Animemiru

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない

【俺が好きなのは妹だけど妹じゃない】ラノベに関わる名場面!ランキングTOP10

更新日:

並んで歩く永見兄妹

『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』は2016年8月から刊行されている恵比須清司のライトノベル作品です。略称は“いもいも”。ライトノベル作家を目指す高校生の主人公・永見祐は、新人賞に作品を何度も送り続けるも、万年一次落ちでした。ある日、祐の妹・永見涼花が気まぐれで送った作品(兄妹のイチャイチャラブコメディ)がラノベ大賞を受賞。しかし、厳格な父がそれを許してくれないことなどを考え、涼花の代わりに祐が作家・永遠野誓として活動することに。そんな中、このことをきっかけに、いつも自分に厳しかった妹の涼花に変化が…?!2018年10月からアニメも放送開始し、“不器用な兄妹がラノベで繋がるラブコメディ”として話題となっている本作。今回はそんな『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』に登場する名場面について、独自にランク付けしたものについて紹介します。

 

第10位 夏を満喫する永見祐たち

夏を楽しむ永見祐たち
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
お金持ちで美少女のラノベ作家・氷室舞の別荘に遊びに行くことになった主人公の永見祐とその妹の永見涼花、イラストレーターのアヘ顔Wピース先生、新人声優の水無月桜の5人。舞の別荘にはプライベートビーチもあるとのことで、昼には水着に着替えて海で遊んだり、夜にはそれぞれ浴衣に着替えて、お祭りを楽しんでいるのでした。祐も他の4人に振り回されながらも、夏らしい行事を一緒に満喫したようす。季節の行事を楽しむキャラクターたちが描かれた、ハーレム系作品のお決まりでありながらもほのぼのするような名場面です。

 

第9位 急に代役を務めることになった祐と涼花

文化祭へ来た永見兄妹
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
永見涼花が“交際を始めた兄妹が妹の学校の文化祭でイチャイチャする”という同人誌を書くために、“取材”として一緒に学校の文化祭を回ってほしいと永見祐に頼んだときのこと。取材のためならばと涼花の文化祭を訪れた祐。涼花と祐はなんだかんだで文化祭を楽しんでいるようす。そこへ現れた演劇部の人々。主役の2人が急に体調を崩したとのことで、代役を探し回っていたとのことでした。その役とは王子と姫。実の兄である王子と妹の姫が最後に告白し合うシーンだけ出てほしいと言われます。それに対し涼花はその役を承ると即答するのでした。ステージに立った涼花は、役になりきりながらも、自分の気持ちを打ち明けます。それに対し、祐は「すぐに答えられないことは謝る。本当にすまない。でも、これだけは約束する。俺たちはいつまでも、ずっと一緒だ!」と答えるのでした。祐は役になりきって答えただけですか、涼花はまるで夢のような時間を過ごすことができた、そんな微笑ましい名場面です。

 

第8位 ラノベ作家としてのプライドを賭けた勝負?!

自信満々な神坂姉妹
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
同人作品の即売会・コミックステージに初めて参加した永見祐や永見涼花たち。そこで出会ったのが、大人気同人サークル“アンビヴァレント”に所属しているという神坂春奈と神坂秋乃に出会ったときのこと。春奈はアヘ顔Wピース先生をライバル視しているようで、今回涼花が永遠野誓として書いた『お兄ちゃんのことが好きすぎて困ってしまう妹の物語です。』の挿絵をアヘ顔Wピース先生が担当していることから、祐たちもケンカをふっかけられてしまうことに。春奈は永遠野誓の書いた作品を「妹もののキモイやつ」や「あんなのストーリーのない、妹萌えだけ狙ったつまんない作品」と発言。それに怒った涼花。そこで春奈は永遠野誓をネタにした同人誌を作り、どちらがより売れるかを勝負しようと言うのでした。そして涼花はその勝負に乗ることに。春奈と秋乃との初対面であり、波乱の幕開けが予感される名場面です。

 

第7位 “パンチラ”の研究に勤しむ永見涼花

口を閉じる永見祐
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
永見祐の妹である永見涼花がラノベ作家・永遠野誓として賞を受賞した後のこと。祐が永遠野誓として代理で活動することになっていますが、変わらず執筆を続けるのは涼花であり、さっそくデビュー作『お兄ちゃんのことが好きすぎて困ってしまう妹の物語です。』の2巻を書くことに。そこで担当編集者・篠崎麗華からサービスシーンの強化を提案されました。そこで麗華はサービスシーンでは“パンチラ”を出すのが良いのでは?と言われます。しかし涼花はパンチラが何なのかわかっていないようす。そこで祐に直接「パンチラってなんですか?」と真面目に聞きに行ったことも。そんな涼花は、パンチラについて知ってからは、さっそく実戦しながらパンチラの研究を始めようとするのですが、祐に「ふざけてるならよせ!」と言われてしまいます。しかし涼花はいたって真面目なようで「私は少しでも面白いラノベを書きたいんです!そのためならなんだってします!」と発言。その後は祐にパンチラが発生するシーンについて聞きながら、研究していたところ、どうにかパンチラについて理解したようでした。気まぐれで送った作品が大賞を受賞してしまった涼花ですが、その後は知らない分野について研究しながらも真面目に仕事に取り組んでいることがわかる名場面です。

 

第6位 妹ものを書くラノベ作家は、妹好きに決まってます作戦?

