アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジンAnimemiru[アニメミル]

銀河英雄伝説

【銀英伝】常勝不敗の天才ラインハルト・フォン・ローエングラムの魅力を考察!

更新日:

昇進を重ねていくラインハルト

銀河帝国サイドの主人公であるラインハルト・フォン・ローエングラムは、戦場において常勝無敗を続けては、異例のスピードで昇進を果たしています。天才的な能力を持っているラインハルトですが、そこには一つの思いが突き動かしていました。ラインハルトはどういった人物なのか、彼のエピソードを中心に魅力を考察していきます。

愛しい姉を取り戻すために奔走した銀河帝国の若き将

戦況を見つめるラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

『銀河英雄伝説』における銀河帝国サイドの主人公がラインハルト・フォン・ローエングラムです。若くして宇宙艦隊の提督となり、数々の戦果を上げてきたラインハルトは、ほとんどの戦いにおいて完全な勝利を収め、付いた異名は「常勝の天才」。自由惑星同盟のヤン・ウェンリーとは好敵手の関係で、互いに先を読み合う高度な戦いを繰り広げています。そんなラインハルトはどのような人物なのか、彼の経歴を追いながら考察していきましょう。

ラインハルトの生い立ち

ブリッジから戦況を窺うラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

ラインハルトは銀河帝国の首都星オーディンで、下級貴族の長男として生まれます。しかし幼い頃に事故で母親を失い、父親も財産を食いつぶしてしまったことから、姉のアンネローゼとともに下町で暮らすことになるのでした。そんな少年時代のラインハルトはどのようにして過ごしていたのか、彼が軍に入るまでの様子を見ていきましょう。

姉に育てられ大きくなる

アンネローゼに育てられたラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

ラインハルトは決して身分の高い貴族の出身ではありませんでしたが、姉のアンネローゼによって清く正しく育てられ、誠実な少年として成長していきます。アンネローゼと暮らしている日々はラインハルトにとって幸せそのものであり、彼にとっての全てとも言えるでしょう。後にアンネローゼは皇帝の後宮に召されることになりますが、それまではごく普通の少年として日々を過ごしていた様子が描かれています。

唯一無二の親友キルヒアイスと出会う

少年のキルヒアイス
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

アンネローゼとの暮らしを毎日のように幸せと感じていたラインハルトですが、下町に引っ越してきた際、盟友であるジークフリード・キルヒアイスと出会います。彼とはすぐに意気投合して幼少期を共に過ごしており、アンネローゼも弟がもう一人できたような感覚で、変わらぬ情愛を注いでいました。ラインハルトは姉を慕っていますが、キルヒアイスもまた彼女に恋心のようなものを抱き始め、3人で過ごしている日々もまた幸せそのものです。

姉を取り戻すために幼年学校へ入学

幼年学校時代のラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

アンネローゼは皇帝の後宮に召されることとなり、ラインハルトは姉と別れる事実を受け入れられずにいました。ラインハルトは姉を帝国に奪われたことで激しい憎悪を抱くようになり、次第にゴールデンバウム王朝打倒を心に決めます。キルヒアイスにも決心を打ち明けると、彼もまたアンネローゼとの日々を取り戻すべく行動を共にするのでした。そして2人は最も早く計画を実行するために軍に入ることが最適だと考え、幼年学校に入学します。

異例の出世を繰り返すラインハルト

座って艦隊指揮を執るラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

全ては姉のアンネローゼを取り戻すため、ラインハルトは盟友キルヒアイスとともに軍へと入ります。そして目的を達成するために数多くの戦果を上げ、気が付けば誰もが注目せざるを得ない若き将へと上り詰めるのでした。また戦場では負け知らずの功績をあげており、唯一ヤン・ウェンリーとの戦いで苦戦することに。そんなラインハルトが徐々に力を握っていく様子を追っていきましょう。

若干20歳にして上級大将に任命される

戦いの行く末を睨むラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

ラインハルトの初陣は華々しいものではなく、地上戦からスタートしています。その後、艦隊勤務を任されるようになり、数々の戦いで勝利を収めては、第5次イゼルローン攻防戦で駆逐艦の艦長に任命されるのでした。ラインハルトは卓越した戦術眼や戦略を持っているため、艦長として戦っている様子は鬼神そのもの。結果、20歳になると上級対象にまで昇進しており、さらにローエングラム伯爵家の名跡を継ぐという大出世を果たします。

