Animemiru

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

AIR

【AIR】夏の感動作の名言TOP10

更新日:

ラストの観鈴

『AIR』は美少女ゲームブランド「Key」より2000年に発売された名作で、美少女ゲームとしては異例の30万本以上の売上を記録した大ヒット作です。2005年にはアニメ化し、円盤も全巻で10万本以上売り上げた本作ですが、感動の名言をランキング形式で10個紹介します。

『AIR』とはどんな作品?

とにかく売れまくった感動の名作アニメ

攻略組
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

『AIR』を一言で言うと、ゲームは美少女ゲームとしては異例の30万本以上、アニメは2000年代半ばというブーム到来以前の時代で円盤が10万本以上売れたという、とにかく売れまくった名作です。

全員
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

その人気は、2000年代前半から半ばにかけて凄まじく、あまり普段アニメを観ない層まで取り込み、続く『涼宮ハルヒの憂鬱』から始まるアニメブームに火をつけた作品でもあります。

『AIR』の魅力を簡潔に紹介!

三部構成のストーリーが壮大!

サマー編の登場人物
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

『AIR』のストーリーは三部構成になっていて、第一部がヒロインの観鈴と主人公の往人を中心とした現代の話になっており、第二部の「SUMMER編」では、1000年前の平安時代で観鈴と往人の秘密に関わる話が描かれ、第三部では再び現代に戻り意外なキャラクターが主人公になる所が、壮大で魅力的なストーリーとなっています。

恋愛要素がほぼ皆無で家族愛に主眼が置かれる

観鈴と晴子の中の良い姿
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

『AIR』が他の美少女作品と違うのは、恋愛要素が殆どなく、家族愛に主眼が置かれている所です。特に後半は意外な展開になり、序盤を裏切る形で涙を誘います。

シナリオライター兼音楽家の「麻枝准」さんの曲が素晴らしすぎる!

観鈴と往人が川で遊ぶ
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

「Key」と言えば「泣けるシナリオ」ともう一つ、「素晴らしい音楽」です。筆者個人的には、近年までイラストを担当していた「樋上いたる」さんの絵も大好きなのですが、巷ではシナリオと音楽が評価されることが多く、シナリオと音楽を兼任して創作している「麻枝准(まえだじゅん)」さんの感性は素晴らしいの一言ですね。

千年物語
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

「Key」の作品は音楽だけでもファンになれる、素晴らしい名曲が多いです。『AIR』も例外ではなく、オープニングテーマの「鳥の歌」から、BGMの「夏影」まで素晴らしい名曲が揃っています。

【AIR】名言ランキング10位

「国崎最高!!」by.妄想の中の大勢の使徒たち

国崎最高1
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

人形劇の商売が繁盛しない往人が、学校の校門なら生徒たちが沢山いるから、商売が繁盛するかもしれないと妄想した時に生まれた妄言。

国崎最高2
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

「国崎最高!!」とは、往人が自分自身に言っているのではなく、沢山の生徒たちが往人の人形劇を見て盛り上がっている姿を往人が勝手に妄想して生まれた名言です。

【AIR】名言ランキング9位

「魔法が使えたらって、思ったことないかなぁ?」by.霧島佳乃

佳乃との出会い
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

ゲーム版のヒロインの一人である「霧島佳乃(きりしまかの)」のキービジュアルと共にテロップされた、佳乃の代表的なセリフとして有名な名言。

驚く佳乃
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

作中では往人と出会ってすぐにこのセリフを言っているので、佳乃にとって魔法というキーワードは非常に重要な意味を持つことだとわかりますね。

【AIR】名言ランキング8位

「仲の良い家族みたいだなぁ」by.柳也

サマー編
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

「SUMMER編」の主人公である柳也が、敵の兵に囲まれ絶体絶命の時に、裏葉の言葉に対して初めてまともに返した時のセリフです。

やさしげな柳也
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

それまでは、柳也は幾度となく裏葉のセリフに対してはぐらかしたような言葉しか返しませんでしたが、死を覚悟して、初めて裏葉にまともに対応をした時の名言です。

【AIR】名言ランキング7位

「余の最後の命である……。末永く……、幸せに、暮らすのだぞ」by.神奈

神奈との別れ
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

翼人の力を得た「SUMMER編」のヒロイン「神奈備命(かんなびのみこと)」が、柳也と裏葉を逃がすために自ら空に舞い上がり、自己犠牲の末、二人を救う直前に放った最後の言葉です。