考える永見涼花
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
同じくラノベ作家・炎竜焔(えんりゅうほうら)として活動する氷室舞に、永見祐が本当に永遠野誓なのかと疑われたときのこと。本当は永見涼花が永遠野誓であることがバレるのは避けたいと考えた涼花と祐。そこで涼花はとある作戦を思いつきます。それは“妹ものを書くラノベ作家は、妹好きに決まってます作戦”というもので、祐と涼花がイチャイチャしている姿を舞に見せるという作戦。書いている作品が妹ものであることから、作者自身も妹が好きで好きで仕方ない人物のように見せれば、その疑いも払拭できるだろうとのことでした。しかし涼花は実は祐のことがだいすきであるため、これを機に祐とイチャイチャしようと目論んでいたのでした。そんな涼花は、祐がこの作戦に乗ると言った後に嬉しそうな表情で「このチャンスに、いっぱいいっぱいイチャイチャしましょう」と言うのでした。素直にイチャイチャしたいと言えない涼花ですが、作戦と称して祐に近づこうと考えている、そんな可愛さが垣間見える名場面です。

 

第5位 妹想いの優しい兄

並んで座る永見兄妹
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
永見涼花がラノベ作家・永遠野誓として『お兄ちゃんのことが好きすぎて困ってしまう妹の物語です。』の第2巻を執筆していたときのこと。新しいヒロインを追加した方がいいとのアドバイスを受け、そのアドバイスを取り入れて書こうとするも、なかなかうまくいかないようす。どうやら涼花は新しいヒロインを出したくなかったようですが、もっと面白いと思ってもらえる作品を書きたいと思っているようで、新しいヒロインが出た方が面白いと思ってもらえるならば、と無理に物語を書いていたとのこと。眠らず、苦しみながらも新しいヒロインを登場させた物語を書いていた涼花。そのようすを見た永見祐は1度休んで落ち着いてほしいと頼みます。そこで「原稿も大事だけど、お前の体の方がもっと大事なんだよ!」と言うのでした。妹想いの兄の、優しさが溢れている名場面です。

 

第4位 舞を助けようと必死になる祐

永見祐につかみかかる氷室舞
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
お金持ちで美少女なラノベ作家・氷室舞の別荘へと遊びに行くことになった永見祐たち。しかし舞は、祐が永遠野誓として“何か”隠し事をしていると察しており、みんなで別荘にいる間に祐の秘密を暴こうと目論んでいたのでした。そのため、一緒に行動しているときには、祐のことをじっくりと観察しているようす。ついには色仕掛けまでして秘密を暴かせようとした舞ですが、とある案を思いつきます。それは自分の目の前で祐に原稿を書かせるというもの。さっそく原稿を書いてみせてほしいと頼む舞ですが、祐はこういった状況になることがいつかあるかもしれないと考え、先に永見涼花が書いた原稿を丸暗記していたため、問題なく原稿を書き上げたのでした。祐の手によって目の前で原稿が書きあげられたにも関わらず、まだ納得のいかなそうな表情をする舞。そんな舞を見て、なぜそこまで躍起になっているのか気になった祐は、舞に何かあったのかと聞きます。そこで舞は、最近担当編集者が変わったことを明かします。その編集者はズバズバと言うタイプで「舞の作品はキャラクター、特に主人公が弱い」と告げ、続けて、このままではシリーズが終わるかもしれないと言われたのでした。そこまで追い詰められていた舞は、祐の秘密がこの現状の打破につながると信じているようで、そのために執拗に祐に迫っていたのでした。そこで舞を助けたいと思い、祐は涼花に相談します。そこで涼花はキャラクターになりきることで主人公を描いていると答えます。それを聞いた祐は再び舞の元を訪れ、本当にその本人になりきることが大事なのだと説くのでした。すると舞はやる気を取り戻したようで、さっそく執筆にとりかかっているようす。好きな作家であり、同じ学校の同級生を助けようという祐の心遣いが見える場面であり、自信を失いかけていた舞が再びやる気や自信を取り戻した名場面です。

 

第3位 妹のための一大決心

スマホを眺める永見祐
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
永見祐の妹・永見涼花が気まぐれで送った作品が大賞を受賞し、ラノベ作家・永遠野誓としてデビューが決まったときのこと。涼花は、自分の作品を多くの人に読んでほしいと思っていました。しかし、祐や涼花の父は厳格な人物であることや、涼花の学校ではアルバイトが禁止されていることから、自分がデビューすることは難しいと判断。そこで祐に永遠野誓として活動してほしいと頼みます。涼花は、祐がラノベオタクであることからこの業界に詳しく、さらに他に頼れる人がいないから、祐にしか頼めないと言っているようす。しかし、祐の夢はラノベ作家になることですが、人の作品でデビューするのは気が引けるとのこと。それでも、妹が涙目になりながら頼んできた姿を見て「だ~!わかったよ!代理人は俺に任せろ!」と言うのでした。祐の妹想いなところがよく表れており、妹のためならばと祐が一大決心をした名場面です。

