Animemiru

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

山と食欲と私

【山と食欲と私】アウトドア・グルメ漫画の名シーン!ランキングTOP10

更新日:

雑誌を読む日々野鮎美

2015年からWeb漫画サイト『クラゲバンチ』にて連載されている漫画作品『山と食欲と私』。“山ガール”といわれることを嫌う自称単独登山家の主人公・日々野鮎美の登山と山頂で食べる食事を描いた作品で、読むと山に登りたくなり、お腹もすくというアウトドア・グルメ作品です。公式レシピ本が発売されるほどの本格的な料理が描かれており、さらに作者自身の趣味が登山ということもあり、実体験を活かした登山の描写が話題となっています。今回は『山と食欲と私』に登場する、名シーンだと感じた場面を独自にランク付けし、紹介します。

 

第10位 遭難寸前?!ピンチから得た経験

黙々と歩く日々野鮎美
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
とある山に登っていたところ、山頂までのルートにはないはずの沢に出くわした日々野鮎美。とりあえず、焦らずに地図を見ようとするも、地図を入れておいたポケットのファスナーが開かずに苦戦。慌てながらも、1度ハーフパンツを脱いでから裏返して、ポケットの内布をナイフで割いて取り出すことに成功。方位磁石をもとに地図を見ながら現在地を確認しようとするも、やはり現在地は分からずで、再び焦り始める鮎美。そこで、1度落ち着くために食事を作ることにするのでした。作ったのは、自家製にんにくネギ味噌を混ぜた即席さけ雑炊。ここで、箸やスプーンなどを持ってくるのを忘れた鮎美は再び取り乱しそうになるも、落ちている木の枝を洗って使おうと機転を利かせ、落ち着きを取り戻します。食事が終わり落ち着いた鮎美は、“山で迷ったら尾根を目指せ”という知識から、地図を見ながら登山道を探し始めるのでした。そして、どうにか登山道へ出ることができた鮎美。そのときにはもうすっかり日が暮れていたのでした。鮎美がピンチから多くの経験を得た、そんな場面です。

 

第9位 山の秋を満喫!

小走りする日々野鮎美
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
ある日、秋の終わりにとある山へと登ったときのこと。すっかり紅葉も終わり、葉が落ちて裸になった森を見上げながら、季節で異なる景色を堪能している日々野鮎美。落ち葉をかき集めて投げて遊んだりとすっかり楽しんでいるようす。山頂に到着すると、季節のものを使った揚げ物を提供している天ぷら屋さんを見つけます。そこで、獲れたて揚げたての季節の野草とキノコを楽しむ鮎美。食後には読書を楽しみ、栞には紅葉した落ち葉を使ったりと、季節ならではの山を満喫したようす。季節ごとの楽しさが描かれている『山と食欲と私』の魅力が溢れている名場面です。

 

第8位 山の不思議?不思議なおばあさんと奇妙な体験

ホッとする日々野鮎美
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
3月にとある里山に登ったときのこと。濃霧の中で道を進む日々野鮎美は、こんな日はキツネにでもバカされるのではないか?と内心ヒヤヒヤしながらも、実は心のどこかで1度騙されてみたいとワクワクしながら歩いていました。そこへ、濃霧の中から突如現れたのは、地元の人らしきおばあさん。そのおばあさんから「きょうはやまには、はいらねほうがい(今日は山には入らない方がいい)」と忠告を受けます。さらに「ふりかえらねこと(振り返らないこと)。さそわれてもだまってまつこと(誘われても黙って待つこと)。」と言い、去っていくのでした。こんなこともあり、わずかに恐怖を感じながらも先へ進んだ鮎美は途中で見つけたソファーベンチに腰かけ、コンビニで買った桜もちを食べることに。この桜もちを食べ終えたら今日は下山しようと決め、さっそく桜もちを食べ始めるのですが、4つある桜もちは1つ食べると1つ消え、さらにもう1つ食べるとまた1つ消えていくのでした。この奇妙な出来事に冷や汗をかきながら、もう下山しようと決めて立ち上がり、歩き始める鮎美ですが、急に後ろから何者かにザックを掴まれます。そこでおばあさんの言っていた“振り返らないこと、誘われても黙って待つこと”を守り、立ち止まる鮎美。どれくらい立ち止まっていたのかわかりませんが、ある程度時間が経つと、ザックから手が離れたのでした。足早に立ち去る鮎美。帰宅してみると、ザックの中につぶれた桜もちが2つ入っていたとのことでした。鮎美が体験した、山ならではの奇妙な出来事が描かれた名場面です。

 

第7位 森の奥で男性と2人きりに・・・

ココアを振るまう兎内幸生
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
とある山へ登山しに行ったときのこと。登山口近くのバス停では日々野鮎美の他に、もう1人男性が降り立ちました。どうやらその男性も登山するとのこと。その男性とは、単独登山家である兎内幸生。さっそく登り始めようと山の入り口に立つと幸生は、女性の後ろを歩くのは悪いからと、先に立って歩き始めます。すいすいと進んでいく幸生を見た鮎美は、幸生は道に詳しそうだと判断し、迷わないように後ろをついて歩いていきます。しかし、幸生は途中で登山道を見失ってしまいます。それを機に、幸生と鮎美は一緒に登山道を探しながら歩くことに。あっちかこっちかと迷いながら1時間が経過した頃、どうにか登山道に戻ることができた2人は、雨宿りも兼ねて休憩することにします。そこで幸生は、ミルクココアにスライスしたショウガとウィスキーを混ぜた“大人のココア”を鮎美にふるまい、ココアを飲みながらのんびりする2人。そこで幸生は「一緒に道に迷った人と、こんな雨の日に森の奥深くでお茶をするなんて・・・なんだかドラマチックで楽しいです」と言うのでした。その言葉にドキッとした鮎美。しかしその後の会話から幸生は妻子持ちということが判明。わずかな時間ですが、鮎美が山ならではのトキメキを感じたレアな場面です。

 

第6位 単独登山家同士での登頂

南アルプスに挑む日々野鮎美
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
ある日、日々野鮎美は2泊3日で南アルプスの甲斐駒ヶ丘と仙岳ヶ丘に挑戦することに。そこで甲斐駒ヶ丘と仙岳ヶ丘の間にある北沢峠の長衛小屋キャンプ場を利用することにします。そこで会ったのは、同じく“単独登山家”である香山栄螺。2人とも1日目は前泊し、2日目から甲斐駒ヶ丘に登る予定とのことで、一緒に登山することにするのでした。さっそく甲斐駒ヶ丘に登り始めた2人ですが、何か喋った方がいいのか、歩調を合わせた方がいいのかなど考えながらも、途中で見える絶景を共有したり、山頂に到達したときには喜びを分かち合ったりと楽しそうなようす。下山中もだらだらと話しながら、誰かと一緒に山に望むことの楽しさを共有しているのでした。3日目の仙岳ヶ丘には別ルートで登ることにした2人。そこで鮎美は単独登山の気楽さも再認識しながらも、誰かと登山することの楽しさも知ったからか、少し寂し気。そして山頂で再び栄螺と会い、一緒に食事を取るのでした。“単独登山家”を自称しつつも、誰かと登る楽しさを知った名場面です。

 

第5位 登山の楽しみを知ったサヨリ

照れる瀧サヨリ
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
小松原鯉子が会社の主任に就任した後のこと。新人として会社にやってきた瀧サヨリですが、口数が少ないこともあり、鯉子や日々野鮎美はなかなか交流を深められずにいました。そこで鯉子は登山レクリエーションを企画。経理課の鯉子、鮎美、サヨリ、蛭村直樹の4人で高尾山へと向かうことになります。4人は無事登頂し、サヨリが振る舞ってくれた熊本の郷土料理や焼酎を楽しみました。その後、鯉子と直樹はケーブルカーで、サヨリと鮎美はのんびり話しながら下山。下山後には、高尾山口に直結している温泉施設を満喫。元々サヨリは山岳部でしたが、いろいろな理由から登山からは離れていたとのこと。ですが、今回4人で登山した後には「今日はじめて登山というものを・・・・・・楽しいと思った・・・かも・・・」と嬉しそうな表情で言うのでした。経理部の4人の親睦も深まり、サヨリが登山の楽しさを知った名場面です。

 

第4位 標高2899m!赤岳からの大展望

意気込む日々野鮎美
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
有給休暇を取り、3泊4日で八ヶ岳へ向かった日々野鮎美。八ヶ岳は夏沢峠を境に北八ヶ岳と南八ヶ岳に分けることができ、鮎美は北八ヶ岳から入山して3日かけて南下する予定を立てていました。1日目を終え、2日目は5:00に出発。しかし10:00には雷を伴う大雨に見舞われ、山小屋で足止めを食らってしまいます。その後も天候を確認するも良くならず、その日は山小屋に泊まることに。そして3日目。ある程度天候は落ち着いたものの、雨は降り続けている中、9:30に山小屋を出発。八ヶ岳の主峰である赤岳(2899m)へと向かいます。相変わらずの天気で、周りは雲に覆われているため景色は全く見えない状況。そんな中、11:15に赤岳山頂直下の最後の急登に突入します。“晴れろ”と願いながら1歩1歩進んでいく鮎美。ふと後ろを振り返ると、そこにはもうすっかり雲が晴れ、大展望が開けていたのでした。思わず歓声を上げる鮎美ですが、他の登山者も思わず声を上げているようす。登山した者のみが見ることのできる絶景に感動するといった山ならではの名場面です。

 

第3位 旅を通じて得たものとは?

誘う黒蓮七実
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
日々野鮎美はとある山から下山している途中、車で旅をしているという黒蓮七実に出会います。鮎美は成り行きから七実に駅まで送ってもらうことになるのですが、近くに秘湯があるらしいとの情報から寄っていくことに。秘湯を堪能した後には、ミートソースカレーを作り、食べる2人。そんな七実はアウトドアの知識も豊富で、自由に旅を楽しんでいるようすですが、旅に出る前にはいろいろあって人間不信になっていたとのこと。しかし、旅をする中でたくさんの人と出会い、人を信じる気持ちを取り返すことができたそうです。そんな七実に鮎美は「黒蓮さんみたいな自由な人生に私・・・憧れます」と言う場面も。しかし七実は「自由はときどき寂しいよ」と返すのでした。旅を通じて多くのものを得た七実の経験や重みが感じ取れる名場面です。

 

第2位 山コンでできた心の山友達

つぶやく日々野鮎美
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
会社の後輩である瀧サヨリが籍を入れたと報告を受けたときのこと。それを聞いて焦りを感じた先輩の小松原鯉子は、日々野鮎美と共に“山コン”に参加することに。当日は男女20人ずつ集まり、筑波山へと登ることになります。山コンの形式に沿って、順番にさまざまな男性と話す中、鮎美がいろんな意味で気になったのは、小鷲という男性。小鷲は転んだときに鮎美が手を差し出すも手を取らずに1人で立ち上がったり、お昼は1人で食べてたりと、山コンにあまり馴染んでいないようす。そんな小鷲は、母親のすすめから山コンに参加したとのこと。1度結婚に失敗したという小鷲は隣を歩き続ける鮎美に対して、自分はこういう場所は向いていない、他の人と話した方がいいだろうと言います。しかし、鮎美はなんとなく小鷲ともう少し話をしたいと思い、一緒に話しながら登山するのでした。小鷲は「山は嫌いなんだよ、つかれるしよ」と言いつつも「でもいい景色だべ、ガキに見せてぇや」と話し、山を少し楽しんでいるようすも。そしてついに山コンが終了し、カップリングタイムの時間。その時に小鷲は、子どもが熱を出したとのことで姿を消していたのでした。結局山コンでは、鮎美も鯉子も誰ともカップリング成功とならず、帰りのバスに乗り込みます。そこで主催者が鮎美の元へ、小鷲から受け取ったという手紙を持ってきます。そこには、自分は歳だし出会いも諦めていたが、鮎美のように話し相手になってくれる女の人がいると思うと少し気が楽になったこと、さらに息子を連れてあちこちの山に登ってみようと思ったとのことが書かれているのでした。隣の席に座る鯉子にラブレター?と聞かれた鮎美は「・・・そう・・・ですね・・・・・・心の・・・山友達が一人できました」と噛みしめるように言うのでした。山と鮎美が、人生に悲観的になっていた小鷲に、山の魅力や新たな楽しみを与えることのできたような、そんな名場面です。

