アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

女神寮の寮母くん。

【女神寮の寮母くん。】謎多き漫画家!本作の作者日野行望さんについて解説!

更新日:

女神寮の寮母君ポスター

数々の魅力的なヒロインが登場することで人気を集めている本作「女神寮の寮母くん。」ですが、本作の作者である日野行望さんについて知っている方は少ないのではないでしょうか?事実本作の作者である日野行望さんについての詳しい情報はネット上でもほとんど出回っていません。今回はそんな現在人気に火がついているのにも関わらず一切情報が明かされていない謎の作者日野行望さんについてどのような人物なのか、作中の表現や他に描いている作品を元にどのような人物なのか分析し、紹介していきたいと思います。本作の作者がどのような人物なのか気になっていた方はぜひチェックしてみてくださいね。

とにかく謎!

探偵

さて、早速日野さんの解説に入っていきたいと思うのですが、実は日野さんについての詳しい情報はほとんど公開されていないんです。通常の漫画家さんであればなんらかの形で露出があるのですが日野行望さんに関しては全くと言っていいほどネットでの露出がないようです。ここではそのような状況の中、日野行望さんの情報について作品傾向などから予測していきたいと思います。

性別

まず、日野行望さんの性別ですがおそらく名前のニュアンスから女性だと考えられます。しかし、男性でも中性的なペンネームを用いられている場合がありますので、本人からの公表があるまで確定はしていません。特にラブコメという作品ジャンルでは非常に男性作者が多い傾向がありますので、もし女性であれば非常に珍しいパターンであるということになります。いずれにせよ、本作をきっかけ日野行望さんが注目されることとなれば日野行望さんの性別についても何か情報が出てくるかもしれませんね。

Twitterでも自身についての詳しい発信はない

ツイッター

通常、漫画家やその他クリエイターの情報というのは個人が使っているTwitterから発信されているというのがほとんどなのですが、日野行望さんはこれらのTwitterでの発信でも作品についての発信がほとんどとなっていますので、ご自身がどのような人物であるのかは謎のままなんです。

それでもTwitterは追ってみよう!

ツイッター

このように日野行望さんについて詳しい情報は発信されていないTwitterですが、日野行望さんは今後もTwitterでの発信を続けていかれると思いますので、日野さんに興味がある読者の方はぜひフォローをしてみてください。

詳しい情報は一切なし!

あてな

このように日野行望さんについての情報は全く公開されていません。今後活躍される漫画家さんであることは間違いないと思いますので、興味ある方は適度に調べてみてはいかがでしょうか?

唯一の情報源は公式ホームページ

さて、これまで散々情報がないと紹介してきた日野行望さんの情報ですが、実は唯一の情報源として日野行望さんが運営されている公式サイトが存在します。かなり前から更新が途絶えているため、現在の日野行望さんと少しの乖離があるとは思いますが、日野行望さんについて詳しく分析できる数少ない要素ですので、ここではホームページに記載されている日野行望さんの情報について紹介していきたいと思います。

アジアンテイスト

アジアンテイスト

ホームページでの自己紹介欄ではアジアンテイストが好きとの記載があります。アジアンテイストというのはアジア系の建築や文化などの趣向を指す言葉でかなりアジア圏の文化的趣向を網羅的に指すことが多いのですが、日野行望さんはこのアジアンテイストの文化が好みのようです。今後の作品展開でもこれらの趣向が感じ取れる展開や構図が出てくるかもしれませんね。

神社仏閣

神社

また、同様に神社仏閣を巡ることも趣味にされていると記載があります。こちらも先ほど紹介したアジアンテイストと通じる趣味ですよね。全体として東洋の建築や文化に興味がある方というのがわかります。

京都在住

京都

さらに居住地についても記載がありました。なんと京都在住のようです。少し前のホームページですので、現在もそうなのかはわかりませんが、神社仏閣の多い京都はご自身の趣味である神社仏閣巡りを行う場所としても格好の場所となっていますので、よほどの理由がなければ移られないのではないかと思います。趣味が神社仏閣巡りに、京都在住と、かなり品格のあられる漫画家さんであるということがわかりますね。

