アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

アニメミルアプリ宣伝用バナー

2.43 清陰高校男子バレー部

【2.43 清陰高校男子バレー部】の魅力紹介!もうすぐアニメ化!

更新日:

バレー部

2021年1月にアニメ化が決定している「2.43 清陰高校男子バレー部」。元は小説であり、引き込まれる文章と美麗なイラストにファンが急増中です。アニメ化するということで喜んでいる方も多いのではないでしょうか。本作品は福井県を舞台に、男子バレー部の青春を描いています。本作品にはいったいどのような魅力があるのでしょうか。こちらの記事では「2.43 清陰高校男子バレー部」の魅力について紹介します。

「2.43 清陰高校男子バレー部」のあらすじとは?

バレー部

福井県の高校を舞台に、全国大会を目指す男子バレーボール部の青春を描いています。主人公の灰島 公誓(はいじま きみちか)は、東京でバレーの強豪高校に通っていました。しかしその中で、かなり深刻なトラブルを引き起こしてしまいます。それがきっかけで生まれ育った街である福井県に引っ越しをし、幼なじみである黒羽 祐仁(くろば ゆに)と再会しました。バレーへの情熱、そして才能がありながら、人の気持ちを理解するのが難しく摩擦を起こしてしまった灰島と、かなりの身体能力を持ちながらもプレッシャーに弱い一面を持つ黒羽の2人がエースコンビとして成長していきます。しかしそんな中、中学校最後の県大会の中でなんと2人が衝突。絶縁状態のまま2人は同じ高校である七符清陰高校に進学しました。

高校に入ってからは

灰島も黒羽も同じく七符清陰高校の男子バレー部に入部します。そこに待ち受けていたのは情熱的な主将である小田伸一郎、秀才で毒舌家・生徒会副会長も務める副主将の青木操、日光アレルギーで外での練習はせず常に長袖長ズボンを身につけている棺野秋人らでした。かつては弱小チームと呼ばれていた七符清陰高校の男子バレー部ですが、ここからは福井県の新星としてグングン成長し、様々なライバルと出会うことになります。

魅力その①文章に引き込まれる!

バレー部

「2.43 清陰高校男子バレー部」の原作は小説です。1番の魅力としてはその文章に引き込まれるということ!原作者は壁井ユカコ先生。壁井ユカコ先生といえば小説家であり、東京都出身です。デビュー作は電撃文庫の「キーリ 死者たちは荒野に眠る」。その他「カスタム・チャイルド」シリーズや「鳥籠荘の今日も眠たい住人たち」「クロノ×セクス×コンプレックス」「五籠世界 霧廟に臥す龍」など様々な作品を執筆されています。「2.43 清陰高校男子バレー部」は2013年7月に第1巻が発行されました。引き込まれる文章がとても魅力であり、等身大で青春を送るキャラクターたちをついつい応援したくなります。

タイトルの意味は?

バレー部

「2.43 清陰高校男子バレー部」というタイトルの意味が気になりますよね。この「2.43」というのは、ネットの高さを意味しています。高校男子バレーボールにおいて、多くの県大会でのネットの高さは2メートル40センチです。しかし全日本バレーボール高等学校選手権大会、略して「春高」ではその高さは2メートル43センチになります。この「2.43」シリーズでは、福井県の弱小チームである清陰高校男子バレー部が、「全国」である春高を目指して戦うという青春が魅力。

続きが気になって仕方ない!

壁井ユカコ先生の文章に引き込まれ、気付いたらどんどん読み進めてしまった!というファンの方がとても多いです。どんどんストーリーは進んでいきますが、続きが気になって仕方ない!という人も多いのではないでしょうか。世界観に入り込んでしまい、試合の臨場感に気付いたら彼らと一緒にボールを追いかけてしまいます。気になる方はぜひ、アニメ化の前に原作の小説もチェックしてみてくださいね!

