アニメミル

アニメ好きのエンタメマガジン

銀の匙

「銀の匙」でキャラクターを成長させる動物たちの存在

更新日:

親の抑圧で勉強漬けだった八軒が、農業高校へ入学することで変わっていく姿が描かれた、「銀の匙」。そんな「銀の匙」では、一緒に農業をおこなう仲間だけでなく、そこで暮らしている動物たちも大きな存在となっています。今回は八軒の成長を手助けした、動物たちについてまとめてみました。

プライドが高く気難しい馬、マロン号

八軒が乗馬部に入部してからパートナーとなったのが、真っ白で金髪の特徴的な見た目をした馬、マロン号です。八軒がついマロン号の顔を「ブサイクだ」と言ってしまったことで、酷く嫌われてしまいます。しかしどんなに蹴られても、諦めずにマロン号と接することで、徐々に八軒はマロン号の気持ちが汲み取れるようになります。気難しい馬と長い時間をかけて触れ合っていくことにより、動物の性格や気持ちを知ることの大切さを学ぶのです。

ファームにより育て方も万別、牛たち

出典: 銀の匙 ©荒川弘・小学館/エゾノー祭実行委員会

夏休みを利用して、アキの実家の牧場でアルバイトをすることを決めた八軒。慣れない仕事を失敗しながらも、一生懸命こなしていきます。そして、八軒がアルバイトを通して多く触れ合うきっかけとなったのが、牛です。アキの牧場では、多くない牛を一匹一匹育て上げていく方針で、丁寧に接していました。それに対して同級生である多摩子の家の牧場では、大量に飼っている牛を選別し、怪我をした牛などにはあっさりと処分を下していました。しかし、どちらの牧場でも経営が成り立っており、なおかつ牛を愛情深く育てていたため、牛の育て方にも様々な形があるのだということがわかりました。

兄弟の中で最も体が小さい豚、豚丼


出典: 銀の匙 ©荒川弘・小学館/エゾノー祭実行委員会


他の兄弟たちよりも積極性がなく、十分に母乳を飲めないことで成長が遅れている、一匹の子豚がいました。八軒はその子豚を、将来立派な食肉豚として成長させるため、豚丼と名付け手をかけて育てます。初めから出荷は決まっていたものの、交流を深めれば深めるほど別れの日を辛く思う八軒。食肉となった豚丼を食べ涙し、感謝する八軒の姿には、感動させられました。

拾われた癒し系子犬 副ぶちょー


出典: 銀の匙 ©荒川弘・小学館/エゾノー祭実行委員会

学校でゴミ拾いをしていた際、八軒が拾った子犬、通称副ぶちょーも忘れてはならない仲間のひとりです。副ぶちょーはエノゾーの生徒たちから非常に愛され、特に常盤は副ぶちょーを子分のように引き連れ、技を教え込んでいました。副ぶちょーを通して、八軒は仲間たちとともに、責任を持って命を預かることの大切さを学ぶのです。

まとめ


動物たちと触れ合って初めて、学べることや、生まれる感情があることを、「銀の匙」を観ることで改めて感じることができます。また、「銀の匙」では登場する動物たちが、リアル過ぎず、愛らしくデフォルメされているのも魅力的です。

  • この記事を書いた人

medachasu

おすすめ記事

1

平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ...

dアニメのおすすめ 2

アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ...

モテるために 3

ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ...

-銀の匙
-

Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved.