アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

グラゼニ

【グラゼニ】グラゼニの作品としての魅力は?

更新日:

異色の野球漫画として話題を呼んでいる「グラゼニ」。「グラウンドには銭が埋まっている」をコンセプトにプロ野球としてお金を稼いでいる選手たちを描いています。今までにない野球漫画として人気を博しており、2018年にはアニメ化もされています。今回はそんな「グラゼニ」の魅力を10個紹介していきたいと思います。これを見て気になった方は、ぜひ「グラゼニ」を見てみてください

1.お金をテーマにしたプロ野球業界を描く

グラウンドには銭が埋まっている
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
これまでの野球漫画といえば、主人公を中心とした青春を描いたり、キャラクター同士の熱い勝負を描いたストーリーが中心となっていました。しかし、「グラゼニ」では、仕事としてプロ野球選手をしている選手たちという観点から、プロ野球とお金をテーマにしたリアルな業界事情を描いています。いくら稼いでいるのか、いつまで稼げるのか、引退したらどうなるのか、などリアルでシビアなプロ野球選手たちの悲哀を描いています。ここに登場するキャラクター達こそ、実際のプロ野球選手に近いのではないでしょうか。

2.プロ野球選手の失敗例も示してくれる

栗城さんと凡田夏之助
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
「グラゼニ」では、野球漫画にありがちなサクセスストーリーだけを取り上げてはいません。中には、野球選手として選択を誤ってしまったがために、引退を早めてしまったといったような人も登場します。例えば、神宮スパイダーズのバッティングピッチャー兼スコアラーをしている栗城さんは、現役時代球速にこだわってしまったがために、制球力を乱してしまい成績を残すことができずに引退をしてしまいます。このように成功したプロ野球選手だけではなく、残念ながら結果を残せなかった選手に至るまで登場するのが、「グラゼニ」の魅力といえるでしょう。

3.普段スポットが当たらない選手たちの奮闘

試合の行方を眺める凡田夏之助と先発
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
「グラゼニ」の主人公は、神宮スパイダーズの中継ぎ投手の凡田夏之助です。普通の野球漫画では、主人公はエースや4番と相場は決まっているものですが、この漫画では夏之助のような地味な役回りの選手にスポットが当たっています。これこそが「グラゼニ」が作り出している魅力ともいえるでしょう。今までスポットが当たっていなかった選手たちの視点から見たプロ野球という業界のエピソードなど、私たちには斬新に感じるものが多いです。

4.現実のプロ野球選手がモデルになったキャラクターもいる

三浦大輔がモデルとなった原武祐美
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
プロ野球を題材にした漫画ということもあって、実際のプロ野球選手をモデルにしたような選手も作中に登場します。例えば、瀬戸内カーナビーツの原武裕美は、その特徴的なリーゼントから元DeNAベイスターズの三浦大輔投手がモデルになっているといわれています。また、高橋ヨシノブなど現実と同じ名前で登場するキャラクターもいたりします。

5.プロ野球選手の引退後まで描かれる

解説者となった徳さん
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
プロ野球漫画といえば、現役選手として活躍する姿がメインで描かれるものですが、「グラゼニ」では、プロ野球選手を引退した後のセカンドキャリアまで描かれています。やはりお金に関してシビアな面を描く「グラゼニ」だからこそ、アスリートの引退後の厳しさも理解した上で描いていますね。ある選手は、球団職員として働いたり、バッティングピッチャーとして選手の近くで働いたり、解説者やコーチなどになっている人もいます。そういった人たちも忠実に描くことによって、プロ野球選手とお金というテーマがより深まっていきます。

6.外国人選手の事情まで詳しく描く

外国人選手のトーマス
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
プロ野球ではお馴染みの外国人選手。「グラゼニ」では、派手な助っ人外国人ではなく、2軍にいるような外国人選手を取り上げています。外国人枠の関係で1軍に上がれなかったり、急遽1軍で出場することが決まったりする立場の外国人選手の奮闘ぶりや、普段の通勤事情まで詳しく描かれています。基本的には「助っ人外国人」として、華々しくみられる外国人選手ですが、その中でも厳しい競争社会と契約があるという現実を知ることができます。

7.理想と現実の間で揺れ動く野球選手たち

球威で抑えることに快感を覚える凡田夏之助
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
凡田夏之助のように、バッターを圧倒するような剛速球も変化球もない、いわゆるスターではない選手たちにとってみれば、毎日が生き残りを賭けたサバイバルともいえるでしょう。夢を持ってプロ野球選手になった一方で、日々現実的に毎日の役割をこなしていくというコントラストが描かれます。凡田夏之助自身も中継ぎとしての役割や制球と組み立てで打ち取るスタイルを認識していながらも、先発へのあこがれを捨てきれなかったり、剛速球への誘惑に敗けそうになるなど、理想と現実の狭間で揺れ動く姿が描かれています。

8.一昔前の野球選手も登場する

凡田夏之助と対戦する土手来選手
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
現代のプロ野球選手といえば、アスリートのような感じで日々栄養管理と節制をしてパフォーマンスを維持しているイメージがありますが、「グラゼニ」の中では昔ながらの豪快な選手も登場します瀬戸内カービナッツの土手来選手はベテランの大打者として活躍する一方で、朝までキャバクラで遊んでいたり、二日酔いで試合に出場するなど、昭和にいた選手のようなキャラクターです。こういったプロ野球界の変化についても敏感に取り上げているのも「グラゼニ」の特徴ですね。

9.プロ野球ならではの人間関係

神宮スパイダーズ山梨県人会
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
プロ野球選手には、独特の人間関係が存在します。年齢だけではない、年俸や役職、キャリアなど、様々な観点から複雑な人間関係が描かれています。例えば、プロ野球選手としてのキャリアは短いのに、年俸が高い選手と飲みに言ったとき、どっちが支払いをするのかなど、気になるプロ野球選手同士の人間関係が明らかになっています。

10.凡田夏之助の声優は落合福嗣が担当!

凡田夏之助の声優を担当する落合福嗣
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
アニメ版の「グラゼニ」では、凡田夏之助の声優を落合博満の息子・落合福嗣が担当しています。あのレジェンド大打者の息子が声優を担当することもあって、作品の世界観を忠実に再現してくれるでしょう。

まとめ

様々な選手の事情が描かれる
出典: グラゼニ ©森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
これまでにない野球漫画として話題を集めている「グラゼニ」では、今まで取り上げられなかったプロ野球の世界の事情が詰まっています。一味違ったプロ野球のリアルな業界事情を知りたいのであれば、ぜひ見てみてください。

  • この記事を書いた人

tachan1916

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-グラゼニ
-, , ,

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.