出世の一方で貴族や軍部からは嫌われる

ラインハルトの活躍を妬む他の軍人たち
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

ラインハルトが戦場で数多くの武勲を立てていくにつれて、彼の地位は着実かつ異例のスピードで駆けあがっていました。周りの軍人から羨望の眼差しや別格との視線を集めていましたが、これによく思わない連中もいることは当然のことです。それは門閥貴族や軍の上層部であり、ラインハルトは皇帝の姉に対する恩籠による出世だと嫉まれるのでした。しかしラインハルトは他人の言葉に耳を傾けることはなく、覇道を歩み続けます。

暗殺の危機に何度も遭遇するラインハルト

夜に盟友と話すラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

ラインハルトの存在をよく思わない連中が多くなる中、やはり彼の命を狙った行動に出る者も現れます。特に目立った行動に出たのはベーネミュンデ公爵夫人やフレーゲル男爵で、ラインハルトは何度か絶体絶命の窮地に追い立たされました。しかしピンチを切り抜けるだけでなく、そこにはキルヒアイスの活躍もあったため、魔の手から逃れつつ銀河帝国を倒すという目的に少しずつ近づいていきます。

軍だけでなく国政までも掌握していく

昇進を重ねていくラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

アスターテ会戦を終えると、ラインハルトはその功績から帝国元帥の称号を与えられ、さらに宇宙艦隊副司令長官の任に就きます。しばらくすると軍の実権を握るようになり、それからは門閥貴族勢力を次々に妥当しては、爵位をおし進めていって国政を掌握します。幼い皇帝の下で国政を握っていたことから、ラインハルトは裏から銀河帝国を支配する立場となるのでした。

銀河統一を果たしたラインハルト

警戒するラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

下級貴族から帝国元帥となり軍部を掌握すると、まもなく国政の実権も握ってしまったラインハルト。これによって実質的にゴールデンバウム王朝を倒すことが実現されますが、新たな帝国の皇帝となったラインハルトの行動について見ていきましょう。皇帝となったラインハルトは銀河統一という偉業を成し遂げますが、その内容についても触れていきます。

キルヒアイスの死を乗り越える

盟友の死を見届けるラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

やがてラインハルトは銀河帝国における軍の実権を握り、リップシュタット戦役で最高司令官の職に就きます。同時に門閥貴族勢力を次々と妥当していきますが、その中で自身の失敗により、盟友であるキルヒアイスを失うのでした。ラインハルトは自失状態に陥ってしまいますが、亡き友人のために野望を成し遂げることを心に誓っては、銀河統一への道へと突き進んでいきます。

フェザーン自治領・自由惑星同盟を制圧

ヤンとの戦いを制するラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

盟友を失ってからのラインハルトは何が何でも銀河統一を成し遂げるべく行動を起こします。まずはフェザーン自治領を制圧すると、続いて自由惑星同盟を併呑して、銀河統一を果たすのでした。キルヒアイスとの誓いを形にし、銀河統一を達成したことで名実ともに『銀河英雄伝説』における世界はラインハルトの手によって治められることとなります。

23歳にローエングラム王朝を建てる

新皇帝となったラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

ラインハルトが銀河統一を果たしたのは宇宙歴799年、帝国歴490年のことで、皇帝から新たに皇帝位を授かります。これによってゴールデンバウム王朝は解体され、ラインハルトが23歳の時にローエングラム王朝が建てられ、初代皇帝ラインハルト1世として君臨するのでした。皇帝に即位したラインハルトは翌年、皇后としてヒルダを迎え入れ、アレクを授かっています。

わずか数年後に崩御するラインハルト

友人の最後を見届けるラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

新銀河帝国の皇帝となったラインハルトですが、門閥貴族との抗争は変わらず続いていました。また各地で動乱も起きており、その鎮圧のために陣頭指揮を取っていましたが、「変異性劇症膠原病」という奇病にかかってしまい、25歳の若さで崩御してしまいます。この病気は新病で具体的な治療法がなく、さらにはラインハルト以外に患った人もいなかったことから、「皇帝病」とも呼ばれるように。わずか2年余りの在位となりましたが、ラインハルトは駆け足で皇帝まで上り詰め、幼い頃に志した野望を達成させています。

ラインハルトはどんな人物?