魅力その②美麗イラストが最高

バレー部

「2.43 清陰高校男子バレー部」の魅力として欠かせないのが、その綺麗なイラストでしょう。小説の表紙ひとつひとつもとても綺麗で、表紙買いしてしまったという方も多いのではないでしょうか。イラストを担当しているのは山川あいじ先生。群馬県出身の漫画家さんで、主に「マーガレット」「別冊マーガレット」などで連載をされています。デビュー作品は「キミを想う。」。その他作品としては「ちょうちょになる。」「Stand Up!」などがあります。

イケメン揃い

表紙

ご覧の通り、「2.43 清陰高校男子バレー部」にはたくさんのイケメンが登場します。とてもかっこよく、女性人気の高い作品であるというのもうなずけます。しかし彼らはかっこいいだけではありません。味方もライバルも、それぞれ自分の目標に向かって一生懸命頑張る姿がまた魅力的です。またキャラクターたちがとても個性豊かなので、どのキャラを推すか迷ってしまいますね!ちなみに特に人気のキャラクターとしてあげられるのは、「代表決定戦編」に登場するライバル校の三村 統(みむら すばる)です。三村は福井県の王者である強豪校・福蜂工業高校の3年生であり主将。三村が登場した回はかなり反響が大きかったんだとか。たくさんいるキャラクターの中でも特に人気ということですね。そのほか棺野秋人や青木操なども人気が高いです。

透明感のあるイラストが魅力的!

山川あいじ先生のイラストには透明感があり引き込まれます。壁井ユカコ先生の文章とも合っていてとても素敵ですね。かっこいいだけではない魅力を秘めたキャラクターたちの動きや表情にも注目です。2021年のアニメ化ではこの彼らが動くということで、ますます楽しみですね!

魅力その③キャラクターたちを応援したくなる!

バレー部

そして続いての魅力としては、キャラクターたちの真っ直ぐな姿勢に応援せずにはいられなくなるということです。キャラクターたちは不器用ながらもまっすぐ自分たちの目標や夢に向かって突き進んでいます。その姿を見ていると、思わず応援したくなるという方も多いのではないでしょうか。主人公たちの高校はタイトルにもある「清陰高校男子」ですが、ここは福井県のバレーボール弱小校。しかし主人公が入学し、様々な試練を乗り越えながらだんだん強くなっていきます。

敵キャラクターも個性豊かで魅力的!

主人公たちだけではなく、いわゆる敵キャラクターも魅力的なのが本作品の特徴です。ライバルとなる高校としては、福井県の王者である福蜂工業高校や福岡県の箕宿高校、さらに東京都代表の景星学園高校などが挙げられます。それぞれの高校にドラマがあり、知れば知るほど応援したくなってしまいます。また高校バレーの全国大会である「春高」編では、それぞれのチームがぶつかり合います。最も盛り上がるところであり、こちらも必見です!

ライバルチームにも注目!みんなまっすぐ

またライバルチーム視点での物語も描かれているため、ついつい感情移入してしまいます。春高となると様々な強豪チームが出てくるため、それぞれのチームに深い物語があります。また試合の数も多くなってきて、試合を重ねるごとに彼らの成長を見ることができるでしょう。また作者である壁井ユカコ先生曰く、どのキャラクターも応援したくなるように執筆しているとのこと。そのためスポーツ漫画にありがちなズルをしたり腹黒い作戦を考えたりするようなキャラクターはおらず、ライバルも主人公たちも正々堂々と戦う姿が印象的です。みんなを応援したくなるのはこのためですね!

【2.43 清陰高校男子バレー部】魅力紹介まとめ!

バレー部

以上が「2.43 清陰高校男子バレー部」の魅力についてのまとめでした。いかがだったでしょうか。ストーリーの面白さとイラストの綺麗さ、そしてキャラクターたちなど、様々な魅力があることがわかりました。見ていると思わず物語に引き込まれてしまいます。また声優さんたちもとても豪華ということで、アニメ化した際はそちらにも注目したいですね。「2.43 清陰高校男子バレー部」のアニメ化は2021年1月です。動いて喋る彼らを見るのが今からとても楽しみですね。気になる方はぜひ、今のうちに原作をチェックしておきましょう!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

ranranko_47

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-2.43 清陰高校男子バレー部
-, , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2022 All Rights Reserved.