過去のイラストを楽しめる

あてな

ホームページではご自身に関する情報だけではなく、過去に描かれた日野行望さんのイラストも掲載されていますので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。現在の作風とは少し異なった過去の日野行望さんの作風のイラストを多く見ることができるので非常に面白いです。

更新が長らく途絶えている

ブログ

ただ、このホームページは長らく更新が途絶えていますので正確な情報とは言えないのが現状です。いずれにせよここに書いてある情報だけでは、まだまだ日野行望さんがどのような漫画家なのかということについてはわからないと思いますので、やはり、今後も継続して日野行望さんについて調べてみる必要がありそうですね。

本作から作者像を考える

ポスター

さて、性別などの情報は現在公表されていないのでこれ以上深掘りすることはできません。そこで、ここからは本作『女神寮の寮母くん。』でのストーリーの構成や志向から本作を描いている日野行望さんがどのような人物か推測して紹介していきたいと思います。

古き良きラブコメ

まず本作の特徴としてあげられるのは、昭和の時代のラブコメの典型的な物語展開に従っていることです。いわゆるご都合主義と呼ばれるストーリー展開なのですが、近年ではストーリーに意外性や文学性を持たせる作品が増えており、本作のように従来からのラブコメの展開を丁寧に踏襲している作品は少ないと思います。このことからも作者が従来のラブコメを非常によく研究されていることがわかります。非常に研究熱心な漫画家さんなのではないでしょうか?

丁寧な作画

フレア前髪

さらに本作の特徴と言えるのがこの異常なまでに丁寧な作画です。通常の漫画ではひょんなところで作画が崩れてしまうのですが、本作ではどのような場面であってもキャラクターの輪郭が崩れてしまうことがありません。

構図に力を入れている

講師と父親

ストーリーが従来のラブコメの定番を踏襲している分、1コマ1コマの作画や絵としての構図に尋常ではない労力を費やしているのです。

イラストレーター型の漫画家

このようなことから日野行望さんは数多く存在する漫画家の中でも作中の構図や作画に力を入れているイラストレーター型の漫画家であることがわかります。まさにラブコメというジャンルがぴったりな漫画家さんなんですね!

日野行望さんのこれからが楽しみ!

女神寮のみんな

ここまで本作の作者である日野行望さんについてまとめていきました。あまり取り上げる情報が出回っておらず、全貌については詳しくわからない漫画家さんでしたね。ただ、先ほどから紹介している通り、これら注目の漫画家さんであることは間違いありません!

とにかくイラストがいい!

なんと言っても日野行望さんの最大の武器は圧倒的なイラスト力です。1枚の絵として1コマ1コマに魅力がありますし、ストーリーを読んでいなくても絵を観るだけで十分に作品を楽しむことができる漫画家さんなのです。

SNSでの活動も期待!

SNS

本作が盛り上がっていけば他の作品でも活躍も増え、SNSでの告知がさらに活発になると思います。そうすれば日野行望さんについてもさらに詳しい情報が投稿されるかもしれませんね。情報が公開されていない分、古参であるということですので、ぜひ今回の機会に日野行望さんをさらに応援してみてはいかがでしょうか?

まずは本作に注目!

何がともあれ、まずは本作の展開に注目です!作品を通して作者を理解するというのが最も漫画家さんの理解として間違いのない方法だと思います。この記事を読んでみて日野行望さんにさらに興味を持たれた方はぜひ今期のアニメにも注目してみてくださいね!

まとめ

さて、今回は『女神寮の寮母くん。』の作者である日野行望さんについてまとめていきました。まだまだ露出の少ない漫画家さんですので、皆さんもぜひ調べてみてくださいね!

Amazon コミック・ラノベ売れ筋ランキング

  • この記事を書いた人

nissy

どうも、アニメや歴史、都市伝説系の記事を書かせていただいてます。ニッシーです。YouTubeのシナリオライターとかもやっているのでよかったらそちらの方も見てください。

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-女神寮の寮母くん。
-, , ,

Copyright© アニメミル , 2021 All Rights Reserved.