戦場の展開を眺めるラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

銀河帝国サイドの主人公であるラインハルトは、あまりプライベートで素の自分を出している様子はありません。軍人として行動を起こし、全ては姉を奪還すること、さらにはゴールデンバウム王朝を倒すために奔走し、その野望を達成して生涯を終えました。そんなラインハルトという人物は、改めてどのような人物なのかを描かれているシーンから考察していきたいと思います。

自己主張をはっきりとする性分

味方艦隊に指示を出すラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

ラインハルトは物事をハッキリとし、自己主張も強く行う性格を持っており、これまで対峙してきた人たちは圧倒されるばかりでした。そのため幼年学校時代では上級生や同級生ともしばしば喧嘩沙汰を起こしており、「歩くトラブル」と揶揄されていたほど。一方で下級生からは慕われており、そのカリスマ性から羨望の眼差しを集めていたというのも事実。幼くして人望を集めていたのはラインハルトならではの魅力と言えるでしょう。

好戦的で頭に血が上りやすい様子も

攻撃指示を出すラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

若くして皇帝の位にまで上り詰めたラインハルトですが、その裏には好戦的な一面が浮かんでいます。手柄を立てているからこそ異例の出世スピードが実現していますが、全てにおいて軍事的優先しがちという側面もあります。また激情家でもあり、特に姉であるアンネローゼのことになると周りが見えなくなることもあり、ラインハルトの唯一の弱点と言っていいかもしれません。

常に上を目指している野心家

部下を鼓舞するラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

アンネローゼが皇帝の後宮になってから、ラインハルトはゴールデンバウム王朝を倒すことだけを考えて行動していました。姉と暮らせる日々を1日でも早く取り戻すため、とにかく戦場で手柄を立てることを考えながら戦い、天才的な戦術で誰も彼の覇道を止めるものはいません。また部下たちの心もガッチリ掴み取っており、信頼に足る戦友たちとともに銀河統一まで駆けていきます。

高い立場ながら戦場の最前線に立つ

自ら最前線に立つラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

基本的に艦隊司令官は全体に指示を出すために陣形の後方に位置しているのが基本ですが、ラインハルトに限っては自ら最前線に立っています。死をも恐れぬ果敢な行動であり、それでいて自ら敵指揮官を攻撃して無力化するなど、他の銀河帝国軍人には到底まねができない行動でした。これによって目に見える武勲を数多く積み重ねていき、異例の出世スピードへと繋げています。

皇帝ラインハルトの姿とは?

大きな戦いの前のラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

銀河帝国を果たしたラインハルトは皇帝となって、軍部と国政に指示を与えてローエングラム王朝を運営していきます。しかし即位してから2年余りという短さで、ラインハルトは崩御してしまい、短い生涯に幕を下ろすのでした。そんな皇帝として振る舞っていたラインハルトの姿はどのようなものか?戦場では天才たる所以を見せつけていましたが、政治における彼の手腕を見ていきましょう。

適材適所で人材を配置して国家運営を成功させる

優秀な部下に恵まれたラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

戦場では指揮官として類まれな才能を見せつけていたラインハルトは、政治においても才と力量に優れていた様子が描かれています。ゴールデンバウム王朝に存在した悪しき制度を一新すると国民からの指示を得て、その他にも農民金庫や言論の自由を保障するといった行動が見られます。これにはヤン・ウェンリーも、ラインハルトが執る政治こそ理想的な専制君主と言わせていました。

ヤン・ウェンリーを帝国に誘ったことも

好敵手となったヤン・ウェンリー
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

銀河統一を果たしたラインハルトですが、その直前には自由惑星同盟のヤン・ウェンリーと会談を行っています。その際にラインハルトは銀河帝国側に来るよう話をしましたが、ヤンはあっさりと断りを入れるのでした。ヤンは歴史の傍観者になることを望んでいたため、歴史を動かす側であるラインハルトとは交わることはありません。互いに能力を認め合う仲ですが、もし同じサイドの仲間として傍にいたとしても、相容れない関係だったはずです。

煌びやかで派手な行動を嫌っていた

ごく普通の日常を嗜むラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

下級貴族の出身であるため、ラインハルトは皇帝になってからも私生活は質素なものでした。それは服装に表れており、皇帝として着用する衣装は軍事用と政事用の2種類のみとなっていて、式典すらも簡素化されています。また大人数に囲まれて移動することも嫌っており、常にキルヒアイスを傍において行動していたことからも窺えるでしょう。

銀河を一つにまとめ上げた天才の短い生涯に注目!