 

第1位 素敵な言葉をこぼしてしまう山の魔力

日々野鮎美の横顔
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
日々野鮎美が有給休暇を取って3泊4日で八ヶ岳を訪れていたときのこと。鮎美は18:00頃には天狗の奥庭付近(標高2400m)に到達し、金色に焼けるという北アルプスの夕焼けを眺めていました。そのちょうど近くには男子大学生らしきグループも。その中の1人が「俺・・・いつか、大事な人にプロポーズする時には、こんな夕焼けの見える場所で・・・って小さいときから決めてるんだ」とつぶやくように言うのでした。それに対して友人らしき男子学生たちが「あれ?もうそんな話?」「彼女と付き合って一ヶ月じゃなかった?」「キスは?」と茶化し始め、「忘れてくれ」と照れているようす。そこで鮎美「下界ではなかなか口に出せないような素敵な言葉が、ついうっかりこぼれちゃうような魔力が山にはあるよね」と、ぼんやり思うのでした。素敵な言葉が聞け、さらに山の魅力を再認識した名場面です。

 

山と食欲と私・名シーンランキングまとめ!

雑誌を読む日々野鮎美
出典: 山と食欲と私 ©SHINCHOSHA
いかがでしたでしょうか?今回はアウトドア・グルメ漫画『山と食欲と私』に登場する名シーンだと感じた場面を独自にランク付けしたものについて紹介しました。本作では、タイトルにもなっている通り登山の魅力を感じるような場面や人と人との絆が見て取れるような場面など、様々な場面が登場します。他にも多くの名場面を発見することができるので、ぜひチェックしてみてください。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

YouTubeでもAnimemiru!「動画でみる」まとめ記事を紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【とある魔術の禁書目録】動画でみる 超能力者(レベル5)全員をまとめてみた

学園都市に住むレベル5の7人をまとめてみました!これさえ読めば学園都市最強メンバーを覚えられますよ。【とある魔術の禁書目録Ⅲ】を見るなら必読です。

【ジョジョの奇妙な冒険】動画でみる 黄金の風 5部 衝撃的な死亡シーン特集

ジョジョの冒険シリーズの第5部作である黄金の風。皆さん知っての通りだと思いますが、敵、味方関わらず衝撃的な死亡シーンが多々あります。そしてまたそれは名場面が多いのです。今回は、そんな衝撃的で考えされるもののある死亡シーンを特集させていただきます!。

【ゴールデンカムイ 】で読み解く 動画でみる 日本とロシアとアイヌの歴史

イヌ民族の伝統、文化を事細かにレポートし、彼らの習慣や信仰を教えてくれるゴールデンカムイ 。皆さんは、そんなアイヌの歴史の背景をご存知でしょうか?日本とロシアの領土問題による、強制移住や国籍選択、様々な悲しい歴史を持った民族なのです。そんな彼らの歴史を、日本とロシアの関係性も含めながら今回は紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

lisa_999

-山と食欲と私
-,

Copyright© Animemiru , 2018 All Rights Reserved.