神奈との別れ
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

神奈の憂いを帯びた表情と共に放たれる感動のセリフで、直前の海の夢と、「楽しかったぞ」「柳也殿と一緒におると、羽を忘れられた」という言葉の直後に放たれるこのセリフは、非常に涙を誘う名言となっています。

【AIR】名言ランキング6位

「ただ…もうひとりのわたしが、そこにいる。そんな気がして」by.神尾観鈴

神尾観鈴とそら
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

『AIR』のメインヒロインである「神尾観鈴(かみおみすず)」のキービジュアルと共にテロップされた、観鈴の代表的な名言です。

観鈴の登場
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

ゲーム版の時から印象に残るセリフで、アニメでも当然、観鈴の口からこの名言は放たれました。

【AIR】名言ランキング5位

「飛べない翼に、意味はあるんでしょうか」by.遠野美凪

風になびく美凪
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

 

ゲーム版のヒロインの一人である「遠野美凪(とおのみなぎ)」のキービジュアルと共にテロップされた、美凪の代表的な名言です。

笑顔の美凪
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

メインとなる三人のヒロインの代表的なセリフの中では、美凪のキャラクターと相まって最も印象に残る名言で、後に往人が返した返答も素晴らしく、出来ればベスト3に入れたかった名言ですね。

【AIR】名言ランキング4位

「ぼくはようやくしった。ずっとみすずのそばにいたこのひとは、みすずのおかあさんだったんだ」by.そら(カラスになった往人)

11話の最後
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

記憶を失った観鈴は、義理の母親である晴子から実の父親である敬介に引き取られることになりました。

11話のラスト
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

しかし、観鈴は晴子から離れたくないと必死に敬介に抵抗。晴子の元に駆け寄った後、晴子の胸で子供のように泣きじゃくり、その後ぐっすり眠ってしまった観鈴の姿を見て、カラスとなったそら(カラスになった往人)が思った心の声です。

【AIR】名言ランキング3位

「人の夢とか願い……、全部この空に返してや! 頼むで!」by.神尾晴子

穏やかな晴子
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

観鈴を失った晴子でしたが、新たに気持ちを切り替え人生の再スタートを切っていました。

晴子の笑顔
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

しかし、海の見える堤防に未だにそらがいる所を見て、そらに「いつまでもこんな所にいないで」という気持ちを込めて放った、晴子の愛のある名言です。

【AIR】名言ランキング2位

「もう一度だけ、頑張ろうって決めたこの夏休み。往人さんと出会ったあの日から始まった夏休み。色んなことがあったけど、辛かったり、苦しかったりしたけど……、私、頑張って良かった!」by.神尾観鈴

ラストの観鈴
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

観鈴が自分の使命を終え、幸せな記憶と共に晴子の元へ「ゴール」しようと、観鈴が晴子に放った名言。

ラストの観鈴2
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

作中で最も泣けるピークのシーンで観鈴が放つこの名言は、ゲーム版ではもちろんのこと、アニメでも非常に泣けるセリフでした。

ラストの観鈴3
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

ゲーム版では随分と久しぶりに「往人さん」というテキストが目に入り、その前にだいぶ前に消えた主人公の往人でしたが、観鈴の中ではずっと生き続けていたのだとわかった、感動のセリフでもありましたね。

【AIR】名言ランキング1位

「いつの日か、滅びの時を迎えること、それも避けようのない結末。けれど最後は、星の記憶を担う最後の子には、どうか幸せな記憶を」by.最初の翼人?