常勝の天才ラインハルト
出典: 銀河英雄伝説 ©田中芳樹/Production IG/徳間書店

銀河帝国と自由惑星同盟の戦いは、ラインハルトという一人の天才によって銀河帝国側の勝利という形で幕を閉じます。さらに皇帝として専制政治を行いますが、私利私欲のためではなくゴールデンバウム王朝の悪しき風習を取り払うなど、国民よりの政治を行っていました。しかしラインハルトの生涯は短く、彼が野望のために走り続けた25年間というのは、ただ「濃い」と表現することができないほどです。その一部始終をぜひアニメや原作でチェックしてみてください。

アニメ見放題サービスでアニメを見る!

ここではアニメ見放題のおすすめ動画配信サービスをご紹介します。放送日に見逃した方はぜひお気に入りのアニメ見放題サービスで好きなアニメをお楽しみください!
dアニメストアのロゴ
アニメ作品数No.1見放題サイトと言えば、dアニメストア!
今なら、初回登録で31日間無料でアニメ見放題!
Huluのロゴ
配信作品はすべて見放題!海外ドラマも充実しているHulu!
今なら、初回登録で14日間無料でアニメ見放題!
UNextのロゴ
家族で1つのサービスを共有したい方にオススメなU-NEXT
今なら、初回登録で31日間無料!

YouTubeでもアニメミル!気になるアニメの記事を動画とともにご紹介!

「キャラの考察や深掘りエピソードを動画でもみて見たい!」という声にお答えして、アニメミルでは動画記事の配信もはじめました。YouTubedのチャンネルもありますので、ぜひ登録して見てください!

【さらざんまい 】アニメ10話 レオとマブの真実判明!そして絶望の黒ケッピが悠を!!

さらざんまいアニメ10話が公開されました。レオとマブについても全てが判明。ところどころで入ってくる、同性愛要素、今回はいつもよりもてんこ盛りでした。ついに集まった五つの銀の希望の皿。燕太も無事に一命を取り留め、ひと段落かと思いましたが、黒ケッピの登場により、最終局面に!今回も簡単なあらすじ紹介と合わせて、考察させていただきます。

【さらざんまい 】番外編!レオとマブで描かれる人形焼とサラとの関係

さらざんまいもいよいよ最終局面。そんな中で、皆さんはレオとマブ〜ふたりはさらざんまい〜という作品を知っているでしょうか?この作品は警官であり、まだマブが機械の心臓を手に入れる前のレオとマブのお話。さらざんまい にて登場する人形焼やマブとレオの事を話すサラの表情など、実は意味があったんです。今回は番外編として、本編でもちょくちょく登場する場面をどういう話だったのか説明させていただきます。

【ULTRAMAN】をより楽しませてくれるウルタラマンのまめ知識!

ULTRMANが始まりましたね。
今回は、ULTRAMANをより楽しめるような、ウルトラマンの予備知識を紹介させていただきます。

  • この記事を書いた人

KMT-Mitsuo

おすすめ記事

聖地巡礼タグ 1

最近では、聖地巡礼という言葉も一般化してきて、アニメを取り扱うメディアが増えてきたことにもより、多くの作品の聖地を巡る旅、聖地巡礼をする人も増えてきたのではないでしょうか。アニメ好きの私からすれば、非 ...

2

オタク気質な私。結婚にも不向きな性格をしているし、何よりこんな人の多い東京で良い出会いが無いなんて。。。自分の趣味に引かれてしまうことも少し怖いですし、何より自分の趣味への時間を認めてもらえないのでは ...

dアニメのおすすめ 3

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 4

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-銀河英雄伝説
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメミル , 2019 All Rights Reserved.