 

第2位 学校1の美少女の、ラノベへの熱意

人差し指を空に向ける氷室舞
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
永見祐が永遠野誓として活動していると、学校1の美少女・氷室舞にバレたときのこと。舞は自分もラノベ作家・炎竜焔として活動していること明かし、祐にサインをねだるのでした。なぜそんな人気作家が自分なんかにサインを求めるのかと驚いている祐ですが、祐も人気作家だろうと一喝。舞にとって、永遠野誓のデビュー作品『お兄ちゃんのことが好きすぎて困ってしまう妹の物語です。』は衝撃を受けた作品であったそうです。普段からプライドを持って仕事をしている舞は「私にとってラノベを書くことはすごく大事なの。だから頑張って人気作家としての地位を築いてきたわ。でもね、ある日私のプライドを粉々にする作家に出会ってしまった。それが永遠野誓、あなたよ!」と宣言。さらに、これからは永遠野誓である祐のプライベートまで研究し、作品の面白さを自分のものにするとのこと。祐にとっては学校1の美少女が自分を知っている衝撃を受けた場面であり、そんな舞はまだ高校生でありながらもプライドを持って仕事に取り組んでいることが分かる、そんな舞の魅力が溢れた名場面です。

 

第1位 2人で1人の永遠野誓

妹の後ろに立つ永見祐
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
永見涼花が新しいヒロインを登場させた物語を書こうと苦戦していたときのこと。本当は新しいヒロインなんて登場させたくない涼花は、眠らず、苦しみながら物語の執筆に取り組んでいるようですが、もう既に原稿の締め切りは過ぎていたのでした。心配に思った永見祐は、寝落ちするほど疲れている涼花を見て、1度休んで落ち着くべきだと言いますが、涼花は自分の体よりも面白い物語を書くことの方が大事だと言って聞きません。さらに涼花は、第1巻を祐に読んでもらったときに感想を聞いたところ「まぁまぁだ」と言われたことをずっと気にかけていたようで、面白い物語を書かなければと必死になっているようなのでした。しかし祐は、気まぐれで書いたという涼花の作品が面白かったのが悔しくて、強がって「まぁまぁだ」と言っていただけなのでした。しかしそれすらも聞いてくれない涼花に、自分は何かしてあげることができないのかと悶々としていましたが、「2人で1人のラノベ作家だ!それ以前に、俺は昔からあいつの兄貴なんだ!」と気を取りなおしたようす。そんなとき、涼花の作品がなぜ面白いのかを言葉にして伝えよう!と思いついたのでした。どうにかこうにか涼花の作品の面白さを言葉にして伝えた祐。すると涼花は「最高の魔が差した」と言い、1日で1巻分の原稿を書き上げてしまったのでした。兄妹が2人で協力し、ラノベ作家として頑張る、非常に微笑ましい名場面です。

 

いもいも名場面ランキング・まとめ!

並んで歩く永見兄妹
出典: 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない ©2018 恵比須清司・ぎん太郎/KADOKAWA/いもいも製作委員会
いかがでしたでしょうか?。今回は『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』に登場する名場面について、独自にランク付けしたものについて紹介しました。ラノベとそれに関わる人々の熱意や助け合いが見られる場面から、女の子がたくさん登場するアニメならではの場面まで、本作ではさまざまな場面が登場します。他にも数々の名場面がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

YouTubeでもAnimemiru!「動画でみる」まとめ記事を紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【とある魔術の禁書目録】動画でみる 超能力者(レベル5)全員をまとめてみた

学園都市に住むレベル5の7人をまとめてみました!これさえ読めば学園都市最強メンバーを覚えられますよ。【とある魔術の禁書目録Ⅲ】を見るなら必読です。

【ジョジョの奇妙な冒険】動画でみる 黄金の風 5部 衝撃的な死亡シーン特集

ジョジョの冒険シリーズの第5部作である黄金の風。皆さん知っての通りだと思いますが、敵、味方関わらず衝撃的な死亡シーンが多々あります。そしてまたそれは名場面が多いのです。今回は、そんな衝撃的で考えされるもののある死亡シーンを特集させていただきます!。

【ゴールデンカムイ 】で読み解く 動画でみる 日本とロシアとアイヌの歴史

イヌ民族の伝統、文化を事細かにレポートし、彼らの習慣や信仰を教えてくれるゴールデンカムイ 。皆さんは、そんなアイヌの歴史の背景をご存知でしょうか?日本とロシアの領土問題による、強制移住や国籍選択、様々な悲しい歴史を持った民族なのです。そんな彼らの歴史を、日本とロシアの関係性も含めながら今回は紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

lisa_999

-俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
-, ,

Copyright© Animemiru , 2018 All Rights Reserved.