アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

アニメミルアプリ宣伝用バナー

文豪ストレイドッグス

【文豪ストレイドッグス 第4シーズン】新章が目前!第3シーズンを原作に沿って振り返ろう!

更新日:

中島敦や芥川龍之介など、実在した文豪がキャラクターとして登場する異色作『文豪ストレイドッグス』の第4シーズンが、2023年に放送されます。過去には第3シーズンまで放送された人気作で、原作の方の連載も人気は留まるところを知らず、絶好調です。第4シーズンを観る前に、過去作をおさらいしておきたい人も多いと思います。今回は、第3期がどういうストーリーだったのか、原作の内容に沿って振り返りたいと思います!ネタバレも含みますので、ご注意下さい!

第3シーズンは原作のどの辺り?

『文豪ストレイドッグス』(以下:文スト)の第3シーズンの内容は原作漫画の何巻から何巻までなのでしょうか?文スト第3シーズンは、原作漫画10巻から13巻の内容がアニメ化した内容となっています。この記事では、原作の漫画に沿って、第3シーズンの内容を紹介していきたいと思います!

10巻のあらすじまとめ

最初は、原作10巻のあらすじ紹介していきたいと思います。ギルドとの抗争を終えた武装探偵社は、白鯨を墜落させた犯人であるドストエフスキーの捜索を開始します。白鯨の制御端末の裏に貼られていた遠隔干渉をするためのチップが手掛かりです。そのチップを使って白鯨を横浜へと激突させようとするのが、犯人の狙いでした。その手掛かりを調べるため、国木田独歩と中島敦は元探偵社員の田山花袋の元へ向かいます。田山花袋の異能(この作品における特殊能力のこと)は「蒲団」という能力です。視界の中にある電子機器を触れずに常人の数十倍の速度で解析することが出来る能力です。ところが、恋煩いをしているせいで能力が使えない状態だったため、田山は名前も知らない彼女に告白したいという理由で、国木田たちに女性探しの依頼をするのでした。一方、犯人のドストエフスキーは、既にポートマフィアに捕まっていました。そしてドストエフスキーに然るべき処分を下すため、幹部のA(エース)が動き出します。

ドストエフスキーの目的

しかしAの本当の目的は、ドストエフスキーと手を組んで、首領である森鴎外を殺害することでした。そこで、ドストエフスキーは勝てば解放、負ければ部下になるという条件でカード勝負をしようと持ち掛けます。Aはポーカーの達人であり、余裕の表情でその勝負を受け入れます。しかし、Aはドストエフスキーが事前に流した偽の情報により異能を見誤って策略にはまってしまい、最後は自ら命を絶ちました。ドストエフスキーの目的は、Aからマフィア構成員の異能リストを手に入れることです。そのため自らポートマフィアへ意図的に捕まったのでした。全ては、ドストエフスキーの思惑通りだったのです。ドストエフスキーは目的を達成するため、次の行動へ移そうと計画していました。

11巻のあらすじまとめ

次に、原作漫画11巻のあらすじを紹介していきたいと思います。ヨコハマの夜の街で、武装探偵社の社長である福沢諭吉が、異能者狩りに襲われます。そして、与謝野晶子の異能力でも治すことのできない何らかの毒に体を蝕まれてしまい、意識不明の状態になります。さらに、ポートマフィアの首領である森鴎外も同じように襲われ、毒に侵されてしまいます。実は、福沢と森を襲ったのはドストエフスキーでした。ドストエフスキーは、逃げる最中に太宰治と対峙します。ドストエフスキーは、太宰治に自らの目的を語ります。ドストエフスキーは「書いたことが真実になる白紙の文学書」を得て、異能者のいない世界を作ることが目的だと語ります。その目的のためには、武装探偵社とポートマフィアは邪魔な存在でした。だからこそ、両組織を消すために福沢諭吉と森鴎外を襲ったのです。ドストエフスキーは二人を苦しめる毒の正体は「共喰い」の異能力であると話します。非常に小さい異能生物が宿主の体内で48時間かけ成長し、やがては宿主2人の身体を食い破るという何とも恐ろしい能力です。しかし、どちらかが死ねばその能力は止まります。つまり、福沢諭吉と森鴎外二人の命を巡って、武装探偵社とポートマフィアの間で争いが始まることを示唆していました。

