アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

BanG Dream

【BanG Dream!】アニメ作中で描かれたライブ名シーンをまとめてみた!

更新日:

SPACEラストライブをやり遂げたPoppin'Party

『BanG Dream!』ではPoppin'Partyの成長の様子が描かれていますが、その中で彼女たちを中心に様々なバンドによる劇中歌が流れ、物語を盛り上げる役割を担っています。そんな『BanG Dream!』の中で描かれているライブの名シーンたちを一挙にまとめてみました!どんなライブの名シーンが用意されているのか、その目でチェックしてみてください。

アニメの中で流れたライブ名シーンを一挙紹介!

ライブで手をかざすPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
5人の少女たちによって結成されたPoppin'Partyは、TVアニメ内においてライブハウス「SPACE」でステージに立つことを目標に、立ち上げから目標達成まで奔走しています。最後の目標に到達するまでに様々なエピソードが描かれていますが、それらを盛り上げるのがライブシーンとなっています。TVアニメで流れたライブの名シーンはどんなものがあるのか、一挙に紹介していきますのでご覧ください。

第1話:Don’t be afraid/Glitter*Green

SPACEでライブをするGlitter*Green
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
アニメ第1話では主人公である戸山香澄がバンドを始めるきっかけが描かれており、彼女に大きな影響を与えたのがGlitter*Greenでした。星型のギター「ランダムスター」との運命的な出会いを果たした戸山香澄は、その足で市ヶ谷有咲とライブハウス「SPACE」へと駆け込み、初めて生の眼でライブの様子を目撃し、ずっと探していたキラキラでドキドキできるものがバンド活動ということを見いだします。

Poppin'Partyのお姉さんバンドとして活躍

ライブ前に声をかけるGlitter*Green
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
メンバーの鰐部七菜は市ヶ谷有咲にキーボードを教え、同じく鵜沢リィはギターの修理をおこなうなど、様々なところでPoppin'Partyと関わります。グリグリの愛称でも親しまれている人気バンドはSPACEでトップクラスの人気を誇っており、ライブに出演することが決まれば彼女たちの演奏を目当てにファンが詰めかけるほど。カリスマバンドと呼ぶに相応しいGlitter*GreenとPoppin'Partyは、とても密接な繋がりを持っているため注目です。

戸山香澄がバンドを始めるきっかけになった名シーン

初めてのライブにドキドキする戸山香澄
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
GlitterGreenの存在感はアニメを流して見ても大きなもので、何より大きな働きを見せたのは主人公である戸山香澄にバンドを始めるきっかけを与えたことです。彼女がグリグリのライブに偶然足を運んだこと、何よりGlitterGreenが最高のパフォーマンスを披露して魅せたことで、戸山香澄はバンドが探し求めていたものと確信することに。もしライブでグリグリが出演していなければ、戸山香澄はバンドを始めていなかったかもしれません。

第3話:きらきら星

ステージに立ってきらきら星を歌う戸山香澄
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
Glitter*Greenのライブを見て夢中になった戸山香澄は、それからSPACに足しげく通うようになります。そこでグリグリのメンバーが交通の乱れの影響で会場入りが遅くなるトラブルが発生してしまい、出演者全員が協力して時間を持たせようと行動することに。しかし頑張りも虚しくグリグリは時間までに間に合うことができず、居ても立っても居られなくなった戸山香澄が無策にもステージへと飛び出して、アカペラで「きらきら星」を独唱し始めるのでした。

ピンチヒッターで急遽ステージに上がった戸山香澄

ベースを持ってステージに立つ牛込りみ
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
SPACEではGlitter*Greenの登場を心待ちにしていたファンが多く、戸山香澄もそのうちの一人でした。しかし何とか香盤表をいじって到着を待っていましたが、努力もむなしくライブ終了のじかんをむかえてしまいます。残念がるファンたちでしたが、戸山香澄はグリグリのライブが見たいという気持ち、何より何とかしたいという気持ちが強くなって、ステージの上に立つのでした。彼女の懸命な行動によって何とかグリグリは会場入りを果たし、無事にライブを始めることができます。

グリグリと同じステージに立って大盛り上がり!