最初の翼人?
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

プロローグで、「我が子よ…よくお聞きなさい」。というくだりから始まった誰かの言葉は、ラストシーンで最後まで語られ、それが翼人とおぼしき人物が、自分の子供か誰かに語っている言葉だとわかりました。

ゴールした観鈴
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

哀しみの記憶で星はいつか滅びを迎える定めだろうけど、せめて「星の記憶を担う最後の子」には、「幸せな記憶」を持ってもらいたいという、翼人とおぼしき人物が誰かに捧げた、愛のある名言でしたね。

観鈴と晴子
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

ちなみに、この「星の記憶を担う最後の子」というのは、純粋な翼人としては「神奈備命」のことかもしれませんが、翼人の魂を継いだ人間も含めると観鈴のことです。

海で夕陽を見る観鈴と晴子
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

純粋な翼人である神奈は、残念ながら「哀しい記憶」で魂を汚してしまいましたが、翼人の魂を継いだ観鈴は、往人の奮闘もあり、晴子と親子になれたことで自らの命と引き換えに「幸せな記憶」で神奈の魂を浄化することに成功しました。

【AIR】名言ランキング番外編

「彼らには過酷な日々を。そして、僕らには始まりを。…さようなら」by.往人(そら)の生まれ変わり

転生した男の子
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

ラストシーンで、往人(そら)の魂は、往人や観鈴のいる同時系列の世界に何故か転生しており、小さな男の子になっていることがわかりました。

始まりの二人2
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

そして、観鈴(神奈)の魂も同じ時系列に転生しおり、往人や観鈴と同時系列に生きる女の子として生まれ変わっていました。

始まりの二人
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

そんな往人の生まれ変わりと観鈴の生まれ変わりは、往人と観鈴の努力によって全てのしがらみから解放され、「はじまりの魂」となっていたわけです。

ラストシーン
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

そんな往人の生まれ変わりの男の子が、頑張ってくれた往人と観鈴に対しての感謝の表れなのか、振り返り独り言のように二人につぶやいた言葉がこの名言です。

【AIR】名言ランキングまとめ

やっぱり『AIR』は泣ける!

叶わなかった観鈴と晴子の夢
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

夏と言えば『AIR』ですが、こうやって『AIR』の名言をまとめると感動できるシーンが多いことに改めて気づかされました。

しろはの名言1
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

『AIR』は2000年に「Key」より発売された夏を舞台とした名作ですが、2018年6月には同じく「Key」より新作『Summer Pockets』が発売され、こちらも『AIR』と同じく、タイトル通り夏を舞台とした感動名作となっています(アニメ化も決定しています)。

しろはの名言2
出典: Air ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

『Summer Pockets』は流石に近年発売されただけあり、『AIR』とはまた違った濃密で泣ける作品となっているので、これからは夏と言えば『AIR』と『Summer Pockets』の季節と言えるかもしれませんね。

YouTubeでもAnimemiru!「動画でみる」まとめ記事を紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【とある魔術の禁書目録】動画でみる 超能力者(レベル5)全員をまとめてみた

学園都市に住むレベル5の7人をまとめてみました!これさえ読めば学園都市最強メンバーを覚えられますよ。【とある魔術の禁書目録Ⅲ】を見るなら必読です。

【ジョジョの奇妙な冒険】動画でみる 黄金の風 5部 衝撃的な死亡シーン特集

ジョジョの冒険シリーズの第5部作である黄金の風。皆さん知っての通りだと思いますが、敵、味方関わらず衝撃的な死亡シーンが多々あります。そしてまたそれは名場面が多いのです。今回は、そんな衝撃的で考えされるもののある死亡シーンを特集させていただきます!。

【ゴールデンカムイ 】で読み解く 動画でみる 日本とロシアとアイヌの歴史

イヌ民族の伝統、文化を事細かにレポートし、彼らの習慣や信仰を教えてくれるゴールデンカムイ 。皆さんは、そんなアイヌの歴史の背景をご存知でしょうか?日本とロシアの領土問題による、強制移住や国籍選択、様々な悲しい歴史を持った民族なのです。そんな彼らの歴史を、日本とロシアの関係性も含めながら今回は紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

asami.miki

-AIR
-, , , , , , , , ,

Copyright© Animemiru , 2018 All Rights Reserved.