アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

アニメミルアプリ宣伝用バナー

犬になったら好きな人に拾われた。

【犬になったら好きな人に拾われた。】本作に関わっている人はどんな人?キャストや制作会社について紹介!!

更新日:

2023年に放送される数々のテレビアニメーションの中で特に注目を集めているのは、本作『犬になったら好きな人に拾われた。』でしょう。主人公がある日突然犬になってしまい、気がついたら好きな人に拾われていたという斬新な設定で描かれる本作ですが、他のアニメ作品では、描くことのできない過激な描写を主人公が犬であることをいいことに、とにかく細かく過激な描写を描いている作品です。そのため通常のテレビアニメーションと異なり、「普段はなかなか見ることのできない描写を数多く楽しむことができるのではないか?」という多くの男性アニメファン からの期待感からか、本作はまだアニメ版が放送されていないのにもかかわらずすでに大きな注目を集めています。今回はそんな今最も注目されていると言っても過言ではないであろう、本作についてさらに深く紹介をしていくため本作に関わっている制作スタッフの方々やアニメ制作会社について紹介をしていきたいと思います。本作のアニメ版が待ち切れないというファンの方が満足できるような情報が満載ですので、是非ともチェックしてみてくださいね!

若手に注目!!

まず本作に関わっている方々を見てみると第一に思い浮かぶのが、本作に関わっている方々は非常に若手が多いと言うことです。毎年数多くのアニメ作品がテレビで放送されていますが、本作のように若手が多い作品というのはかなり珍しいといえます。通常であれば、経験豊かなベテランスタッフが多く在籍し、若手は一部ということがほとんどなのですが、本作はそうではないようです。

フレッシュな作品になるかも!?

そのため、本作は他の作品と比べても、非常にフレッシュな作品になるかもしれませんね。とにかく他のアニメ作品と比べて若い力が強い作品であるという事は押さえておきましょう。

本作に関わる声優さんは?

さて、まずはアニメ制作にとって必要不可欠な存在である声優さん達について紹介をしていきたいと思います。まさにアニメ作品の根幹を支える立ち位置の方達ですのでぜひ声優さん達の情報については細かく把握をしておきたいですよね。今回は現在発表されている主要キャラクターの担当声優さん達について取り上げて紹介をしていきたいと思います。

梅田修一郎(うめだ しゅういちろう)

本作の主人公の声を担当されるのは声優の梅田さんです。梅田さんは2010年代に声優活動を本格的に始められた声優さんですので、まだまだ新人の声優さんであると言えるでしょう。特に主役級の キャラクターの声を担当するのは今回で初めてだと思うわれますので、本作に対する力の入れようは尋常では無いはずです。ぜひとも梅田さんの最高に力の入った演技にも注目してみてくださいね。

ポチ太の声を担当!

主人公のこちらは、ある日突然犬となってしまった状況に困惑をしつつも、 飼い主が自分の好きな人だったと言う事実に流され、まんざらでもない気持ちで日常生活を送っている犬として描かれています。基本的には意思が弱く強気な性格の女性キャラクターたちにもまれる立ち位置のキャラクターとなっていますので、その辺りの彼の弱気な性格をうまく演じ切れるかが注目ポイントですね!

会沢紗弥(あいざわ さや)

作のヒロインである犬飼さんの声を担当されるのは、声優の会沢さんです。会沢さんも梅田さんと同じく2010年代から声優活動を本格的に始められた声優さんですので、まだまだ新人の方であるといえますね。彼女もメインヒロイン級のアニメキャラクターの声を担当されるのはこれで初めてだと思われますので、本作の犬飼さんに対する思いは非常に強いのではないでしょうか?

犬飼さんの声を担当!

犬飼さんは清楚な見た目とは裏腹に、自身のポチ太に対する過剰な愛情を抑えきることができずにややメンヘラチックな行動をしてしまうことが魅力のキャラクターとなっています。そのため普段の見た目通りの彼女と、ポチ太に対する愛情が過剰なまでに出てしまっている彼女とでうまく演じ分ける必要があります。 裏表の性格が激しいキャラクターですので演じるのはなかなか大変そうですよね。

相良茉優(さがら まゆ)

ぽち太大好き少女である犬飼さんとは反対の立ち位置にいるキャラクターである猫谷さんの声を担当されるのは声優の相良さんです。相良さんも同じく2010年代から声優活動を本格的に始められた声優さんです。梅田さんや会沢さんと同じく作品において重要なキャラクターの声を担当される事はまだまだ少ない声優さんですので、これからの活躍が注目されている声優さんです。

猫谷さんの声を担当

相良さんの担当する猫谷さんというキャラクターは、ポチ太大好き少女がほとんどの本作において珍しく犬が苦手のキャラクターとなっています。そのためポチ太に対してとにかく積極的にアプローチをする主人公の犬飼さんとは対照的な絡みをするので、作中において犬飼さんと対照的なキャラクターであると言えるでしょう。本作の物語信仰におけるマンネリ化を防いでいるキャラクターなのです。

小坂井祐莉絵(こざかい ゆりえ)

犬飼さん猫谷さんに続いて登場した第3のヒロイン月城さんの声を担当されるのは、声優の小坂井さんです。相良さんも同じく2010年代から声優活動を本格的に始められた声優さんです。本作の主要キャラクターの担当声優の中では一番年上の声優さんですがそれでも、まだまだ新人の27歳ですので、いかに本作の担当声優さんたちが若手ばかりなのかということがわかりますね。

月城さんの声を担当!