Glitter*Greenとセッションをする市ヶ谷有咲
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
GlitterGreenのメンバーが到着するまで戸山香澄は「きらきら星」を独唱、市ヶ谷有咲はカスタネットと手に持ち、牛込りみはベースを持って時間をつなぎます。彼女たちの頑張りが実って待望のグリグリのライブがスタートしますが、そのライブ中には間をつないでくれた3人と一緒に「きらきら星」を演奏して歌い上げます。曲調もアレンジしたものとなっており、GlitterGreenのパフォーマン力の高さが窺える名シーンです。

第5話:私の心はチョココロネ/Poppin'Party

流星堂の倉でライブをするPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
アニメ第5話では、Poppin'Party初めてのライブが披露されており、会場は彼女たちのたまり場兼練習会場となっている流星堂の倉でした。観客には戸山明日香と市ヶ谷有咲の祖母、牛込ゆりと山吹沙綾となっており、Poppin'Partyの精一杯の演奏に聞き入るばかり。披露した曲「私の心はチョココロネ」は牛込りみが作ったオリジナル曲で、チョココロネへの愛情がこもったかわいらしい曲に仕上がっています。

初めてのライブに向けて倉で練習する3人

譜面の読み方を教わる戸山香澄
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
戸山香澄と市ヶ谷有咲、牛込りみの3人は初めてのライブ「クライブ」に向けて練習に取り組みますが問題が起きます。市ヶ谷有咲はピアノを習っていたことがあり、牛込りみも姉から教わっていたため演奏には問題ありませんでしたが、戸山香澄は楽器を演奏した経験がない全くの素人だったのです。楽譜も読めない状態だった戸山香澄は仲間の支えもあってひと通り曲をマスターし、何とかライブまでに間に合わせることができるのでした。

花園たえも一緒にライブに参加

初めてのライブを終えて喜ぶPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
花園たえは当初、観客としてクライブにやってきたつもりでしたが、戸山香澄にギターを教えているうちに心を開いていき、いつの間にかメンバーの一人として演奏することに。今までのずっと1人でギターを弾いていたため、花園たえにとって誰かと演奏するという経験は全くの初めてでした。そのため、ギターが誰よりもうまい花園たえであっても、初めて人前で演奏する時は手が震えたと告白しています。

第8話:STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜/Poppin'Party

文化祭ライブで演奏するPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
花咲川女子学園の文化祭ライブでは、ついにPoppin'Partyが5人揃うことに。それまで頑なにバンド活動を始めることを拒んでいた山吹沙綾でしたが、母親の後押しや戸山香澄の懸命な声掛けにより、ドラムスティックを再び握ることを決意。倒れた母親が搬送された病院から走り、その最中にプレイヤーで曲を聴きながら学校へと向かうのでした。何とか間に合って最後の曲「STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜」を演奏しますが、そこには弾けるような笑顔を見せる山吹沙綾が描かれています。

抱え込んでいた気持ちを爆発させる山吹沙綾

楽しくドラムを叩く山吹沙綾
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
母親が体調を崩しがちであるため、山吹沙綾は中学時代にバンドを一度辞めています。それから実家のパン屋の手伝いから家事を率先して行うようになり、いつしかそれが当たり前になるのでした。貧血で倒れることは多々あったため父親や本人は気に留めるほどではないと説明しているものの、何かあったら…と思うと居ても立ってもいられなくなったのでしょう。そんな山吹沙綾の優しさが感じられると同時に、それまで溜め込んできた想いが一気に爆発して、彼女が本当にやりたいことと向き合えるようになります。

CHiSPAも文化祭ライブに参加

文化祭で演奏するCHiSPA
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
Poppin'Partyがライブをおこなう前は、山吹沙綾が中学時代に一緒にバンドをやっていた海野夏希たちのバンド「CHiSPA」が演奏をしており、しっかりと演奏を終えるのでした。出番を終えて撤収したと同時に山吹沙綾が会場に到着しますが、そこで彼女と海野夏希たちとの間にあったわだかまりを解消することに。ずっと海野夏希を避けていた山吹沙綾は後ろめたい気持ちを抱えており、海野夏希に関しても引っ込み思案なところがあるため声をかけづらかった様子でしたが、関係を取り戻すことに成功しています。

