Animemiru

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士

【ユリシーズ ジャンヌダルクと錬金の騎士】ラ・トレムイユを紹介

更新日:

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』において、明らかに悪人な印象が強い「ラ・トレムイユ」。しかし、アニメでは彼の背景が全く描かれていないので、具体的にどういう人物なのかわかりづらいと思います。ここでは『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の「ラ・トレムイユ」を紹介します。

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』はどんな物語?

簡単に言えば史実を題材にした歴史アニメ


出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』は、『織田信奈の野望』で知られる「春日(かすが)みかげ」氏のライトノベルが原作の歴史アニメです。

中世後期ヨーロッパを舞台にしており、「ジャンヌ・ダルク」等の史実に登場したキャラクターが多数登場するのが魅力ですね。

主要キャラの多くが美少女化している


出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の魅力……というか特徴の一つは、史実に登場した人物の多くが美少女化している所です。

この時代は凄惨な出来事が日常茶飯事の時代だったと思いますが、登場人物の大半が美少女化しているため、どうにもならないくらいエグイ……ということはなくなっています。

妖精や異能力が登場する


出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の最大の特徴は、もし中世後期ヨーロッパに妖精や異能力を扱える人間がいたら……ということをコンセプトにしており、ファンタジー色が強い所が魅力です。

とにかく妖精たちが可愛く、異能力を使った戦闘も迫力満載なので、そこが見所の一つであることは間違いないでしょう。

【ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士】ラ・トレムイユはどんなキャラクター?

主人公モンモランシの従兄弟がラ・トレムイユ


出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
アニメでは殆ど語られていないで非常にわかりづらいですが、ラ・トレムイユは主人公のモンモランシの従兄弟に当たる人物です。

原作では何度も文字で従兄弟であることが語られているのでわかりやすいですが、アニメでは一言だけ従兄弟であることが語られたに過ぎず、ジョークにも聞こえなくもない雰囲気だったので、ラ・トレムイユとモンモランシの関係がイマイチわかりづらかったですね。

ラ・トレムイユはモンモランシに憎悪を抱いている

ラ・トレムイユは子供時代に騎士になりたかったのですが、身体が弱かったため身内に反対され、騎士の道を断念したという過去があります。

そんな時、自分に顔も姿もそっくりなモンモランシが全てを持っているように見えたラ・トレムイユは、モンモランシを激しく憎むようになり、一方的にモンモランシを憎悪するようになりました。

ラ・トレムイユの狂気のはじまり

そんな経緯もあり、ラ・トレムイユは同年代の友人をつくることが出来ない、物静かな少年になっていきます。

そんなある日、「ラ・トレムイユは人間さんのお友達がいないんでちゅね」と話しかけてきた妖精のフェイ族を殺した時から暗い快楽に目覚め、「妖精学者」になるという名目のもと、妖精を殺し剥製をコレクションしていくことに執念を燃やすようになります。

ラ・トレムイユの暗い少年時代

神父や司教たちも、「妖精は神に逆らった罪深い種族」として駆除を勧めていたこともあり、ラ・トレムイユは妖精を惨殺することに快楽を覚えていきました。

妖精たちの巣を火攻め・水攻め・煙による窒息攻撃などで虐待・拷問を繰り返したラ・トレムイユは、こうして少年時代に取り返しのつかない暗く残酷な精神を身につけます。

ラ・トレムイユはアスタロトに恋をしている?


出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
そんな時、羽根つきの珍しい妖精アスタロトと出会ったラ・トレムイユは、アスタロトを手に入れようとしましたがモンモランシに阻まれ、絶望と憎悪をより一層強めました。

アニメでは語られていませんが、ラ・トレムイユがアスタロトに執着するのは妖精学者を目指していた時の名残で、今でも妖精の剥製を作るのが趣味だからと言えます。

ラ・トレムイユは知能は高かった

ラ・トレムイユは身体こそ弱かったものの知能は同年代の子供たちより遥かに高かったため、反って周囲を見下し暗い精神を身に付けていった側面があります。

大人になりフランスの宰相となったラ・トレムイユは、王女であるシャルロットがイングランドとの戦争に絶望して職務を放棄していたことを良いことに、国を思いのまま動かし、誇りよりも合理性を求めた政略を計画していました(これはこれで悪いことではない気もするが)。

【ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士】ラ・トレムイユが宰相になれた理由

最大の理由はシャルロットが警戒しなかったから


出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
ラ・トレムイユがフランスの宰相にされた理由は、能力が高かったことはもちろんのことですが、最大の理由は男性不信のシャルロットの警戒網に引っかからなかったからです。

シャルロットは子供時代から妖艶な容姿で、男性から好奇の眼差しで見られることを極度に嫌っていましたが、妖精にしか興味がないラ・トレムイユはシャルロットに全く関心を示さなかったので、そこがシャルロットに信頼されたわけです。

【ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士】ラ・トレムイユの声優は阿部敦さん

阿部さんは上条当麻の声優

敵に能力を使用する当麻
出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
ラ・トレムイユの声優は、2018年秋は『とある魔術の禁書目録』の主人公「上条当麻(かみじょうとうま)」も演じている「阿部敦(あべあつし)」さんです。

上条当麻はどちらかと言えば軽くて高い声が特徴の少年ですが、ラ・トレムイユは陰湿で暗い感じが特徴なので、とても同じ阿部さんが演じているとは思えませんね。

阿部さんはどちらかと言えば優男な印象が強かった


出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
阿部さんは過去に『Another』の「榊原恒一(さかきばらこういち)」等も演じてますが、全体的に細く高い声の少年キャラクターが多いので、ラ・トレムイユのようなキャラクターは新鮮ですね。

既に中堅声優として存在感がある阿部さんですが、今後はさらに活躍の機会を増やしていきそうな予感がします。

【ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士】ラ・トレムイユまとめ


出典: ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 ©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』のアニメは、残念ながら原作に比べてあまり詳細まで語ってくれてはいませんが、代わりにこちらの情報を参考にしてアニメを観ていただけると嬉しいです。

とはいえ、こちらの情報も一部にしか過ぎないので、『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』が気になる方は、原作も読んでみることをお勧めします。

YouTubeでもAnimemiru!「動画でみる」まとめ記事を紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【とある魔術の禁書目録】動画でみる 超能力者(レベル5)全員をまとめてみた

学園都市に住むレベル5の7人をまとめてみました!これさえ読めば学園都市最強メンバーを覚えられますよ。【とある魔術の禁書目録Ⅲ】を見るなら必読です。

【ジョジョの奇妙な冒険】動画でみる 黄金の風 5部 衝撃的な死亡シーン特集

ジョジョの冒険シリーズの第5部作である黄金の風。皆さん知っての通りだと思いますが、敵、味方関わらず衝撃的な死亡シーンが多々あります。そしてまたそれは名場面が多いのです。今回は、そんな衝撃的で考えされるもののある死亡シーンを特集させていただきます!。

【ゴールデンカムイ 】で読み解く 動画でみる 日本とロシアとアイヌの歴史

イヌ民族の伝統、文化を事細かにレポートし、彼らの習慣や信仰を教えてくれるゴールデンカムイ 。皆さんは、そんなアイヌの歴史の背景をご存知でしょうか?日本とロシアの領土問題による、強制移住や国籍選択、様々な悲しい歴史を持った民族なのです。そんな彼らの歴史を、日本とロシアの関係性も含めながら今回は紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

asami.miki

-ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士
-, , , , , ,

Copyright© Animemiru , 2018 All Rights Reserved.