月城さんは作中において、先ほど紹介した2人のキャラクターより少し遅めに登場したキャラクターなのですが、すでに人気を確立していた犬飼さんで猫谷さんに引けを取らず独自の後輩ポジションという立ち位置で人気を獲得したキャラクターです。作中において登場が少し遅れたものの、その遅れを感じさせない位現在は確固たる人気を得ているキャラクターですので、アニメ版でも是非とも印象に残る登場を期待したいですよね!

主要キャラクターを演じる声優は全員20代!

このように本作での主要キャラクターを演じられる声優さんは全員が20代の声優さんです。通常のアニメ作品ではありえないような夢の組み合わせであるといえますので、ぜひともこの辺の声優さん達についても注目をしていきたいですよね。

これからの活躍に期待!

今回紹介した声優さん達はまだまだアニメ声優業界では新人の声優さんであるといえますので、これからの活躍にも注目です。本作でぜひとも御名前を覚えて、また別の作品で見た際には注目をしてみてくださいね!また新しい推しの声優さんが見つかるかもしれませんよ!

原作は?

さてここからは本作の原作者について紹介をしていきたいと思います。アニメ版放送の前に原作で一度ストーリーを理解しておきたいという方にはぜひともを調べておいてほしいのが原作者です。本作がもともとどのような作品として描かれているのかしっかりと分析をしておきましょう。

古川五勢先生

本作の原作者は漫画家の古川先生です。古川先生は本作が初めてのアニメ化作品となっており、今まさに脂がのっている漫画家さんであると言えるでしょう。本作の他にまだヒット作品のない漫画家さんですので、これからさらに多くのヒット作を描いてくれると期待できますね!

斬新な設定に定評

特に古川先生の作品は、斬新な設定でかつ過激な描写の作品が多いのが特徴です。そのため通常のラブコメ作品に飽きてしまった読者層からは絶大な支持を得ています。本作の設定も突如として犬になってしまった主人公の視点で描かれているように、これからも読者の想像することのできない奇想天外な発想の作品が描かれること間違いなしです!

女性キャラクターに多くの男性ファンから支持

また、深川先生の描く女性キャラクターの完成度が非常に高く、古川先生の描いている女性キャラクターが一番好きだと言うファンの方も多いようです。本作に登場する魅力的なキャラクターたちの他にも、数々の女性キャラクターを描いてきていますので、ぜひともその他の女性キャラクターたちについてもチェックをしてみてくださいね。

監督は?

原作者に続いてぜひともチェックしておいてほしいのが、監督を担当される方です。やはり、アニメ化するにあたって最も重要なポジションである監督の方については必ず調べておくようにしましょう。監督の方の考え方によってアニメ作品は大きく左右されるので、なるべく多くのアニメ監督の方の考え方や傾向を押さえておくのがコツです。

安ドウタカシ監督

本作のアニメ制作監督を担当されるのが安ドウタカシ監督です。安ドウ監督については現在細かい情報が一切出ていません。まだまだ監督としては多くの作品を担当されていないようですので、これからの安ドウ監督の活躍によって、さらに細かい情報が出るのを待つしかなさそうです。

アニメーション制作は?

最後に本作のアニメーション制作を担当する会社について紹介をしていきたいと思います。近年ではアニメ制作に関わる声優さんや監督以外にも政策そのものを担当する制作会社にも注目が集まっています。本作の制作会社についてもチェックしておきましょう。

Quad

 

昔のアニメ制作を担当するのはQuadという会社です。アニメーション制作以外にも、さまざまな映像作品やグラフィックのデザインをされている制作会社です。最近では『怪人開発部の黒井津さん』などの制作を担当しています。本作の放送の前に気になる読者の方はチェックをしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか? 今回は本作の制作に関わる方々について焦点を当てて紹介をしていきました。本作はこれまであまり注目をされていなかったような方々が中心となって制作をされていたり、若手の声優さんたちが中心となって活躍をされたりしている作品であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか?本作の魅力的な展開をこのメンバーがどのように描いていくのか注目していきたいですよね!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

nissy

どうも、アニメや歴史、都市伝説系の記事を書かせていただいてます。ニッシーです。YouTubeのシナリオライターとかもやっているのでよかったらそちらの方も見てください。

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-犬になったら好きな人に拾われた。
-, , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2023 All Rights Reserved.