第9・11・12話:前へススメ!/Poppin'Party

オーディション合格を喜ぶPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
ドラムの山吹沙綾がPoppin'Partyに加入したことで、いよいよ5人はSPACEのライブに出演することを目標に定めます。しかし緊張した様子から1度目の挑戦は失敗に終わり、自信満々の様子で演奏した戸山香澄でしたが、オーナーから一番ダメだったと言われて内心ショックを受けます。しかし困難を乗り越えていき、2度目の挑戦であり最後の挑戦となったオーディションでは、オーナーを納得させられるほどに成長するのでした。

メンバーで歌詞を分担して歌うことに

歌うパートを決めるPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
1度目のオーディションで不合格だったPoppin'Partyでしたが、一番のダメ出しを受けた戸山香澄は頑張ろうとしすぎるあまり、ストレスで声を出せなくなってしまいます。SPACE閉店が決まったことも相まって焦ってしまう戸山香澄でしたが、そんな心身ともに苦しむ彼女を支えるため、他の4人が歌唱パートを分担して歌うことを提案。少しでも負担を減らそうというもので、仲間の気持ちに戸山香澄はたまらず涙を流してしまうのでした。

SPACEオーディションに一度は不合格だったが…

Poppin Partyに問い訊ねるオーナー
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
2度目のオーディションでは全力でやり切ることを決意するために、演奏直前に円陣を組んで気合を入れるPoppin'Party。演奏後には部分的にミスをしてしまったことから市ヶ谷有咲がその場で泣き崩れてしまい、他のメンバーも同様に落ち込んだ表情を浮かべます。もはやSPACEのステージ立つことは叶わないことがよぎる中、改めてオーナーから「やり切ったのか?」と問われ、戸山香澄は泣きながらに応えると、合格の言葉を受け取ります。

第13話:Glee! Glee! Glee!/ Glitter*Green

SPACEラストライブで演奏するGlitter*Green
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
第13話ではSPACE最後のライブの様子が描かれており、これまでアニメ内で登場したバンドが総出演という豪華な内容になっています。Glitter*Greenはいつも通りに「遊ぶ準備はできていますかー?」の掛け声でオープニングを飾り、会場の熱気を煽って演奏をスタート。そこで披露されたのは「Glee! Glee! Glee!」という新曲で、スタンディングの観客たちは緑色のサイリウムを振り回して楽しんでいる様子でした。

第13話:Be shine, shining!/ CHiSPA

SPACEラストライブで演奏するCHiSPA
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
Glitter*Greenの次に登場したのは海野夏希たちCHiSPAで、アニメ最終話にして彼女たちの持ち歌が初披露となります。彼女たちの歌声は作中でしっかりと聞くことはできず、舞台袖で待機をしているPoppin'Partyたちの表情がクローズアップされているのが残念なところ。しかしタイトルに込められた輝きたいという想いがしっかりとこもっており、SPACE最後のライブに華を添えるのでした。

オーディションにいち早く合格していたCHiSPA

オーディション前のCHiSPA
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
CHiSPA はPoppin'Partyよりも早くオーディションに合格していました。そこでオーナーからはベースのリズムが走っていること、キーボードとギターは勢いで誤魔化していると辛辣なダメ出しをしますが、最後には「やり切ったかどうか」をメンバーに聞き訊ねます。たしかに指摘されたとおりに未熟な部分は痛感しながらも、CHiSPAメンバーは口を揃えて全力を出し切ったと宣言し、ライブ出演の合格を掴み取るのでした。

第13話:夢みるSunflower/ Poppin'Party

SPACEラストライブをやり遂げたPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
TVアニメにおけるPoppin'Party最後のライブとなった曲は「夢見るSunflower」で、演奏前にはPoppin'Party結成からSPACEのステージに立つまでの経緯を話します。いざ演奏を始めると全員の表情には緊張の様子は一切なく、初めて大きな舞台に立つにしてはとても楽しく振る舞っており、観客たちもその様子の呼応するように盛り上がるのでした。厳しい言葉をぶつけたオーナーも晴れやかな表情でステージに立つPoppin'Partyたちのパフォーマンスに納得している様子で、演奏後には拍手を送って幕を閉じます。