12巻のあらすじまとめ

次に、原作漫画12巻のあらすじを紹介していきます。武装探偵社とポートマフィアは、ドストエフスキーの策略により全面抗争することになりました。早速、福沢諭吉の入院している病院がポートマフィアに完全包囲されてしまいます。武装探偵社は、伝令役に谷崎を残し病院を離脱します。「ウイルスを作った異能力者を捕まえる」とマフィアに伝え、武装探偵社のメンバーは事態の収束に向けて奔走します。時間内にウイルスを作った異能力者を捕まえることができなければ、谷崎の命の保証はありません。しかし、ドストエフスキーの策略により武装探偵社の調査は難航します。約束通りマフィアは谷崎の命を奪おうとしますが、あらかじめ仕込んでおいた国木田の異能を使い、その後鏡花のサポートもあり、谷崎は脱出に成功します。一方、福沢諭吉と森鴎外は組織の抗争を止めるべく因縁の地で対峙することになります。そして二人は、二大組織の命運を賭けた大勝負を開始します。福沢諭吉は森鴎外の異能であるエリスを消滅させますが、森鴎外は最後の力を振り絞り反撃します。そして、森鴎外が福沢にトドメを刺して決着が着くかと思われたその時、夏目漱石が姿を現します。夏目漱石の説得を受けて、武装探偵社とポートマフィアは再び協力することになるのでした。

13巻のあらすじまとめ

最後に、原作漫画13巻のあらすじを紹介していきたいと思います。夏目漱石の協力によりドストエフスキーの射殺から逃れていた田山花袋ですが、死の家の鼠の巣窟を特定することに成功します。そこで、太宰は敦と芥川を協力させアジトへの潜入を開始します。最初の目標は「共喰い」の能力者を確保することでした。しかし、二人は共喰いの異能力者のプシュキンによって、ウイルスに感染してしまいます。逃走するプシュキンを追う二人でしたが、その行く手を新たな異能力者、イワン・ゴンチャロフが阻みます。イワンの攻撃に苦戦する二人でしたが、最後は月下獣と羅生門を組み合わせた「月下獣羅生門 黒虎絶爪」でイワンを退けました。一方、プシュキンは福沢諭吉と森鴎外の二人に捕らえられましたが、結局ドストエフスキーの姿はアジトにありませんでした。ドストエフスキーは、アジトから遠く離れたカフェで優雅にティータイムを過ごしていました。そして逃走を図ろうとした時、立ちはだかったのは先回りしていた太宰でした。太宰はフィッツジェラルドと協力していたのです。こうして抗争は、無事に終演を迎えたのでした。

第4期はどこまでアニメ化される?

第3期は原作の13巻の中盤までのストーリーとなっています。第4期は原作漫画の何巻までのストーリーをアニメ化するのでしょうか?第4期の制作発表を伝える映像には「猟犬」が登場しています。「猟犬」との戦いは15巻からとなっているため、15巻まではアニメ化されるとみて良いでしょう。登場しないキャラクターを予告の映像に出すことは考えにくいです。15巻以降は切りの良い場面が見当たらず、どこで話を区切るんだろう?という感じになるのですが、19巻では武装探偵社のメンバーが揃うシーンがあります。この場面まで進めば区切りが良いと言えると思うので、おそらく第4期はこのシーンまでアニメ化するのではないでしょうか。3巻の中盤~19巻の中盤部分までアニメ化することになれば、約5巻分のストーリーにということになります。しかし、5巻分の内容で1期分のアニメというのは、果たして多いのか少ないのか、良く分からない部分がありますよね。そのため、文ストが1期に何巻までのエピソードがアニメになっているかを検証してみました。その結果、第1期は1巻~4巻まで、第2期は4巻~9巻まで、第3期は前述した通り10巻~13巻中盤までとなっていました。第3期を除いて大体漫画5冊分を1クールでアニメ化しているので、第4期が19巻中盤までアニメ化する可能性は十分考えられると思います。

第3期のあらすじ紹介まとめ

第3期は二大勢力の抗争やメインキャラクターが命の危険にさらされる等、見どころ満載となっています。筆者としては今のところ第3期が一番面白いと思っていますが、第4期は更に面白くなるのでは無いかと今から期待しています!新キャラクターも楽しみですね!それでは今回はここまでです。読んで頂きありがとうございました。

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

蒼いコアラ

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-文豪ストレイドッグス
-, , , ,

Copyright© アニメミル , 2023 All Rights Reserved.