。

宝具 磔刑の雷樹(ブラステッド・ツリー)

「乙女の貞節」を地面に突き立て、放電を行う対軍宝具。
聳え立つ大樹のシルエットで降り注ぎ、拡散し敵を追尾する。 敵が単体かつ近距離であれば「乙女の貞節」がなくとも発動可能。
全リミッターを解除して、最大出力で使用した場合、使用者は生命活動を完全に停止するが、低い確率で第二のフランケンシュタインの怪物を生む可能性がある。ただし、死んでしまう彼女がそれを見ることはできない。作中ではジークがこの電撃によって蘇生、覚醒した。
リミッターを解除しないで使用した場合、威力は落ちるが彼女の生命活動が停止する事は無い。カウレスがスペックを計測するため、ロシェから譲り受けたゴーレムを威力測定の目安として行った実験では、この時の威力は良くてC、悪くてDランク相当。
標的から離れれば離れるほど雷撃の威力は弱まり、逆に至近距離ではリミッター解除して使用すれば大抵のサーヴァントを討ち果たせる威力があるとカウレスは推測した。
この雷撃はただの雷ではなく彼女の意志が介在する力であり、令呪の補助を受けて使用した場合、標的が同じく令呪の効果で空間転移を行っても回避できないほどの速度と精密さで中心点に引き込む。
解りやすい言い方をすれば、彼女を超強力な電磁石として標的を金属類と例えれば分かるだろうか。

赤のバーサーカー

プロフィール

通常のバーサク

真名;スパルタクス
身長:221cm
体重:165kg
出典:史実
地域:ローマ
属性:中立・中庸
イメージカラー:濃い灰色
特技:受け
好きなもの:逆転
苦手なもの:一切の反撃を許さない波状攻撃
天敵:圧制者
イラスト:近衛乙嗣
声優:鶴岡聡

概要

聖杯大戦にて、赤陣営のバーサーカーとして召喚されたサーヴァント。
セイバーを除いた他の赤陣営のサーヴァント同様シロウ・コトミネの配下に加わっていたが、赤のキャスターに唆された事から、敵の本拠地であるミレニア城塞へ単身で突撃を仕掛ける。

真名

これが赤

真名はトラキアの剣闘士であり第三次奴隷戦争の指導者スパルタクス。
金髪に屈強な肉体を持ち、全身に傷跡が残る歴戦の戦士。
ベルトで身体を締め付けており、押さえつけられた筋肉がはち切れんばかりである。
すべてを耐え忍んだ果ての人間の強さがあると信じて疑わない。

人物像

彼の行動理念はただひとつ。加虐者に反骨し、被害者を救済すること。そのための最善の選択として、より苦難の多い道を選ぶ。劣勢にある敵は攻撃せず、自分より優位な敵にのみ牙を剥く。
それも敵の攻撃を受け止めたうえので反撃を選ぶため、勝利の形は土壇場での一発逆転になる。
傷だらけの顔は殴るときも殴られるときも悠然と微笑んでおり、とても恐い。
バーサーカーとして召喚されたスパルタクスは、一見は正常な思考を持つように見える。
極めて高度な言葉を流暢に喋り、マスターに襲い掛かることもないからだ。だがしかし。
ひとまずはマスターに付き従うだろう。しかし、わずかでもマスターが「マスターらしい」態度を見せれば、途端に彼は喜び勇んで叛逆を企てるに違いない。令呪の縛りもあまり効果がなく、極めて厄介な相手となる。

能力

武器は小剣(グラディウス)で、強烈な衝撃波を生み出すほどの重い斬撃を放つ。
また3メートル近いゴーレムを苦も無く放り投げ、素手で木っ端微塵に砕くほどの怪力を誇る。
だが彼の最大の武器はその驚異的なタフネスであり、斬られても、殴られても、相手の攻撃を必ず受けてから反撃に移る。さらに複数の敵をまとめて抱え込み、スープレックスによって粉砕するなど、戦い方もプロレスラーそのものである。
彼はほぼ烏合の衆に過ぎない反乱軍をよくまとめ、強力なローマ軍に連戦連勝したことから、その人望や戦争指揮能力は卓越したものであったと考えられる。だがそれ以上に彼が人望を集めた要因は、"必ず逆転によって勝利する"英雄だったこと。反乱軍の兵士にとって戦況が絶望的であればあるほど、その先にある勝利は確かなものだったのである。

宝具 庇獣の咆哮(クライング・ウォーモンガー)

怒るバーサカー

常時発動型の宝具。敵から負わされたダメージの一部を魔力に変換し、体内に蓄積できる。
この魔力の変換効率は、スパルタクスの体力が減少するほどに上昇する。
こうして体内に溜められた魔力は、スパルタクスの能力をブーストするために使用可能である。
もし瀕死まで痛めつけられていれば、スパルタクスは眼前のすべてを破壊して余りあるほどに膨大な魔力を溜め込むことになり、肉体そのものに至るまで変貌させ、なお戦い続けることだろう。
ただし、その特異な性能(半端な攻撃ではあまり効果が得られないし、かといって高火力の攻撃で死んでしまっては何の意味もない)から、作中では「淀みなく機能するのが至難の業」「通常の聖杯戦争であればまず生き残る事はできまいと確信できる」とされている。

バーサーカー 紹介【まとめ】

最後までご欄頂きありがとうございます。
次回は「アサシン」をご紹介いたします。
ぜひそちらもご欄下さい!

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【彼方のアストラ】クローンとオリジナル一覧

彼方のアストラ、ついに、カナタたちを襲う謎の球体を生み出していた刺客が判明。それはなんとシャルスでした。彼もまたクローンであることが発覚しましたが、唯一自分がクローンであると知っていた、と彼は話します。そこで今回は、アストラ号の搭乗者が誰のクローンだったかをまとめていきます。

【さらざんまい 】番外編!レオとマブで描かれる人形焼とサラとの関係

さらざんまいもいよいよ最終局面。そんな中で、皆さんはレオとマブ〜ふたりはさらざんまい〜という作品を知っているでしょうか?この作品は警官であり、まだマブが機械の心臓を手に入れる前のレオとマブのお話。さらざんまい にて登場する人形焼やマブとレオの事を話すサラの表情など、実は意味があったんです。今回は番外編として、本編でもちょくちょく登場する場面をどういう話だったのか説明させていただきます。

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

tfss

おすすめ記事

1

大学時代に、真顔で「恋愛は哲学だ」と言った友人がいた。彼は当時、鋼の錬金術師にどハマりしており、真理という言葉も乱用していた。高分子化学の研究論文において、私が読んだ論文の中で初めて真理という言葉が出 ...

聖地巡礼タグ 2

最近では、聖地巡礼という言葉も一般化してきて、アニメを取り扱うメディアが増えてきたことにもより、多くの作品の聖地を巡る旅、聖地巡礼をする人も増えてきたのではないでしょうか。アニメ好きの私からすれば、非 ...

3

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 4

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 5

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-Fate/Apocrypha
-, , , , ,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.