初めてライブ前の円陣で気合を入れる

円陣を組むPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
Poppin Partyとして初めての大舞台となったSPACEでのライブですが、花園たえのひらめきで円陣を組むことになります。そこで誕生したのが「ポピパ!ピポパポピパパピポパ!」という掛け声で、これはリアルライブでもメンバーたちが使用しているとのこと。この円陣は舞台袖でおこなったものの、会場内に響き渡るほど大きな声を出していたため丸聞こえに。それだけの気合いを注入したことが窺え、Poppin'Partyの熱意が伝わってきます。

苦楽が詰まったPoppin'Party の集大成

毎日練習漬けだったPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
「夢見るSunflower」を演奏するPoppin'Partyは、結成に至るエピソードを交えた前説で軽く挨拶をしてからスタートします。そしてSPACEでライブをするという目標が叶ったこと、ずっとドラムに触れたかった山吹沙綾や受験によって音楽から離れていた市ヶ谷有咲など、それぞれのエピソードも告白するのでした。演奏中にも練習中から合間の勉強など、様々な積み重ねも回想しながら進み、ひと通り見終えるとPoppin'Partyの集大成とも言えるライブになったことが分かるはずです。

OVA:八月のif/ Poppin'Party

海の家でライブをするPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
TVアニメの後日談としてOVAが作られ、そこでもPoppin'Partyはライブを行います。舞台となったのは海の家で、戸山香澄と山吹沙綾のツインボーカルによる「八月のif」を初披露。夏の哀愁を感じさせる曲となっているだけでなく、何よりドラムの山吹沙綾が前に立って歌っている姿はとても貴重なシーンです。またTVアニメで少しの登場を果たしたRoseliaと遭遇しており、海を舞台に様々な物語を展開させているのも見逃せません。

山吹沙綾の提案で遊びに来た海

海に遊びに来たPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
Poppin'Party一行が海に行くことになったのは山吹沙綾の提案によるもので、普段はバンドのまとめ役でお姉さんとして振る舞っている彼女から提案するのはとても貴重です。それだけメンバーは心を許せる仲間だということが分かり、山吹沙綾もPoppin'Partyとの時間は気を張る必要がないと感じているのでしょう。そんな山吹沙綾たっての希望ということで、Poppin'Partyの5人全員で海へと出かけることになります。

はしゃいでいる山吹沙綾を見られる貴重なシーン

からかわれる山吹沙綾
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
TVアニメでは描かれているシーンが全体的に少ないためか、OVAでは山吹沙綾の様々な表情が描かれているため、推しているファンは見逃せない内容になっています。海に出かける当日、山吹沙綾は少し背伸びをしたファッションで現れては、市ヶ谷有咲にからかわれています。もちろん山吹沙綾以外も楽しいひと時を満喫しており、インドア派である市ヶ谷有咲も無邪気な表情を見せているのは貴重と言えるでしょう。

Roseliaたちも海で遊ぶことに

ビーチバレーをするPoppin PartyとRoselia
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
海にやってきたPoppin'Party一行でしたが、そこで偶然バンドの練習で近くに来ていたRoseliaの5人もいました。そして成り行きで一緒に遊ぶこととなり、メンバーを混合させてビーチバレー対決を実施することに。Roseliaは熱心な練習で少し行き詰った様子があったため、偶然とはいえPoppin'Partyと楽しく遊んだことはいい息抜きになったことでしょう。その証拠に湊友希那から晴れやかな表情が珍しく浮かんでおり、その後のPoppin'Partyたちのライブも優しい表情で見つめているのでした。

物語を盛り上げるライブシーンは必見!

海の思い出を記念撮影するPoppin Party
出典: BanG Dream ©BanG Dream! Project Craft Egg Inc. bushiroad
『BanG Dream!』では毎回のようにライブが行われているわけではなく、要所でシーンが取り入れられており、物語を華やかに彩る役割を担っています。それだけに様々な想いが詰まっていることが窺え、名曲名シーンとして刻まれやすくなっています。各演奏シーンでは演奏に励むメンバーたちに注目するだけでなく、物語の裏にある背景などにも注目してみると、より『BanG Dream!』が面白くなるはずです。

  • この記事を書いた人

KMT-Mitsuo

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-BanG Dream
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.